2020年04月08日 16時28分

司法試験と予備試験の延期発表、代替日程は未定

司法試験と予備試験の延期発表、代替日程は未定
2019年の司法試験合格発表の様子(弁護士ドットコム撮影)

法務省は4月8日、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、5月13、14、16、17日の4日間かけて、全国7都市でおこなう予定だった司法試験を延期すると発表した。また、5月17日に予定していた予備試験の短答式試験についても、延期する。

司法試験委員会の担当者は、延期について「受験生や家族、監督業者などへの影響をもろもろ考慮した結果」と説明している。受験料については返還せずに、延期された日程での受験が可能になる予定。

延期後の実施日は未定で、司法試験委員会は「おって、可能な限り速やかに法務省のホームページ上において公表する」としている。

予備試験は7月や10月にも一部試験が実施される予定だったが、5月の日程の延期幅に合わせて、後ろ倒しになるという。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608