弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. インターネット
  3. 後藤輝樹氏が「政見放送」で過激発言を連発、何を言っても許されるの? 都知事選
2020年06月26日 21時55分

後藤輝樹氏が「政見放送」で過激発言を連発、何を言っても許されるの? 都知事選

後藤輝樹氏が「政見放送」で過激発言を連発、何を言っても許されるの? 都知事選
後藤輝樹氏の政見放送

6月26日未明、TOKYO MXで放送された東京都知事選の「政見放送」で、候補者の後藤輝樹氏の音声が一部消されて放送された。性的な表現が多くあったとみられる。

この政見放送が話題になり、同氏の名前がツイッタートレンド入りした。

同日夜にはNHKでも政見放送があった。男性器名などを連呼する内容だったが、声はさえぎられることなくノーカットで放送された。

後藤氏は、4年前の都知事選にも立候補。当時のNHKの政見放送では、音声の一部が消去され、裁判にも発展していた。

●「壁があったら……で壊す」無音は21カ所

放送を確認してみよう。MXでは候補者名が示されたのに続き、「公職選挙法第150条の2の規定をふまえて音声を一部削除しています」とテロップが流れた。

ここから後藤氏が姿を見せたわずか15秒後、「この一発に命をかけろ。ちきちき○○(放送では無音)対決。私が握った○○はトランプ大統領ではございません」という発言の音声が早速消されていた。

消されたのは確認しただけで少なくとも21カ所あった。主に消されていたのは、男性器や排泄物を意味する名称だったようだ(例:「意地が支えの○○主義。壁があったら○○で壊す。道がなければ○○で作る」など)。

ただ、「しごく」「射精」「セックス」などはそのまま放送されている。

●選管は収録に関与しない立場

政見放送は公職選挙法150条によって、「録音し若しくは録画した政見をそのまま放送しなければならない」と定められており、原則として、内容の編集や消去が禁じられている。

東京都選挙管理委員会によると、政見放送の収録はNHK、民放、ラジオが独自に行う。ラジオの放送はテレビ局の素材が使われることもあるようだ。

選管が収録に関与することはない。「収録の受付や場所も各放送局で実施され、収録に選管が立ち会うこともありません。選管から口を出すのは事前検閲という形になる」。そのため、収録への修正について、最終的な判断は「放送局の責任で行われる」という。

ただし、局側から相談が持ちかけられた際は、過去の判例などを示すことはあるそうだ。

取材に対し、MXは「さまざまな要素を考慮し、総合的に判断を致しました」と回答した。

●4年前はNHKと裁判に

6月26日午後10時半からはNHKでも後藤氏が出演する政見放送があり、男性器などに言及する内容がノーカットで放送された。

一方、4年前のNHKの政見放送では、性的な発言に音声が被されていた。

政見放送の編集について、NHKは「公選法に基づいてケースバイケースで判断している」とする。

「選挙は『表現の自由』ともかかわっているので、『公選法にこういう風に書かれています』と説明した上で『もう一回撮影されますか』という確認の仕方をしています。音声を被せる際はもちろん、事前に相手に伝えています」

「こういう風に」というのは、「品位保持」について書かれた公選法150条の2のこと。4年前はこの規定によって音声を被せた。この対応をめぐって、後藤氏がNHKを相手に裁判を起こしているが、NHK勝訴で確定している。

●後藤氏は修正の基準がわからないと嘆く

後藤氏はMXの放送後、自身のYouTubeで政見放送の裏事情を明かしている。放送前にMXから連絡があり、無音修正がされることを告げられたという。しかし、カットされる言葉の選択の「基準がわからない」と嘆いていた。

【編注】NHKが放映した政見放送について内容を更新しました(2020年6月27日午前0時25分)

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608