現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
高畑 侑紀弁護士

( たかばたけ ゆうき ) 高畑 侑紀

弁護士法人Authense法律事務所東京オフィス

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【夜間・土日も対応】【東京駅6分/日本橋駅2分】経験豊かな離婚弁護士チームが、より良い未来に向け、最良の解決方法をご提案します。
弁護士法人Authense法律事務所東京オフィス
弁護士法人Authense法律事務所東京オフィス
弁護士法人Authense法律事務所東京オフィス

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■ 都市部の離婚問題への豊富な実績

離婚問題は、離婚分野に特化した弁護士に相談することが重要です。
東京では4組に1組が離婚するとされ、当事務所にも大変多くのご相談をいただいております。また、出生率の低い首都圏では一人っ子世帯も多く、親権や養育費における争いも長期化する可能性も高くなっています。
専門的な手続きや法律など、ご依頼者様に理解いただけるよう丁寧にご説明させていただき、ご納得いただいた上で案件を進めることを心がけておりますので、ぜひご相談ください。

■ 初回のご相談は無料です

離婚問題の初回相談は無料です。人生を左右する問題ですから、まずは一度ご相談いただき、心から信頼できる弁護士をお選びいただきたいと考えています。
現状の整理や今後の手続きの流れ、相手方への対応方法についてなど、丁寧に分かりやすくお話しますので、ぜひご活用ください。

■ ひとりひとりに合ったサポートプラン

「弁護士に相手との交渉に入ってほしい」、「必要書類や手続きは自分で対応するので、法的なサポートだけしてほしい」
といった様々なご要望に合ったプランをご用意しております。

料金プランの詳細は、HPをご覧ください。
https://rikon.authense.jp/fee/

■ よくあるご相談内容

  • 離婚したいが、どのように進めたらよいか
  • 離婚交渉をお願いできないか
  • 夫から離婚を求められたが、どうしたらよいか
  • 妻が不貞行為をしており、慰謝料を請求したい
  • 不貞行為をしたところ、妻から相手へ慰謝料請求がされたが、どうしたらよいか

■ Authense法律事務所の特徴

多くの離婚問題を取り扱った経験豊富な弁護士チームが、ご依頼者様の気持ちに寄り添って対応いたします。単に離婚することを目的とするのではなく、離婚後の新生活も見据え、ご依頼者様にとってベストな解決方法をご提案します。
また、ワンストップ型のリーガルサービスを実現すべく、提携の探偵事務所やカウンセラーのご紹介も行っております。スムーズな解決を目指すとともに、これからの生活を支援いたします。

弁護士業界でも数少ないといわれる女性弁護士が数多く所属していることも当事務所の特長のひとつです。
「女性の方が話しやすい」など、ご希望がある場合は女性弁護士が担当いたします。
初回の面談予約時にお気軽にご相談ください。
※男性弁護士の希望も可能です。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分のご相談は無料ですので、お気軽にご予約ください。
※60分を超えた場合は、30分につき5,000円(税抜)を頂戴しております。
着手金・報酬金・その他の手数料等 詳細はコチラをご覧ください。
https://rikon.authense.jp/fee/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

男親の立場で子どもの監護権を獲得し、離婚したい。

依頼主 40代 男性

相談前

■ご相談までの経緯・背景

40代男性のA夫さんは、妻と娘の3人で暮らしていました。
教育熱心なあまり、妻は子どもに対して暴言や暴力を繰り返すようになっていきました。
「死ね!」「このできそこない!」などの言葉の暴力は日常茶飯事。四六時中、母親からのストレスにさらされていた娘は、心身ともに追い込まれてしまいました。
「子どものためにもこれ以上夫婦関係を継続させられない」と、A夫さんは離婚を決意しました。
離婚に際して、最大の懸案は子どもの監護権を得られるかどうかでした。
「妻に渡してしまったら娘は潰れてしまう」、思い悩んだA夫さんは当所にご相談にお見えになりました。

相談後

■解決までの流れ

相手方である妻は、決して子どもが憎くて暴言を吐いていたのではなく、子どものためを思ってのことでした。
娘さんに対して強い愛情を持っていましたので、離婚に際して先方から監護権を手放すことは考えにくい状況でした。
A夫さんから当所にご依頼いただき、相手方に通知を送ったところ、先方は、代理人を立てて監護権を主張し、監護者指定・子の引き渡しの審判の申し立てを行ってきました。
相手方に対抗するためにも、こちらも娘さんの監護者指定についての審判を申し立てることになりました。
こちらは「A夫さんこそ監護者としてふさわしい」と主張するわけですが、当然相手方も「妻こそふさわしい」と主張してきます。
そこで、「相手方は不適切である」「A夫さんこと監護者としてふさわしい」と立証するために、さまざまな証拠を揃えていきました。

