現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 消費者被害
  3. ディスクユニオン、会員の個人情報70万件漏えいを公表
 ディスクユニオン、会員の個人情報70万件漏えいを公表
ディスクユニオン 新宿ジャズ館(Googleストリートビューより)

ディスクユニオン、会員の個人情報70万件漏えいを公表

ディスクユニオン(本社・東京都千代田区)は6月29日、顧客の個人情報の漏えいがあったと公表した。

漏えいしたのはオンラインショプ「diskunion.net」と「audiounion.jp」に登録した顧客の個人情報で、氏名、住所、電話・FAX番号、メールアドレス、ログインパスワード、会員番号。漏えいの件数は、最大約70万1000件にのぼる。クレジットカード情報については保有していないため、漏えいの可能性はないという。

同社は首都圏を中心に音楽CDやレコード店を展開しており、オンラインショップも音楽愛好家を中心にユーザーがいる。

情報漏えいが、最初にツイッター上で話題になったのは6月25日ごろ。音楽配信サイト Spotifyなどで不正ログインなどの被害が次々と報告され、不安が広がった。当初は噂などと言われていたものの、AmazonやApple IDに不正ログインされたなど被害を訴える声は増える一方だった。

真相を求める声が上がる中、オフィシャルサイトは7月4日までメンテナンス状態となり、パスワードを変えられないなどの声も上がっていた。

同社が事態を把握したのは、6月24日だという。公表まで時間を要した理由について「不確定な情報の公開は混乱を招き、準備を整えてからの告知が不可欠と判断した」と説明している。

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部では正社員スタッフ・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

正社員スタッフ・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする