現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
嶋田 葉月弁護士

( しまだ はづき ) 嶋田 葉月

弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【新宿オフィス支店長】【初回相談無料】【夜間・土日も対応】【複数弁護士のチーム体制】経験豊富な離婚チームが解決後の未来も見据えて、依頼者にとって最良の解決となるようサポートします!
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • 生活費を入れない

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■ 離婚事件はお任せください

現在、新宿オフィスの支店長として、新宿区中心に東京近郊にお住まいの方、働かれている方からの「慰謝料・子の引渡し・親権などの離婚事件」のご相談を数多く担当させていただいております。
離婚事件は心の負担も大きく、事件が終わった後も関係が続くことが多いため、面談の際は安心してお話できるような雰囲気を心掛け、法的に問題を解決するだけでなく、その後の関係性や生活にも配慮した解決へと導けるように心掛けています。

また、当事務所では、豊富な経験と実績を有する弁護士が、専任チームを組んで対応にあたり、様々な視点からの検討を重ねますので、安心してご相談ください。

■ 初回のご相談は無料です

離婚問題についてのご相談は初回無料です。
現状の整理や今後の手続きの流れ、相手方への対応方法についてなど、丁寧に分かりやすくお話しますので、無料相談を是非ご活用ください。

■ ひとりひとりに合ったサポートプラン

「相手との交渉に弁護士に入ってほしい」、「必要書類、手続は自分で対応し、法的なサポートだけしてほしい」といったさまざまなご要望に合ったプランをご用意しております。
料金の詳細は、HPをご覧ください。
https://rikon.authense.jp/fee/

【離婚交渉・調停プラン】
離婚交渉・調停、婚姻費用請求なども含まれたお得なプランです。

【離婚交渉プラン】
離婚交渉のみで問題解決を検討されている方におすすめです。

【不倫相手への慰謝料請求プラン】
不倫相手や元配偶者に対し、慰謝料請求するプランです。

【認知/養育費 交渉・認知調停プラン】
認知に関して問題を抱えている方へおすすめです。

【子の引渡しと監護者の指定の審判に関するプラン】
子の引き渡しや監護者の指定の審判に関するプランです。

【公正証書作成プラン】
公正証書作成時にサポートが必要な方におすすめです。

■ このようなお悩みを抱えている方は、すぐにご相談ください

  • 慰謝料や財産分与などのお金の問題
  • 親権、面会交流などお子様に関わる問題
  • 不倫、不貞など離婚男女問題一般

■ 離婚チームが迅速に問題解決にあたります

多くの離婚問題を取り扱った経験豊富な弁護士チームが、依頼者様の気持ちに寄り添って対応いたします。単に離婚することを目的とするのではなく、離婚後の新生活も見据え、依頼者様にとってベストな解決方法をご提案します。
また、ワンストップ型のリーガルサービスを実現すべく、提携の探偵事務所やカウンセラーのご紹介も行っております。スムーズな解決を目指すとともに、これからの生活を支援いたします。

弁護士業界でも数少ないといわれる女性弁護士が数多く所属していることも当事務所の特長のひとつです。
「女性の方が話しやすい」など、ご希望がある場合は女性弁護士が担当いたします。
初回の面談予約時にお気軽にご相談ください。
※男性弁護士の希望も可能です。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料相談(60分まで)
※60分を超えた場合は、¥5,000(税別)/30分をいただきます。
公正証書作成プラン 着手金 10万円
離婚協議成立後に相談を受けた場合の公正証書作成のサポート

詳細はこちらをご覧ください。
http://rikon.authense.jp/fee/support.html
離婚交渉プラン 着手金 20万円
報酬金 40万円+得られた経済的利益の10%

詳細はこちらをご覧ください。
http://rikon.authense.jp/fee/negotiation.html
離婚交渉・調停プラン 着手金 30万円
報酬金 40万円+得られた経済的利益の10%

詳細はこちらをご覧ください。
http://rikon.authense.jp/fee/mediation.html
不倫相手への慰謝料請求プラン 着手金 25万円
報酬金 25万円+得られた経済的利益の10%

