現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
岩島 のり子弁護士

( いわしま のりこ ) 岩島 のり子

岩島のり子法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【弁護士活動25年超の経験】【新宿御苑前駅より徒歩5分】【女性弁護士対応】【モラハラ・熟年案件多数】女性弁護士による丁寧なサポート!
じっくりお話を伺い、ベストな解決方法をご提案いたします!
岩島のり子法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

【まずは法律相談から】

法律相談では分かりやすく、今後の見通しをご説明します。
当事務所では、お聞きした事情を前提として、ご相談の案件で予想される問題点、手続の選択肢、解決までにかかる時間・費用はどのくらいか、離婚にあたって今何について判断すべきかなど、弁護士がご説明しています。
その際、良いことも悪いことも率直にお話しするようにしています。
法律相談は有料ですが、「25年の経験をもとに」、「女性の視点で」、「的確なアドバイス」ができるよう努めております。
法律相談のみで不安が解消された、という方も多くいらっしゃいます。
まずはお気軽にお電話ください。

※現在、新規のご相談は「女性側」のご依頼者のみとさせていただいておりますので、ご了承ください。

【あなたにあった解決をめざします】

当事務所では、じっくりお話を伺い、お1人、お1人の方にあった解決方法をさがします。
まずは、あなたのお気持ちをお聞かせください。
相手方に何を求めますか?
守りたいものは何ですか?
積み重ねた経験・知識からアドバイスできることがあると思います。

【弁護士歴25年超の所長弁護士が責任をもって対応します】

弁護士登録して25年超になりますが、様々な離婚相談・離婚事件を経験してきました。
所長弁護士が責任をもって最後まで対応します。
事件の個性にあった丁寧な処理を常に心がけています。

【安心・納得の費用体系】

ご相談の際に、お話を伺った範囲で概算金額をご説明し、弁護士費用などの経費について丁寧にご説明いたします。
ご納得いただいた場合にはじめて受任となります。

-------------------------------------------------------
【24時間メール受付】
【電話受付時間】
平日 9:30〜17:30
土日 9:00〜19:00
※お電話では簡単なヒアリング程度で、詳しい内容についてはご面談での相談とさせていただいております。
※不在の場合は、折り返しお電話いたしますので、まずは営業時間内にお電話ください。
※事前予約の場合のみ、夜間・休日の相談にお受けすることがございます。
-------------------------------------------------------
アクセス:新宿御苑前駅より徒歩5分
ホームページ;https://www.iwashima-rikon.com/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分相談料無料
以降の相談については、5500円/30分(消費税込)

※現在、新規のご相談は「女性側」のご依頼者のみとさせていただいておりますので、ご了承ください。
着手金 【交渉・示談】22万円(調停に移行した時+11万円)(消費税込)〜

【調停】33万円(訴訟に移行した時+22万円)(消費税込)〜

【訴訟】44万円(消費税込)〜

成功報酬 【交渉・示談】【調停】【離婚】着手金と同額(消費税込)
離婚協議書作成 11万円~(消費税込)
料金の詳細について ※各事件の詳細な算定額については、手続や事件の難易度等事案の内容により異なりますのでまずはお電話ください。

※財産分与・慰謝料を請求するなど経済的な紛争をともなう場合には、別途一般民事事件に準じた着手金、報酬が発生します。

※金額の表記は全て消費税込となります。


個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(4件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫がローンを完済した後の自宅を、妻が財産分与で取得することに成功した事例

  • 財産分与
  • 別居
依頼主 50代 女性

相談前

夫が数年前に家を出たため別居状態となっているという妻からのご相談でした。

大学生のお子様もいるため、夫とはつかず離れずの関係を続けてきましたが、数カ月前に夫から離婚を求められ条件も呈示されたとのことでした。

しかし、離婚について決断のつかないまま夫から離婚条件の説明を受けているうちに、内容が二転三転してきたため話し合いが膠着状態となっていたところ、突然夫から離婚調停を申し立てられたとのことでした。


夫にも弁護士がついていたので、両当事者に代理人がついて調停が始まりました。

相談後

当方は、調停で妻が望んで離婚をするものではないというスタンスを明確にしました。
そして、財産分与の額・内容が争点となったため、どの財産が財産分与の対象になるのか、および、その財産価額の評価基準について、判断材料となる証拠を提出しました。

さらに、妻の経済状況や今後、子どもにかかる費用について主張をし続けたところ、夫も一定の理解を示し、財産分与として金銭の支払以外に、夫が住宅ローンを完済し、その家の名義を妻に変更するという内容で、離婚調停を成立させることができました。

岩島 のり子弁護士からのコメント

岩島 のり子弁護士

当事者間の協議が双方の行き違いもあって膠着状態となってしまった事案です。

夫が当初呈示した離婚条件を覆したため、妻であるご依頼者は当初非常に不安に感じておられましたが、弁護士に依頼し、調停という手続を選択したことが速やかな解決に結びついたと言えるでしょう。

結果的に、無事に調停が成立し、財産分与として金銭だけでなく家も確保することができ、ご依頼者にはご満足いただけたと思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

進展しない離婚問題を受任後2か月で協議離婚に導いた事例

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 20代 女性

相談前

夫と別居中の妻からの相談。
離婚について当事者同士で話し合い、了解の上で別居したが、その後離婚に向けて具体的な話が進展しない為、ご相談を頂きました。

相談後

弁護士から夫に対して、書面で「離婚に向けた話し合いのテーブルについて欲しい」と申し入れ、面談をしました。

夫の意向を確認した所、夫は自分から再度離婚の話を切り出すこと自体を躊躇していたこともうかがえました。
しかし、弁護士が、誠意をもって妻の気持ちや今後の生活についての話合いをもちかけたことで、夫も次第に離婚を現実の問題として認識できるようになり、やがて離婚に同意し、慰謝料など具体的条件の話合いも進めることができました。

結果、ご依頼をいただいて約2か月で協議離婚が成立し、財産分与等も解決致しました。

岩島 のり子弁護士からのコメント

岩島 のり子弁護士

離婚の問題についてはお互いが分からない事ばかりなので話が進まないケースが多いです。

「離婚」を考える時には重要な8つのポイントがございます。

 1.相手が離婚に同意しているか
 2.共有財産をどう分けるか
 3.不貞・暴力行為があった時の慰謝料はどうするか
 4.年金分割はどれぐらいか
 5.離婚費用はどう負担するか
 6.子供の親権はどうするか
 7.養育費はどうするか
 8.離婚後の子供との面会ルールはどうするか

このケースですと夫婦間の合意が得られるかどうかが鍵となりました。
トラブル無く話を進めるには経験のある弁護士に相談される事をお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例 3

相手方の請求する財産分与を大きく下回る金額で決着した事例

  • 財産分与
  • 慰謝料
依頼主 30代 男性

相談前

妻から離婚を切り出され、あわせて高額の慰謝料・財産分与を求められたという夫からのご相談でした。
妻の要求を拒絶したところ、離婚調停を申し立てられたとのことでした。

相談後

当方は、ご依頼者である夫側代理人として調停に臨みました。

当方は、婚姻生活の破綻に夫には責任がないこと、妻の要求する財産分与は過大に過ぎすることを、丁寧に主張していきました。

数回の調停期日を経て、結果的に、妻の要求していた財産分与額からは大幅に減額された内容で、調停を成立させることができました。

岩島 のり子弁護士からのコメント

岩島 のり子弁護士

財産分与については、対象となる財産、財産の評価時点等問題となることが多々あります。
判例の基準をおさえ主張すべきは主張しなければなりません。

専門的知識が必要となりますので、専門家にご相談されるのが良いでしょう。

離婚・男女問題の解決事例 4

夫の退職金・夫名義の自宅の代償金を妻が取得した事案

  • 財産分与
  • 別居
依頼主 50代 女性

相談前

婚姻生活20数年で、突然、夫から離婚を切り出され、自宅を出ざるを得なかった専業主婦の奥さんからのご相談でした。未成熟子はいませんでした。別居後、婚姻費用はもらっていました。
奥さんは離婚を希望するものではないが、夫はいいだしたらきかない性格なので、従わざるを得ないと考えていました。しかし、離婚について決断のつかないまま夫から一定の解決金を渡すという条件の説明を受けているうちに、夫のいっていることは正しいのかと不安が募り、弁護士相談となりました。

相談後

交渉段階から弁護士受任となりました。
離婚に応じる義務はないことをご説明しました。
交渉では妻が望んで離婚をするものではないという当方のスタンスを明確にしたうえで、夫に対して離婚条件の提案を求めるとともに、同人名義の資産の開示を求めました。時間はかかりましたが夫も開示に応じ、内容は奥さんにもある程度信用できるものでした。財産分与の対象・基準額等の判断材料となる資料も整い、奥さんが妥当な財産分与の額について判断できるようになった結果、一定の解決金の支払を条件に離婚に応じても良いという決断に至りました。
当初、夫は自宅が財産分与の対象となるとは考えていなかったようですが、法律相談の利用を勧め、理解を得ることができました。自宅は、住宅ローンの支払い継続中でしたが、評価額も上がっており、相当額の担保余剰が見込める物件でした。査定書の評価額と別居時点での残ローン額および退職金計算書にもとづき算出される財産分与額を前提に、奥さんが希望額を考え相手方に呈示し、合意に至りました。
また、当事者間では協議されていなかった年金分割にも応じてもらいました。
合意内容は公正証書化いたしました。

岩島 のり子弁護士からのコメント

岩島 のり子弁護士

夫から要求されたからといって離婚に応じる法的義務はないということを理解して頂くことからスタートしました。当事者同士の交渉ですと、声の大きい方に他方は圧倒されてしまい、自分の正当な権利を主張したり、冷静な判断ができなくなることもあります。また、財産分与について対象・基準額の特定のため、まず相手方名義の資産の開示を求めることによって、奥さんの判断に必要な情報を得ることができ、それが納得のいく解決に繋がったものです。奥さん側にもある程度満足して頂ける結果だったと思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
岩島のり子法律事務所
所在地
〒160-0022
東京都 新宿区新宿5-1-1 ローヤルマンションビル206
最寄り駅
丸の内線「新宿御苑前」駅 2番出口より徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール受付】
【電話受付時間】
平日 9:30〜17:30
土日 9:00〜19:00
※不在の場合は、折り返しお電話いたしますので、まずは営業時間内にお電話ください。
※事前予約の場合のみ、夜間・休日の相談にお受けすることがございます。
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5877-3072

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

岩島 のり子弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5877-3072
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール受付】
【電話受付時間】
平日 9:30〜17:30
土日 9:00〜19:00
※不在の場合は、折り返しお電話いたしますので、まずは営業時間内にお電話ください。
※事前予約の場合のみ、夜間・休日の相談にお受けすることがございます。
交通アクセス
駐車場近く