現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
太田 賢志弁護士

( おおた けんじ ) 太田 賢志

あおい法律事務所

詐欺被害・消費者被害

分野を変更する
【内幸町駅A7出口より徒歩2分】商品先物取引,くりっく365取引,CO2排出権取引,証券取引(デリバティブ,信用取引等),詐欺的商法等を中心に投資取引被害全般の救済に取り組んでいます。
あおい法律事務所
あおい法律事務所
あおい法律事務所

事務所(市政会館)外観

詐欺被害・消費者被害の詳細分野

原因

  • 金融・投資詐欺
  • 訪問販売
  • ワンクリック詐欺・架空請求
  • 競馬・情報商材詐欺
  • ぼったくり被害
  • 霊感商法
  • 出会い系詐欺

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

騙されたかもしれないと不安になったらまずはご相談ください。投資詐欺に精通した弁護士が対応いたします。

投資取引被害は、被害の内容や請求する相手方によって、被害救済に向けた手法が多種多様です。相談者・依頼者の方から十分にご事情をお伺いしたうえで、これまでの経験に照らし、各被害事案に応じて法的な観点から最善の解決策をご提示いたします。
取引が継続中で緊急な対応が必要な場合、ご連絡を頂いた後に速やかにご対応させていただきます。

このようなことでお悩みはご連絡ください。

  • 通販で買った商品を翌日クーリングオフしようとしたら、相手会社が応じないと言っている。
  • 詳しい説明のないまま金融商品をすすめられ、契約してしまった。
  • 契約をした覚えはないのに、事業者から料金を請求された。
  • インターネットで商品を購入したが、届いた商品は粗悪品だった。
  • 契約を途中で解約したら、解除させてもらえない/多額の違約金を請求された。
  • 絶対儲かる」と言われて投資したがお金が振り込まれない
  • 絶対儲かる」と言われて契約し、商品を大量に買わされた
  • 元本保証・高利回り」と言われて契約したが、支払いが止まってしまった
  • 投資会社と連絡がつかない
  • 仮想通貨に投資したお金がどこに行ったのかわからない
  • 決済サービス(ペイ業者)を使って買い物したが商品が届かない
  • 架空や実態のない会社への投資紹介をされた
  • 訪問販売で高額な商品を買ったが契約解除したい
  • 高額なエステ/美容整形の契約をキャンセルしたい
  • 利用していない土地を高く買うと言って、その後騙された
  • 高齢の親が詐欺にあっているようなのでやめさせたい

上記のようなご相談には迅速に対応します。

主な取り扱い案件

・金融詐欺
・投資詐欺
・仮想通貨詐欺
・金融商品取引法違反
・消費者法違反
・契約解除・契約取消
・途中解約・違約金
・架空請求
・オークション詐欺
・ワンクリック詐欺
・悪徳商法
・クーリングオフ
・還付金詐欺

■ご相談日時はご相談者様のご要望にお応えできるようにしております。

・土日祝日対応可能
・即日相談可能
・ご要望に応じてメール、Skype、Zoom等でのやり取りを積極的に取り入れ、法律事務所に来ていただくご負担を少なくすることもできます。

■アクセス

【東京メトロ 丸の内線】「霞ヶ関駅」下車B2出口より徒歩約5分
【東京メトロ 日比谷線又は千代田線】「日比谷駅」下車A14出口より徒歩約3分
【東京メトロ 日比谷線】「霞ヶ関駅」下車A5出口より徒歩約6分
【東京メトロ 千代田線】「霞ヶ関駅」下車C4出口より徒歩約3分
【都営地下鉄 三田線】「内幸町駅」下車A7出口より徒歩約2分
【JR山手線・京浜東北線】「有楽町駅」「新橋駅」下車日比谷口出口より徒歩約15分

詐欺被害・消費者被害

解決事例をみる

この分野の法律相談

証券会社の父の担当者に不信感があります。 損益、支払った手数料、行われた取引、担当者が売った商品は「顧客勘定元帳」があればわかりますか?

証券会社によって顧客勘定元帳の記載方法が異なっておりますので,断定的には申し上げれられませんが,投資取引被害を取扱う弁護士であれば,適宜分析を行うことにより,損益,手数料,取引内容,担当者等を明らかにしていくことが(概ね)できます。 ただし,(1)特殊な記号が用いられており,その記号の意味が分からなければ勘定元帳を読み解くことが困難な場合が多いこと,(...

