2019年05月11日 09時53分

離婚したら「ペット」とも会えない? 愛犬との面会交流はありえるか

離婚したら「ペット」とも会えない? 愛犬との面会交流はありえるか
幸せな時はいいけれど(YAMATO / PIXTA)

女優の渡辺えりさんが離婚する際、夫婦の「愛犬」の世話について弁護士を交えて書類を作成していたことを『女性セブン』(2019年4月25日号)が報じている。記事はネット版の「NEWSポストセブン」にも転載されている。

記事を転載した「NEWSポストセブン」は、「あとで揉めないように弁護士を入れて、書類も交わしています。別の老犬も飼っているのですが、その犬の世話をお互いにどう見るかまで明記しています」と、元夫のインタビューを掲載している。

ペットも「家族」である以上、離婚後もあったり、お世話をしたりすることは自然な流れだ。通常、離婚後のペットとはどのような関係になるのか。子どもと同じように、面会交流などの義務はあるのだろうか。渡邉正昭弁護士に聞いた。

●ペットに「面会交流」という概念はない

親権者や面会交流の主役は「子」です。しかし、ペットには人間と同じ意味での人格や法律関係の帰属主体となる権利能力はないので、面会交流という法律上の概念はありません。 通常は、所有者がペットを引き取り、新しい飼主となって、夫婦のペットに対する関係は終わります。

しかし、双方の合意によって、離婚した夫婦がペットを介した新しい人間関係を構築することは可能であり、意味があります。 たとえば、飼育や散歩の相互協力は、飼育環境の安定化や無駄吠え対策になり、うまく活用すれば、ペットの葬儀や法事と同様に、「面会交流」を円滑にする効果も期待できます。

(弁護士ドットコムニュース)

[弁護士ドットコムからのお知らせ] 編集スタッフを募集中です!

弁護士ドットコムニュース編集部では、取材・編集スタッフを募集しています。取材・編集経験者、法律の知識を持った方(編集経験は問いません)を歓迎します。アルバイトも募集中です。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

交渉戦略家・弁理士 元家事調停官
心理学を活用した法的交渉が特徴。ペット問題に30年関わり、相談や事件依頼は全国各地から、近時は世界各国からも。セカンドオピニオンや引き継ぎ依頼も多い。

この記事へのコメント

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」