弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2018年06月21日 17時44分

「無罪判決が出たのに、一切報道がない」プロデューサー佐谷さんが会見…勾留262日、仕事は全て白紙

「無罪判決が出たのに、一切報道がない」プロデューサー佐谷さんが会見…勾留262日、仕事は全て白紙
無罪判決を受けて記者会見する佐谷秀美さん(左)と櫻田喜貢穂弁護士

「嫌われ松子の一生」や実写版「ルパン三世」、「あずみ」などの数々の映画を手がけた映画やドラマのプロデューサー、佐谷秀美さんが6月21日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見した。佐谷さんは2016年11月、詐欺容疑で逮捕されたが、一貫して否認、今年2月に無罪判決を得ている。

会見を開いた理由として、佐谷さんは「無罪判決が出てから一切の報道がされなかった。インターネットは私が逮捕された時点の記録になっている」と話した。逮捕が報道されてから、ネット上に佐谷さんが手がけた作品まで傷つけるようなブログやツイートが書かれるなど風評被害もあったといい、「作品と私の名誉のために、判決を知って欲しいと思って会見を開きました」と語った。

また、逮捕時から佐谷さんは一貫して、容疑を否認してきたが、262日間も勾留された上、「検察官に何度も説明しようと思ったが話を聞いてもらえなかった」と不信感を訴えた。今年3月、佐谷さんの刑事補償を認めた東京地裁は決定の中で、検察は客観的な証拠を軽視した捜査を行なっていたと厳しく批判している。

●突然の逮捕から262日間も勾留、仕事はすべて白紙に

2016年11月2日朝、佐谷さんの自宅に事前の聴取もなく、突然警察が逮捕状を持って訪れた。家宅捜索してパソコンなどを持ち出すとともに、その場で佐谷さんを逮捕。佐谷さんは警視庁目黒警察署に連行された。「そこには、報道機関が待っていました。私には事前聴取がありませんでしたが、報道関係者にはリークされていたわけです」

その後、佐谷さんは原宿の留置施設に収容された。接見も禁止され、12月に起訴。東京拘置所に移送されてからも、保釈請求を出していたが、結局6回にわたり勾留は引き伸ばされた。2017年2月の初公判後、7月にやっと釈放されるまで、262日もの間、佐谷さんは拘束されていたことになる。

その間、佐谷さんがプロデュースした連続ドラマが放映中だったが、急遽名前を外し、そのほか、継続中の仕事への影響を考えて、会社の役員の解任手続きをするなどの対応に追われたという。

「予定されていたプロジェクトは中止になり、仕事は判決まで全て白紙に戻った状態です。判決が確定した後も、『あのプロデューサーは逮捕された人でしょう』といわれることのないよう、逮捕を報道したメディアから無罪を伝えてほしいです」と話した。

●東京地裁は検察の捜査姿勢を厳しく批判

公判を重ねるごとに、法廷ではメディアの取材や傍聴人が減っていった。しかし、今年2月、東京地裁は佐谷さんを無罪とする判決を言い渡した。また、3月、佐谷さんの刑事補償を認めた東京地裁は、その決定の中で、異例の厳しさで検察を批判している。

決定の中で問われたのは、「検察の理念」だ。一連の不祥事を受けて、2011年9月に最高検察庁が策定し公表した基本規定で、「被疑者・被告人等の主張に耳を傾け、積極・消極を問わず十分な証拠の収集・把握に努め、冷静かつ多角的にその評価を行う」といったことが掲げられている。

しかし、佐谷さんは「何度も検察官に説明しようとしたが、話を聞いてもらえなかった」と振り返るように、東京地裁の決定でも、「捜査機関においては請求人(佐谷さん)の主張に耳を傾ける姿勢が乏しかった」と指摘。「検察自ら定めた『検察の理念』に照らして、検察官の捜査公判活動は、省みるべき点が少なくない」として、客観的証拠の検討や法律的な検討が不十分であったことを批判した。

佐谷さんの弁護人を務めた櫻田喜貢穂弁護士は、「『検察の理念』を裁判の中で打ち出してきたのが、本件の一番の特徴。その意味において、この判決の意義があると思います」と評価した。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」