現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大槻 直弁護士

( おおつき なお ) 大槻 直

弁護士法人平田法律事務所

現在営業中 08:00 - 24:00

遺産相続

分野を変更する
【初回無料相談あり】税務、不動産の処分、信託の活用等ワンストップで行える強みを生かして、スムーズで有利な解決をご提案します。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【経験と実績】
東京国税局に通知を行い、税理士業務も行っています。遺言作成時、又は遺産分割協議時に、相続税額を考慮した提案を行っています。
不動産の取扱いに強みがあり、不動産の処分が必要な相続案件を数多く取り扱っています。
信託の利用等によって、財産の分配、使途の指定について、具体的なご希望を実現させます。

【費用と特徴】
着手金・報酬金は報酬規程を基準に、事案に応じてご相談に応じております。
分割でのお支払い・成功報酬による事件も扱っております。

【重点取扱案件】
相続税対策、遺言書作成・遺言執行、遺産分割協議・遺留分減殺請求、事業承継、相続税申告など

【よくあるご相談】
・なるべく相続税のかからないように子供に相続をさせたい。
・遺産の使途を指定したい。
・長年両親の介護を担ったことを遺産分割に反映させたい。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【サポート体制】
出張相談にも対応しております。
駅徒歩3分のアクセスの良さで、ご来所時のご負担を軽減しています。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※初回は30分無料になります。
弁護士費用 報酬規程を基本としますが、事案によってご相談に応じますので、お気軽にお問い合せください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

生前の相続対策、亡くなった後の遺産分割協議、相続税申告までワンストップで関わった事例。

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

相談者のお父様が、相当な財産をもっている方でしたが、ご病気で余命幾ばくもないという話で、生前に何かしておくべきことはありますか、という話でした。また、相談者には妹さんがいましたが、妹さんとは折り合いが悪くお父様が亡くなった後の遺産分割協議もお願いしたいという話でした。

相談後

相続税申告時に小規模宅地の特例という減税の制度を使えるように生前の手続を行い、相続税額で5000万円以上の節税ができました。また、遺産分割協議も遺産の範囲と評価を明確にし、裁判所で提案されるであろう分割方法に沿ったものであることを説明して、分割案を提案したのでスムーズに合意をすることができました。

大槻 直弁護士からのコメント

大槻 直弁護士

生前の相続対策を行うと、少なくとも数百万円単位で税額が異なる場合が多いです。また、遺産分割で揉めるケースでは、本来貰える額より少ないのではないかと疑心暗鬼になっている場合が多いので、当事者に解決案が公明正大なものだと理解していただくことが最も重要だと思います。具体的には、十分な調査に基づいて遺産の範囲を明確にし、その遺産を適切な評価方法を用いて評価し、その他の事情(寄与分や特別受益)について関係者の言い分を十分に聞いた上で裁判所の基準に沿った評価を行って、解決案を提示するよう心掛けています。

遺産相続の解決事例 2

寄与分の主張についての解決事例

  • 遺産分割
依頼主 40代 男性

相談前

相談者は末っ子長男で、上に4人のお姉さんがいました。相談者は、妻と共に長らく両親の介護を行っていました。両親には同居の土地建物以外には財産がなく、改修費や両親の生活費等も相談者が出していました。両親の生前は、同居の土地建物は長男である相談者が継ぐという話でしたが、両親の死後、お姉さん達から遺産分割の請求があり、土地建物を売却して売却代金を分割するように言われました。

相談後

相談者は、妻と共に相当長期間両親の介護を行っていたため、介護報酬相当額×裁量割合×日数の寄与分を主張することができ、その額が相当な金額に上りました。また、過去の銀行取引の記録や領収書から、相談者が改修費や、医療費等を支出していたことを立証でき、結局、土地建物を売らずに少額の金銭をお姉さん達に支払うことで解決することができました。

大槻 直弁護士からのコメント

大槻 直弁護士

寄与分とは、相続財産の増加にどれだけ寄与したかというものなので、抽象的な主張ではなく、計算根拠と証拠資料に基づいた請求をする必要があります。介護の場合には、要介護度に応じた介護報酬日額に裁量割合(プロの介護でないことを理由とした減額)と介護の日数を掛けた金額を主張することになります。その他様々な主張の方法がありますが、相続人が苦労をしたということを訴えるだけでは不十分で、それによって被相続人のお金が節約できたということを確かな証拠をもって主張することが必要だと思います。被相続人のためにお金を出したという場合には、領収書のほかに自分の通帳からその金額が支出されたという足跡を残しておくと良いと思います。

遺産相続

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【法テラス利用可】【初回無料相談あり】建築紛争、不動産に関する問題に経験と実績を有しています。まずはお気軽に御相談ください。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【経験と実績】
マンショントラブルに関する書籍の出版に携わっており、様々な類型のトラブルに対応致します。
不動産の評価が必要となる事案に強みがあります。
建築紛争に専門性を有しています。

