現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
楠 洋一郎弁護士

( くすのき よういちろう ) 楠 洋一郎

ウェルネス法律事務所

現在営業中 10:00 - 23:00

犯罪・刑事事件

分野を変更する
刑事事件の取扱い件数600件以上。多数の不起訴処分を獲得。圧倒的な経験と実績であなたを強力に弁護します。
ウェルネス法律事務所
ウェルネス法律事務所
ウェルネス法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 後払いあり

ウェルネス法律事務所の3つの特徴

●その1:刑事事件専門の法律事務所です
ウェルネスは刑事事件専門の法律事務所として、年間100件以上の刑事事件を受任しております(法律相談ではなく実際に弁護活動を行った件数です)。
刑事事件に特化することにより、日々、多くのノウハウを蓄積し、数多くの不起訴処分を獲得しています。
ウェルネスにとって、刑事事件は「数ある業務のうちのひとつ」ではありません。
刑事事件こそが全てです。
刑事事件の専門弁護士として充実の私選弁護を提供いたします。

●その2:ご家族もとことんサポート
ウェルネスでは、逮捕・勾留されているご本人だけではなく、ご家族も徹底的にサポートいたします。

「弁護士となかなか連絡がとれない」
「家族に会って話をしてくれない」
「弁護方針を説明してくれない」

ウェルネスではこのようなことはありません。
弁護士がご家族とこまめに連絡をとり、皆様の疑問や不安もその都度フォローします。

●その3:法テラス出身の弁護士による安心の弁護士費用
私はこれまで法テラス(国が設立した法律事務所)の弁護士として、経済的に恵まれない方々のために、数多くの刑事事件を手がけてきました。
そのような経験を活かし、ごく普通の方々が、無理のない価格で、安心して私選弁護をご利用いただけるようウェルネス法律事務所を開設しました。

「ホームページに書いてある費用と違った」
「○○万円~と書いてあるが実際いくらになるのか怖い」
「預託金を振り込まないと弁護できないと言われた」

ウェルネスではこのようなことはありません。
無理のない価格で、質の高い刑事弁護を提供させていただきます。

ウェルネスのホームページはこちら⇒http://wellness-keijibengo.com/
刑事事件の流れ、罪名別の弁護方針、解決事例、弁護士費用などをわかりやすく説明しております。

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■逮捕された方のご家族…初回60分無料
■警察から連絡があった方…初回30分無料
■それ以外…30分あたり5000円(税別)
着手金 ■在宅事件(罪を認めている場合)
 着手金…20万円(税別)
報酬金 ■在宅事件(罪を認めている場合)
 不起訴の報酬金…20万円(税別)
その他 ・税別の金額となります。
・実費、交通費も着手金に含まれています。
・接見、示談交渉など個別の活動に着手金はかかりません。
弁護士費用特徴 <弁護士費用の3つの特徴>
①費用がどんどん増えていかない
「接見1回あたり○円、保釈は○円」等というように、個々の弁護活動をする度に弁護士費用を請求するということはしておりません。個々の活動に弁護士費用を設定すると、ご依頼者が新たな依頼をすることを躊躇してしまい、弁護活動全体にブレーキがかかってしまうおそれがあるからです。初めから弁護士費用の総額をクリアに把握できるので安心してご依頼いただけます。

②良心的な費用を実現
弁護士費用で最も重要なのは「トータルでいくらになるのか」ということです。法テラスの出身の弁護士が運営する法律事務所の弁護士として、リーズナブルな弁護士費用を心がけています。

③弁護士費用を完全公開
業界に先駆けて、全てのケースについて、ホームページ上で弁護士費用を完全公開しています。上限額が不明な表示(「50万円~」等)やあいまいな表現(「事件の難易度に応じて増額させていただく場合があります」等)は用いていません。また、刑事事件の弁護士費用を具体的にイメージできるよう、ケース毎に詳しく解説しています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(17件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

