現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
牧村 拓樹弁護士

( まきむら ひろき ) 牧村 拓樹

弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【静岡駅から徒歩10分,葵区役所から徒歩3分】
多数の離婚・不貞問題を扱った弁護士が経験を活かして親身になって対応させていただきます。

弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

※初回無料相談です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

〜離婚しようと決めている方はもちろん、離婚するかどうか悩んでいる方も、まずは一度相談してみませんか?〜

■重要取扱い案件
・未成年の子の親権問題
・子との面会交流
・養育費
・財産分与
・慰謝料
・年金分割 など

■このようなご相談はお任せください
・離婚に同意してくれない。
・離婚したいが、何から始めればいいのか分からない。
・離婚を迫られているが、そうなる理由が思い当たらない。
・別居している夫が生活費を全くいれてくれない。
・別れた夫がいくら催促しても子供の養育費を払わない。
・夫が教育費や養育費などを払ってくれない。
・別居した後の生活費をどうすればいいか。
・夫が浮気をしていることが発覚したので、慰謝料を請求したい。
など、お困りの際は、弁護士へご相談ください。

【弁護士へ相談するメリット】
◆感情的になって、話合いにならない場合、弁護士を入れることで、法的観点から冷静な、話合いをすることができます。
◆離婚条件について、相談者の意向をきちんと把握した上で、どのように離婚の交渉をしていくのがいいか、アドバイスをします。
◆示談,調停どちらで、話をすればいいか等、手続き的な部分についても、アドバイスします。

♦愛知総合法律事務所が選ばれる理由♦
① 初回相談無料
気軽にご相談いただけるように初回無料相談を始めました。

②ご相談者に配慮した対応体制
お客様のご都合にあわせて当日・夜間・電話相談をお受けしております。 ※要予約

③相談時に弁護士費用をご提示し、費用を明確にしています
費用面でご心配いただかないよう、事前の説明は明確にしております。

————————------
■便利なアクセス
静岡駅から徒歩10分,葵区役所から徒歩3分

■詳しくは,以下もご参照ください。
https://shizuoka.aichisogo.or.jp/service_p/rikon/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30 分ごとに5,500 円(税込)
※面談相談・電話相談ともに初回は無料で実施しております。
着手金 11万円~(税込)
報酬金 11万円~(税込)
実費 交通費、印紙代、郵便切手代、不動産鑑定費用等、事案によって異なります。
あらかじめ実費に充当するために1万円ほどお預かり致します。
備考欄 詳しくは当事務所HP「解決!離婚トラブル助け隊」をご覧下さい。
https://rikon.aichisogo.or.jp/fee/index.php
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

調停不成立となり、離婚訴訟を提起せざるを得なくなった方について、離婚訴訟の依頼を受け、離婚が認められた事例

  • 離婚回避
依頼主 女性

相談前

相談者様は、調停を自分で申立てたところ、相手方は、1度期日に出席しただけで、その後、欠席されてしまい調停は不調に終わってしまいました。そこで、弊所にご相談に来て、訴訟のご依頼をしていただきました。
主要な争点は、婚姻を継続し難い重大な事由が認められるかです。

相談後

訴訟に、相手方本人が、出廷しましたが、当方としては、別居期間が6年間経過していること、相手方としても婚姻関係の破綻を事実上認めている等の主張をし、無事、離婚を認める判決を得ることができました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

一般的に別居期間が、長期に及んでいる場合は、離婚が認められると言われていますが、その他の事情についても、もれなく主張することにより、離婚の請求をすることがポイントになります。

離婚・男女問題の解決事例 2

相手方が遠方に住んでいるることから、どのような手続きにより離婚の話をしていくのがいいかも含め、ご相談いただき、離婚を成立させた事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 性格の不一致
依頼主 男性

