現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 犯罪・刑事事件
  3. 03からの着信、信用して特殊詐欺被害に…悪用される「電話転送サービス」法整備を求める意見書 
2021年03月03日 16時00分

03からの着信、信用して特殊詐欺被害に…悪用される「電話転送サービス」法整備を求める意見書 

 03からの着信、信用して特殊詐欺被害に…悪用される「電話転送サービス」法整備を求める意見書 
日弁連の記者会見の模様(2021年3月3日、弁護士ドットコムニュース撮影)

固定電話番号を使用した電話転送が特殊詐欺へ悪用されることを防止するため、日本弁護士連合会(以下、日弁連)は、法整備を求める意見書を公表した。意見書は2月18日付。

特殊詐欺は平成26年に被害総額が過去最高の約565億円5000万円に、平成29年には認知件数が過去最高の1万8212件に及んだ。その後、減少には転じているが、令和元年においても認知件数1万6581件、被害額は約315億8000万円と高齢者を中心に多額の被害が発生している。

過去においては、プリペイド携帯など携帯番号が使われるケースが多かったが、その後、本人確認の厳格化により減少。かわりに、電話転送システムが多用されるようになったという。

日弁連は3月3日、記者会見で「特殊詐欺では、いくつもの電話番号により複雑な転送システムが使われている。被害者は固定電話の発信であることから信用してしまい、複雑な転送のため警察の捜査は著しく困難になっている」(山下勇樹副会長)と話した。

転送サービスをおこなう事業者は、NTTなど固定電話番号の卸元事業者による承認を得なければいけないなど具体的な法整備を求めている。意見書全文は日弁連のサイトで読むことができる( https://www.nichibenren.or.jp/document/opinion/year/2021/210218_3.html )。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事