詳細はこちらをご覧ください。
http://rikon.authense.jp/fee/solatium.html
認知/養育費 交渉・調停プラン 着手金 20万円
報酬金 40万円+得られた経済的利益の10%

詳細はこちらをご覧ください。
http://rikon.authense.jp/fee/recognition.html
その他 ※上記金額は全て税別金額となります。別途消費税が加算されます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(6件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

10年続いた夫の不倫、不倫相手に慰謝料を請求したい。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

Aさんは、10年前から夫の不倫に悩んできました。
 不倫相手Bには、何度も夫と別れてほしいと懇願し続けてきました。

しかし、不倫相手Bは、その場では約束しますが、不貞関係(不倫・浮気)は依然として続けていました。

あまりに長い間の不貞関係(不倫・浮気)が続いたため、Aさんとしては何らかのケジメをつけたいと考え、不倫相手Bに対して慰謝料を請求できないだろうかとご相談にいらっしゃいました。

相談後

Aさんは、長年続いた不貞関係(不倫・浮気)が口約束だけで済むとは思っていません。書面などでしっかりと約束すること、ケジメとして慰謝料を支払ってもらうことを望んでいます。

慰謝料の合意を含めた示談書を作成することを求めることとし、不倫相手Bに対して、慰謝料を請求する通知をしました。

嶋田 葉月弁護士からのコメント

嶋田 葉月弁護士

交渉の結果、不倫相手BがAさんに慰謝料150万円を支払うことで合意となり、後日、示談書が交わされました。
 不倫相手Bは、Aさんに謝罪し、慰謝料が一括で支払われました。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫の借金、自己破産、繰り返す転職…もう限界、離婚したいです。

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚請求
  • 借金・浪費
依頼主 40代 女性

相談前

Aさんは、結婚してから20年以上、夫の金遣いの荒さに苦労してきました。
 また、夫は多額の借金を抱え、数年前には自己破産までしています。当時所有していた家もその際に手放すことになりました。

さらに、夫は転職を繰り返し、やっと採用された会社の金銭を使い込んで解雇されるなど、Aさんは、夫と夫婦関係を続けていくことに限界を感じ、離婚を決意しました。

相談後

Aさんは、夫と離婚について話し合う前に、弁護士のアドバイスを聞きたいと、ご相談にいらっしゃいました。

Aさんの希望(子供の親権を取りたいこと、子供が成人するまで、もしくは大学を卒業するまで、夫に養育費を支払ってほしいことなど)をヒアリングし、希望を叶えるためにはどのような手続きとっていくべきかを具体的にアドバイスしました。

嶋田 葉月弁護士からのコメント

嶋田 葉月弁護士

協議の結果、Aさんと夫は協議離婚が成立しました。離婚協議書には、子供の養育費の支払い、年金分割などの財産分与についても盛り込み、公正証書にまとめました。
 これにより、Aさんは子供と新しい生活をスタートすることができました。

離婚・男女問題の解決事例 3

一人で出て行った妻に婚姻費用の分担請求調停を申立て。

  • 別居
  • 婚姻費用
依頼主 40代 男性

相談前

Aさんの妻は、ある日からAさんと会話をしたがらないようになりました。そのような状況が半年ほど続いた後、妻は一人で家を出て行ってしまいました。

しばらく別居状態が続いたある日、妻の代理人から、婚姻費用の分担請求調停を申し立てる旨の通知が届きました。

相談後

Aさんは、どうしたらよいか対応に困り、ご相談にいらっしゃいました。

Aさんは、妻と離婚する気はありませんでした。そして、妻が家を出て行った理由を知りたいと思っていました。

また、Aさんの収入だけでは、進学を控える子供の教育費をまかなうのは難しいため、妻にも支払ってもらいたいと考えていました。

婚姻費用の分担請求調停を申立てました。そして、子供の教育費について具体的な算定表をもとに主張しました。

嶋田 葉月弁護士からのコメント

嶋田 葉月弁護士

調停の結果、妻は、Aさんに別居期間中の未払いの婚姻費用を支払うこと、離婚または別居解消に至るまで、各月取り決めた金額を支払うこと、子供の使用する携帯電話料金を負担する旨の内容で調停が成立しました。