詐欺罪で執行猶予中に不起訴処分を獲得したケース

  • 詐欺
  • 加害者
依頼主 20代 女性

相談前

ご本人が友人と一緒に、タクシーの無賃乗車をしたとして逮捕された事件。ご本人と友人には他にも無賃乗車の余罪が3件ありました。

また、ご本人は今回の事件で逮捕される約1年前に、詐欺罪(振り込め詐欺)で懲役1年・執行猶予3年の有罪判決を受けており、執行猶予期間中の犯行でした。

相談後

ご本人の友人を担当した弁護士と協力し、都内のタクシー会社4社を訪問し、タクシードライバー4名のうち3名と「本人を許し刑事処罰を求めない」という内容の示談を取り付けることに成功しました。残り1名についても被害弁償を受け取ってもらいました。示談後、ご本人と友人は速やかに釈放され不起訴となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

執行猶予期間中に罪を犯せば、裁判官の印象が極めて悪くなります。また、余罪がある場合、これまた裁判官の印象が悪くなります。今回のケースは執行猶予期間中の犯行で、かつ余罪が3件あったので、仮に起訴されていれば執行猶予が取り消され、少なくとも2~3年刑務所に入る可能性が高かった事案でした。

そのため、直ちに示談交渉に入り、不起訴処分の獲得を目指しました。タクシー会社の営業所はどこも都心から離れた郊外にあるので短時間での移動が大変でしたが、「釈放」の一報を聞いたときには、そのような苦労も全て吹き飛びました。

ウェルネスの詐欺専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/sagi/

オレオレ詐欺専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/hurikomesagi/

犯罪・刑事事件の解決事例 2

前科がありながらも痴漢で不起訴を獲得

  • 痴漢
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

ご本人が電車内で痴漢を行い検挙された事件

相談後

被害者が未成年(高校生)だったことから、親御様と示談交渉を行いました。弁護士が誠意を尽くして対応した結果、スムーズに示談に応じていただくことができました。ご本人には、前科があったことから、性犯罪治療に定評があるクリニックに通ってもらいました。その際、ご本人には医師やカウンセラーとのやりとりをまとめた報告書を作成してもらいました。

弁護士が担当検事に対し、示談書やご本人作成の報告書を提出し、再発防止策がとられていることを説得的に主張した結果、不起訴となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

ご本人には痴漢の前科があり、先行きに大変不安な気持ちを抱かれていましたが、スピード解決となりました。ウェルネス法律事務所では前科がある方でも、痴漢事件で不起訴を獲得したケースが多数あります。あきらめずに一度ご相談ください。

ウェルネスの痴漢弁護専門サイトはこちら
https://chikanbengoshi.com/

犯罪・刑事事件の解決事例 3

児童買春で逮捕阻止・不起訴処分を獲得

  • 児童買春・児童ポルノ
  • 加害者
依頼主 40代 男性

相談前

警察が児童買春(=児童ポルノ法違反)の容疑で、ご依頼者の自宅に捜索・差押えに入りました。ご依頼者はすぐにインターネットで法律事務所を探し、ウェルネスにご連絡されました。

相談後

受任後、弁護士が逮捕せず在宅で捜査すべき旨の申入書を作成し、ご依頼者が作成した上申書や奥様の身元引受書等と一緒に警察に提出しました。これらの活動の結果、逮捕を防ぐことができました。その後、被害児童の親御様との間で示談が成立し、不起訴処分となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

ご依頼者は大企業に勤務しており、報道により事件が発覚し解雇されることを非常に恐れていましたが、逮捕を阻止し、不起訴処分となったため、一切報道されることはありませんでした

ウェルネスの児童買春専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/jidou/

犯罪・刑事事件の解決事例 4

強制わいせつで早期釈放を実現・不起訴処分を獲得

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

ご本人が、深夜、通りがかりの女性に後ろから抱きつき、スカートの中に手を入れて股間を撫でたとして、事件発生から半年後に逮捕されました。ご本人は当時、泥酔して帰宅途中でした。

相談後

勾留決定後に親御様からご依頼を受けました。弁護士がご本人と接見し、事件について確認したところ、間違いないとのことでしたので、示談を締結して不起訴を目指す方針で臨むことになりました。

まず、弁護士が担当検察官を通じて被害女性に示談の申入れを行い、電話番号を教えてもらいました。その後、弁護士が、電話で被害女性とお話しし、ご本人の反省状況や謝罪の気持ち、示談の内容をお伝えしました。すぐにお会いしていただけることになり、示談書と告訴取消書に署名・捺印していただきました。その日のうちに示談書等を検察官に提出し、翌日、ご本人は釈放されました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

