お気に入りに追加
後藤 正志弁護士

( ごとう まさし ) 後藤 正志

債権回収

分野を変更する
【初回相談無料】
相手が倒産した・別会社に事業を移したなど、困難な案件でも対応致します。

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■初回相談料は1時間までは無料です。お電話でお気軽にご連絡ください。
■メールフォームからのご相談も承ります。

・債権回収したいが、相手に財産があるか疑わしい          
・顧問弁護士が対応したが、回収が難しいと言われた
・相手が倒産した。諦めなければならないのか?                      
・商品を売ったが、その代金を買主が支払ってくれない。     
 
■このようなご相談、お任せ下さい。

≪強み≫                                     
事業再生の過程で、債務者側からの相談を多数受けてきた為、債務者の行動パターンは把握しております。
相手が倒産したり、別会社に事業を移した場合など、困難な案件でも対応致します。 

≪まずは無料で相談、診断≫
債権回収は、弁護士に依頼することで大きく進展します。
まずは、あなたの債権の回収可能性について、診断をさせていただきます。
マイナスの情報(費用倒れの可能性)についても可能な限り示して、安心してご依頼頂けるよう努めております。

≪明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします≫
債権回収問題は「時効」との絡みもあり、できる限り早い段階で手を打つことが必要です。
※「時効」を迎えていても、案件によっては回収ができるものもあります。

≪初回相談は無料です≫
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料としております。
(ご予約の際、「弁護士ドットコムを見た」とお伝え下さい)
着手金・報酬金は、ご依頼者様の経済状況に合わせて相談に応じております高額な着手金で費用倒れにならないよう、事案に応じ価格を設定しています。

≪執筆≫
「会社経営をめぐる実務一切」(自由国民社)
「企業と経営の基本知識がわかる本」(自由国民社)
「Q&A 中小企業法律支援ハンドブック」(創耕舎) 他
※いずれも共同執筆

■アクセス■
■事務所アクセス■
東京メトロ千代田線の「赤坂」6番出口から徒歩2分です。
〒107-0052
東京都港区赤坂6-3-8 ダイアパレス赤坂603

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
【相談料】 ・30分ごとに5,000円
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝え頂くと、初回相談料金は無料になります。 
【その他費用】    ・着手金:10万円〜
・報酬金:20万円〜 

※料金はご状況に応じて柔軟に対応致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収の解決事例(1件)

分野を変更する

債権回収の解決事例 1

買主の自宅について競売を申し立てて売掛金を回収した事例

依頼主 60代 男性

相談前

相手に商品を売却したのですが,相手が売掛金を支払わず,合計で1000万円ぐらいが未払のままとなっています。

相談後

相手の自宅の登記を調べると,第三者からお金を借りたことを理由とする抵当権が設定されていましたが,こちらから内容証明を送った直後に抵当権が設定されたため,内容に疑いがありました。
そこで,第三者に対して,詐害行為取消(抵当権の設定を取り消すという内容)の裁判を起こすと同時に,買主の自宅について処分禁止仮処分(売却したり,新たな担保を設定できないようにする処分)をかけて,第三者に対する裁判で勝訴した後は買主に対して売買代金の支払いを求める裁判を起こし,買主に対する裁判にも勝訴した後は,買主の自宅に対して競売を申し立てました。
その後,買主側から和解の申し入れがあり,売掛金の支払いを受けるのと引き替えに,競売申立を取り下げる内容の和解が成立しました。

後藤 正志弁護士からのコメント

後藤 正志弁護士

直前に,買主の自宅に抵当権が設定されていたことから,逆に,自宅が買主にとってウィークポイントであったことが分かります。
そこで,自宅を処分できないようにした上で(処分禁止仮処分),裁判→競売と手続を進めて行くことで,最終的に,売掛金のほぼ全額を回収することができました。

債権回収

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【弁護士直通】【当日対応可】30社以上の中小企業の民事再生手続き・私的再建手続きに関わった経験を活かし、尽力いたします。まずはご連絡ください。

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■初回相談料は1時間までは無料です。お電話でお気軽にご連絡ください。
■メールフォームからのご相談も承ります。

【顧問先からのご相談は、土日・祝日も対応可能です。】            

・株主総会の進め方に問題がないか、チェックして欲しい        
・長年付き合いのあった取引先から、取引を打ち切られた       
・私的再建で事業を立て直したいが、どのように進めたらいいか  
・後継者に事業を譲りたいが、どのような準備が必要か        

このようなご相談、お任せください!

