お気に入りに追加
古本 武男弁護士

( ふるもと たけお ) 古本 武男

借金・債務整理

分野を変更する
新山口駅徒歩5分/相談実績100件以上/夜9時まで相談可/ご家族にも配慮して、事情により柔軟な対応を致します。

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

私は、以前、法テラスの勤務弁護士として働いていましたが、お金がない人からの法律相談を数多く担当してきました。
その中で一番多かったのは借金についての相談でした。
借金問題への対応方法は複雑で、ケースバイケースのところがありますが、工夫して対処すれば、うまく整理・解決できることがあります。
生活再建により、依頼者だけでなく、ご家族の方々のお役にも立てるよう力を尽くします。

ご希望に沿えるよう最も良い方法を検討します。
そのためには、ご事情を色々とお聞きしなければなりません。
相談の場では、同席した家族等の手前、言えなかったこともあろうかと思います。それは自然なことです。
しかし、その場合は後で教えて下さい。
多くの事情をふまえて事案を把握することが問題解決の第一歩です。

借金の問題は、普段の生活に関わる重大な問題です。
今日、スーパーや量販店等でポイントカードと一体になったクレジットカードが普及していますが、このようなクレジットカードはキャッシングもできるので、消費者金融を利用されない一般のご家庭でも、気軽に借金をされてしまう状況となっています。
景気の状況やご家庭の事情により収入が減ってしまうと、いつの間にか多額の借金を抱えてしまい、返済が困難となってしまうといった事例は多数あり、どなたでも直面しうる問題となっています。

■借金問題の解決までの流れ
債務を整理する方法としては、返済を一時ストップして生活を立て直し、その間に弁護士が支払い可能な返済計画を立てて各債権者と交渉を行う任意整理のほか、裁判所に申立をして、いわば強制的に債務を圧縮ないし免責する法的整理の二つがあります。
どのような方法を利用すべきかは、事情によりそれぞれ変わってきます。債務者・債権者の方と共に最良の解決策を図っていきます。
<このような方はご相談ください>
・借金が返せなくなった方、債務整理(任意整理、自己破産申立)をしたい方
・住宅ローンが返せなくなったが住宅を手放したくない方、個人再生申立をしたい方
・消費者金融会社や信販会社との間で、長年、高利での借入れと返済を繰り返された方、過払い金返還請求をしたい方

■アクセス
山口県の中心駅(新山口駅)から徒歩5分という距離にあり、交通の便が良い場所にあります。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5500円
着手金 債権者数により11万円から
成功報酬金 過払い金を回収した場合は回収額の22%以下
備考 事案の軽重により、実際の料金は相談させて頂きます。
その他の報酬基準はお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

住宅を保持しながら、債務を整理できた事例

  • 個人再生
依頼主 50代 男性

相談前

あるご家庭では、住宅を購入し、夫婦で住宅ローン債務を負担していましたが、その後、収入が減り、消費者金融にも多額の債務が残ったまま返済が困難となっていました。幸い、夫婦共に仕事がありました。

相談後

ご依頼を受けた後、住宅ローン以外の債権者への返済を一旦ストップし、裁判所へ個人再生を申し立てました。その後、社会状況の悪化による失業もありましたが、5年間の分割払いによる再生計画が認められました。夫婦共に住宅ローンを返済しながら、それ以外の債務については、支払いが可能な範囲で返済を続けることができ無事に完済となりました。

古本 武男弁護士からのコメント

古本 武男弁護士

住宅ローンがある場合、返済を続けて住宅を残すか否かは重要な問題です。返済のための収入が見込めたこともありますが、他の条件も揃ったことで、かろうじて、個人再生手続の利用による債務の整理ができ、住宅にも住み続けることができた事案でした。

借金・債務整理

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
新山口駅徒歩5分/相談実績100件以上/否認事件や裁判員裁判などの重大事件も担当し、多くの事件に熱意を持って取り組んで来ました

犯罪・刑事事件の取扱分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

多くの場合、犯罪といえるか否か、どのような犯罪が成立するのか、どうすれば刑事・民事の手続で不当な取り扱いを受けずに済むのかといった点については、加害者・被害者とも良く分からないままに手続きが進められているのが現状だと思います。

他方、被害者にとっては犯罪が起きているのに、警察が動いてくれないし、被害も回復できないといった事態も多くあります。
このようなとき、弁護士に相談すれば、どのように対処すべきか理解できることもありますし、弁護士が依頼を受けて解決のお手伝いをすることができるかもしれません。
犯罪・刑事事件の問題については、事情やご希望により様々な対応手段がありますが、時間の経過によって手段が減ってしまうこともありますし、法律問題の解釈には独特な難しさもあります。刑事事件は時間との闘いです。お早めにご相談ください。

■当事務所の特長
◎夜9時まで相談可能
◎高齢や障害を理由に事務所までお越しになれない方については、ご自宅まで伺うこと可能
◎ご事情や依頼者の声をしっかりとお聞きします。
◎依頼者のご希望をふまえた上で、その意向を検察官や裁判官に理解してもらえるように、双方間のコミュニケーションを取ります。
◎証拠書類にも目を通して事案の把握に努めます。
法律問題については、文献や過去の裁判例について時間をかけて綿密に調査します。

■犯罪・刑事事件による問題は、加害者・被害者の双方にとって重大な問題です。
加害者には民事・刑事上の各責任が生じますし、刑事処分や行政処分を受けることで、その後の生活が一変するおそれもあります。
また、被害者にとっても被害を受ける以前の状態に戻るためには、かなりの手間や時間がかかります。
今日、警察等により逮捕がなされる事件も数多くありますが、逮捕されないまま捜査を受けている案件はそれ以上に多くあります。犯罪の発生から一定期間の捜査を経た後、逮捕に至る事件もあります。
<このような方は、一度ご連絡ください。>
・被疑者弁護、特に、在宅のまま犯罪の疑いをかけられ警察の捜査を受けている方
・逮捕・勾留されている被疑者の方
・犯罪による被害に遭い、法律相談したい方