相談前

相手方から婚姻費用分担の審判を申立られたとして相談に来られました。積極的に、離婚を考えているわけではないが、別居期間も長くなってきているということで、婚姻費用の対応だけでなく、離婚すべてについてご依頼いただくことになりました。

相談後

離婚調停を申し立てるとなると相手方の住所地の管轄裁判所に申し立てる必要があります。本件は、相手方が県外に住んでおり、管轄裁判所が遠いので、どのように対処していくか検討する必要がありました。相手方からは、離婚の話をしたいなら調停を申し立ててほしいと言われていましたが、話を詰めて、公正証書を作成して離婚を成立させることに成功しました。調停だと1回で成立するとは限らず、何度も出廷する可能性もありますが、公正証書作成で協議離婚することにより、一度、相手方の住居のある公証人役場にいくだけで離婚をすることができました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

調停を申し立てる際に、どこの裁判所に申し立てしなければならないかという管轄の問題があります。管轄裁判所が遠方の場合に、どのように対処すべきかは、いろいろ検討する必要があります。別居している相手方が遠方に住んでいる場合に、離婚の話についてどのように手続きを進めていくか、弁護士に相談してみるのがいいと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

養育費が長期間未払いとなっており、未払い養育費について、回収するために、給料差押の強制執行を行って、未払い養育費を回収した事例

  • 養育費
依頼主 女性

相談前

養育費を離婚調停で決めたのに、数年間養育費の未払いとなり、未払い養育費が数百万円となっているとの相談がありました。勤務先は、なんとかつきとめたが、相手方の住所がわからないので、未払い養育費を請求するためにどうしたらいいかとの相談がありました。

相談後

養育費について、調停で定めており、勤務先もわかるということであったので、未払い養育費について、相手方の給料を差押える強制執行の方法をとることにしました。相手方の住所がわからないので、まずは,住所調査から行い、何とか住所をつきとめることができたので、給料差押えの強制執行を行い、毎月、未払い養育費を給料から差押えていくことができました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

調停もしくは公正証書において、養育費を定めたのに、養育費の支払いが滞ることがあります。このような場合、任意に支払いを求めても支払いに応じることはあまりありません。そのような場合に、強瀬執行の方法をとり、相手方から、強制的に未払い養育費を回収する方法があります。その中でも、勤務先がわかっている場合には、給料の差押えをすることにより、毎月、徐々にですが、未払い養育費を強制的に回収することができます。
強制執行の手続きは,専門性が高く,手続き的にも煩雑なので,養育費の不払いでお困りの方は,ご相談いただければと思います。

離婚・男女問題の解決事例 4

別居の段取りから不安であるので、段取りを一緒に検討し、最終的に離婚合意に至った事例

  • 別居
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • DV・暴力
  • モラハラ
依頼主 女性

相談前

夫から過去に暴力を受けており、モラハラもひどいので、離婚を考えているが、怖くて別居にも踏み切れないとのご相談がありました。
まずは、別居の段取りをして、併せて、離婚調停も申し立てるという内容で、委任を受けることになりました。

相談後

まずは、別居の段取りをして、別居するタイミングを打ち合わせして、別居のタイミングで、弁護士に委任した旨の受任通知を準備しておき、今後、弁護士を通じて離婚の話をしていくので、本人への直接の連絡や接触はしないように通知しました。
相手方は、妻を探したりしないと約束してくれ、離婚条件の話に応じるとの態度だったので、安心して離婚の話をしていくことができました。
スムーズに離婚の条件交渉ができ、結果的には、第1回の離婚調停までに、離婚条件を詰めることができたので、第1回離婚調停で離婚合意というスピード解決となりました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

離婚を考えているが、別居しようとして、家を出ても、居場所を探されたり、連絡がひっきりなしにくるのではと心配する方もいるかと思います。
必ずしも、本人に直接接触したり、連絡したりしなくなるとは限らないですが、弁護士に委任し、今後の離婚の交渉は、すべて弁護士を通して話すことになるので、本人に直接の接触や連絡はしないように通知すると、本解決事例のように本人に連絡しないようになります。
離婚を考えているが、別居からどうしたらいいか困っている方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

