現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
清水 俊弁護士

( しみず しゅん ) 清水 俊

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【初回相談無料】【弁護士直通】【日本大通り駅徒歩3分】【刑事事件に精通した弁護士】
暴行傷害、窃盗、わいせつ、薬物、交通事故などに注力。
不起訴無罪の獲得を目指します。
横浜合同法律事務所
横浜合同法律事務所
横浜合同法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

※早急な行動が身柄釈放・不起訴獲得への近道です。
※可能な限りスピーディな対応を心がけ、また多数回接見に行くように心がけております。

【経験と実績】
私選、国選問わず多くの刑事事件を扱ってきましたので、事案ごとのポイントは把握しております。刑事弁護専門サイトもございます。
→ https://www.shimizulaw-keijibengo.com/

【重点取扱案件】
窃盗、傷害、痴漢事件など示談を伴う案件を多く扱ってきました。
具体的な解決事例は、下記をご覧ください。
https://www.shimizulaw-keijibengo.com/case/categories/解決事例

【よくあるご相談】
・自首に付き添って欲しい。
・執行猶予にしてほしい。
・無実無罪を証明してほしい。
・身内が逮捕されたけど、これからの手続や示談の方法がわからず困っている。
・できるだけ量刑を軽くしたい。
・早急に示談してほしい。
・前科がつかないようにしてほしい。
・自分の言い分を正確に裁判所に伝えてもらいたい。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

できるだけの多くの事案で被害者・加害者双方がそれぞれ新たなスタートが切れるような解決を提案したいと考えております。
早期の段階で、ぜひご相談ください。

【特徴】
◆加害者被害者双方の気持ちを理解した上で、交渉に臨みます。
◆罪を犯した人が自分の過ちに気づき、立ち直るきっかけをサポートします。
◆ご家族には、接見後すみやかに電話等でご報告するよう心がけています。

【下記のような事件に対応】
飲酒運転・無免許運転/ひき逃げ・当て逃げ/万引き・窃盗罪 /大麻・覚醒剤/DV
ストーカー/恐喝・脅迫/強制わいせつ・強制性交罪/ 痴漢・性犯罪/殺人・殺人未遂 少年事件 など

【当日・休日・夜間相談可能】
当日や土日祝日の相談だけでなく、夜間(21時まで)のご相談も可能です!
事前予約制となりますので、日時等についてはお問い合わせください。

【費用と特徴】
着手金の範囲で保釈請求、接見、示談交渉を行い、別途の接見日当などは頂戴しません。

—————————————
■アクセス■
日本大通駅 徒歩3分
関内駅 徒歩8分

■事務所HP■
https://www.yokogo.com/

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※初回相談30分のみ無料となります。
※過去に事件のご依頼を頂いた方につきましては法律相談は無料となります。
着手金 20万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(6件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

息子さんが青少年保護育成条例違反で逮捕。検察官から罰金事案だと釘を刺されていたものの不起訴処分となりました。

  • 児童買春・児童ポルノ
  • 加害者
依頼主 女性

相談前

ご依頼者様は、息子さんが18歳未満の女性と関係をもったことで青少年保護育成条例違反で逮捕され、私に相談・依頼されました。勾留は免れ、在宅事件となりましたが、ご依頼者様はまだ学生だった息子さんの将来を思い、不起訴処分を強く望んでいました。

相談後

青少年保護育成条例違反は、痴漢などとは異なり、いわゆる被害者というものがおらず、示談をすることも想定されていません。初犯でも罰金となることが通例です。検察官と面談した際も、そのように釘を刺され、不起訴は可能性が低いと思われました。ただ、息子さんとご依頼者様との面談を何度も繰り返し、反省文と嘆願書を完成させるとともに、検察官に事案を理解してもらうための意見書を作成して提出しました。
その結果、不起訴処分となりました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

関係をもった18歳未満の女性が複数おり、不起訴処分をとることはかなり難しい事案だったと今でも思います。ただ、可能性が少ないとしてもあきらめず、やれるだけのことを尽くすことで良い結果につながることがあるのだと自分を奮い立たせてくれる事案の一つです。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

犯罪・刑事事件の解決事例 2

線路から突き落とし傷害を負わせた事案。勾留取消により早期に釈放されました。

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

外国籍の方による傷害事件で被疑者国選弁護人に選任されました。
駅のホームで喫煙していた若者にやめるよう数回注意しても無視されたため、肩を押して注意したところ、線路に落下させてしまったという事案でした。

相談後

奥様や娘さんがとても心配していましたし、職場に知られることも避けたかったため、身柄拘束を解くためにすぐに準抗告を申し立てました。準抗告自体は通りませんでしたが、勾留取消が認められ、早期の釈放となりました。その後、国選から私選弁護人となり、被害者と示談して事件終了となりました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

