現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
栗田 有介弁護士

( くりた ゆうすけ ) 栗田 有介

横濱啓明法律事務所

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】話し合いで解決しない相続問題は、弁護士が代行することで最善かつ適切な解決を図ることが可能となります。相続人同士の関係性にも配慮して対処致します。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり

★案件への対応姿勢★
①遺産相続に関する離婚事件に多数の実績・ノウハウがあります。
②当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

★特徴★
ご相談をお受けした結果、他の専門家が関与した方がご相談者様の利益となる場合(税理士に相談した方が良いと思われる税務問題など)や、弁護士倫理に反する場合など、受任をお断りするケースもございますので、あらかじめご了承下さい。

★費用について★
●法的問題か否かも含め全く分からないのが普通です。お気軽に30分の無料相談を利用してください。但しお電話での相談は件数が殺到してしまい十分な対応を致しかねますのでご遠慮いただいております。
●まずは相手との交渉のために必要な契約書や内容証明の作成依頼と、一か月間の法的アドバイスのセットをおすすめします。ご自分で交渉をして事案が解決できれば何より費用が安く済みます。
書面の難易度に応じて5万円~(税別)の手数料(アドバイス料含む)を頂きます。
●弁護士を代理人にする場合、着手金と報酬金が発生しますが、すでに手数料を頂いている場合はその分は減額します。

【重点取扱案件】
遺言書作成・遺産分割・遺留分減殺請求・事業継承・成年後見など

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
●相続人がもめない遺言書を作成したい。
●遺産分割協議がまとまらない。
●自分の遺産の取り分を請求したい。
●息子に会社を相続させたいなど、
このようなトラブルは、早めに相談しましょう。

【事務所のポリシー】
●どうにもならないことははっきりと伝える。
●解らないことは解らないので調べさせてくださいと正直に答える。
●一体どうしたいのかをまず先に答えてもらう。
●問題をよりシンプルに捉えることを心掛けている。

----------------------
■アクセス
みなとみらい線「馬車道」駅より徒歩2分
JR根岸線「桜木町」駅より徒歩6分
横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩5分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分まで相談料は0円、以降30分ごとに5,000円(税別)
着手金 ●ステップ1:
最初、「契約書」や「内容証明郵便」の作成だけを依頼されてはいかがでしょうか(手数料5万円~(税別))(一か月間の弁護士のアドバイス料も含みます。)。それをもとにご自分で交渉をしてみてください。これで交渉が成立すればこれ以外はかかりません。
●ステップ2:
ステップ1でも交渉が成立しない場合は、弁護士があなたの代理人として相手と交渉します(着手金10万円~(税別)。但し、ステップ1を経由した場合はすでに頂いた手数料分を差し引きます。)
●ステップ3:
ステップ2でも交渉決裂の場合は、最終的に裁判手続きとならざるを得ません。
その際は着手金を頂きますが、ステップ1,2を経由した場合は既に頂いた分は減額します。
報酬金 ステップ2,3で事案が解決した場合報酬金を頂きます。但し、事案の難易度に応じて金額は柔軟に対応いたします。
備考欄 いずれも金額については事案により異なりますのでお気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】話し合いで解決しない離婚問題は、弁護士が代行することで最善かつ適切な解決を図ることが可能となります。お困りの際は、当事務所へお電話ください。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり

★案件への対応姿勢★
①不貞(浮気)に関する離婚事件に多数の実績・ノウハウがあります。
②当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

★特徴★
ご相談をお受けした結果、他の専門家が関与した方がご相談者様の利益となる場合(税理士に相談した方が良いと思われる税務問題など)や、弁護士倫理に反する場合など、受任をお断りするケースもございますので、あらかじめご了承下さい。

★費用について★
●法的問題か否かも含め全く分からないのが普通です。お気軽に30分の無料相談を利用してください。但しお電話での相談は件数が殺到してしまい十分な対応を致しかねますのでご遠慮いただいております。
●まずは相手との交渉のために必要な契約書や内容証明の作成依頼と、一か月間の法的アドバイスのセットをおすすめします。ご自分で交渉をして事案が解決できれば何より費用が安く済みます。
書面の難易度に応じて5万円~(税別)の手数料(アドバイス料含む)を頂きます。
●弁護士を代理人にする場合、着手金と報酬金が発生しますが、すでに手数料を頂いている場合はその分は減額します。

【重点取扱案件】
不貞・親権・財産分与・婚姻費用など

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
●親権をとりたい。
●相手が不貞したので、慰謝料を請求して離婚したい。
●突然、養育費が支払われなくなったので再開させたい。
●別れた妻が、子供との面会日になっても会わせてくれないなど、
このようなトラブルは、早めに相談しましょう。

【事務所のポリシー】
●どうにもならないことははっきりと伝える。
●解らないことは解らないので調べさせてくださいと正直に答える。
●一体どうしたいのかをまず先に答えてもらう。
●問題をよりシンプルに捉えることを心掛けている。