太田 賢志弁護士

FXで他者と結託して利益を得るのは違法でしょうか? 海外のFXサービスではいくつかの業者が、入金したら投資資金に出金不可のボーナスがつくキャンペーンを行なっています。(出金不可のボーナスをつけるのは投資資金を底上げさせる為。) これは出金できないものですが、他社の口座を利用し両建て(買いでの投...

そもそも,無登録の海外業者がFX取引を行うことは違法です。したがって,当該業者が金融商品取引業の登録を行っているかどうかについてはよくご確認ください。 https://www.fsa.go.jp/ordinary/kanyu/20090731.html もし登録が行われていない場合,当該業者とはいつ連絡が取れなくなるかわからないことを前提に行動をされ...

太田 賢志弁護士

詐欺被害・消費者被害の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回1時間の相談は無料で承ります。
通常は30分5,000円(税別)です。
着手金 請求金額の5%(税別)
成功報酬 経済的利益の16%(税別)
その他 事案に応じて着手金を徴収しない完全成功報酬制を併用します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

詐欺被害・消費者被害

特徴をみる 解決事例をみる

詐欺被害・消費者被害の解決事例(4件)

分野を変更する

詐欺被害・消費者被害の解決事例 1

【金融・投資詐欺】くりっく株365の解決事例

  • 金融・投資詐欺
依頼主 30代 男性

相談前

相手方  金融商品取引業者
取引期間 約1か月
取引銘柄 日経225
被害額約 749万円

相談後

第1審(地方裁判所)
説明義務違反,手数料稼ぎを目的とした過当売買の違法性を認めた。
過失相殺なし
認容額約824万円(弁護士費用込み)
第2審(高等裁判所)
相手方にが控訴審判決前に控訴を取下げたことにより原判決確定。

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

 金融商品取引は,原則として損失補てんが禁止されていますので(金融商品取引法39条),全事案について訴訟又はADRの手続きにより,損害賠償の請求を行っています。
 解決にかかる時間は概ね1年半~2年半程度の事案が大半です。
 被害事案に応じた違法性を主張・立証していくことになります。
 本件は,判決により終了した事件ですが,和解により解決する場合もあります。

詐欺被害・消費者被害の解決事例 2

【金融・投資詐欺】商品先物取引被害の解決事例

  • 金融・投資詐欺
依頼主 50代 女性

相談前

国内公設
取引期間 2か月
取引銘柄 金 白金
被害額約 1800万円

相談後

第1審(地方裁判所)
適合性原則違反,新規委託者保護義務違反の違法性を認めた。
過失相殺7割。
認容額約590万円
第2審(高等裁判所)
違法性については第1審と同様。
過失相殺無し。
認容額約1970万円(弁護士費用込み)

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

 商品先物取引は,原則として損失補てんが禁止されていますので(商品先物取引法214条の3),ほとんどの事案について訴訟提起のうえ,損害賠償の請求を行っています。
 解決にかかる時間は概ね1年~2年半程度の事案が大半です。
 被害事案に応じた違法性を主張・立証していくことになります。
 本ケースのように過失相殺の判断が裁判所によって大きく異なる場合があります。
 また,訴訟上の和解により解決を図る場合もあります。

詐欺被害・消費者被害の解決事例 3

【金融・投資詐欺】CO2排出権取引の解決事例

  • 金融・投資詐欺
依頼主 50代 男性

相談前

CO2排出権取引
取引期間 2年4か月
被害額  約157万円

相談後

示談交渉は成立せず。
訴訟提起後,第1審(第4回目の期日)で和解成立。
和解額 160万円

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

本件CO2排出権取引(相対取引)は,私的差金決済であり,取引自体が公序良俗に反する違法な取引(賭博行為)であると主張しています。
CO2排出権取引は,現時点で金商法の規制下になく,損失補てんの禁止がないため,訴訟前の示談交渉により解決する場合もあります。

詐欺被害・消費者被害の解決事例 4

【金融・投資詐欺】証券事件(仕組投信)の解決事例

  • 金融・投資詐欺
  • 訪問販売
依頼主 80代以上 男性

相談前

相手方 証券会社
商品  仕組投信(ノックイン型投資信託)
被害額 約3108万円

相談後

第1審
説明義務違反(理解が容易でなくリスク性の高い投資信託の取引について適性が低い者に対し十分な説明をせずに勧誘した)の違法性を認めた。
過失相殺4割
認容額約2051万円(弁護士費用込み)
双方控訴せず,判決確定。

