山梨過失割合を扱う弁護士を検索

山梨で過失割合に注力する弁護士が20名見つかりました。「0:10の過失割合でダブルワークをしていて昼間は本業の体を使う仕事なのでしばらく休んでいました。」「相手側の保険屋から電話があり、過失割合は9:1で、修理費用は全額出してくれると言ってます。」などの事情を抱えています。弁護士ドットコムでは弁護士費用を後払いで応対してくれる弁護士や初回相談を無料で受付してくれる山梨の弁護士といったさまざまな希望の条件で探すことができます。例として「口コミの評価が高い過失割合で強い弁護士や弁護士の選び方は詳しくリサーチしたけれど、山梨周辺の弁護士を費用で検討したい」などの希望にも対応することができます。弁護士によっては「過失割合と逸失利益について激しく争われるも適正な賠償額を獲得」などの解決実績もあります。弁護士の中には「自分で交渉するのはもう大変だ、弁護士に依頼しようかなと思ったときに初めてご依頼を承りますので、安心してお電話ください。」とおっしゃる方もいます。過失割合でお困りの方は報酬基準や営業時間などの条件を考慮して、希望に適した弁護士、法律事務所に電話またはメールをしてみてください。

現在の検索条件と変更

  • 地域・駅
    山梨県
  • 詳細条件
    過失割合
  • 営業中を優先して表示

20名みつかりました

会員優先表示

検索条件に合う弁護士

  • 【初回相談無料】適正な賠償金を算定し、スムーズな示談交渉の実現にご協力いたします。メールでのお問い合わせは、原則1,2営業日中に返答します。

    対応体制
    • 休日相談可
    • 電話相談可
    • 当日相談可
    • 夜間相談可
    事務所設備
    • 完全個室で相談
  • 【法テラス利用可 | 初回相談60分無料】治療を必要とする人身事故、後遺症認定手続が必要となる後遺症案件、死亡事故、物損事故等ほぼ全分野において対応可能です。

    経験・資格
    • 不動産鑑定士・宅建
    対応体制
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    事務所設備
    • 完全個室で相談
    • バリアフリー
  • Q どうやって弁護士を選べばいいの?
    A

    次の点を意識すると選びやすいです。
    相性も大切なので、まずは気になった弁護士に連絡してみましょう。

    1. 相談したい分野に力を入れているか
    2. 相談料はいくらかかるか
    3. 話しやすそうか
  • 【弁護士費用特約利用可】事故当初にご相談頂ければ、選択肢の幅も広がり、また当初から保険会社等と交渉をすることも可能でございます。お気軽にご相談ください。

    対応体制
    • 電話相談可
    • 当日相談可
    • 女性スタッフ在籍
  • 【初回相談料無料】【初回電話相談無料】保険会社の提示する金額が本当に妥当なのか。不利な条件で泣き寝入りしなくて済むよう、全力でサポートいたします。

    対応体制
    • 休日相談可
    • 電話相談可
    • 当日相談可
    • 夜間相談可
    • 女性スタッフ在籍
  • Q 複数の弁護士に問い合わせをしてもいいの?
    A

    問題ありません。
    弁護士によって対応方針が異なる場合があります。
    あなたに合った弁護士を探しましょう。

弁護士選びのチェックポイント

  1. 相談したい分野に力を入れているか

    弁護士によって、得意な分野お悩みへの対応方針 はさまざまです。
    「注力分野」や「解決事例」を参考に、希望にあいそうな弁護士を探しましょう。

  2. 相談料はいくらくらいか

    最初の相談前には相談料がいくらかかるかをチェックしましょう。
    依頼にかかる金額は、相談後に詳しく教えてもらえます。

  3. 話しやすそうか

    相談の場では、プライベートなことも話す必要があります。
    話しやすそうか 信頼できそうかあなたの直感も大切にしてください。

実際に依頼するかは相談してから決めれば大丈夫です。
まずは問い合わせて、あなたのお悩みを相談してみましょう。

複数の弁護士と話すことで、解決への選択肢が広がります

  1. 解決への見通しが違うことがある

    あなたの事情をどう受け取りどう解決するかは、弁護士によって意見が異なる場合があります。 解決までの時間や料金にも影響するので、何人かに意見を聞いた方が安心です。

  2. 信頼関係には相性も大切

    解決のためには、プライベートな事情も話さねばなりません。 あなたがストレスなく付き合えること、信頼できることはとても重要です。

  3. 受けてくれないケースもある

    一度断られても、他の弁護士なら受けてくれることもあります。 依頼を急ぎたい場合には、予め何人かに連絡しておくとよいでしょう。

実際に弁護士相談した人の多くは3人以上に連絡しており、複数の弁護士に相談することが一般的になってきています。

無料で相談に乗ってくれる弁護士もいるので、後悔しないためにも、何人かと話して「この人なら」と感じられる人を選ぶことをおすすめします。

20名中 1 - 20名の弁護士を表示