離婚・男女問題の解決事例 5

監護者指定・子の引き渡しの審判を申立てられて、対応に困った方から、依頼を受けて、相手方に監護者が指定されることを免れた事例

  • 不倫・浮気
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 面会交流
依頼主 女性

相談前

離婚を考え、子どもを連れて、別居をしたが、夫から、監護者指定・子の引き渡しの審判を申立てられて、対応に困っているとの相談がありました。
監護者指定・子の引き渡しの審判の対応について、委任を受けることになりました。

相談後

監護者指定・子の引き渡しの審判は、書面や資料の準備が非常に大変ですが、打ち合わせを重ね、当方に有利な事情や資料を収集し、審判期日までに準備をしました。
期日を重ね、最終的には、相手方は、裁判官の心象を加味して、監護者指定・子の引き渡しの審判を取り下げることとなり、監護者を相手方に指定されることは免れました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

監護者指定・子の引き渡しの審判は、専門性が高く、手続きも煩雑です。また、自己に有利な事情や資料を収集するためにも、知識と経験が必要になってくる手続きです。
監護者指定・子の引き渡しの審判を申立てられた、もしくは申し立てたいという方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【静岡駅から徒歩10分,葵区役所から徒歩3分】
遺産分割・遺留分減殺請求・相続人調査・公正証書遺言作成等,様々な案件に対応可能です。
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

※初回無料相談です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

〜適正な相続の実現をサポートいたします〜

■重要取扱い案件
・相続人調査
・遺産分割
・遺留分減殺請求
・公正証書遺言作成
・相続登記・名義変更
・成年後見
・財産目録・調査 など

■このようなご相談はお任せください
・遺産分割のやりかたがわからない。
・遺産分割協議書を提示されたが、ハンコを押して良いかわからない。
・遺言が作成されているが、本人が書いたものとは思えない。
・将来のために遺言書を残しておきたい。
・祖父が亡くなった後に、自筆の遺言書が見つかったが、扱い方がわからない。
・遺言書の内容について、納得できない。
・遺言書が無効だと主張されてしまった。
など、お困りの際は、弁護士へご相談ください。

【弁護士へ相談するメリット】
◆財産を安心して次の世代へつなぐことが可能です。
◆親族間の対立感情を理解し、粘り強く事件にあたっていく姿勢を心がけます。
◆感情的になって、まともに話合いができない場合に、法的観点から、冷静なアドバイスを受けることができます。

♦愛知総合法律事務所が選ばれる理由♦
① 初回相談無料
気軽にご相談いただけるように初回無料相談を始めました。

②ご相談者に配慮した対応体制
お客様のご都合にあわせて当日・夜間・電話相談をお受けしております。 ※要予約

③相談時に弁護士費用をご提示し、費用を明確にしています
費用面でご心配いただかないよう、事前の説明は明確にしております。

————————------
■便利なアクセス
静岡駅から徒歩10分,葵区役所から徒歩3分

■詳しくは,以下もご参照ください。
https://shizuoka.aichisogo.or.jp/service_p/yuigon/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
※面談相談・電話相談ともに初回は無料で実施しております。
着手金 遺産分割・遺留分減殺請求
11万円~(税込)
報酬金 遺産分割・遺留分減殺請求
22万円~(税込)
備考欄 詳しくは当事務所HP「解決!相続トラブル助け隊」をご覧下さい。
https://souzoku.aichisogo.or.jp/fee/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(5件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

疎遠になった相続人について、まず、相続人調査を行い、相続人らと遺産分割協議をした事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 40代 男性