【費用と特徴】
着手金・報酬金は報酬規程を基準に、事案に応じてご相談に応じております。
分割でのお支払い・成功報酬による事件も扱っております。

【重点取扱案件】
建築瑕疵、追加工事代金請求、建物明渡し、不動産の処分・分割、マンショントラブルなど

【よくあるご相談】
・漏水事故の対応をして欲しい。
・隣人トラブルの間に入って欲しい。
・工事代金に争いがある。
・不動産に欠陥、瑕疵がある(建設会社側、施主側)。
・不動産の評価が問題になりそうである。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【サポート体制】
駅徒歩3分のアクセスの良さで、ご来所時のご負担を軽減しています。

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※初回は30分無料になります。
弁護士費用 報酬規程を基本としますが、事案によってご相談に応じますので、お気軽にお問い合せください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(3件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

追加工事代金請求についての解決事例

相談前

建設会社からの依頼の追加工事代金請求でした。施主の要望で着工後に相当な設計変更を行ったのですが、建築法規や建物の安全性の問題で、完全には施主の要望通りの建物が出来上がらなかったために、追加工事代金の支払いを拒まれているという相談でした。施主が選任した設計士の経験が浅く、事前に十分に施主の要望を汲み取らなかったために追加工事が生じ、また、変更設計が遅く工期遅れに繋がりました。その上、設計士が施主に建設会社が悪いと説明していたため、施主の建設会社に対する感情が悪く、任意の支払が困難な状況でした。

相談後

裁判を経て正当な金額の工事代金を受け取ることができました。

大槻 直弁護士からのコメント

大槻 直弁護士

建築紛争においては、建築に関する専門的な知識が必要となります。訴訟を提起すると、まずは建築に必ずしも詳しくない裁判官の担当になりますが、当事者が希望した場合や裁判官が相当だと判断した場合には、専門家を交えた調停に付されることになります。いずれの場面でも、弁護士が十分に建築工事の内容を説明できなければならず、建築の基礎的な知識に加えて、建設会社担当者との十分な打ち合わせが必要となります。

不動産・建築の解決事例 2

漏水事故についての解決事例

依頼主 40代

相談前

相談者の会社における漏水事故によって、かなりの補修費用が発生したという相談でした。漏水の原因は、敷地内に入ってくる雨水を排水するためのモーターを点検する業者が、コンセントを差し忘れたのではないか、というものでしたが、業者は差し忘れを否定し、また、かなりの雨が降った日だったので、別の原因で漏水が起きたのではないか、と反論しているということでした。

相談後

訴訟を行い、補修費用をほぼ全額の支払いを受けました。

大槻 直弁護士からのコメント

大槻 直弁護士

漏水事故では、漏水の経路が問題となります。水は、少しの隙間でも浸み込んでいってしまうため、漏水経路を確定することは時として困難な場合があります。漏水が起きているときに、経路を確定して証拠を保存できるのがベストです。そうでない場合には、図面等から物理的な検証を行うほか、実際に実験をしてみることもあります。

不動産・建築の解決事例 3

不動産の評価・売却についての解決事例

相談前

遺産分割に際して、1つの不動産は相談者が取得し、もう一方の不動産は売却して価格を分割するというもので、不動産の評価及び売却の方法が問題となりました。

相談後

取得した不動産については、当方の計算方法による評価で、売却した不動産については、入札方式により最も高値をつけた買主に売却しました。

大槻 直弁護士からのコメント

大槻 直弁護士

不動産の評価の方法は様々あり注意が必要です。例えば税金を計算する際に用いる評価によると通常は時価よりも低めになっていますし、又は、取壊す予定の建物付の土地については、取壊し費用を差し引いての計算が公平だと思うのですが、建物価格を年数で償却して評価している場合も多々あります。私も目的に応じた評価をするようにしていますし、場合によっては、不動産業者や不動産鑑定士の方に評価を依頼することもあります。売却に際しては同じ土地であっても、買主が戸建てとして利用するのか、二筆に割って建売りするのか、アパート経営をするのか等によって、提示してくれる値段が大きく異なりますので、買主に顔の広い不動産業者に仲介を依頼するようにしています。また、公平を図るため、当事者双方が買主を探して入札方式で売買を行うことも多いです。

不動産・建築

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
顧問契約を締結する際には、就業規則等の労務関係書類をチェックして労務DDを行うほか、ご希望に応じてその他の法務DDを実施するなど、予防法務を重視しています。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【経験と実績】
上場企業法務担当者から数多くの相談を受け付けており、最新の法改正、省庁の通達・指針等を踏まえた対応を御提案致します。
建設業、不動産業、美容業界、飲食業、IT企業の法務に多くの経験を有しています。
労働組合対応等、労働問題に幅広い経験を有しています。