ご本人が逮捕・勾留されている場合、ご家族から依頼を受けることになります。まずは、弁護士がご本人に接見し詳細を確認します。今回のケースでは、間違いないとのことでしたので、示談の方針で臨みました。

逆に、「全く心当たりがない」という場合は、示談ではなく、嫌疑不十分での不起訴を目指すことになります。

ウェルネスの強制わいせつ専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/kyousei/

犯罪・刑事事件の解決事例 5

強姦の否認事件で早期釈放を実現・不起訴処分を獲得

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

ご本人が女性を自宅で強姦したとして逮捕・勾留された事件。ご本人と女性は事件当日に初めて会いましたが、それ以前からスマートホンでやりとりをしていました。事件当日、ご本人は女性と待ち合わせ、二人で買い物をした後、自宅に行きました。ご本人は自宅で女性と性行為をしましたが、その際、女性が拒否する様子はありませんでした。

相談後

取調べにおいては、ご本人が捜査官に性行為をした時の状況などを説明すると共に、強引な取調べによって不利益な供述調書が作成されることを防ぐため、弁護士が連日ご本人と接見し、調書への署名・押印を拒否させました。

また、二人で買い物をしている際の防犯カメラ映像などご本人に有利な証拠を保全するよう弁護士が検察官に書面で申し入れをしました。このような活動の結果、ご本人は起訴されることなく釈放され、嫌疑不十分で不起訴となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

不起訴にもいろいろ種類がありますが、「嫌疑不十分」は仮に起訴されれば無罪になると検察官が判断した事案であり、無罪判決と同様に考えることができます(これに対して、「起訴猶予」は、犯罪は成立しているが諸般の事情を考慮して起訴しないと検察官が判断した事案です)。

嫌疑不十分である以上当然のことですが、ご本人は勤務先から一切懲戒処分を受けることなく、以前と同じ部署に復帰することができました。

ウェルネスの強姦弁護のページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/goukan/

犯罪・刑事事件の解決事例 6

準強姦で刑事事件化を阻止

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

ご依頼者が出張先で知り合った女性に、粉末状にした睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、意識もうろうとしたところでホテルに連れ込み強姦した事件。出張から帰った後、被害者の交際相手からご依頼者のもとに、これから警察に被害申告する旨の連絡がありました。

相談後

ご依頼を受けた後、直ちに弁護士が示談交渉を開始し、交渉2日目で示談が成立しました。この時点でまだ警察に被害申告されていなかったため、事件化することなく速やかに終了しました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

被害者は事件後に病院で検査を受け、尿から睡眠薬の成分が検出され、膣から精液が採取されていました。このように確実な証拠がある状況で警察に被害申告した場合、加害者は極めて高い可能性で逮捕されることになります。今回は被害申告の前に示談が成立したため、ご依頼者は逮捕されたり起訴されたりすることはありませんでした。

ウェルネスの準強姦専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/junkyouseiseikou-jungoukan/

犯罪・刑事事件の解決事例 7

パチンコ店での置引きで不起訴処分を獲得

  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

ご依頼者がパチンコ店で、台に置いてあった他人のICカードを置き引きした事件。防犯カメラによって人相が特定されていました。ご依頼者はその店の常連でしたが、事件とは別の日に再び入店した際、パチンコ店の職員から警察に通報され、窃盗容疑で検挙されました(逮捕はされませんでした)。

相談後

受任後、ご依頼者にまず謝罪の手紙を書いてもらいました。その後、弁護士を通じて被害者に謝罪文をご覧いただき、ご依頼者の反省ぶりを丁寧に説明しました。被害者のご家族にも状況を説明し、書類送検される前に示談を締結することができました。送検後は検察官から取調べに呼ばれることもなく、速やかに不起訴処分となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

示談交渉では金銭的なお話をする前に、まずは手紙などを通じて謝罪の意思を表明することが大切です。その上で、弁護士が、被害者の思いに耳を傾けた上で、納得を得られるよう誠実に説明を尽くします。

ウェルネスの置引き専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/okibiki/

犯罪・刑事事件の解決事例 8

アルバイト先での窃盗事件で不起訴処分を獲得

  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

ご本人がアルバイト先で同僚の財布等を盗み警察や検察の取調べを受けていた事件

相談後

男女関係のもつれが事件の原因となっていたこともあり、当初、被害者は示談を頑なに拒んでいました。しかし、弁護士が被害者やアルバイト先の上司とも面談し、粘り強く交渉を続けた結果、示談をまとめることができました。ご本人には前科がありましたが、検察官には示談をしたことが評価され不起訴処分となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