相談前

相談者には、異母兄弟がおり、これまでほとんど連絡をしたことがなく疎遠になっていました。そんな中、被相続人である相談者の父が死亡しました。相続財産として、ほとんど価値のない不動産があり、相談者としては、当該遺産について、処分したいが、もう一人の疎遠になっている相続人と連絡を取ることができないので、どうしたらいいかという相談をいただきました。

相談後

まずは、相続人調査について行い、疎遠になっていた相続人の住所がわかったので、通知書を送付しました。内容としては、相談者にすべての財産を相続させるとの遺産分割に協力してもらうか、相続放棄をしてもらうかについて、回答していただくというものでした。一回目の通知書については、何ら連絡が来ませんでしたが、2回目に回答しやすいようにアンケートをつけて、通知書を送付したら、連絡があり、最終的には、相続放棄をしてもらいました。これにより、相談者は、遺産について処分したいという目的を実現できることになりました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

相続放棄をしてもらうために、遺産がいかに価値がないものか、処分するにしても、維持するにしても費用がかかり、相続分に応じて相続したいというなら、当該費用について、相続分に応じて、負担してもらうことになることを相手方に説明したことにより、比較的すぐに納得していただき、相続放棄をしていただくことになりました。
また、相手方に対して、相続放棄の必要書類や書面の書き方についても、説明をしてあげることにより、スムーズに相続放棄をしていただくことになりました。

遺産相続の解決事例 2

公正証書遺言を作成して残された相続人たちがもめないようにするため、公正証書遺言を作成した事例

  • 遺言
  • 遺産分割
依頼主 男性

相談前

相談者は、不動産を含め財産を有しているが、子らが、非常に仲が悪く、自分が亡くなった後に、自分の遺産相続で、子らがもめるのではと心配していました。
そこで、公正証書遺言を作成して、自分の意思を、遺言として残すことにしました。

相談後

財産の確認をし、ぞれぞれの、財産を誰にどのように、相続させるか、綿密な打ち合わせをしました。あとで、子らがもめることを極力避けるため、遺留分についても考慮要素に入れながら、相談者の意思を尊重した遺言の内容について、打ち合わせをしました。
遺言の内容が決まったら、公証人役場に連絡し、公正証書作成の段取りをし、無事、相談者の意思に沿った公正証書遺言を作成することができました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

残された相続人らにもめてほしくないと思い、遺言の作成を検討している方がいるかもしれません。
自分の意思に沿った遺言をどうやって作成していいか困っている方や、公正証書作成のための公証人役場との段取りの仕方がわからなくて困っている等の遺言書作成についてお困りの方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

遺産相続の解決事例 3

遺留分減殺請求をして遺言の内容よりも多くの財産を相続できた事例

  • 遺言
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 財産目録・調査
依頼主 女性

相談前

相談者は、父が亡くなり、相続が発生しましたが、遺言があり、一部の相続人に多くの財産を相続させる旨の遺言であり、自分には、少ししか財産がもらえないという内容の遺言となっていました。
相談者としては、遺言の内容どおりの財産しか相続することができないのかと思い、ご相談いただきました。

相談後

遺言がある場合でも、自分の遺留分を侵害する場合は、遺留分減殺請求をすることにより、遺言の内容よりも、多くの財産を相続できる場合があります。
不動産の評価方法はいくつかあり、相談者にとって少しでも有利になる評価方法はどれか検討しました。また、株の評価についても、難しい面がありましたが、株の価格を算定しました。
相手方に、遺留分減殺請求をし、遺留分を侵害していることを主張して、結果的には、遺言の内容よりも多くの財産を相続できる内容で、相手方と合意することができました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

遺言の内容が一部の相続人に多くの財産を相続させる旨の遺言となっていても、遺留分が侵害されている場合は、遺留分減殺請求をすることで、遺留分に相当する額について、相続することができます。
遺留分減殺請求をすることにより、遺言の内容より、多くの財産を結果的に相続できる場合があります。
一部の相続人に多くの財産を相続させる旨の遺言がなされた等の、遺留分減殺請求についてお困りの方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