----------------------
■アクセス
みなとみらい線「馬車道」駅より徒歩2分
JR根岸線「桜木町」駅より徒歩6分
横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩5分

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分まで相談料は0円、以降30分ごとに5,000円(税別)
着手金 ●ステップ1:
最初、「契約書」や「内容証明郵便」の作成だけを依頼されてはいかがでしょうか(手数料5万円~(税別))(一か月間の弁護士のアドバイス料も含みます。)。それをもとにご自分で交渉をしてみてください。これで交渉が成立すればこれ以外はかかりません。
●ステップ2:
ステップ1でも交渉が成立しない場合は、弁護士があなたの代理人として相手と交渉します(着手金10万円~(税別)。但し、ステップ1を経由した場合はすでに頂いた手数料分を差し引きます。)
●ステップ3:
ステップ2でも交渉決裂の場合は、最終的に裁判手続きとならざるを得ません。
その際は着手金を頂きますが、ステップ1,2を経由した場合は既に頂いた分は減額します。
報酬金 ステップ2,3で事案が解決した場合報酬金を頂きます。但し、事案の難易度に応じて金額は柔軟に対応いたします。
備考欄 いずれも金額については事案により異なりますのでお気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫から離婚を申し立てたが妻が多額の金銭を要求してきた事案

  • 慰謝料
依頼主 60代 男性

相談前

妻と離婚をしたいとの相談を受けました。離婚をしたい場合、お互いの協議が整えばそれでいいのですが、そうでない場合は家庭裁判所への停(いわゆる裁判所に間に入ってもらった上での話し合い)の申し立てをして、それでも折り合いがつかないときは離婚訴訟(いわゆる裁判所に決めてもらう)を提起します。今回も離婚訴訟までやらざるを得ませんでした。争点は妻が多額の金銭の要求を譲らないからです。理由は夫の預金通帳に数千万円の現金があるのでそれを半分に分けろというものでした。妻の請求額は3000万円を超えていました。



相談後

財産分与は簡単に言うと同居をしている間に貯めた財産は、その名義のいかんにかかわらず(通帳がたとえ夫の名義のものでも)二人の共有財産なのでこれを公平に分けるというものです。夫の通帳には多額の金銭が入っており、しかも婚姻期間中に入金されたものでした。しかし、数ある口座間の長年にわたる金銭の出入りを細かく見ていくと、その多くが実母の口座から振り込まれたものでした。そこでその理由を調査すると、実母が軽い老人性痴呆症になってきており、投資詐欺などに騙されそうになったことから、少しずつ母の口座から息子である夫の名義に現金を移していたことが分かりました。しかも、一度に多額の現金を移転すると贈与税などの問題も露見してしまうので長期間にわたって移転していたようでした。そこで、裁判では口座間の現金の移転を裁判官にわかりやすく示し、夫婦の共有財産でないことを証明しました。結果はほぼ大部分の金銭が夫婦共有ではないとの裁判官の心証を得ることができ、妻は夫に有利な条件で和解を飲まざるを得なくなり、和解で訴訟は終了しました。夫が払った金額は200万円で済みました。



栗田 有介弁護士からのコメント

栗田 有介弁護士

今回の事案は、こちらが夫婦共有の財産でないこと(特有財産といいます)を立証しない限り、3000万円以上の金銭を出さなければならないかのような事案でした。実際に夫は当初弁護士をつけずに争っていましたが、立証に失敗すれば相手のいうような金銭を取られる結果となっていたに違いありません。この事案については綿密な口座の調査が実を結んだ事案で、我ながらよくやった事案だと自負しております。財産分与については単に半分に分けるだけではないことがよくあるので、まずはご相談ください。



離婚・男女問題の解決事例 2

「夫に不満があるのでどうしたらいいでしょうか」という相談

  • モラハラ
  • 生活費を入れない
依頼主 20代 女性

相談前

依頼者は奥様で結婚後の夫婦生活の不満や、生活費を減額された不満、手は上げないものの精神的に追い詰めるような言葉を図れる不満、…等々。
たくさんの不満があることはよくわかりました。しかし、一番大事なのは、奥様が一体この先どうしたいのか。です。
①夫が今の生活態度を改めて奥様にやさしく接してくれればそれで満足なのか、②それとも夫が変わったとしてももう愛情も湧かないので次の新たな生活をしたいのか。端的にこの質問をすることがすごく多いのですが、この質問の答えがじっくりと考えない限りでないことも解っています。ですので、いろいろな事案をご提供して、この答えを出せるようにお手伝いすることも相談の一つだと考えております。ある意味弁護士はカウンセラーの側面もあるように思います。

