お気に入りに追加
谷村 紀代子弁護士

( たにむら きよこ ) 谷村 紀代子

水田・谷村法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
■離婚問題に注力、迅速に着手します
■ハラスメント/DV対応の実績多数(女性側、男性側のどちらも対応)
■リーズナブルな料金体系
■セカンドオピニオン歓迎

水田・谷村法律事務所
水田・谷村法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

離婚に注力し、迅速適確に対応します。

10年以上、離婚問題に取り組み、これまで多くの離婚問題を取り扱い、多くのご家庭、状況を見てきました。
家庭の問題は、人の幸福の維持、尊厳の維持にかかわる大切な問題です。

この実務経験を活かし、お一人お一人の状況に合った最適かつ迅速な解決を目指します。

## ハラスメントは弁護士にご相談ください
ハラスメントやDV等は、どちらかが我慢し続けることで家庭を維持している、というケースも少なくありません。
外ではとても行えないことも、家庭の中という閉鎖的なく空間では行われ、エスカレートしてしまい、人権侵害ともいえる状況が生じてしまうことを実感しています。
どちらかの人権が侵害された状態で維持される家庭は、当人にとってはもちろん、家族全体にとって望ましくありません。

双方の協議で是正できない場合は、弁護士の速やかな介入が必要であると考えています。

まずは今できることはもちろん、長期的な見通しを協議し、依頼者の方が持っている、本来の活力を取り戻していただきたいと考えております。

弁護士に依頼するメリット

●直接話さなくていい
離婚や別居を伝えることで、相手が激化するリスクも懸念されますが、交渉の一切は弁護士が対応します。

●財産分与で損をしない
 財産分与の対象となる財産は、一般的に想定される預金や不動産のほか、保険・退職金・財形貯蓄・子ども名義の預金など多岐にわたります。
対象外となる資産がないように、可能な限りの検討を行います。

●法律上問題とならない事項に時間を費やさない
 相手が請求してくるものは、法律上の根拠がない主張も含まれている場合があります。法律上の根拠があるものかないものかをお知らせすることで、不要な事項に検討時間を費やすことが避けられます。

●別居中の生活費を速やかに請求できる。
別居中でも婚姻費用(生活費)をもらう権利があります。
配偶者が支払わない場合には、速やかに調停を申立て、被害者の生活を守ります。

●過大な婚姻費用の支払いを削減する
過大な支払いを請求されている、支払っている方は、支払い側の生活が維持されるよう、相手と協議させていただきます。

●面会交流の調整
当事者同士で、うまくいかない面会交流の問題について、代わって交渉を行います。
不安や無理を交渉で調整し、子どもに負担のない面会交流の実現に向けて尽力します。

弁護士費用について

ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は30分無料になります。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は30分無料(電話、オンライン面談のみ)になります。
交渉着手金 16万5000円~(税込)
調停着手金 22万円~(税込)
家事事件以外の訴訟着手金 経済的利益の8%
報酬金 経済的利益の16%
離婚の場合は、着手金の倍額
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(7件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

モラルハラスメントを主張し離婚が成立した事例

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • DV・暴力
  • モラハラ

相談前

モラハラによる離婚請求に対して、先方は、離婚理由がないとして離婚を強く拒否。一方で、婚姻費用の支払いも求められていました。別居期間は3年未満です。

相談後

離婚自体が不可能かとも思われる事案でしたが、依頼者の方と証拠がないか検討して立証することで、裁判官から離婚理由を事実上認めてもらうに至りました。

谷村 紀代子弁護士からのコメント

谷村 紀代子弁護士

依頼者にとって、不利な事情もありましたが、一つ一つ解決していくことができました。

離婚・男女問題の解決事例 2

モラルハラスメントを主張し離婚が成立した事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料

相談前

モラハラによる離婚請求に対して、先方は離婚理由がないとして離婚を拒否。仮に離婚する場合は、財産全額を希望していました。こちらが有責配偶者であるとの指摘もありました。