遺産相続の解決事例 4

被相続人に借金があったので相続放棄をした事例

  • 相続放棄
依頼主 男性

相談前

相談者の父が、亡くなったが、父が借金をしていたことが判明しました。相談者としては、プラスの財産もないし、マイナスの財産である借金だけなので、相続放棄をしたいとのご相談をいただきました。

相談後

相続放棄の申立の準備をし、裁判所に、相続放棄の申述受理の申立てをしました。
無事、相続放棄の申述が受理されたので、裁判所から、受理証明書を取得し、相談者は、当該受理証明書を債権者に示して、父の借金を背負うことを免れました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

被相続人の財産が、プラスの財産がなく、むしろマイナスの財産があるという場合があると思います。
このような場合は、相続放棄という方法を選択することが考えられます。
相続放棄をしようか迷っている方は、早めに、ご相談いただければと思います。

遺産相続の解決事例 5

多数の相続人の調査を行い、相続人らから、相続分の無償譲渡に応じてもらった事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 女性

相談前

相談者は、相続人が、十数名に及ぶ相続で、相続人の住所もわからなくて、どのように相続の話を進めていけばいいか困っていました。
また、相談者は、被相続人の生前、身の回りの世話等をしており、被相続人と長年疎遠になっている他の相続人には、被相続人の財産を相続しない言ってもらう内容の話をしてほしいとの要望でした。
そこで、まず、相続人の調査を行い、相続人が特定できたら、相続分の無償譲渡に応じてもらう交渉をしていくことになりました。

相談後

十数名に及ぶ相続人調査は時間がかかりましたが、なんとか、相続人らの住所を把握することができました。
そして、相続人らに、相続分の無償譲渡に応じてもらうような内容の書面を送付しました。
相続人が多数に及ぶので、交渉は困難を極めましたが、なんとか、他の相続人全員から、相続分の無償譲渡に応じてもらえることになりました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

相続人と疎遠になっていて、相続人の住所がわからない場合があると思います。そのようなときは、弁護士に委任して、住所調査をすることで、相続人の住所を把握できる場合があります。
また、相続人が、多数であり、そもそも、多数の相続人らと、相続の話をすることが困難であるいう場合があります。
そして、疎遠になっていた相続人らに、財産を相続しないと言ってもうらような交渉をしたいという要望もあるかと思います。
以上のような遺産分割協議で、お困りの方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【初回相談無料】【静岡駅から徒歩10分、葵区役所から徒歩3分】
傷害・児童買春・児童ポルノ・詐欺・痴漢盗撮など。
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

※初回無料相談です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

■重要取扱い案件
・暴行・傷害
・児童買春・児童ポルノ
・詐欺
・痴漢盗撮
・強姦・わいせつ
・窃盗・万引き
 など

■このようなご相談はお任せください
・ご家族が突然、逮捕・勾留されてどしていいかわからない。
・被害者と示談交渉をして、不起訴釈放を目指してほしい。
・少しでも刑を軽くするために、どうすればいいかわからない。
・身柄解放活動はどうすればいいか。
・実刑を免れ、執行猶予を狙いたい。
・無実無罪を証明してほしい。
・自首出頭したい。
・刑事裁判の中で、自分の意見を言いたい。
など、お困りの際は、弁護士へご相談ください。

【弁護士へ相談するメリット】
◆被害者と示談交渉することにより、不起訴になる可能性が高まることがあります。
◆窃盗、傷害、詐欺等の刑法犯から、薬事法、道交法や風営法違反などの特別法事件まで、一貫して犯罪刑事弁護に取り組んでおります。
◆更生をアピールする情状弁護を徹底いたします。
◆加害者被害者双方の気持ちを理解した上で、交渉に臨みます。

