2019年03月09日 09時26分

離婚調停、相手の嘘で「悪者」にされた…どうしよう?

離婚調停、相手の嘘で「悪者」にされた…どうしよう?
画像はイメージです(metamorworks / PIXTA)

離婚する時に、配偶者と話し合ってもまとまらない場合、家庭裁判所の離婚調停を利用する人も多いと思います。家庭裁判所で「調停委員」と話しながら、解決を目指すものです。

この離婚調停で嘘をついたり、相手に嘘をつかれたりした場合、どうなるのでしょうか。

●「嘘ばかり」「印象悪くなりそう」

調停での嘘について、弁護士ドットコムには多数相談が寄せられています。

夫と離婚調停中だという女性は、夫側の弁護士から提出された準備書面はほとんどが嘘で、夫の有利な内容になっていると言います。「調停員自体が旦那の方をもつ感じに思えています」と不安に思っているようです。

また、妻と離婚調停中だという男性も「主張書が来ましたが嘘ばかり」といい、「一つ一つ否定している状態ですが、調停員の印象はこちら側が悪くなりそう」とどう対応すべきか悩んでいるようです。

調停で、嘘はどう判断されるのでしょうか。離婚事件に詳しい水谷真実弁護士に聞きました。

●嘘をつかれたら「特効薬はない」

ーー離婚調停で嘘をつかれた場合に、どう対応するべきでしょうか

「特効薬はありません。調停で嘘をついたとしても、刑事罰はありません。

そのため、地道に、自分でできることをしていきましょう。意識することとしては、調停委員がどうすれば自分の味方になってくれるか、常に考えながら行動することが良いでしょう」

ーー調停委員に誤解されて、自分が不利になるのではと不安になる人も多いようです

「調停委員としては、双方の主張を聞き、調整をして合意できるようにしたいと思っているはずです。そうすると、調停委員の心情としては、調停に協力的な方に肩入れしやすいのかなと思います。

なお、調停委員は、相手が嘘ばかり主張をしてきても、その主張が嘘かどうかまでは分かりません。なぜなら、嘘だという明確な証拠がないからです。むしろ、積極的に主張してきているので、調停に協力的だなと調停委員は思っているかもしれません。

そこで、こちらも調停に協力的な姿勢を示すことが必要となります。ただ、なにも難しいことはありません。ごく当たり前のことでいいのです」

●反論は書面にまとめる

ーーどうすればいいのでしょうか   「まず、きちんと調停に出席をして、相手の主張に対して反論をすることです。

その際、反論は書面にまとめて、調停の前に裁判所に提出しましょう。書面にまとめることで、調停委員にあらかじめ考えを伝えることができます。また、自分自身の考えを整理することもできます。

反論の書面は、箇条書きでかまいません。間違っている箇所、間違っている理由、自分の考えを述べましょう。そして、証拠となりそうなものがあれば、とりあえず提出してみましょう。

また、調停では調停委員の声に耳を傾けましょう。調停委員がなにか指示をしてきたら、疎かにせずしっかり対応しましょう。なお、調停の場で相手の嘘に対して感情的になって非難することは控えましょう。感情的になると、調停委員とのコミュニケーションが取りづらくなるからです」

ーー他に気をつけることはありますか

「離婚に直面されている方は、ものすごく苦しくて傷ついているかと存じます。そこで、できるだけ、第三者の助けを得ながら対応した方が良いです。

近くの弁護士会や法テラスなどに電話をしてみてください。そして、実際に弁護士さんと会って書面等をみてもらい、アドバイスをもらうと良いと思います。

我々弁護士は、相手の嘘に対して当事者が感情的になってしまい、調停で不利とならないように、気持ちの中から法的に意味のある事実をとりだしてサポートするよう心がけています。きっと、あなたを支え、その場の状況に応じた、上手な反論や対応方法などをアドバイスしてくれるはずです」

(弁護士ドットコムニュース)

[弁護士ドットコムからのお知らせ] 編集スタッフを募集中です!

弁護士ドットコムニュース編集部では、取材・編集スタッフを募集しています。取材・編集経験者、法律の知識を持った方(編集経験は問いません)を歓迎します。アルバイトも募集中です。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

水谷 真実弁護士
離婚事件に注力をしております。お気軽にお問い合わせ下さい。ご自身でできることをアドバイスし、サポートもいたします。
仙台市出身。趣味は、旅行・登山・ブログなどです。東京都新宿区に事務所があります。

事務所URL:https://41bengo.com/

この記事へのコメント

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」