【費用と特徴】
相談料:30分ごとに5,000円(税別)
※初回は30分無料になります。
弁護士費用:報酬規程を基本としますが、事案によってご相談に応じますので、お気軽にお問い合せください。
定額の顧問契約だけでなく、契約書作成など単発の案件も可能です。

【重点取扱案件】
労働問題・労働組合対応、コンプライアンス管理・予防法務、契約書作成・レビュー業務、債権回収、再生・事業再編など

【よくあるご相談】
・専門訴訟(建築・IT)に対応できる弁護士に相談をしたい。
・早急に契約書を締結したい。
・社員からパワハラ、セクハラの相談又は訴えがあった際の対応。
・労働組合からの要求書、団体交渉申入れに対する対応。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【サポート体制】
駅徒歩3分のアクセスの良さで、ご来所時のご負担を軽減しています。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

この分野の法律相談

当社では現在D&O保険の保険料の一部は、役員の負担としています。 これは、会社法上の問題があるからと聞いております。 しかし、今後は、会社法上、全額を会社負担とすることも許されると聞きました。 その要件としては、①取締役会承認、②社外取締役の同意が必要と認識していますが、 取締役会承認の際に、...

国税庁のページが詳しいです。 ②については、社外取締役が過半数の構成員である任意の委員会の同意又は社外取締役全員の同意の取得が必要です。 https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/160218/index.htm

大槻 直弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※初回は30分無料になります。
弁護士費用 報酬規程を基本としますが、事案によってご相談に応じますので、お気軽にお問い合せください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(3件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

労働組合(ユニオン)との団体交渉

  • 人事・労務

相談前

仕事の能率が悪く、他の従業員との折り合いも悪い社員を会社(相談者)が解雇にしたところ、当該社員が労働組合に駆け込み、①復職、②多額の賠償、③応じない場合には、街宣車及びビラ配りを実施すると通告してきたという相談でした。

相談後

解雇自体は明らかに無効であったため、復職については認めた上で、未払給与分を超える賠償は拒否しました。また、当該従業員の勤務態度について問題があった場合には、まず、労働組合に通知し、労働組合の方から積極的に指導してもらうことを約束してもらいました。

大槻 直弁護士からのコメント

大槻 直弁護士

労働組合(ユニオン)との団体交渉においては、労働問題の裁判実務の考え方から外れないことが大事です。彼らも基本的には法的に通る要求とそうでない要求は把握しています。会社が違法なことを主張すれば組合は強硬になりますし、何でも妥協してしまったのでは甘く見られてしまいます。その上で双方がお互いの立場を踏まえて交渉するという姿勢が重要だと思います。なお、フェアな姿勢を貫く一方で、組合が街宣車やビラ配りを交渉カードとして出すような場合には、毅然とした態度で対応するようにしています。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

ベンチャー企業のリーガルチェック

相談前

携帯アプリ開発を行うベンチャー企業の活動について、法的な問題点がないか、リーガルチェックの依頼を受けました。

相談後

現状は問題がないこと、今後活動の変化や拡大によって規制にかかり得る部分があることを指摘し、活動いただいています。

大槻 直弁護士からのコメント

大槻 直弁護士

アプリ開発を含め、ベンチャー企業の相談は一定数あります。ネット環境の性質から規制が多く、また、規制の新設や改正も多いところです。ある程度、法的な整理をした上で微妙なところは管轄省庁に直接確認しています。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

経営判断に対する意見書の作成

相談前

相談者に全く落ち度のない件なのですが、取引先との関係で、相当な金額の支出をするということがあり、取締役会の資料として、その判断が経営判断として違法でないかどうかの意見書の作成を求められました。

相談後

経営判断についての裁判所の考え方にあてはめて、違法ではないという意見書を作成しました。

大槻 直弁護士からのコメント

大槻 直弁護士

意思決定の適法性の担保として意見書の作成を求められること、又は稟議の補強資料として意見書の作成を求められることがあります。目的に応じて適法・違法の意見に留まるものや、合理性に関する意見に踏み込むものもあります。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人平田法律事務所
所在地
〒102-0071
東京都 千代田区富士見1-2-27 秀和九段富士見町ビル1階
最寄り駅
飯田橋駅
受付時間
  • 平日08:00 - 24:00
  • 土日祝08:00 - 24:00
定休日
なし
備考
平日9:30~17:30以外の時間は、メールでのお問い合わせのみとなります。
対応地域

全国

電話で問い合わせ
050-5284-9103

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 08:00 - 24:00

弁護士法人平田法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5284-9103

※弁護士法人平田法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:00 - 24:00
  • 土日祝08:00 - 24:00
定休日
なし
備考
平日9:30~17:30以外の時間は、メールでのお問い合わせのみとなります。