被害者が当初示談を拒んでいる場合でも、弁護士が誠意をもって対応し、被害者の思いに耳を傾け、不安に思われている点をひとつひとつ取り除いていけば、ほとんどの場合で示談が成立するものです。

ウェルネスの窃盗弁護のページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/settou/

犯罪・刑事事件の解決事例 9

ひき逃げで早期解決・書類送検阻止

  • 交通犯罪
  • 加害者
依頼主 50代 男性

相談前

ご依頼者が自動車を歩行者に接触させ走り去った事件。その日のうちに警察官がご依頼者の自宅を訪問しました。その後、ご依頼者は警察署で被害者に謝罪しましたが、被害者は非常にお怒りでした。この時点で被害者はまだ病院には行っていませんでしたが、警察官からは「被害者の怒りが激しく、病院にも行くと言っているので事件はせざるをない」と言われていました。

相談後

事故当日の深夜にお電話をいただきました。翌日、事務所に来ていただき、弁護のご依頼を受けました。受任後、弁護士が直ちに被害者とコンタクトを取りました。この時点で、被害者は診断書を警察署に提出していませんでした。当初、被害者は非常にお怒りでしたが、弁護士が粘り強く交渉した結果、示談が成立し、診断書の提出を見合わせてもらうことができました。また、処罰を求めない旨の嘆願書も作成してもらうことができました。

示談書や嘆願書を警察に提出した結果、人身事故のみならず道路交通法違反(ひき逃げ)についても、書類送検しないこととなり、警察限りで事件は終了しました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

人身事故の事案では、被害者が警察署に診断書を提出しない限り、捜査が進むことはありません。被害者がいったん診断書を提出すると、その後示談が成立しても、通常、書類送検されてしまいます。

このケースでは、診断書が提出されなかっただけでなく、被害者に嘆願書を書いていただいたこともあり、人身事故だけではなく道路交通法違反(ひき逃げ)についても不送致となりました。ベストな結果といえるでしょう。

ウェルネスのひき逃げ専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/hikinige/

犯罪・刑事事件の解決事例 10

公然わいせつで不起訴処分を獲得

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

ご依頼者が深夜、酒に酔って電車の中で自慰行為をした事件。隣に座っていた女性客が警察に通報して逮捕されましたが、勾留されずに釈放されました。

相談後

釈放後に受任しました。公然わいせつは被害者のいない犯罪ですが、このケースでは、ご依頼者は座席に座った状態で鞄を膝の上に置いて自慰行為をしていたため、目撃者は隣に座っていた女性客のみであり、この方が事実上の被害者でした。そのため、弁護士がこの女性客と示談を成立させ、その結果、不起訴処分になりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

当初、公然わいせつ罪で逮捕されましたが、不特定多数の人に露出したわけではなく、目撃者は1名のみだったため、その後、罪名が迷惑防止条例違反に変更されました。

ウェルネスの公然わいせつ専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/kouzen/

犯罪・刑事事件の解決事例 11

建造物侵入で早期釈放・不起訴処分を獲得

  • 盗撮
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

ご本人がコンビニエンスストアで女性を盗撮したとして建造物侵入で現行犯逮捕された事件

相談後

逮捕当日の夜にご本人の上司と奥様がウェルネスにお見えになり、ご依頼をいただきました。その日の深夜に弁護士が警察署でご本人と接見し、その場で釈放のために必要な書類を作成してもらいました。

また弁護士が被害店舗のオーナーと交渉し、逮捕の翌々日に示談を成立させました。その1時間後に弁護士が裁判官と面談し、調印したばかりの示談書や弁護士の意見書を提出し、ご本人の釈放を求めた結果、当日中に釈放されました。その後、担当検察官にも示談書や意見書を提出し、不起訴処分を獲得することができました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

今回の事件のように、盗撮の被害者が店舗から立ち去ってしまい特定できない場合は、迷惑防止条例違反ではなく建造物侵入罪で立件されることが多いです。時間が非常にタイトでしたが、弁護士は、警察署、被害店舗、裁判所の各方面を全てバイクで移動し、短時間のうちに必要な活動を全てやり遂げました。