≪強み≫
30社以上の中小企業の民事再生手続き・私的再建手続きに関わった経験があります。
税理士や公認会計士とも連携しておりますので、事業継承のご相談についても対応が可能です。
また、M&A(売主側)の代理人として手続き全体に関わった経験から、
売主の立場から見たM&Aのポイント・法的リスクの内容は、ある程度見通しが立ちます。

≪行政書士が在籍≫
当事務所には、行政書士の有資格者が在籍しており、補助金・助成金の申請なども行っております。
補助金申請などの業務もワンストップでサポートし、貴社のお力になります。

≪まずはお気軽にご相談ください≫
企業再建や事業継承は早めに準備するほど成功しやすくなります。
少しでも不安に感じた方は、まずお気軽にご相談ください。

≪単発、軽微なお仕事でも大歓迎です≫
定額の顧問性だけでなく、契約書作成等、単発の案件も可能です。
ご要望に合わせ、弁護士が何を、どこまで対応するかを明らかにして、顧問料を設定しております。

≪費用に関しまして≫
顧問契約および交渉・裁判手続き費用等に関しましては、都度お客様との協議の上で決定させていただきます。
※企業規模や状況に応じて、フレキシブルに対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

≪執筆≫
「会社経営をめぐる実務一切」(自由国民社)
「企業と経営の基本知識がわかる本」(自由国民社)
「成功する事業承継のしくみと実務(第2版)」(自由国民社)
「Q&A 中小企業法律支援ハンドブック」(創耕舎) 他
※いずれも共同執筆

■事務所アクセス■
東京メトロ千代田線の「赤坂」6番出口から徒歩2分です。
〒107-0052
東京都港区赤坂6-3-8 ダイアパレス赤坂603

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

この分野の法律相談

アニメやゲーム、漫画等のキャラクターを掲載したサイトを作ろうと思っています。ただ、そのキャラクターを作成した人や会社に許可を得るわけではなく、勝手に掲載します。どのような場合に違法行為となりますか? また、キャラクターだけでなく、一般の人物についても同様のことをしたいと思っていますが、そちら...

 キャラクターの場合ですが、キャラクターには、漫画家、ゲーム会社、アニメ制作会社等に著作権がありますので、勝手に掲載した場合、それだけで著作権法違反となります。  例外的に、「引用」の場合は著作権者の許諾がいらないのですが(著作権法32条)、最高裁判決による「引用と認められるための条件」はなかなか厳しいので、予め、各著作権者から許可を得る方が安全です。 ...

後藤 正志弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
【相談料】 ・30分ごとに5,000円
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝え頂くと、初回相談料金は無料になります。 
【その他費用】  ・手数料(意見書作成の場合):10万円〜
・タイムチャージ:2万7千円〜 
・顧問料:3万円〜10万円(税別)        
        
※料金はご状況に応じて柔軟に対応致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(1件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

別会社に事業を譲り渡して,実質的に会社の借入金の一部を免除してもらった事例

依頼主 50代 男性

相談前

会社は何とか営業利益が出ていますが,過去に行った金融機関からの借入の負担が大きく,今のままでは借入金を完済する目処が立ちません。

相談後

金融機関と協議しつつ,新会社を立ち上げて,事業を新会社に譲渡するのと並行して,借入金の一部も新会社が引き受けることにしました。
関連会社に引き受けられなかった借金が残った元の会社は,活動を止めて休眠会社とし,破産することで,実質的に,借入金を,新会社が引き受けた分まで圧縮することができました。
また,取引先には内密に金融機関との交渉を進めたため,風評被害の発生も抑えることができました。

後藤 正志弁護士からのコメント

後藤 正志弁護士

本件では,要所要所で金融機関と意見交換を進めながら手続を進めたことが,円満に事業を新会社に移転できた大きな要因です。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【初回相談1時間まで無料】【当日対応可】【複数の不動産業者及び不動産鑑定士と連携】不動産・建築問題を幅広くサポートいたします。お気軽にご相談ください。

不動産・建築の取扱分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■初回相談料は1時間まで無料です。お気軽にご連絡ください。
■メールフォームからのご相談も承ります。

・賃料の滞納が続いており、建物明け渡しの請求をしたい
・賃料の滞納をしているので、建物明け渡しに応じざるを得ないが、引っ越し先を見つけるだけの余裕がほしい
・担保付の自宅を売却した後も、自宅に住み続けられるようにしたい
・お店のテナントが、看板の設置などについて管理組合に問い合わせが来ているが、どのように回答したら良いか

家賃滞納・建物明け渡し・その他借地借家問題,すべて円満に解決致します。
まずは、気軽にご相談ください。

≪強み≫
担保不動産の任意売却に多数関わってきたため,担保権者の考え,行動パターンは把握しております。
複数の不動産業者及び不動産鑑定士と連携しておりますので,不動産問題に関し,総合的な解決を図ることができます。

≪重要取り扱い案件≫
明け渡し
賃料増減額訴訟
建物マンション管理に関するトラブル

≪まずはお気軽にご相談ください≫
まずは、現状の整理からお手伝いいたします。
具体的に動き出す前でも、お気軽にご相談ください。

≪リーズナブルな料金設定≫
法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して、メリットが多いことも事実です。
※依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。
「不動産問題」につきましては、特にリーズナブルな料金で高品質なサービスを提供できるよう注力しております。

