2017年04月29日 09時07分

意外と知られていない、働く女性が知っておきたい「生理休暇」〈Abema TV〉

意外と知られていない、働く女性が知っておきたい「生理休暇」〈Abema TV〉
画像はイメージです

女性にとって、月に1度の生理については語り尽くせないほど、様々な思い出があるのではないでしょうか。4月29日放送の「Wの悲喜劇」(Abema TV、土曜23時45分〜)のテーマは、「働くオンナの生理最前線」。MCのSHELLYさんが、歴史学者の田中ひかるさん、産婦人科医の丸田佳奈さんらと知っているようで知らない生理のアレコレを、深堀りしていきます。

生理のメカニズムや、生理痛の正しい対処法、最新生理用品事情まで、大人になってからはなんとなく対処してきた生理について、最新事情を知る機会となりそうです。

●「生理休暇」は労働基準法に定められた法定休暇

番組では触れられていませんが、生理が重たく、仕事にも支障が出ている時には、「生理休暇」という法定休暇制度を活用できることをご存じでしょうか。

法律では、次のように定めています。

「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」(労働基準法68条)。

過去に、弁護士ドットコムニュースで、生理休暇についての記事を掲載したところ、「這ってでも出てこい!」と言われた体験など、多くの反響がありました。(生理痛なのに「這ってでもこい」と言われ、救急車騒ぎ…「生理休暇」を取るには? https://www.bengo4.com/c_5/c_1624/li_458/

生理休暇は、正社員にかぎらず、パートタイム、契約社員でも取得できます。なお、厚生労働省雇用均等政策課によれば、労働者から申し出があった場合には、「会社は断ることができない。それでも働かせた場合は労基署の指導対象になる。最悪、30万円以下の罰金になる可能性がある」とのことです。

ただ、仕事にも大きな支障が出るような生理痛がある場合、婦人科での治療が望まれるケースもあります。

(お断り:弁護士ドットコムニュースでは、「Wの悲喜劇」の企画などに協力しています)

【番組情報】

番組名:Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜

放送日時:4月29日(土)23時45分〜

放送チャンネル:AbemaNewsチャンネル(AbemaTV)

https://abema.tv/channels/abema-news/slots/9YCooTdoNiW6t7

(弁護士ドットコムニュース)

[弁護士ドットコムからのお知らせ] 編集スタッフを募集中です!

弁護士ドットコムニュース編集部では、取材・編集スタッフを募集しています。取材・編集経験者、法律の知識を持った方(編集経験は問いません)を歓迎します。アルバイトも募集中です。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」