弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 俳優のギャラが土日は2倍、「温かい食事」を出す義務…米国の映像業界で進む「働き方改革」のウラに組合あり
2020年02月16日 09時30分

俳優のギャラが土日は2倍、「温かい食事」を出す義務…米国の映像業界で進む「働き方改革」のウラに組合あり

塚田賢慎 塚田賢慎
俳優のギャラが土日は2倍、「温かい食事」を出す義務…米国の映像業界で進む「働き方改革」のウラに組合あり
ハワイの自然を生かした撮影シーン(写真は西谷さん提供)

他業種に遅れを取っていたテレビや映画業界でも「働き方改革」が進んでいる。「夜遅くなる前に撮影を切り上げる」「1作品スタッフ2交代制」「週休2日」などテレビ局社員や制作会社社員の事例がメディアに取り上げられることも増えてきた。

そう言われながらも、制作現場のスタッフは「それは予算の潤沢な番組の話で、深夜番組や低予算番組ではいまだに現場では過重労働が行われている」と、疲れた表情を浮かべる。

過酷な映像業界で疲弊する彼らがため息まじりに口を揃えるのが「アメリカはいいなあ」。現地では現場のスタッフの労働環境や雇用が厳格なルールで守られているからだ。

●「仕事の後は自分の時間を持つゆとりがあった」

日本のテレビ番組や映画、CMを海外で撮影するとき、必要になるのが現地コーディネーターだ。アメリカ・ハワイ州のコーディネート会社による非営利団体「HIFA(Hawaii International Film Association)」には22社が登録している。またフリーのコーディネーターは約50人いるそうだ。

そのうちの1社「マジックアイランドプロダクション」を経営する代表の西谷広己さん(64)は1976年からハワイ州でコーディネーターとして働き、日本のテレビ、映画、CM業界関係者から「コーキさん」と呼ばれてよく知られた存在だ。

アメリカの俳優や現場スタッフの労働に精通するコーディネーターの西谷広己さん(写真は西谷さん提供) アメリカの俳優や現場スタッフの労働に精通するコーディネーターの西谷広己さん(写真は西谷さん提供)

今回、日本とアメリカの違いについて教えてくれた。

「日本の芸能業界のかたがアメリカ、ハワイで働くと『日本の僕たちの環境とは全然違う。うらやましい』と言って帰っていきますよ」(西谷さん)

ある音声スタッフの30代男性も昨年、ハワイロケで労働環境の違いに驚いた。

「予定されたスケジュールはタイトでしたが、進行は予定通りに進み超過時間もなく、仕事の後は自分の時間を持つゆとりがあった。日本なら何時間押しても平気で働く必要があるし、どれだけ残業してもその分のギャラは払われません」

アメリカでは俳優(モデル、歌手など表現者も含む)も組合「SAG−AFTRA」に加入し、労働環境が守られていることは日本でもよく知られている。映画のユニオン「Screen Actors Guild」とテレビのユニオン「American Federation of Television and Radio Artists」は別々だったが、2012年に合併した。

●「俳優のギャラが土日は倍に」「8時間労働の原則」の徹底

SAG−AFTRAの仕組みは、出演料に関して俳優に恩恵を授けることになる。テレビ、映画、CMなど放映された作品の印税(二次使用料)が俳優に支払われるのだ。日本で俳優に支払われるのは「作品1本のギャラ」に限られる。

「アメリカで撮影した映画をアメリカで放映する場合は、放映される地域の人口密度に応じて俳優が得られる印税のパーセンテージが決まっています。映画では長編・短編、テレビでも単発か連続ドラマか、それともCMなのかでパーセンテージが変わります。俳優だけでなく、エージェンシー(所属事務所)、フリーの制作ディレクターやプロデューサーにも入ります」(西谷さん)

セリフをひと言でも話していれば、数ドルだとしても俳優には印税が入ってくる。プロデューサーは厚さ2センチの料金表・契約表をすべて頭に入れておかねばならない。映画が公開された後にテレビや有料チャンネルで放送されたり、DVDやブルーレイディスクでリリースされたりする「二次使用」の印税も俳優らに分配される。

