弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年11月29日 11時11分

最高裁が「強制わいせつ罪」めぐる判例変更、「必ずしも性的意図は必要ではない」

最高裁が「強制わいせつ罪」めぐる判例変更、「必ずしも性的意図は必要ではない」
最高裁判所(ワンセブン / PIXTA)

性的な意図なく「わいせつな行為」をおこなった場合、強制わいせつ罪が成立するかどうかが争われた裁判で、最高裁は11月29日、「性的意図は必要」としてきた1970年の判例を変更した。

最高裁大法廷の寺田逸郎裁判長は「被害者の性的被害・内容に目を向けるべき」として、「必ずしも一律に性的意図は必要ではない」と判断。性的意図がなくとも強制わいせつ罪の成立を認めた1審・2審判決を支持して、弁護側の上告を棄却した。一方で、「わいせつ」の定義については触れなかった。

この事件は、山梨県内の男性が2015年、13歳未満の少女にわいせつな行為をしている様子をスマートフォンで撮影したというもの。男性は強制わいせつ罪などに問われて、1審・2審ともに、「性的意図」があったとは認定しがたいとしながらも、同罪の成立を認める判決を下していた。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」