ひとつは、A夫さんが録音・録画した妻の暴言時の様子です。
妻が癇癪を起こし、自身や娘さんに対して怒鳴り始めたとき、A夫さんは冷静にその模様を録音していました。さらに、妻の目を盗んで、暴れている様子を動画にも抑えていました。

普段の娘さんの生活の様子等を把握するため、娘さんが通う学校の先生の協力も仰ぎました。
先生からは現在A夫さんのもと娘さんが健康に生活していること等を聴取することができました。

もっとも重要なのは、娘さんの意志です。
妻と娘の関係性は完全に破綻しており、娘さんはお母さんに対して怯えきっていました。
ですが、愛情が行き過ぎたゆえの暴言でしたので、「娘さんはもうあなたとは暮らしたくないと言っている」と伝えても、「娘は夫にコントロールされている」と主張するなど、なかなか認めようとはしません。
審判が進む中で、調査官調査と呼ばれるとても重要な手続きがあります。
裁判所から派遣された調査官が、A夫さん、妻、そして娘さんから意見を聞いていきます。
ここでも、娘さん本人の口から「母親とは暮らせない」と伝えました。

最終的に、何回かの期日を重ね、調査官の意見も踏まえて娘さんの監護権者をA夫さんとすることができました。

高畑 侑紀弁護士からのコメント

高畑 侑紀弁護士

■結果・解決ポイント

離婚に際して、子どもの監護者は母親になるケースが一般的です。
これは、それまでの子どもの監護状況と、これからの監護状況を総合的に判断するためです。母親が子どもの監護を行っている夫婦が多く、そうなるとなかなか父親が「離婚後は自分が子育てしたい」と言っても認められません。

今回のケースでA夫さんに監護権が認められた理由は大きく分けて2つあります。

1.適切にこれまでの状況を伝えることで、相手方が監護者としてふさわしくないと主張できた
2.娘さん本人の「お母さんとは暮らしたくない」という意志が強かった
この2点を適切に主張することで、監護権者をA夫さんにすることができました。
解決後、A夫さんも娘さんも心から安心され、新たな生活を送っています。
娘さんは「いつお母さんのもとに連れ戻されるかわからない」と怯えていましたが、現在は元気に学校に通っています。

お子さんのいるご夫婦が離婚を考える際、お子さんの今後について胸を痛めるのは男親も女親も同様でしょう。
財産とは違い、お子さんの体を分割して夫婦で分け合うことはできません。
我々弁護士は、ご本人にとって、そしてお子さんにとって最適な決断のお手伝いをしています。
お一人で悩まずに、まずは一度ご相談にお見えになってください。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【夜間・土日対応】【東京駅6分/日本橋駅2分】遺産相続・遺産分割問題の経験豊富。様々な立場の方の遺産相続問題を力強くサポートします!
弁護士法人Authense法律事務所東京オフィス
弁護士法人Authense法律事務所東京オフィス
弁護士法人Authense法律事務所東京オフィス

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■ 相続問題における豊富な実績!

首都圏は不動産価格が高いため、不動産を含む相続事案は分割が困難になるなど等、争いが生じやすくなります。また地方出身で相続人が遠方にいるなど、遺産分割の合意形成が難しい場合もあります。
相続問題においては、地域に根ざした知見と実績が重要です。Authense法律事務所では、1万件を超える相続対象の不動産法務実績があり、これまでの蓄積した知見を活かしてサポートいたします。

■ 初回のご相談は無料です

遺産相続・遺産分割問題について初回のご相談(1時間まで)が無料です。ご状況に合わせて最良のアドバイスを丁寧に分かりやすくお話しいたします。

料金は、初回相談時にわかりやすくご説明いたします。
詳細は、HPの料金プランをご確認ください。
https://www.authense.jp/souzoku/fee/

■ よくあるご相談内容

  • 遺産分割において、特別受益や寄与分の問題があり、話し合いで解決しない
  • 相続人同士での話し合いがまとまらない
  • 登記や銀行預金の解約など相続にまつわる手続をすべてお任せしたい

■ Authense法律事務所の特徴

Authense法律事務所は、「すべての依頼者に最良のサービスを」をミッションに掲げ、刑事、一般民事全般、企業法務全般、不動産法務のあらゆるお悩みに最良のサービスを提供いたします。

当事務所の強みの一つは、業界トップクラスの不動産法務における実績です。
不動産分野における豊富な実績と知見により、複雑な手続きを要する不動産相続においても、ご依頼者様にとってベストな相続の実現に向けて当事務所の弁護士が支援いたします。

また、遺産の分割方法や割合でもめてしまったり、遺産分割協議が納得できない結果になってしまった場合、遺産分割調停や調停不成立後の遺産分割審判など、相続が「争族」となってしまうケースもあります。
当事務所には、相続のご依頼をはじめとした一般民事裁判において、数多くの解決実績がありますので、法廷弁護の実績を通して培われた交渉力で、ご納得いただける解決を目指します。