≪初回相談は無料です≫
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料としております。
(ご予約の際、「弁護士ドットコムを見た」とお伝え下さい)
着手金・報酬金は、ご依頼者様の経済状況に合わせて相談に応じております。

≪執筆≫
「弁護士のためのマンショントラブルQ&A」(第一法規)
「企業と経営の基本知識がわかる本」(自由国民社)
「Q&A 中小企業法律支援ハンドブック」(創耕舎) 他
※いずれも共同執筆

■事務所アクセス■
東京メトロ千代田線の「赤坂」6番出口から徒歩2分です。
〒107-0052
東京都港区赤坂6-3-8 ダイアパレス赤坂603

不動産・建築

解決事例をみる

この分野の法律相談

賃借人の雇い主(私と知り合い)と金銭トラブルが有り六月四日行方不明になり、雇い主が警察に捜索願を出しました。その事を知ったのは、届出があってから一週間後でした、不動産屋にもその事を話しました。行方不明になってから賃借人の部屋は連帯保証人と言う事で家主の了解を得て不動産屋から合鍵を預かりました...

結論から申しますと、寝泊まりしていた人の荷物の時価相当分を、雇い主と連帯して弁償しなければならないでしょう。 さくらさくさんは賃借人の連帯保証人だったということですが、連帯保証人といえども、賃借人の許諾を得ないまま、賃借人の部屋に立ち入り、部屋内の荷物を処分することはできないのです(これは、賃借人が行方不明であっても同様ですし、家主の許可を以て賃借人の...

後藤 正志弁護士

建物賃貸借契約における二重契約について 質問させていただきます。 S氏個人所有の建物をA社が20年契約(月200万)で 丸々一戸借りしている物件があります。 そしてA社はB社にその物件をそのまま又貸し B社はA社に対し固定賃料月216万を払っていました(当初は)。 B社は入居者より自前で設定した家賃+管理費...

ご質問の事実関係を前提とする限り、法的にはB社のみが賃借人であり、A社との賃貸借契約は既に合意解約されているように思えます。 2年目以降はB社が賃料を払っておりA社は払っていなかったこと、そのことを通帳の記載から認識しながらS氏もそのままにしていたことからして、将来、裁判になった場合は、その時点でA社との賃貸借契約の合意解除、B社との新規賃貸借契約が成...

後藤 正志弁護士

主人と義母の共有名義のマンションの売却を検討中です。 その際の残債を連帯債務者である義母にもきちんと負担してもらいたいのですが、今までの事を考えると、持っていないと言ってごまかされる可能性が高いので、先にその対策を考えたいと思っています。 主人は私と結婚する前に、義母に給料を全て渡していた...

まず、rokuさんがマンション住宅ローンについて連帯保証人になっているかが問題です。 連帯保証人になっていないのであれば、rokuさんがご主人のローンを立替払いする必要はないです。 次に、ご主人が義母に給料を渡していたということは、ご主人は義母の預貯金などについてある程度知っている可能性があります。ご主人に聞いてみるのも良いかも知れません。 第...

後藤 正志弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
【相談料】 ・30分ごとに5,000円
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝え頂くと、初回相談料金は無料になります。 
【その他費用】 ・着手金:10万円〜
・報酬金:20万円〜          

※料金はご状況に応じて柔軟に対応致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

貸主からの建物明け渡し請求に対し,明け渡しに条件を付けることで和解した事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 30代 男性

相談前

家主から,賃貸借契約の解除を言い渡された他,建物から出て行くよう請求されました。

相談後

色々検討してみると,家主の請求がそのまま裁判で認められる可能性は高いとは言えなかったものの,長年の経緯など諸々の事情から,条件付きで明け渡しに応じることにし,最終的に,新居を探し,移転するための時間と費用などを家主に負担してもらう内容で和解しました。

後藤 正志弁護士からのコメント

後藤 正志弁護士

短期的・法律的には依頼者に有利であっても,長期的に考えれば相手の要求に応じる方が良いというケースがあります。弁護士は法律の専門家ではありつつも,法律以外も加味した依頼者の総合的な満足を図るべきと考えています。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
後藤正志法律事務所
所在地
〒107-0052
東京都 港区赤坂6-3-8 ダイアパレス赤坂603
最寄り駅
東京メトロ千代田線 赤坂駅
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 相続
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
取扱分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5257-1924

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
後藤正志法律事務所
所在地
東京都 港区赤坂6-3-8 ダイアパレス赤坂603
最寄駅
東京メトロ千代田線 赤坂駅

後藤 正志弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-1924
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は9:30-17:30です。

対応地域