現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. インターネット
  3. 検察庁法改正案、廃案に弁護士3000人「心から歓迎」 勤務延長の「閣議決定」撤回も求める
2020年06月17日 19時10分

検察庁法改正案、廃案に弁護士3000人「心から歓迎」 勤務延長の「閣議決定」撤回も求める

検察庁法改正案、廃案に弁護士3000人「心から歓迎」 勤務延長の「閣議決定」撤回も求める
共同代表の新倉修弁護士(中央)、事務局長の島田広弁護士(左)、呼びかけ人の海渡雄一弁護士(2020年4月24日、Zoomで撮影)

検察官の勤務延長制度が盛り込まれた「検察庁法改正案」の廃案が6月17日に決まった。これを受けて、法案に反対してきた「法の支配の危機を憂う弁護士の会」が「心から歓迎する」などとする声明を発表した。

同法案には、検察幹部の定年を政府判断で延長できるとする規定があったため、検察官の政治的中立性と独立性を脅かすなどとして問題視されていた。

同会は4月下旬から反対の声を集め、最終的に229人が呼びかけ人となり、2798人が賛同。計3027人の弁護士が協力した。

同法案をめぐっては5月、ツイッターを中心に「#検察庁法改正案に抗議します」などのハッシュタグによる反対運動もおこった。

声明は、市民の間に「この国の法の支配が掘り崩されることに対する強い危機感があった」と分析。「幅広い市民と多数の法律家の反対の声のうねりの中で廃案となったことは重要な成果」とまとめている。

一方で、政府が今年1月、それまでの政府解釈を変更しておこなった黒川弘務・前東京高検検事長の勤務延長についての閣議決定は撤回されていない。

声明は、「政権による恣意的な勤務延長が再び生じ、再び法の支配が危機に陥る可能性は残されている」として、この閣議決定の撤回を求めると結ばれている。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事