♦愛知総合法律事務所が選ばれる理由♦
①初回無料相談
誰でも相談できるように、初回は無料で相談をお受けしています。

②ご相談者に配慮した対応体制
お客様のご都合にあわせて当日・夜間・電話相談をお受けしております。 ※要予約

③相談時に弁護士費用をご提示し、費用を明確にしています
費用面でご心配いただかないよう、事前の説明は明確にしております。

————————------
■便利なアクセス
静岡駅から徒歩10分,葵区役所から徒歩3分

■詳しくは,以下もご参照ください。
https://shizuoka.aichisogo.or.jp/service_p/keiji/

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
※面談相談・電話相談ともに初回は無料で実施しております。
着手金 通常事件 22~55万円(税込)
重大事件 55万円(税込)~
報酬金 通常事件 22~55万円(税込)
重大事件 55万円(税込)~
追加報酬 保釈請求が認められた場合 11~55万円(税込み)
準抗告・勾留取消請求が認められた場合 10~50万円
勾留の執行停止が認められた場合 10~20万円
勾留理由開示を行った場合 10~20万円
接見費用 ●接見のみの依頼
1回につき3万3000円(税込)
遠方への接見については、上記以外に、
日当として1回3万3000円(税込)~の費用が発生する場合があります。
実費 交通費、郵便切手代等、事案によって異なります。
あらかじめ実費に充当するために1~3万円ほどお預かり致します。
備考欄 ※価格は全て税別での表示になります
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(5件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

大麻取締法違反で、起訴された方について、起訴後、保釈請求を行い、認められ,判決言い渡し後,訴訟費用執行免除の申立を行い、認められた事例

  • 覚せい剤・大麻・麻薬
依頼主 男性

相談前

大麻取締法違反の容疑で逮捕・勾留をされている方の弁護人をさせていただきました。起訴後の保釈請求や判決言い渡し後の訴訟費用執行免除の申立てをすることになりました。

相談後

起訴後、保釈請求をしましたが、無事、保釈請求は認められました。
また、判決で訴訟費用は、被告人の負担とするとの判断がなされてしまったので、訴訟費用執行免除の申立てを行いましたが、これについても、無事、訴訟費用執行免除が認められました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

起訴された後に、身柄拘束を解く方法として、保釈請求があります。保釈は、簡単には認められませんが、主張を工夫することにより、保釈請求が認められる可能性があります。
また、判決により訴訟費用について、被告人の負担となった場合も、訴訟費用執行免除の申立てをして、認められると、訴訟費用の執行の免除を受けられます。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

同種前科がある中で、再び盗撮をしてしまった方について、被害者と示談をして、不起訴となった事例

  • 盗撮
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

過去にも盗撮をして前科がある方から、再び、盗撮をしてしまって、警察から呼ばれているという相談がありました。
被害者と示談合意して、不起訴になるようにと、ご依頼をいただくことになりました。

相談後

検察官をとおして、被害者に対して、弁護人から連絡を取っていいか聞いてもらい、被害者と示談交渉をすることになりました。
被害者の被害感情が強く、示談交渉は、難航しましたが、最終的には、示談に応じてもらい、検察官に示談書を提出したところ、無事、不起訴となりました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

被害者がある事件については、示談ができるかが、刑事罰を決める一つの重要な事実となります。
他の事情によって、示談をしたからといって、必ず、不起訴となるとは限りませんが、示談をすることによって、不起訴になる可能性は、高まります。被害者は、加害者と会いたがらず、加害者の方が、示談の話をしたくても、応じてもらえないことが多いです。もっとも、弁護人とであれば、話を聞いてくれることがあります。
盗撮等の犯罪を犯してしまい、被疑者となってしまった方は、示談をしてほしい等、刑事事件について、弁護してほしいと要望のある方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

