弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年03月23日 17時30分

「正社員よりも働いているのに…」東京メトロ売店の契約社員「格差是正」訴訟で敗訴

「正社員よりも働いているのに…」東京メトロ売店の契約社員「格差是正」訴訟で敗訴
原告の女性(左の2人)と滝沢香弁護士(左から3人目)

東京メトロ(地下鉄)の売店で働く契約社員ら4人が「同一労働同一賃金」を求め、売店を運営する東京メトロのグループ会社「メトロコマース」を相手に、正社員との本給や賞与、退職金の差額など、計約4560万円の損害賠償を求めていた裁判の判決が3月23日、東京地裁であった。吉田徹裁判長は、残業代など4109円を除き、原告の請求を棄却した。原告は控訴する方針。

原告の4人は品物の発注や接客など、正社員とほぼ同じ仕事内容だったと訴えたが、裁判所は、売店業務に従事する正社員は少数だと認定。また、売店業務の正社員についても、エリアマネージャーについたり、配置転換・職種転換を受けたりする可能性があるとして、契約社員とは大きな違いがあるとした。また、住宅手当や退職金などの格差についても、優秀な人材の獲得・定着を図る手段として、「人事施策上相応の合理性を有する」と判断した。

「改正労働契約法」では、契約社員など、雇用期間が決まっている有期雇用を理由に、不合理な労働条件の格差を設けることを禁じている。4人はこの規定を根拠に2014年5月、会社を提訴していた。

判決後の記者会見で、原告側代理人の滝沢香弁護士は、正社員が住居の移転を伴うような異動を命じられたり、他の仕事へ配転されたりする実態が、ほとんどなかったことを実証してきたとして、「判決は『可能性がある』ということだけで請求を棄却した。国をあげて、非正規雇用と正社員の格差是正を議論しているのに、逆行する判決だ」と批判した。

原告側の資料によると、売店業務に関わらず、メトロコマースの正社員の所定労働時間は1日7時間50分。対する契約社員は8時間とされている。原告の1人は「正社員と約11年、一緒に働いてきた。社員は我々よりも勤務時間が短いのに、賞与は3倍以上、退職金、手当もたくさん出る。同じ仕事のはずなのにおかしい」と訴えた。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。