ユニオンの俳優は作品のオーディションでさえ、非加入者よりも優遇される。

「CMのオーディションを実施する場合、まずはユニオンに入っているモデルさんから先にオーディションを受けさせないといけない。すでに1時間待っている人がいたとしても関係なく優先します。1時間でも待たせたら、たとえ雇えなくても料金(罰則金)が発生しちゃうんです。このケースだと44.50ドルです」。

ほかにも「俳優のギャラが土日は倍になる」、「8時間労働の原則(超過分は1時間につき5割、10割増し)」などのルールも徹底されている。労働環境が守られているのだ。

●「技術スタッフは1日10時間の労働が基本」

俳優の話で前置きが長くなったが、アメリカにはいわゆる「裏方」のスタッフにもユニオンがある。これが冒頭で日本人スタッフが「うらやましい」と話した理由になる。

「アメリカにはカメラマンや音声などの裏方さんにも各ユニオンがあって、フリーとして働いている人が所属しています」

映画・CMの技術ユニオン「IATSE(International Association Of Theatrical Stage Employees・国際映画劇場労働組合)」と、テレビの技術ユニオン「IBEW(International Brotherhood Of Electrical Workers・全米電気労働組合)の分類がある。カメラマンのユニオン、機材や人を運ぶドライバーのユニオンなど多種多様な仕事に関わるユニオンが上の大きなユニオンとも提携している。

俳優と同じく、ユニオンに加入しているスタッフたちの働き方にも厳格なルールが適用される。

「技術スタッフは1日10時間の労働が基本です。たとえば1日10時間で500ドルの仕事の場合、時給換算すると1時間50ドル。超過した11、12時間目は基本の時給に追加で50%増し(75ドル)。13、14時間目は1時間で2倍の100ドル追加。さらに15時間目は2.5倍の125ドル追加されるのです」

たとえば日本では、10時間を予定していた撮影現場が長引き、15時間働いたとしても、超過分のギャラは支払われないのが普通だ。ギャラは500ドルのままだ。しかし、アメリカならおよそ倍額の975ドルを手にすることができる。

日本人スタッフが日米どちらの現場で働きたいと思うか。答えは明らかだろう。

さらには「その日の撮影が終わってから次の日の撮影スタートまで10時間の間隔をあけないとスタッフのギャラは倍額料金」というインターバル規定もある。

また撮影が長引いた場合には、連勤6日目のギャラは50%増し、7日目は倍となる厳しい規程も。「ユニオンの労働条件を考えて効率よく撮影をしないと、あっという間に予算オーバーです。作業の一切の無駄がなくなります」(西谷さん)

●根底にあるのは「人間らしい扱い」

ギャラの話題が続いたが、ユニオンに加盟しているスタッフには「人間らしい扱い」がいつでも求められる。「ミールペナルティー」という罰則が象徴的だ。

「スタッフには仕事開始から6時間ごとに最低30分〜1時間の休憩と食事を与えないといけない。ファストフードではダメです。座って温かい食事を食べないといけません。日本の人は走りながら車の中で食べましょうと言いますが、車で移動しながら食べるのもダメです。

6時間を過ぎると30分につき11ドル。次の30分は13ドル、次の30分は15ドル。延々と罰則金がつく。この罰金がミールペナルティーです。ロケで30人雇っていれば、一気に何百ドルも発生します」

正午に昼食を食べて、午後1時から撮影を再開して午後6時に海に沈んでいく夕日を撮りたい。午後6時から撮影したらミールペナルティーが発生してしまう。

「こんなときは午後4時に食べさせれば大丈夫。食事の前倒しはオーケーなんです。ただし、少ない人数であれば、ミールペナルティーを払っても撮りきってしまおうという仕事の進め方もある。こうした計算に頭を悩ませるのがコーディネーターやプロデューサー、ディレクターの仕事です。

日本のスタッフはタイトなスケジュールの中で、現地の人たちが休憩や食事をしっかり取っているのを見て驚きます。日本の環境と全然違うと思うわけです」

ここまでの紹介だけでも、日米どちらの撮影現場で働きたいかという答えは明確なはずだ。後編ではスタッフのユニオンが守る「雇用」について西谷さんが解説する。他方、ユニオンの存在がもたらす「デメリット」についても触れていく。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608