犯罪・刑事事件の解決事例 12

覚せい剤取締法違反(譲渡)で早期釈放を実現+不起訴処分を獲得

  • 覚せい剤・大麻・麻薬
  • 加害者
依頼主 50代 女性

相談前

ご本人がスナック店内において、知人に覚せい剤約0.7gを1万円で譲り渡したとして逮捕された事件。

相談後

ご本人は否認していましたが、取調べの担当者から「あんただけ認めないと損するよ。」、「認めない場合、刑務所に3年入らないといけない。」などと問題のある取調べを受けていました。自白調書をとられないよう弁護士が連日接見し、ご本人に対し取調べへの対応方法をアドバイスしました。

検察官に対しても、弁護士が取調べ方法について抗議すると共に、ご本人の言い分を説明しました。また、裁判所に勾留理由開示請求を行いました。こうした活動の結果、ご本人は釈放され不起訴処分となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

ご本人の自宅等から覚せい剤は一切発見されませんでした。このように物証のないケースでは、捜査機関が本人の自白を得ようと無理な取調べを行うことが往々にしてあります。弁護士が連日接見してご本人の不安を取り除き、否認を貫かせたことが早期釈放につながりました。

ウェルネスの覚せい剤事件専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/abuse/

犯罪・刑事事件の解決事例 13

殺人で逮捕・起訴を阻止したケース

  • 加害者
依頼主 60代 男性

相談前

ご依頼者が、同居人が部屋の中でナイフが刺さった状態でぐったりしているところを発見しました。ご依頼者はすぐに119番通報しましたが、同居人は間もなく亡くなりました。その後、ご依頼者は、警察から同居人を殺害したと疑われ、警視庁から派遣された殺人捜査専門の刑事によって取調べを受けていました。

相談後

受任した時点で、ご依頼者は、ほぼ毎日、警察車両で自宅から警察署に連行され、長時間の取調べを受けている状況でした。弁護士が、捜査担当者に、長時間の取調べを行わないことや、本人が休憩や帰宅を申し出た場合は、それに従うよう要請しました。さらに、強引な取調べを防ぐため、弁護士が、警察署長に対して、取調べの全過程をビデオ録画するよう要請しました。こうした活動により、連日にわたる長時間の取調べはなくなりました。

また、ご依頼者には黙秘するようアドバイスし、弁護士が刑事の役になり、あらかじめ実際の取調べを想定した模擬練習を行いました。ご依頼者は最後まで黙秘を続け、逮捕されることなく、書類送検もされませんでした。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

ご依頼者は当初より一貫して、自分が犯人ではないと主張していました。もっとも、殺人罪で逮捕・起訴されれば、無罪判決を獲得しても、裁判まで長期間身柄拘束されることになります。さらに、新聞やテレビ、週刊誌等で実名報道され、その後の日常生活に多大な支障が生じるところでした。本件では在宅の取調べのみで事件が終了したため、逮捕されることも報道されることもありませんでした。

犯罪・刑事事件の解決事例 14

オレオレ詐欺で執行猶予を獲得

  • 詐欺
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

詐欺グループが運営する出会い系サイトで、架空の男性になりすまし、メールで女性利用者をだまして金銭を振り込ませた事件。ご本人は、グループの事務所で、マニュアルに従って、多数の女性利用者に対して、「会員登録すれば支援金を支払います」等といったメールを送信していました。

警察が事務所に突入し、他のメンバーと一緒に逮捕されました。グループ自体が手広く活動していたこともあり、6つの事件(被害者6名)で合計5回起訴されました。

相談後

当初、詐欺グループが雇った弁護士がついていましたが、起訴後に親御様の依頼を受けて受任しました。ご本人は、接見禁止をつけられ、ご家族も面会できない状況で、長期間勾留されていましたが、弁護士が受任後、直ちに裁判所に接見禁止一部解除の申立てを行ない、ご家族の面会が可能となりました。

その後、弁護士が被害者6名全員と示談を成立させました。また、第2回公判後に、3回目の保釈請求が認められ釈放されました。裁判では、お父様に情状証人として出廷してもらったほか、弁護士が、被害者全員と示談が成立していることや、ご本人がグループの中で重要な役割を担っていなかったこと等を主張しました。

こうした活動の結果、検察官は懲役3年6月を求刑していましたが、懲役2年4月・執行猶予3年の判決となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