相談後

仮に①を選択した場合、お互いの約束事を決めて、夫と協議書を交わしておきましょう。この協議書は額に入れて家に飾っておいてもいいかもしれません。そして、この約束事を守らないことが多々あるような場合は次の離婚請求のときに、婚姻を継続しがたい事情の一つの証拠として提出しましょう。そのためにも協議書などを作っておくことをお勧めします。また、約束事を協議できない場合は夫婦円満のための調停というものもありますのでそれをしてみることも選択肢の一つです。調停が成立したときは調停調書を飾ればいいのです。
相談者の奥様は②を選択しました。奥様は夫と一応の話し合いができる状態でした。そこで、当職は離婚協議書を奥様と協議の上で作り、それを奥様に渡して、奥様が夫と協議書のどこが問題点なのかなど協議をしてもらうこととなりました。その後、何度か協議書を修正して夫と離婚の条件が整ったので協議書に署名捺印をし、離婚届けを作成して離婚することが出来ました。

栗田 有介弁護士からのコメント

栗田 有介弁護士

②を選択した場合は、まず夫に妻の代理人として受任したので今後はすべて弁護士と離婚の話をしてください、などと言ってしまうと、夫の立場からすると突然のことで憤慨し、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。そこで、離婚協議書の案を作成し、それをもとに夫と妻が話し合いの場を設けて話し合ってください。協議書の作成手数料はかかりますが、離婚の示談協議事件として弁護士に依頼するよりも安く済む可能性もあります。当職は離婚協議書を作成した後の一か月のアドバイス料も作成手数料に含んでいます。
まずはご自分で協議ができるたたき台を作ることから弁護士を利用してみましょう。お役に立てると思います。

離婚・男女問題

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【初回相談無料】ステップごとの料金設定をしております。特に最初は内容証明郵便や契約書等、交渉のためのタタキ台を作成することからご提案させて頂いております。 

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり

★案件への対応姿勢★
①大手不動産会社勤務の経験と人脈を最大限生かした事案対応を致しております。
②当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

★特徴★
ご相談をお受けした結果、他の専門家が関与した方がご相談者様の利益となる場合(税理士に相談した方が良いと思われる税務問題など)や、弁護士倫理に反する場合など、受任をお断りするケースもございますので、あらかじめご了承下さい。

★費用について★
●法的問題か否かも含め全く分からないのが普通です。お気軽に30分の無料相談を利用してください。但しお電話での相談は件数が殺到してしまい十分な対応を致しかねますのでご遠慮いただいております。
●まずは相手との交渉のために必要な契約書や内容証明の作成依頼と、一か月間の法的アドバイスのセットをおすすめします。ご自分で交渉をして事案が解決できれば何より費用が安く済みます。
書面の難易度に応じて5万円~(税別)の手数料(アドバイス料含む)を頂きます。
●弁護士を代理人にする場合、着手金と報酬金が発生しますが、すでに手数料を頂いている場合はその分は減額します。

【重点取扱案件】
不動産賃貸借に伴う諸問題(賃料減額、立ち退き等)

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
●長年借りてもらっているので家賃や地代の滞納があっても強く言えない。
●増改築をしたら地主から契約違反で立ち退きを迫られた。
●アパートの住人に対してのクレームが大家の私のところに頻繁に寄せられる。
●アパートの老朽化で建て替えたいが住人が多額の立ち退き料を要求してきているなど、
このようなトラブルは、早めに相談しましょう。

【事務所のポリシー】
●どうにもならないことははっきりと伝える。
●解らないことは解らないので調べさせてくださいと正直に答える。
●一体どうしたいのかをまず先に答えてもらう。
●問題をよりシンプルに捉えることを心掛けている。

----------------------
■アクセス
みなとみらい線「馬車道」駅より徒歩2分
JR根岸線「桜木町」駅より徒歩6分
横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩5分

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分まで相談料は0円、以降30分ごとに5,000円(税別)
着手金 ●ステップ1:
最初、「契約書」や「内容証明郵便」の作成だけを依頼されてはいかがでしょうか(手数料5万円~(税別))(一か月間の弁護士のアドバイス料も含みます。)。それをもとにご自分で交渉をしてみてください。これで交渉が成立すればこれ以外はかかりません。
●ステップ2:
ステップ1でも交渉が成立しない場合は、弁護士があなたの代理人として相手と交渉します(着手金10万円~(税別)。但し、ステップ1を経由した場合はすでに頂いた手数料分を差し引きます。)
●ステップ3:
ステップ2でも交渉決裂の場合は、最終的に裁判手続きとならざるを得ません。
その際は着手金を頂きますが、ステップ1,2を経由した場合は既に頂いた分は減額します。
報酬金 ステップ2,3で事案が解決した場合報酬金を頂きます。但し、事案の難易度に応じて金額は柔軟に対応いたします。
備考欄 いずれも金額については事案により異なりますのでお気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
横濱啓明法律事務所
所在地
〒231-0006
神奈川県 横浜市中区南仲通4丁目49番地 福久ビル2階
最寄り駅
みなとみらい線「馬車道」駅徒歩2分
JR根岸線「桜木町」駅徒歩6分
横浜市営地下鉄「関内」駅徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5827-3435

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

横濱啓明法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5827-3435

※横濱啓明法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土曜10:00 - 19:00
定休日
日,祝
備考
やむを得ず電話に出ることができないときもございますが、留守電に連絡先を入れておいていただけたら対応いたします。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。