弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2015年11月24日 15時28分

意識ない女性の服を脱がせて撮影・・・なぜ「準強制わいせつ罪」で逮捕されたのか?

意識ない女性の服を脱がせて撮影・・・なぜ「準強制わいせつ罪」で逮捕されたのか?
写真はイメージ

意識を失った知人女性の裸の写真を撮影したとして、熊本市職員の男性が11月中旬、準強制わいせつの疑いで、熊本県警に逮捕された。

報道によると、男性は今年7月31日夜、熊本市内の飲食店で知人女性と一緒に酒を飲んだ。その後、意識がなく抵抗できなくなった女性を自宅に連れ込んで、服を脱がせたうえ、デジタルカメラで撮影した疑いがもたれている。

県警の取り調べに対して、男性は「準強制わいせつ」の容疑を認めたということだ。今回、どういう行為が「わいせつ行為」とされたのだろうか。女性の裸の写真を撮影したことだろうか。刑事事件にくわしい大山滋郎弁護士に聞いた。

●実務上、裸の撮影だけでは「わいせつ行為」とされていない

「『準強制わいせつ』は、意識をなくして抵抗できなくなっている人などに、わいせつ行為をする犯罪です。

今回の被害者は、お酒によって意識を失くしていたようです。そんな状態の人の服を脱がせて裸にしたならば、わいせつな行為で問題ないはずです」

では、裸の写真を撮ったこと自体はどうだろうか。

「裸の写真ですから、十分わいせつな行為にも思えますね。

しかし、もし裸の写真を撮ることがわいせつ行為なら、酔っ払って自分で服を脱いで寝ている人の写真をとることも、『準強制わいせつ』にあたることになります。

また、寝ている本人のそばで撮影するならまだしも、離れたところで裸で寝ている人を、望遠レンズで撮影した場合も、『準強制わいせつ』だというのは、常識的にもおかしな気がします。

これまでも実務上、裸の写真を撮影しただけでは、わいせつ行為とされませんでした」

今回のケースでは、服を脱がせた行為が「わいせつ行為」とされたのか。

「今回のケースも、服を脱がせた行為がなければ、『準強制わいせつ』は成立しなかっただろうと考えます。

一方で、何が『わいせつ行為』といえるのかは、必ずしも明確な基準はありません。

したがって、将来において、裸の撮影、少なくとも至近距離での裸の撮影が『わいせつ行為』とされる可能性も否定できないところです」

大山弁護士はこのように述べていた。

(弁護士ドットコムニュース)

大山 滋郎弁護士
刑事弁護と企業法務が得意分野。メーカーの法務部門に長く勤め、勤務のかたわらニューヨーク州弁護士資格を取得し、日本の司法試験にも合格した。会社の法律問題を扱う一方、多数の刑事事件を手がける。
所在エリア:
  1. 神奈川
  2. 横浜
  3. 中区
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。