また、離婚か別居解消かについては、円満解決にむけて夫婦間で話し合うことになりました。

離婚・男女問題の解決事例 4

浮気相手の妻から慰謝料を請求された。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

Aさんは、趣味を通じて男性Bと知り合い、二人で趣味を楽しむようになりました。

あるとき、Aさんは、Bが既婚者であることを知りながら、積極的な誘いを断り切れず、不貞関係(不倫・浮気)をもってしまいました。

ある日、Bから「妻に浮気がバレたので、三人で話し合いたい」と連絡がありましたが、Aさんは関わりたくないと思い、連絡を無視し続けました。

すると、Bの妻Cから、慰謝料として500万円を請求する通知とAさんの所有する土地と建物を仮差押えするという内容の通知が届きました。

相談後

突然の裁判所からの通知に動揺したAさんは、どうしたらよいかわからず、ご相談にいらっしゃいました。

Aさんは、Bと不貞関係をもったことは認め、謝罪の気持ちはありましたが、請求された慰謝料は高額で支払える金額ではありませんでした。
Aさんの代理人として慰謝料の減額を求めました。

妻Cは、Aさんのせいで夫婦生活が破綻したと訴えてきましたが、弁護士は、不貞(不倫・浮気)があった当時には、すでにBは妻Cとの離婚を考えていたこと、Bからの積極的な誘いにAさんが断り切れずに不貞関係(不倫・浮気)をもってしまったことを、BからAさん宛てに送られてきたメールを証拠として反論しました。
証拠を踏まえた適切な主張により、裁判はAさんに有利に進行しました。

嶋田 葉月弁護士からのコメント

嶋田 葉月弁護士

裁判の結果、Aさんは、Bの妻Cに謝罪するとともに、慰謝料として150万円を支払う内容で和解が成立しました。

Aさんは、所有する土地と建物を差し押さえられることなく、慰謝料は支払える範囲での解決となりました。

不貞行為(不倫・浮気)を理由に、慰謝料を請求されるケースは多くあります。
お悩みの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 5

夫の浮気相手には謝罪と慰謝料請求を。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

Aさんの夫は数か月前から深夜に外出することが多くなりました。不審に思ったAさんは、夫の携帯電話の着信履歴から見知らぬ女性Bの存在を知りました。

確実な証拠を集めるため探偵会社に夫の行動調査を依頼したところ、女性Bは夫が経営する会社の取引先の女性で、夫と不貞関係(不倫・浮気)にあることが判明しました。

夫の浮気を知ったAさんは、ショックのあまり体調を崩してしまい、通院を余儀なくされました。

相談後

Aさんは、夫と浮気相手Bに、これ以上関係を持って欲しくない、別れてほしいと考え、今後どうしたらよいかご相談にいらっしゃいました。

Aさんは、夫と浮気相手との関係解消を望んでいました。一方で、夫婦の生活を壊し、精神的苦痛を与えた浮気相手Bに対して、慰謝料を請求したいと考えていました。

浮気相手Bに内容証明郵便を郵送し、慰謝料として300万円を支払うこと、Aさんへ誠意をもって謝罪をすること、別の場所に引っ越すことを求めました。

すると、浮気相手Bは、Aさんの夫の経営する会社にたびたび訪れるようになり、ときには脅迫するなど、行動は次第にエスカレートしていきました。

そこで、Bの代理人に対して、脅迫などの言動を止めるよう忠告すると共に、Aさんの希望であった夫婦関係の修復を叶えるため裁判所に訴えを提起しました。

裁判において弁護士は、夫と浮気相手Bの不貞関係(不倫・浮気)に証拠を提出し、Aさんが相当な精神的ショックを受けたことを説明することで、有利な和解を求めました。

嶋田 葉月弁護士からのコメント

嶋田 葉月弁護士

裁判の結果、Bは「慰謝料として140万円を支払うこと」、「今後一切Aさん夫婦と接触しないこと」で和解が成立しました。

離婚・男女問題の解決事例 6

不貞相手に慰謝料請求し、その後夫と離婚したい。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

40代のB子さんの夫の不倫が発覚しました。
B子さんは夫の不倫相手に慰謝料を請求したいと考え、当所にお見えになりました。
最優先は不倫相手への慰謝料請求で、夫との離婚はその後、条件次第で考えるということでした。