相続税の申告や不動産登記など、相続に関わる手続きは多岐にわたります。
Authense法律事務所では、ご依頼者様の多様な相続問題にワンストップで対応するため、税理士や司法書士といった他士業と連携し、1つの窓口で相続に関する幅広いお悩みをご相談いただけるよう、全面的にサポートする体制を整えております。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分のご相談は無料ですので、お気軽にご予約ください。
※60分を超えた場合は、30分につき5,000円(税抜)を頂戴しております。
着手金・報酬金・その他の手数料等 詳細はコチラをご覧ください。
https://souzoku.authense.jp/fee/
※ 相続発生前のご相談 相続発生前のご相談は、60分10,000円(税抜)を頂戴しております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

両親の残した財産状況を教えてくれない弟に説明を求めたい。

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 40代 女性

相談前

■ご相談までの経緯・背景

40代女性のB子さんは、相続問題に悩んでいました。
ご両親が亡くなったあと、弟がふたりの預金通帳を持ち出してしまい、どれほどの財産が残されているのかもわかりません。
「せめて両親の貯金をいつ、どんな用途で使い、現在いくら残っているのかくらいは知りたい」と、弟に両親の財産の開示求めるのですがナシのつぶて。
やがて弟から「家も貯金も自分がもらう」と手紙が届き、思い悩んだB子さんは当所にご相談にお見えになりました。

相談後

■解決までの流れ

ご依頼後、相続財産の状況がまったくわからなかったので、その調査から手を付けました。
4大メガバンクとゆうちょ、想定される地方銀行に、被相続人であるご両親の財産がどれほどあるのか、調査を掛けました。
お父さんとお母さん、それぞれが亡くなった段階の残高がいくらあったのかなどが、これでわかります。
また、預貯金の他に株式を持っていなかったかについても調べていきます。
調査の結果、ご両親の残した財産は、実家の不動産といくらかの預貯金であることがわかりました。
先方は「不動産を処分し預貯金は自分がもらう」と主張し、一方的に遺産分割協議書を送りつけてきました。
一方、B子さんは「実家の不動産は処分するのではなく自らが取得したい」と考えていました。
姉弟は長年にわたって不仲で、話し合いでの解決は難しい状況でしたので、調停を申し立てることにしました。

調停では、弟がご両親の現金について管理をしていたことから、預貯金をどのように使っていったのか、詳らかにしていきました。
先方から通帳の出金履歴を出してもらい、大きな引き出しがあった場合には「これは何のために使ったのですか?」とヒアリングしていきます。
最終的には、「不動産はB子さんに譲って欲しい、大きな引き出しについて考慮の上、適切に遺産分割を行いたい。」と主張する予定でした。
丁寧に細かく出金についての付け合せを行っている中で、相手方に心境の変化が生まれ、「不動産も預貯金も、姉に譲ります」とのこと。
最終的に、B子さんの要望以上の結果で着地しました。

高畑 侑紀弁護士からのコメント

高畑 侑紀弁護士

■結果・解決ポイント

相手方である弟さんがご両親の銀行口座を持ち出してしまって以降、B子さんは両親の財産がどのくらい残されているのか、その金銭がどのように使われているのかわからない状態でした。
お父さん、お母さんの残した財産が、どのように使われたのかがわからないのがストレスだったB子さんは、先方とのやり取りの中で、実際にどれくらいの相続財産があるのか、口座からの出金状況が確認でき、また、可能な範囲でなんのために使ったのか聞き取りを行えたことを喜んでいらっしゃいました。

相続は、わずかな金額でも争いが起こってしまうことがあります。
肉親同士の争いは、大きなストレスとなります。
そのストレスは、ご本人同士で話を進めるのではなく、弁護士を立てて話を進めることで緩和できます。

相続時には、問題が起こる前に、または問題が大きくなる前に、まずは一度弁護士にご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人Authense法律事務所
所在地
〒103-0027
東京都 中央区日本橋2-2-2 マルヒロ日本橋ビル10階
最寄り駅
JR線「東京駅」八重洲北口より徒歩5分/東京メトロ 銀座線 東西線、都営地下鉄 浅草線「日本橋駅」B0出口より徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所営業時間は平日9時30分から20時。土日祝日は9時30分から18時30分となっております。
メールでのお問い合わせに関しては、営業時間外でもお受けしております。
対応地域

関東

  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5366-2406

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

弁護士法人Authense法律事務所東京オフィスへ問い合わせ

電話番号 050-5366-2406

※弁護士法人Authense法律事務所東京オフィスでは、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所営業時間は平日9時30分から20時。土日祝日は9時30分から18時30分となっております。
メールでのお問い合わせに関しては、営業時間外でもお受けしております。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談