本件のような組織的詐欺のケースにおいては、だまし役(かけ子)は実刑となるのが原則です。今回の事件では、被害者全員と示談したこと等が評価され、執行猶予付きの判決となりました。

ウェルネスのオレオレ詐欺専門ページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/hurikomesagi/

犯罪・刑事事件の解決事例 15

ご本人がお酒に酔って駅員を暴行し逮捕されたケース

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 40代 女性

相談前

釈放後にご相談いただきました。事件当日、ご本人は泥酔しており、ご自身の行為について全く覚えていませんでした。しかし、暴力をふるったことについて争うつもりはなく、早急に被害者にお詫びすることを希望していました。

相談後

受任後、弁護士が駅員の上司の方に連絡をとり、ご本人の謝罪文をお渡しし、反省ぶりを丁寧にお伝えしました。その後も粘り強く交渉を続けて示談を成立させ,不起訴処分を獲得しました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

暴行罪のように被害者がいる犯罪では、被害者の方と示談を締結することが重要です。
ウェルネスでは、お酒に酔って駅員やタクシー運転手に暴力を振るって逮捕された方から多数のご依頼を受けております。これまで担当した事件については、全て示談を成立させ、全て不起訴処分を獲得しております。

ウェルネスの暴行弁護のページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/boukou/

犯罪・刑事事件の解決事例 16

盗撮事件で不起訴処分を獲得

  • 盗撮
  • 加害者

相談前

ご依頼者が、駅構内のエスカレーターで、前にいた女性のスカートの中を盗撮したところ、その女性に見つかり現行犯逮捕されました。

相談後

釈放後に受任しました。まず弁護士が検察官を通じて、被害者に示談交渉の申入れをしました。その後、弁護士限りで被害者の電話番号を教えてもらい、示談交渉に入りました。

当初、被害者は、加害者から仕返しを受けることを恐れていましたが、弁護士がご依頼者の反省状況や事件後は現場付近を通行していないこと等を真摯に説明し、被害者のご不安を取り除くことができた結果、早期に示談をまとめることができました。ご依頼者は、釈放後、一度も取調べに呼ばれることなく不起訴処分となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

盗撮で逮捕されても、初犯の方の場合、示談が成立すれば非常に高い確率で不起訴処分となります。不起訴になれば前科はつきません。私はこれまで100件以上の盗撮事件を手がけ、ほとんどのケースで不起訴処分を獲得しています。盗撮事件についてはお任せください。

ウェルネスの盗撮弁護のページはこちら
https://wellness-keijibengo.com/tousatsu/

犯罪・刑事事件の解決事例 17

痴漢事件で早期釈放・不起訴処分を獲得したケース

  • 痴漢
  • 加害者

相談前

ご主人が通勤途中に痴漢の容疑で逮捕されました。奥様は警察から電話でご主人が逮捕されたことを知らされましたが、詳しいことは何も教えてもらえず、非常に動揺されていました。逮捕当日の深夜に奥様からお電話をいただき、翌朝、弁護の依頼をお受けしました。

相談後

受任後、弁護士が意見書を作成して裁判官に提出し、早期の釈放を求めた結果、当日の夕方に釈放されました。釈放後、弁護士が相手方と示談を成立させ、不起訴処分となりました。

楠 洋一郎弁護士からのコメント

楠 洋一郎弁護士

早期釈放となったため勤務先にも事件について知られることはありませんでした。また、不起訴処分となったため前科がつくこともありませんでした。
初犯の方の痴漢事件では、示談を成立させれば、極めて高い可能性で不起訴処分となります。

ウェルネスの痴漢弁護専門サイトはこちら
https://chikanbengoshi.com/

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
ウェルネス法律事務所
所在地
〒101-0053
東京都 千代田区神田美土代町11-1 神田KMビル2F
最寄り駅
小川町駅(都営新宿線)・淡路町駅(丸の内線)・新御茶ノ水駅(千代田線)から各3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日10:00 - 23:00
  • 土日祝10:00 - 20:00
定休日
なし
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
対応言語
  • 英語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件

電話で問い合わせ
050-5877-7159

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 23:00

ウェルネス法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5877-7159

※ウェルネス法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 23:00
  • 土日祝10:00 - 20:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場近く
対応言語
英語