被害者に傷害を加えてしまい、逮捕・勾留されてしまった方について、早期に示談をし、不起訴釈放となった事例

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

被害者に、傷害を加えてしまい、逮捕・勾留されてしまった方から、弁護の依頼を受けました。

相談後

検察官を通して、被害者と話をできるようにし、示談交渉をしました。簡単には許してはくれませんでしたが、被害者の指定するところに、足を運び、加害者が反省し、謝罪の気持ちがあることを丁寧に伝え、最終的には、示談に応じてくれました。
当該示談成立により、早期に、不起訴釈放とすることができました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

被害者と示談交渉をしたいと思っても、加害者とは接触したくないと思われてしまうし、ましてや、身柄拘束されている場合は、被害者に直接謝罪したくても、それをすることができません。
そこで、弁護士に刑事弁護を依頼して、示談等の刑事弁護を依頼することは検討に値すると思います。
自分やご家族等が、逮捕・勾留されて、どうしたらいいかお困りの方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

捜査の違法を争って、判決で、違法であると認定された事例

  • 覚せい剤・大麻・麻薬
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

覚せい剤の使用自体は、認めているが、捜査について、納得いかないところがあるので、有罪になるにしても、捜査の違法を争ってほしいと言われ、争うことになりました。

相談後

期日間整理手続きに付した上で、争点整理と、証拠開示手続きを行い、捜査の違法を主張しました。
争い方としては、違法に収集された証拠を排除すべきという争い方です。
結果的には、有罪に変わりはなかったですが、捜査に違法があるとの認定を判決で得ることはできました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

刑事裁判において、捜査の違法自体を争うことはできず、違法な捜査により収集した証拠は排除されるべきであり、当該証拠が排除されると、有罪の立証ができず、無罪になるといって、争っていく方法はあります。当該主張が認められる可能性は非常に低いですが、どうしても、捜査の仕方に納得がいかないという方はいるかと思います。
かなり専門的なところではありますが、相当ひどい捜査によって、証拠を収集されたという方は、一度、ご相談いただければと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

強制わいせつ行為を行い、逮捕・勾留された方について、示談交渉を行い、不起訴釈放となった事例

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

家族が、強制わいせつの容疑で、逮捕・勾留されたということで、ご相談いただきました。
被害者と示談をし、不起訴釈放を目指して、弁護することになりました。

相談後

被害者は、未成年で、親権者の被害感情も強く、示談交渉は、困難を極めましたが、最終的には、示談に応じてもらい、無事、不起訴釈放となりました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

示談をしたからといって、必ず、不起訴となるとは限りません。
また、弁護士を入れて、示談交渉を試みても、被害感情が強く、そもそも、示談に応じるつもりがない場合もあります。
示談交渉を試みてみないとわからない面がありますが、示談交渉も含めて、刑事弁護についてのご相談がある方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

労働問題

分野を変更する
【初回相談無料】【電話相談◎】【静岡駅から徒歩10分,葵区役所から徒歩3分】身近な労働問題(ハラスメント・残業代・不当解雇等)に経験豊富な弁護士が迅速に対応します!
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 不当解雇

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

※労働は生活の基盤であり、日々の生活に大きく関わるものです。迅速に解決することが求められますのでまずはお気軽にご相談ください。

〜その労働問題、泣き寝入りする前に一度ご相談してみませんか?〜

■重要取扱い案件
・不当解雇・配置転換・出向命令
・残業代請求
・パワハラ・セクハラ
・労働災害対応

■このようなご相談はお任せください
・未払いの残業代を請求したい。
・上司からパワハラを受けている。
・会社でセクハラを受けている。
・不当な理由で解雇された。
・労働災害について相談したい。
など、お困りの際は、弁護士へご相談ください。

【労働問題に対する強み】
◆パワハラ・セクハラ等のハラスメントに関する損害賠償の相談対応多数
◆不当解雇・配置転換・出向命令等に関する相談対応多数
◆残業代請求についての相談対応多数

これまで様々な労働問題の相談実績がありますので、ご相談者様の状況に応じて、適切なアドバイスが可能です。長い時間を過ごす職場での問題だからこそ、精神的な負担も大きいものです。親身にお話をお伺いしながら、最善策をご提案してまいります。