■アクセス
山口県の中心駅(新山口駅)から徒歩5分という距離にあり、交通の便が良い場所にあります。

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5500円
着手金 起訴前22万円から
成功報酬金 不起訴22万円から
美子ぷ 事案の軽重により、実際の料金は相談させて頂きます。
その他の報酬基準はお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

否認しながらの早期釈放を目指した事案

  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

廃品回収業を営む男性が他人の所有物を勝手に回収したという窃盗容疑で逮捕・勾留されました。逮捕された男性としては言い分があり、窃盗であることを否認されていました。なお、内縁の妻も共犯者として逮捕されましたが、実質的には業務に関わっていなかったため、事情は知らないものと推測されました。夫婦共に接見禁止処分が付され、弁護士以外の誰とも面会や連絡ができない状況でした。

相談後

まず、不当な自白調書が作成されないよう、取調べにおいて注意すべきことをアドバイスしました。他方で、父親や内妻の弁護人と連絡を取り、被害者と過失不法行為を前提とした被害弁償・示談の話を進めました。犯罪の成否等の法律問題については検察官とも交渉し、無事に不起訴処分となりました。

古本 武男弁護士からのコメント

古本 武男弁護士

捜査機関の取調では、取調室という特殊な雰囲気のある場所で調書が作成されますが、弁護士からのアドバイスがない状況で、被疑者の方は間違った内容の調書へ署名してしまうことがあります。また、言い分がある場合、その裏づけを探したり、法律問題を検討したり、時には民事責任の問題を解決して有利な状況を作り出したり、といった弁護活動が重要となります。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
新山口駅徒歩5分/夜9時まで相談可/本庁近くに事務所があり、労働審判制度を利用しやすい環境にあります。

労働問題の取扱分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

労働問題を弁護士に依頼するメリットとしては、最終的な解決手段としての裁判所での手続を利用しやすくなるところです。
弱い立場にある労働者が一人で対応するには困難が伴いますので、弁護士に相談してアドバイスを受けるか、弁護士に依頼して解決を目指すのが妥当な場合があります。
紛争の中には、弁護士が介入して証拠や言い分を整理したうえで裁判所等での法的手続を利用しなければ解決できない困難事案もあります。

勤務先の会社等で起こりうる深刻な法律問題としては、
解雇、社員寮の明渡し、給料未払い、職場内でのいじめ、パワハラ、セクハラ、給与未払い、労働災害と様々あります。
労働問題の解決のために、社内の相談窓口で相談したり、労働基準監督署等で相談したり、労働者保護のための諸制度の利用もできますが、弁護士がお役に立てそうであればぜひ一度ご相談ください。依頼者の言い分を適切に裁判所や相手方に届けます。

■早期解決のための労働審判手続きについて
裁判所では、仮処分、調停、労働審判、訴訟などの手続が利用できますが、この中では労働審判手続きの利用をお勧めしています。
労働審判手続きは、裁判官と労働審判官2名が判断者として審理しますが、概ね3回(3か月)以内の審理で終結が予定されており、早期の紛争解決を目指すことができます。

山口県内の事件については、山口地方裁判所本庁で労働審判手続きが利用できます。
ただし、ご利用には条件があり、他の手続を利用した方が解決が早いと思われるケースもありますので、まずはご相談ください。

■アクセス
山口県の中心駅(新山口駅)から徒歩5分という距離にあり、交通の便が良い場所にあります。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5500円
着手金 請求額により11万円から
成功報酬金 支払いを受けられた金額の16.5%以下
備考 事案の軽重により、実際の料金は相談させて頂きます。
その他の報酬基準はお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

職場でパワハラを受け退職。労働審判制度を使い解決した事例

  • パワハラ・セクハラ
依頼主 30代 女性

相談前

相談者は会社でいじめ(パワハラ)を受け、精神的に不安定となって退職を余儀なくされました。労働基準監督署にも相談しましたが、会社に誠意がなく、解決に至らなかった。会社の責任を認めてもらうためには、不法行為として評価できる事情を主張・立証する必要がありましたが、相談時の状況としては微妙な事案でした。

相談後

労働審判申立について依頼を受け、まず、証拠の収集と言い分の把握に努め、申立にあたり主張や証拠を整理しました。依頼者は精神病院に通院していたので、通院状況や診断病名について病院から証明書を取得してもらい、証人的な立場の従業員の協力も得られたので陳述書をまとめたりしました。申立後、2回目の審理までに和解の話がほぼまとまり、お互いが納得できる内容で無事に解決しました。

古本 武男弁護士からのコメント

古本 武男弁護士

通常の訴訟であっても、ほとんどの事案は和解で解決しますが、訴訟手続は時間がかかります。その間の生活や精神面の不安に耐えられないという場合も多いのですが、この事案も労働審判の利用が妥当でした。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
小郡法律事務所
所在地
〒754-0014
山口県 山口市 小郡高砂町2-11 新山口ビル303
最寄り駅
新山口駅

電話で問い合わせ
050-5887-8587

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
小郡法律事務所
所在地
山口県 山口市 小郡高砂町2-11 新山口ビル303
最寄駅
新山口駅

小郡法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-8587

※小郡法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
※050〜の番号は初回の方のみ
※2回目以降の方は事務所の電話番号「083-941-6807」に直接お掛けください

対応地域

経歴・資格
冤罪弁護経験