いろいろな事情が重なり結果としてとてもうまくいった事案でした。そもそもホームから転落させた行為について殺人未遂罪とされていてもおかしくない事案でしたが、故意の立証が難しいと判断したのか、傷害罪とされました。また、準抗告申立の際には、日本語があまりわからないご本人のために、誓約書に英訳をつけたもの(英訳は娘さんにご協力をお願いしました)にサインしていただき提出しました。そういった活動も一定評価されての勾留取消だったのだと思います。その後の被害者との示談も謝罪の手紙を送るなどして比較的低額での解決金となりました。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

犯罪・刑事事件の解決事例 3

電車内で痴漢行為をした強制わいせつ事件。起訴後に弁済供託をして執行猶予付き判決となりました。

  • 痴漢
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

ご本人は同種前科が2件ある方で、逮捕された段階でご家族からご相談がありました。

相談後

被害者の方の処罰感情が強く、刑事裁判が終わるまで示談には応じないと拒否されました。保釈自体は認められていたものの、このままでは実刑の可能性が高いと考え、一定の金額を慰謝料として法務局に供託しました。その結果、一定の被害弁償がされていることなどが考慮され執行猶予付きの判決となりました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

被害者が応じてくれなければ示談は成立しない、当たり前のことではありますが、被害者のいる事件ではこの点が最も悩ましい問題です。この件では、弁済供託という手段を取りましたが、慰謝料の金額や被害者の住所など不明確な点が多々あり供託自体が難しい事案でした。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

犯罪・刑事事件の解決事例 4

電車内で痴漢行為をした強制わいせつ事件。被疑者段階で示談が成立し、不起訴になりました。

  • 痴漢
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

逮捕された段階でご家族から相談がありました。

相談後

被害者が高校生だったため、その父親との間で示談交渉を進めました。現住所からの引越しなど細かい条項を詰めた上で示談が成立し、不起訴となりました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

性犯罪事案が被害者の告訴がなくても起訴できるよう法改正された現在においても、示談や被害弁償の必要性が高いことに変わりありません。被害者と加害者の生活圏が同じような場合には、法的には義務がないものの、住居を引き払ったりすることで被害感情が収まり示談に応じていただけることがあります。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

犯罪・刑事事件の解決事例 5

酒に酔った状態で、駅のホームで駅員を暴行し怪我を負わせて逮捕された傷害事件。示談が成立し、不起訴となりました。

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

逮捕段階でご家族からご相談を頂きましたが、勾留請求が却下されて在宅事件となりました。被疑者段階の在宅事件では国選弁護人が就きませんので、私選弁護人として主に示談交渉をすることになりました。

相談後

被害者の方が務めていた鉄道会社が窓口となり、何度か足を運び、最終的に被害者本人・鉄道会社の両方との示談が成立し、不起訴となりました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

在宅事件であっても当事者が被害者側と直接示談交渉を行うことは難しいためご依頼となりました。会社によっては自社従業員に対する暴行事件などに対して厳しい対応を取る方針の会社もあり、示談が難しいケースもあります。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

犯罪・刑事事件の解決事例 6

複数の食料品店から立て続けに万引きをして逮捕・勾留された窃盗事件。合計6店舗に被害弁償をして不起訴となりました。

  • 被害者

相談前

ご本人は、仕事上の悩みや疲れなどからストレス発散で万引きをしている状況でした。ご家族から早期に被害弁償をしてほしいとのご依頼がありました。

相談後

被害品自体は店舗に返されていましたが、売り物にならないため、ご家族と一緒に被害に遭った6店舗を回り、すべて商品を買い取りをすることで被害弁償をしました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

各店舗の被害金額は少なかったのですが、起訴される前にすべての店舗の被害弁償を終えなければならず、時間との勝負でした。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【弁護士直通!】【日本大通り駅徒歩3分】
不動産関連会社とのネットワークを活かして、適切な解決をご提案します。【土地・建物の立退・明渡、建築瑕疵、売買、マンション紛争など】
横浜合同法律事務所
横浜合同法律事務所
横浜合同法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【経験と実績】
マンション管理会社や賃貸・仲介業者など複数の不動産関連会社と協力関係にあり、多様な事案を扱っています。