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

 証券事件は,金融商品の性質(仕組み,リスク)と購入者の属性(知識,経験,資産,収入,投資意向等)に鑑みて,取引の違法性(適合性原則違反,説明原則違反,指導助言義務違反,過当取引等)を検討します。
 訴訟提起前に,取引内容の分析を行い,さらに業務日誌や録音媒体を中心とした証拠保全を実施する場合があります。
 本件は,原判決の確定により解決していますが,原審で和解が成立しない場合,控訴審まで争われることがほとんどです。

詐欺被害・消費者被害

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
 【内幸町駅A7出口より徒歩2分】【初回相談無料】遺産分割,遺留分減殺請求,相続放棄,遺言作成等に尽力いたします。
遺産相続のあらゆる問題について、ご納得の行く解決を目指し尽力します。
あおい法律事務所
あおい法律事務所
あおい法律事務所

事務所(市政会館)外観

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

相続に精通する弁護士が、今後も続く親族関係を考慮し、慎重に正確にお話し合いを進めます。

相続問題は、誰にでも発生しうる身近な法律問題です。最高裁判所が公表している司法統計によれば、家庭裁判所の相続関係の相談件数は,平成24年の時点で17万件を上回っており、高齢化社会が進むに従って、相談件数も増加傾向にあります。また、年間の死亡者数(約120万人)と比較してみると、相続問題が発生する割合は予想以上に多いことが感じられるのではないでしょうか。

相続問題を解決するための法的手続には、しばしば見落としがちで複雑な問題が少なからず潜んでいて、弁護士の助言や助力が必要な事案は少なくありません。相続を「争続」にすることは誰にとっても不幸ですから、適正な解決を図るため、あるいは紛争を未然に防止するために、早期に、気兼ねなく弁護士にご相談ください。

このようなことでお悩みはご連絡ください。

  • 遺言書を作成したい。
  • 親が亡くなったが、財産をどのように分ければいいのか、どのように手続をすればいいのか分からない
  • 親の借金があることが発覚。どうしたらいいか。
  • 兄弟から相続分を請求されている。
  • 遺産分割協議に応じてくれない人がいる。
  • 相続財産が不動産のみである。
  • 相続争いが起こりそう
  • 父が認知症になり、財産管理が難しい状況になってしまった。
  • 寄与分を遺産分割で主張され話し合いが進まない。
  • 遺言書が無効だと主張されてしまった
  • 遺言書の内容について、納得できない。
  • 相続手続きを代わりにしてほしい。
  • 後見制度支援信託を利用したいと考えている。

主な取り扱い案件

・遺産分割協議
・遺言書作成
・遺留分減殺請求
・相続放棄
・相続手続代行

■ご相談日時はご相談者様のご要望にお応えできるようにしております。

・土日祝日対応可能
・即日相談可能
・ご要望に応じてメール、Skype、Zoom等でのやり取りを積極的に取り入れ、法律事務所に来ていただくご負担を少なくすることもできます。

■アクセス

【東京メトロ 丸の内線】「霞ヶ関駅」下車B2出口より徒歩約5分
【東京メトロ 日比谷線又は千代田線】「日比谷駅」下車A14出口より徒歩約3分
【東京メトロ 日比谷線】「霞ヶ関駅」下車A5出口より徒歩約6分
【東京メトロ 千代田線】「霞ヶ関駅」下車C4出口より徒歩約3分
【都営地下鉄 三田線】「内幸町駅」下車A7出口より徒歩約2分
【JR山手線・京浜東北線】「有楽町駅」「新橋駅」下車日比谷口出口より徒歩約15分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金(税別) ・遺産分割
 示談交渉 … 30万円
 調停・審判 … 30万円

・遺留分減殺請求
 示談交渉 … 30万円
 調停及び訴訟 … 各30万円

・相続放棄
 5万円~10万円

・遺言作成(定型的な遺言作成)
 15万円
 
報酬金(税別) ・遺産分割・遺留分減殺請求
 経済的利益が300万円以下の場合 … 16%
 経済的利益が300万円を超え3000万円以下の場合 … 10%+18万円
 経済的利益が3000万円を超え3億円以下の場合 … 6%+138万円
 経済的利益が3億円を超える場合 … 4%+738万円