相談後

財産分与、養育費とも相場通りとなり、裁判官にの心証では離婚の理由が事実上認められた形となりました。

谷村 紀代子弁護士からのコメント

谷村 紀代子弁護士

客観的証拠により、粘り強くモラルハラスメントの立証をしたことが良い結果に結びつきました。

離婚・男女問題の解決事例 3

DVからの離婚請求が認められた事例

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • DV・暴力

相談前

依頼者は、DVにより、別居中でした。当初は相手は離婚を拒否。その後、財産の争いに変わっていきました。

相談後

財産分与・慰謝料ではお互いの主張に数百万円の開きがありましたが、最終的にはこちらの希望する額に近い金額で和解の勧めをしてもらうことができ、解決できました。

谷村 紀代子弁護士からのコメント

谷村 紀代子弁護士

譲歩せずに主張を続けることで、希望額に近い形で和解をすることができました。

離婚・男女問題の解決事例 4

モラルハラスメントからの離婚請求

  • 親権
  • 離婚請求
  • 面会交流
  • モラハラ
依頼主 女性

相談前

夫の要請に応じて、別居後も頻回の面会を強いられている状況でした。夫からは、親権・監護権を争われました。

相談後

離婚が成立し、こちらの希望する形での面会交流に落ち着きました。

谷村 紀代子弁護士からのコメント

谷村 紀代子弁護士

先方に代理人がつかなかったため、面会後も、やり取りについてはしばらくサポートいたしました。

離婚・男女問題の解決事例 5

婚姻費用を一切支払われていなかった事例

  • 財産分与
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 生活費を入れない
依頼主 女性

相談前

お子さんが複数名いらっしゃいましたが、夫が強く離婚を求めてきました。生活費の支払いも拒否。住宅ローンの残る自宅もありました。

相談後

支払を強く拒否する夫に対し、速やかに調停を申し立てて支払いを求めました。離婚は成立しましたが、依頼者が子供と生活するにあたり納得できる条件となりました。

谷村 紀代子弁護士からのコメント

谷村 紀代子弁護士

生活費については、調停を通すだけではなく、別途弁護士間でも催促し、早期に支払いを実現しました。住宅ローンの残る自宅の処理については、依頼者の希望を詳細に聞いて条項をまとめました。

離婚・男女問題の解決事例 6

協議で早期の離婚が成立した事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 離婚請求
  • 生活費を入れない
依頼主 女性

相談前

すでに別居状態でしたが、当事者間では具体的な離婚の協議が進んでおらず、財産分与や養育費についても話し合いが進まず、生活費の支払いもありませんでした。

相談後

代理人が介入することで婚姻費用の支払いが行われ、財産開示も行われ、早期に離婚が成立しました。養育費を含めた合意内容について、公正証書を作成しました。

谷村 紀代子弁護士からのコメント

谷村 紀代子弁護士

当初は、財産の分与よりも早期の離婚解決とのお話でしたが、お話の内容を聞いて相手に財産の開示も求め、婚姻費用の早期支払いや財産分与も実現しました。

離婚・男女問題の解決事例 7

協議で早期の離婚が成立した事例

  • 養育費
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 性格の不一致

相談前

離婚については合意がありそうだが、養育費について争いがあるとのことでした。

相談後

弁護士の介入により、早期に養育費算定表通りの金額で協議が成立しました。内容は公正証書とすることになりました。婚姻費用の支払いも行われました。

谷村 紀代子弁護士からのコメント

谷村 紀代子弁護士

第三者の介入により協議の成立が進んだと思われます。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
水田・谷村法律事務所
所在地
〒171-0022
東京都 豊島区南池袋2-47-6 パレス南池袋406号室
最寄り駅
東池袋駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
対応地域

関東

  • 東京
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5265-7100

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

谷村 紀代子弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5265-7100
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談