【重点取扱案件】
土地・建物の立退・明渡、建築瑕疵、売買、マンション紛争

【よくあるご相談】
・老朽化を理由に部屋を明け渡すよう言われている。
・マンション管理組合の顧問弁護士を探したい。
・滞納している賃料を請求したい。
・賃料の滞納が続いており、部屋から出ていってほしい。
・購入した建物のドアが閉まらない、床が傾いているように感じる。
・土地を売却したいが、土地の境界が不明確で隣人とトラブルになっている。
・遺産に不動産があるが遺産分割協議がまとまらない。
・相続により不動産を共有しているが共有関係を解消したい。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【特徴】
◆立退・明渡を求められている賃借人様に向けてのアドバイスを行っています。
◆司法書士、税理士、建築士などの他士業と連携しサポートいたします。
◆立ち退き・明渡し請求をお考えのオーナー様や不動産経営/賃貸経営にお困りの方に関しても、弁護士としての視点から的確なアドバイスが可能です。
◆不動産の管理や処分方法に関するご相談もお任せください。

【サポート体制】
バリアフリー環境を整え、来所時の負担を減らしました。
不動産問題は複雑な場合もあるため、事案に応じて同僚弁護士に協力や共同受任を要請しています。

【当日・休日・夜間相談可能】
当日や土日祝日の相談だけでなく、夜間(21時まで)のご相談も可能です!
事前予約制となりますので、日時等についてはお問い合わせください。

【費用と特徴】
着手金・報酬金は相談時に事務所の基準と概算を説明し、ご依頼者の経済状況に合わせて金額・支払方法について柔軟にご対応しています。

—————————————
■アクセス■
日本大通駅 徒歩3分
関内駅 徒歩8分

■事務所HP■
https://www.yokogo.com/

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※過去に事件のご依頼を頂いた方につきましては法律相談は無料となります。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

ご自宅を売却した売主様からのご相談。地盤や建物に瑕疵があるとして手付金の返還を求める裁判を起こされたが、逆に違約金を求める反訴を起こし、完全勝訴

  • 欠陥住宅
依頼主 男性

相談前

ご自宅(土地・建物)を売却した売主様からの相談です。売買契約成立後、買主から建物や地盤に瑕疵があるとして契約解除を通告され、手付金の返還を求める裁判を起こされました。

相談後

売主様は不動者業者を仲介に入れて売却にあたっており、また事前に費用をかけて建物診断をしてその資料も買主に提供していたため、契約には何ら不備がないとの思いを強くお持ちでした。相談を受け「もっともだ」と感じ、むしろ契約に基づく違約金を買主に請求する反訴を起こすことにしました。第1審、控訴審ともに反訴を含めて勝訴し、買主が最高裁に上告等もしましたが不受理となり、勝訴判決が確定しました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

契約時にきちんと説明を尽くしたと思っても争いやトラブルに巻き込まれることがあります。弁護士の敷居は以前よりだいぶ低くなっていますので、トラブルが発生する前に日ごろから相談できる弁護士を見つけておくが重要だと思います。

不動産・建築

特徴をみる

不動産・建築の解決事例 2

不動産会社からの賃料減額請求。賃料の相当性を主張する通知書と資料を送付し、解決。

  • 賃料・家賃交渉
依頼主 女性

相談前

賃料減額を求められたオーナー様からのご相談です。
ビル1階を不動産会社に賃貸していたところ、周辺相場の資料とともに賃料減額をもとめる通知が送られてきたため、当職への相談・依頼となりました。

相談後

相手方が示してきた周辺相場の資料は当該物件の諸条件とあまり合致せず、都合のいいサンプルだけを送ってきているように感じました。そこでより当該物件の条件と合致する資料を探し出し、むしろ良心的な賃料である旨の通知を資料とともに送付することにしました。通知を出して以降、相手方は調停等も起こすことなくそのままの賃料を支払い続けています。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

弁護士名で通知書や内容証明郵便を送ることによって解決してしまう事案もあります。本件もその一つでした。

不動産・建築

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【弁護士直通】【日本大通り駅徒歩3分】【離婚トラブルに精通した弁護士】財産分与、慰謝料・養育費請求、DVなど。
浮気の証拠(メール、不貞相手との写真)の収集方法や、慰謝料の相場などについてもアドバイス。
横浜合同法律事務所
横浜合同法律事務所
横浜合同法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

※バリアフリー環境を整えており、車いすやベビーカーも安心です。
 お子様連れでのご相談も可能です。

♧メッセージ♧
離婚や男女問題はデリケートな問題だけに、不安やストレスを感じられる方も少なくありません。
精神的な面も配慮したサポートを心がけておりますので、まずはお話からお聞かせください。
あなたの新しい第一歩を、応援します。

【取り扱い案件】
離婚、親権、財産分与、慰謝料・養育費請求、DVなど

【よくあるご相談】
・夫が浮気しているようで、もし離婚するならどのような準備をしたらいいですか。
・子どもも自立し第二の人生を始めるために離婚を考えています。
・パートナーからの暴力や暴言に耐えられません。
・離婚したときのメリット、デメリットを聞きたい。
・財産分与について相談したい。
・離婚するために必要な証拠を知りたい。
・性格が合わないので離婚したい。
・配偶者から暴力を受けていて、今すぐ離婚したいが、怖くて言えない。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【不貞/不倫行為の慰謝料請求について】
証拠(メールのやりとりや、不貞相手との写真)の収集方法や、慰謝料の相場などについても弁護士がアドバイスいたします。

