弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年02月16日 15時10分

「こいつが万引き犯だ!」画像公開続け5年以上、ある書店が張り出しにこだわる理由

「こいつが万引き犯だ!」画像公開続け5年以上、ある書店が張り出しにこだわる理由
画像はイメージです

万引きが疑われる人物の画像を、店内やウェブ上に公開するケースの発覚が相次いでいる。ネット上では「やりすぎ」「私刑ではないのか」との批判もある中、店側はどういう考えで掲示を続けているのだろうか。

読者から情報提供を受けた弁護士ドットコムニュースは、「犯人」写真を店内に張り出している書店を訪問。店名や画像を出さないことを条件に、店長から胸の内を聞いた。

この店長は、HP上にモザイク処理した「万引き犯」の画像を掲載していた「めがねおー」などの例を挙げ、「このご時世、まずいかも知れないということは分かっている」とコメント。それでも張り出しを続ける理由について、「万引き犯は常習者が多い。これくらいしないと次の被害を防げないじゃないですか」と語った。

●監視システムに100万円を投資、レジのモニターで一覧

「こいつが万引き犯だ!!」ーー神奈川県にあるその書店には、店内のあちこちにA3サイズのボードが計6枚も貼られている。そこには、「X月Y日Z時頃発生した万引きの犯人画像です」の文言とともに、監視(防犯)カメラから抜き出した「犯人」の顔が鮮明に写っている。映像は警察に提出済みだそうだ。

店長によると、この店では5年以上前から「万引き犯」の写真を掲示している。「特にこの2~3年で監視カメラの映像は飛躍的に良くなりました。引き伸ばしても、顔がハッキリ分かるんだ、ということを知らせる意味もあります。そしたら二度と来れないでしょ」(店長)

店は入り口側がコミック売り場、奥が18禁コーナーという作り。けっして広くない店舗には、たくさんの棚が並び、通路は人ひとり通るのが精一杯だ。天井を見上げると、いたるところに監視カメラ。その数10台以上。各カメラの映像は、レジ上のモニターで一覧できる。およそ100万円を投資した。

「AV(アダルトビデオ)メーカーの営業さんに聞いたんですが、うちみたいに張り出しをやっている店舗は結構あるみたい。限られたスペースで商品を置こうとしたら、死角が増え、その分監視カメラが必要です。仕事が増えるから、本当は映像のチェックはしたくないんですけどね」

それでもやらざるを得ないのは、万引き被害がなくならないからだ。この店舗では、年間10万円ほどの被害が出るという。「今張り出している犯人が盗ったのは、せいぜい2000円程度のAV。それでも、店が穴埋めするには、3倍近く売らないといけない。本の場合はもっとです」。店長の言葉に力がこもる。

●逃げ出した万引き犯とバッグの引っ張り合いになったことも

取材したとき、働いていたのは店長と従業員の女性の計2人。スタッフの少なさや女性がいることも監視強化の理由だという。

「『現行犯』は怖いんですよ。入り口には、会計前の商品に反応する『防犯ゲート』があります。でも、鳴ってから追いつくのは困難。仮に追いついても、向こうは死に物狂いで、何をするか分からない。であれば、『盗られない環境』を作るしかないでしょう」

店長は数カ月前、逃げ出した万引き犯を捕まえた。最後はバッグの引っ張り合いになり、血豆や擦り傷ができたそうだ。「ナイフとか持っていなくて本当に良かったですね」と女性スタッフが声をかける。「従業員にはそこまでのリスクは負わせられない」(店長)

そこにフルフェイスのヘルメットをかぶった客が入店、奥の18禁コーナーに消えていった。肩には大きなバッグが2つ。女性スタッフが慌てて、監視モニターに目を凝らす。

「あんな格好、どう考えても怪しいじゃないですか」と小声で店長。こうした人物の映像は、後で見返すこともあるという。「こうやって、お客さんを疑わざるを得ない。お客さんだって、我々や監視カメラの視線をいつも感じて、居心地が悪いでしょうね…」

●法的リスク考え、「100%の自信があるものだけ」

監視カメラの画像を掲示することは、法的にリスクのある行為だといえる。具体的には「名誉毀損」に当たる可能性がある。小野智彦弁護士によると、ポイントは監視カメラに「誰が見ても万引き犯だと特定できるような不審な行動」が映っていたかどうかだという(詳細は2月9日付記事 https://www.bengo4.com/c_1009/c_1203/n_5682/)。

この点について、店長は「うちはネットにはさらしていないし、グレーは出せない。監視カメラで100%の自信があるものだけ」と強調する。

「売上が大きな店なら、盗られることを見越した経営ができるかもしれない。でも、うちではそういうことができないんですよ」。店長はそう言って、理解を求めていた。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。