・相続放棄・遺言作成
 無し
その他 相続人や相続財産の調査が必要となる場合,別途調査手数料が発生する場合があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺留分減殺請求の解決事例

  • 相続人調査
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 財産目録・調査

相談前

 相談者A及びBの父Cは,被相続人D(Cの父)が亡くなるより以前に死亡していました。
 したがって,相談者A及びBは,被相続人Dの代襲相続人でした。
 被相続人Dは,生前に遺言を作成していましたが,その遺言書には相談者A及びBが相続する財産について何も記載されていませんでした。
 
 

相談後

 民法1046条に基づき,内容証明郵便により遺留分減殺請求を行いました。
 その後,相続財産の評価等について相手方代理人と交渉・調整を行った後,相続財産の16分の1ずつの遺留分(各約4000万円)について価格賠償を得ることができました。

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

 遺留分減殺請求(改正法では遺留分侵害額の請求)については,相続財産の把握及び評価額の調査・分析が必要になることがあり,その場合相手方との交渉・調整が必要になりますので,弁護士に依頼することを検討されてみてはいかがでしょうか。

遺産相続の解決事例 2

遺産分割調停事件(自筆証書遺言)

  • 相続人調査
  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

相談の前年にお父様を亡くされた方からの相談です。
他の法定相続人に遺産分割の協議を申し入れたものの,これに対する応答がないことから,WEBサイトを通じてご依頼を頂き,遺産分割調停を申し立てることになりました。

相談後

調停申立後,他の法定相続人に全財産を相続させる旨の自筆証書遺言が相手方から提出されました。
そこで,遺留分減殺請求の内容証明書を相手方に送付するとともに,係属している調停手続きの中で調整を続けました。
相手方からは,寄与分や葬儀費用等に関する主張も行われましたが,最大の争点は相手方が相続不動産の評価及び分割方法でした。
結局相続不動産には相手方が居住していたこともあり,相手方に価格賠償を行ってもらう旨の調停が成立し,調停の内容に従って価格賠償が行われました。

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

 遺産分割に関する紛争を当事者同士で解決することは,金額の多寡に関わらず困難な問題を生じさせます。
 本件は相手方にも代理人弁護士が就任し,弁護士間で遺産の評価や分割方法について合理的な検討,調整が行われました。

遺産相続の解決事例 3

【遺言】公正証書遺言作成の御依頼

  • 遺言
依頼主 80代以上

相談前

別件で損害賠償請求事件の御依頼を頂いた方から,同事件の解決に伴い,併せて相続問題が生じないように遺言を作成したいとのご相談がありました。

相談後

遺産となる財産(不動産,預貯金,その他債権)を整理し,相談者のご希望に応じて遺言の文案を作成した後,公証役場に足を運び,公正証書遺言(遺言執行者の指定あり)の作成を行いました。

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

遺言の作成は,記載内容のちょっとした違いにより法的効果が異なったり,税金や遺留分の考慮が必要となる場合がある等,専門家の支援が必要な分野です。お気軽にご相談ください。

遺産相続

特徴をみる

債権回収

分野を変更する
【内幸町駅A7出口より徒歩2分】【初回相談無料】売掛金や貸金・養育費など各種の債権回収・強制執行手続の委任を積極的に受けています。
あおい法律事務所
あおい法律事務所
あおい法律事務所

事務所(市政会館)外観

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

請求しても支払ってくれない、相手と連絡が取れなくなってしまったなど、債権回収トラブル全般お任せください。

財産の隠匿を業として行う詐欺商法業者からの債権回収は最も困難であるといっても過言ではなく,そこで蓄積してきたノウハウは,他の債権回収案件においても有用です。
これら債権回収案件の委任を積極的に受ける背景には,財産の移転・帰属秩序は,法秩序の大きな位地を占めるにもかかわらず,現実にはなかなか正当な債権回収ができていない実情があることに対する危機意識があります。

いつまでも支払いがない、請求したいのに連絡がつかないなど、そういった方から自分で回収することは極めて困難です。また時間が経てば経つほど、回収できる可能性は低くなります。
ご依頼いただきましたら、速やかに対応致しますので、まずはご相談ください。