【特徴】
◆これまでに多数の案件(男性側も女性側)を取り扱って参りましたので、培ってきた経験を生かした対応が可能です。
◆適切な養育費の金額が設定されること、支払いが滞っている場合はスピーディーに回収することに特に力を入れています。

【サポート体制】
冷静なご判断ができるようよく話し合って手続を進めるように心がけています。
県内最大規模の事務所なので、女性弁護士との共同受任のご希望にも柔軟に対応しています。

【費用と特徴】
着手金・報酬金は相談時に事務所の基準と概算を説明し、ご依頼者の経済状況に合わせて金額・支払方法について柔軟にご対応しています。

—————————————
■アクセス■
日本大通駅 徒歩3分
関内駅 徒歩8分

■事務所HP■
https://www.yokogo.com/

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※過去に事件のご依頼を頂いた方につきましては法律相談は無料となります。
着手金 20万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫よりも数倍の収入があった妻。財産分与において原則50%の割合を変更させる判決、和解を獲得。

  • 財産分与
  • 別居
依頼主 女性

相談前

夫が突然家を出て10年近く経ってから離婚や財産分与を請求された奥様からの依頼です。別居期間が長く離婚を争うことは法的に難しい事案でした。
ただ、医者であった奥様は夫よりも数倍の収入があり、さらに家事・育児も自身がやってきたことから、築き上げた財産を原則通り半分ずつ分与されることにどうしても納得がいかないということでした。
そのため、夫が申し立てた調停において、あくまで財産の50%の分与を要求する夫と合意に至らず、離婚裁判となりました。

相談後

離婚訴訟においては、奥様が医者としてどれだけ夫婦の共有財産の構築に貢献したか、どれだけ家事・育児をきちんとやってきたかを主張立証しました。
第1審判決では、財産分与について奥様のご主張を一部認め、分与の割合に多少の差をつけましたが、納得のいくものではありませんでした。
すぐに控訴し、第1審判決の不合理さを訴え、高等裁判所の理解を得た結果、財産分与について夫に第1審判決から大幅に譲歩させる内容の和解を得ることができました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

控訴審で和解した事案であるため、解決まで数年を要した事案です。スピード解決とは言えませんが、ご依頼者様が納得できるまで手続を尽くしました。最終的な結果としてもご依頼者様の思いが一定反映された和解となりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

祖母が保険料を支払っていたご依頼者名義の保険の解約返戻金まで財産分与しなければならないのか。預金口座の出入金を精査して主張立証した結果、特有財産として除外された事案。

  • 財産分与
  • 別居
依頼主 男性

相談前

別居中の妻から離婚訴訟を提起された夫からのご相談でした。
離婚調停はご依頼者さまが体調不良で欠席したため即日不調となり、相談段階ですでに訴訟提起されていました。訴状では、妻や子に暴力を振るったと主張され、過大な慰謝料や財産分与を請求されていました。

相談後

子が幼かったことや暴力について一部事実であることもわかり、親権を取ることは難しいと判断されました。ただ、相手方が主張している夫婦の共有財産には、ご依頼者さまの祖母(養子縁組上の母)が保険料を支払っている保険や贈与された車なども含まれていたため、それを財産分与される理由はありませんでした。保険料の支払いについては当時の口座の取引履歴を精査して祖母からの送金との関連性を立証し、特有財産として分与対象から除いた和解につながりました。

清水 俊弁護士からのコメント

清水 俊弁護士

婚姻期間中に築いた財産は夫婦の共有財産として離婚時に財産分与されますが、婚姻前から保有していたり、相続等で得た財産は特有財産として分与対象から除かれます。
本件は祖母が保険料を支払っていたご依頼者様名義の保険の解約返戻金が特有財産となるかどうかが金額的に大きな争点でしたが、口座の出入金を丁寧に分析することで当方の主張に沿った内容の解決となりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
横浜合同法律事務所
所在地
〒231-0021
神奈川県 横浜市中区日本大通17 JPR横浜日本大通ビル8階
最寄り駅
日本大通り駅から徒歩3分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5285-0881

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
横浜合同法律事務所
所在地
神奈川県 横浜市中区日本大通17 JPR横浜日本大通ビル8階
最寄駅
日本大通り駅から徒歩3分

清水 俊弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5285-0881
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 18:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は平日9:00-18:00です(水曜日は9:00-17:00)。
土日祝は事前予約制。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。