相談後

不倫相手に慰謝料請求を行ったところ、相手方に弁護士が付きました。
弁護士と交渉を続けていたところ、夫がB子さんに「離婚してほしい」と言って、離婚調停を申し立ててきました。
しかし、不倫をしていたのは夫です。
少なくともこの時点では、有責配偶者からの離婚請求権は認められません。そこで、「離婚したいのなら、自分が不倫をしたことを認め、慰謝料を支払うことに同意して欲しい。その他の条件についてもこちらの意見をのんでくれるのであれば離婚に応じる」と伝えました。
しかし、夫は「それではオレが損するだけだ」「浮気はしていない」「納得できないなら裁判だ」と主張。要求を飲んではくれませんでした。
B子さんは当所にお見えになる前、ご自身で探偵に依頼し、夫の不倫の証拠を数多く揃えていました。
言い逃れができない状況であるにも関わらず、夫は自身の不貞行為を認めようとはしません。
そこで、まずは夫に不倫を認めさせるところからはじめました。
やがて明白な証拠を突きつけられ、夫は自身の不貞行為は認めたのですが「自分が不倫したのはB子が妻として至らなかったから」「夫婦関係破綻の原因はB子にある」といった無責任な主張を繰り返すばかり。
結婚生活の中で、B子さんがいかにストレスフルな日々を夫によって強いられていたのか、暗澹たる気持ちになりました。
「裁判をしよう」と繰り返す夫に対して、こちらは勝てる見込みがあったので裁判での見込みを伝えたうえで「いいでしょう」と応じると、急に態度を翻してこちらの条件を飲むと伝えてきました。
B子さんの提示した条件は、慰謝料300万円と子どもの学費と不動産(自宅)でした。
最終的に夫もこの条件を受け入れました。
当初、B子さんが求めていた不倫相手への慰謝料請求は、夫が慰謝料を支払ったことによって請求しないことにしました。

嶋田 葉月弁護士からのコメント

嶋田 葉月弁護士

交渉相手である夫の態度が強硬で、依頼者であるB子さんに対しても根拠のない辛辣な主張を繰り返していました。
解決に向けて先方との交渉を続けていくなかで、B子さんの心のケアにも重点を置いて進めていくことを意識しました。
どんなに夫が的はずれな主張をしてきても毅然と対応すると同時に、B子さんに対しては「彼の主張は法的にはなんの根拠もない。安心して欲しい」と励ますことで、途中で諦めてしまうことのないよう寄り添っていきました。
その結果、ご要望どおりの結果に導くことができました。
離婚に際しての交渉が長引いてくると、こんなに辛い時間が早く終わるのなら、結果なんてどうでも良いからさっさと終わらせてしまいたいという感情になってしまうことがあります。
弁護士を間に立てる大きなメリットの1つに、直接相手方と交渉しなくて済む点が挙げられます。
厄介な交渉事やストレスの源である相手方とのコミュニケーションを代わりに弁護士が行うことで、ご依頼者様はストレスに晒されることなく解決に向けて邁進できます。
離婚問題にお悩みの方は、ご自身だけで解決しようとなさらずに、一度弁護士にご相談にお見えになってください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人Authense法律事務所
所在地
〒160-0023
東京都 新宿区西新宿1-3-17 新宿第1アオイビル8階
最寄り駅
都営地下鉄 大江戸線「新宿西口駅」D4出口から徒歩1分/JR各線・都営地下鉄 新宿線・東京メトロ 丸の内線・私鉄 小田急線・私鉄 京王線「新宿駅」西口から徒歩6分/西武鉄道 西武新宿線「西武新宿駅」正面口改札から徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所営業時間は平日9時30分から20時。土日祝日は9時30分から18時30分となっております。
メールでのお問い合わせに関しては、営業時間外でもお受けしております。
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5852-2903

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィスへ問い合わせ

電話番号 050-5852-2903

※弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィスでは、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所営業時間は平日9時30分から20時。土日祝日は9時30分から18時30分となっております。
メールでのお問い合わせに関しては、営業時間外でもお受けしております。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談