このようなことでお悩みはご連絡ください。

  • 取引先が売掛金を支払ってくれない/払いが数か月間滞っている
  • 貸したお金を返してもらえない。
  • 賃料の支払いが滞っている。
  • 債権を回収したいが、会社の資産の有無がわからない
  • 顧客がサービス利用料を長期にわたって滞納している
  • 製品の売買代金を払ってくれない
  • 元請建築会社が工事代金を支払ってくれない
  • ホテルや飲食店でキャンセルによる未収金が溜まっている
  • 業務委託料を支払わない
  • マンションの貸主が敷金や保証金を返してくれない


主な取り扱い案件

・強制執行
・少額債権
・貸付金の回収
・売掛金の回収
・利用料の回収
・家賃滞納
・マンション管理費の回収

■ご相談日時はご相談者様のご要望にお応えできるようにしております。

・土日祝日対応可能
・即日相談可能
・ご要望に応じてメール,Skype,Zoom等でのやり取りを積極的に取り入れ、法律事務所に来ていただくご負担を少なくすることもできます。

■アクセス

【東京メトロ 丸の内線】「霞ヶ関駅」下車B2出口より徒歩約5分
【東京メトロ 日比谷線又は千代田線】「日比谷駅」下車A14出口より徒歩約3分
【東京メトロ 日比谷線】「霞ヶ関駅」下車A5出口より徒歩約6分
【東京メトロ 千代田線】「霞ヶ関駅」下車C4出口より徒歩約3分
【都営地下鉄 三田線】「内幸町駅」下車A7出口より徒歩約2分
【JR山手線・京浜東北線】「有楽町駅」「新橋駅」下車日比谷口出口より徒歩約15分

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 10万円~(事案の事案の類型,難易,係争金額によります)
成功報酬 回収金額の10%から20%(事案の類型,難易,係争金額によります)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収の解決事例(2件)

分野を変更する

債権回収の解決事例 1

【債権回収】債権執行による回収事例

依頼主 女性

相談前

Aさんに2500万円を貸し付けましたが約定どおり弁済されなかったため,Aさんに対し訴訟を提起し判決を得ました。しかし,それでもAさんから1円も返済されません。
どうすればよいでしょうか。

相談後

調査の結果,Aさんは地方公共団体の現職議員をやっていることが明らかとなりましたので,毎月の議員報酬に対して債権執行を行いました。

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

相手方に定期的な収入があれば,当該収入から一定額の回収を図ることが可能な場合があります。
本件の場合,相談者の方は判決を得てから相談に来られるまでに,2年近く経過してしまっており,その間全く債権回収が奏功していませんでした。早期に依頼しておけば,その分多くの債権を回収をすることができる場合がありますので,お早めにご相談ください。

債権回収の解決事例 2

【債権回収】不動産の任意売却による回収事例

依頼主 40代 男性

相談前

 第二種金融商品取引業者が募集するファンドに500万円を出資したところ,そのファンドには実態がなく,出資した500万円も戻ってきません。その業者は金融庁から登録取消しの行政処分を受けてしまい,ファンドの営業者及び事業者はいずれも破産してしまいました。どのようにして回収をすればよいでしょうか。

相談後

 第二種金融商品取引業者の取締役に対する取締役責任が認められる可能性が十分にあるため,同役員の保有する不動産に仮差押を行いました(保全)。
 その後,同役員らに対する損害賠償請求訴訟を提起し,認容判決が確定しました(本案)。
 任意に支払われない場合,仮差押をしている不動産を強制競売することにより回収を図る予定でしたが,同役員らは,不動産を任意売却する等して500万円全額※を弁済しました(※実際にはこれに弁護士費用や訴訟費用も含めた金員を支払っています。)。

太田 賢志弁護士からのコメント

太田 賢志弁護士

 一見回収が困難な事案であっても,粘り強く,地道に法的手続きを実行していくことにより債権回収が奏功する事例があります。

債権回収

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
あおい法律事務所
所在地
〒100-0012
東京都 千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
最寄り駅
内幸町駅
対応地域

全国

対応言語
  • 英語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5259-1326

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

太田 賢志弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5259-1326
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
事情により,夜間,休日も対応いたします。
メールフォームでは随時相談を受け付けています。
https://www.aoi-law.com
対応言語
英語