【弁護士へ相談するメリット】
◆弁護士を間にいれることで、精神的な負担が軽減されます。
◆法律に基づいた依頼者の正当な権利を主張できます。
◆労働審判や調停、訴訟などをせずに、示談交渉で解決することもございます。

♦愛知総合法律事務所が選ばれる理由♦
① 初回相談無料
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。

②ご相談者に配慮した対応体制
お客様のご都合にあわせて当日・夜間・電話相談をお受けしております。※要予約

③相談時に弁護士費用をご提示し、費用を明確にしています
費用面でご心配いただかないよう、事前の説明は明確にしております。また、着手金を安くし、報酬金でディスカウント分を補うなどの工夫も行う場合があります。

——————————
■便利なアクセス
静岡駅から徒歩10分,葵区役所から徒歩3分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。

弁護士費用については、弊所HPをご参照ください。
https://hamamatsu.aichisogo.or.jp/fee/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(2件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

残業代未払いについての相談

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

会社から残業代を払ってもらえていないという相談を受け、依頼を受けることになりました。

相談後

残業代を計算し、会社に対して、請求をしましたが、示談合意とはなりませんでした。そこで、労働審判を申し立てました。結果的に、労働審判において、きちんと残業代を払ってもらえることになりました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

残業代の計算は、ご自身でするのは難しい面があると思うので、弁護士に任せるのがいいかと思います。また、会社との交渉がうまくいかないときは、労働審判等の法的手続きを利用することが解決につながることがあります。残業代請求でお困りの方は、弁護士へ相談することをおすすめします。

労働問題の解決事例 2

不当解雇にあい、労働審判により、解雇が無効であることを前提として、解決金の支払いを勝ち取った事例

  • 不当解雇
依頼主 男性

相談前

会社から、不明確な理由により、突然解雇を言い渡されて、解雇となってしまった方から、ご相談を受け、ご依頼を受けることになりました。

相談後

まず、相手方に、解雇理由をはっきりさせるために、書面で解雇の理由を提出させました。
そして、当該解雇の理由は不当であるので、解雇が無効であることを前提として、一定の解決金の支払いを求めましたが、折り合いがつかず、労働審判を申し立てることになりました。
労働審判において、解雇が無効であることを前提として、解決金の支払いを勝ち取ることができました。

牧村 拓樹弁護士からのコメント

牧村 拓樹弁護士

何ら明確な理由がなく、突然,解雇を言い渡されることがあるかもしれません。
そのような方は、弁護士に相談し、解雇の無効を争うことが考えられます。
労働審判等の手続き的な部分も含めて、どのように進めていくべきか、アドバイスさせていただきます。
不当解雇で、お困りの方は、ぜひ、ご相談いただければと思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所
所在地
〒420-0035
静岡県 静岡市葵区七間町8-20 毎日江﨑ビル8階
最寄り駅
新静岡駅
受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
  • 土日09:30 - 17:30
定休日
備考
【初回無料法律相談】はじめに、相談者のご氏名・ご住所・お電話番号、相手方の氏名等必要情報の聞き取りを行い、利益相反チェックと相談内容のお聞き取りを行います。

【土日の相談受付】土日の相談の受付については,弊所の名古屋丸の内本部事務所で電話をお受けしております。
対応地域

東海

  • 愛知
  • 静岡
  • 三重
  • 岐阜
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5368-8373

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

牧村 拓樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5368-8373

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
  • 土日09:30 - 17:30
定休日
備考
【初回無料法律相談】はじめに、相談者のご氏名・ご住所・お電話番号、相手方の氏名等必要情報の聞き取りを行い、利益相反チェックと相談内容のお聞き取りを行います。

【土日の相談受付】土日の相談の受付については,弊所の名古屋丸の内本部事務所で電話をお受けしております。