お気に入りに追加
西 岳郎弁護士

( にし たかお ) 西 岳郎

現在営業中 09:00 - 18:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談料無料】【当日/休日/夜間相談】【分割払い可】低価格な費用で経験豊富な弁護士が対応します。相談者の皆様にとって敷居が低く,利用しやすい法律事務所です。
あおぞら法律事務所
あおぞら法律事務所
あおぞら法律事務所

明るく親しみやすい雰囲気の事務所です。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◆離婚・男女問題は当事務所にお任せください
・平成21年9月,約6年間の勤務弁護士を経て当法律事務所を開設しました。それ以降,男女関係(離婚,不倫等)に関して300件以上の法律相談を受け,その内,120件以上の事件の依頼を受けて解決しています(平成29年5月現在)。ご相談内容や事案に応じた最適な解決方法をご提案します。

・不倫(不貞)慰謝料等については,「請求する側」だけでなく,「請求された側」からのご依頼もお受けしています。

・離婚,不倫以外にも,婚姻費用(別居中の生活費)請求,妊娠中絶,婚約不履行等,男女関係のあらゆる法律問題を取り扱っています。

【費用について】
・業界トップクラスの低価格な費用でご依頼を受けておりますので,料金表をご確認くださいませ。
※分割払いも可能です(原則として,着手金が10万円を超える場合は10回払い,20万円を超える場合は15回払いまで対応します。それ以外のご要望については,別途,ご相談くださいませ。)。

【特に力を入れている案件】
・不倫(不貞)慰謝料請求
・離婚(協議,調停,訴訟)
・妊娠中絶

《実際のご相談例》
・夫が不倫をしていたことが発覚した。不倫相手の女性に慰謝料の請求をしたい。 → (回答例)証拠の有無等を検討の上,慰謝料請求の内容証明を送付する。
・社内で上司と不倫をしていたが,上司の妻に発覚し,慰謝料の請求をされている → (回答例) 減額交渉が可能かどうかを検討する。
・W不倫が双方の配偶者に発覚して,収拾がつかない。 → (回答例) それぞれの夫婦の離婚意思の有無等によって,複数の対応が考えられる。
・不倫をして家を出ていった夫から,離婚を要求されている → (回答例) 原則として有責配偶者からの離婚請求は認められない。早急に,婚姻費用(生活費)の請求を検討する。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

◎安心のサポート体制
・男女関係に関する法律相談は,プライバシーに関わる部分が多くありますが,秘密厳守で対応しておりますので,ご安心ください。
・経済的な損得だけではなく,ご相談者・ご依頼者のお気持ちを尊重して,事件の対応をしています。
・弁護士へのご依頼が初めての方にも分かりやすく,明確に費用を提示しています。

◆アクセス
錦糸町駅北口から徒歩5分

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
(特徴) ■不倫(不貞)慰謝料については,業界トップクラスの低価格な費用です。
■分割払いも可能です(原則として,着手金が10万円を超える場合は10回払い,20万円を超える場合は15回払いまで対応します。それ以外のご要望については,別途,ご相談くださいませ。)。
法律相談料 ■初回:30分無料 ※30分以降は,10分につき1,000円(税込)
■2回目以降:30分につき5,000円(税込)
不倫(不貞)慰謝料請求 ■「請求する側」からのご依頼の場合
1 着手金
交渉のご依頼:108,000円(税込)
民事訴訟のご依頼:270,000円(税込)※ただし,交渉からご依頼頂いている場合は,追加着手金として194,400円(税込)のみ
2 報酬金
交渉で解決: 実際に取得した額の16.2%
民事訴訟で解決: 以下の(a)(b)の合計額
(a)判決または裁判上の和解で認められた金額の5.4%
(b)実際に取得した額の10.8%
3 実費
交渉のご依頼: 交通費,通信費等
民事訴訟のご依頼: 交通費,通信費等のほか,請求額に応じた印紙代等

■「請求される側」からのご依頼の場合
1 着手金
交渉のご依頼: 108,000円(税込)
民事訴訟のご依頼: 270,000円(税込) ※ただし,交渉からご依頼頂いている場合は,追加着手金として194,400円(税込)のみです。
2 報酬金: 減額分の12.96%(※ただし,324,000円を上限とし,それ以上の報酬金は頂いておりません。)
3 実費: 交通費,通信費等
2 離婚,妊娠中絶,婚姻不履行,その他 現在,入力準備中のため,お電話又はメールでお問合せください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

《不倫慰謝料(請求する側)》夫の携帯電話から夫が以前の同僚と不倫していることを知り,相手女性に慰謝料請求をした事例。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

私(37歳女性。既婚)は,夫の携帯電話のメールから,夫が以前の勤務先の同僚A子さんと不倫していることを知り,A子さんに対する不倫慰謝料請求を依頼しました。

相談後

弁護士さんに依頼し,Aさん宛てに250万円の慰謝料を請求する内容証明を送付したところ,Aさんは弁護士を付けることなく,不倫を認めて謝罪の気持ちを伝えてきましたが,年収の関係から,慰謝料を支払う十分な資力がないとして減額を訴えてきました。数度の交渉の結果,Aさんが今後夫に接触しないことを誓約した上で,Aさんが私に130万円を支払うという内容で示談になりました。

西 岳郎弁護士からのコメント

西 岳郎弁護士

メール(最近ではLINEなどのSNS)から,配偶者の不倫が発覚し,ご相談にいらっしゃるケースは非常によくあります。本件の依頼者は早期解決を望んでいたところ,相手方は,不倫の事実関係を認め,真摯に対応してきたことから,約2か月での早期解決となりました。■参考 同様の事件を当法律事務所にご依頼いただいた場合の費用総額:着手金108,000円,報酬金210,600円(取得額の16.2%),実費約2,000円(内容証明の郵便代等)

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

《不倫慰謝料(請求する側)》不倫相手の男性のメールアドレスから,氏名・住所を特定した上で,相手男性に慰謝料請求をした事例。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

私(42歳男性。既婚)は,妻の携帯電話のメールから,妻が「◯◯君」という男性と不倫をしていることが判明しましたが,「○◯」という下の名前とメールアドレス以外,男性を特定する情報がありませんでした。そのため,弁護士さんに相談したところ,メールアドレスが分かれば,男性の住所・氏名を特定できる可能性が高いと知り,その調査と併せて慰謝料請求を依頼しました。

相談後

弁護士さんが携帯電話会社に照会をかけた結果,男性の住所・氏名を特定することができました。弁護士さんが男性に不倫慰謝料を請求したところ,男性も弁護士を付けてきたため,弁護士同士の交渉となりましたが,最終的に,男性が私に160万円を支払うという内容で示談をしました。

西 岳郎弁護士からのコメント

西 岳郎弁護士

本件のように,相手方の住所,氏名が分からないというケースでも,電話番号またはメールアドレスが分かっていれば,弁護士会照会という方法を使い,携帯電話会社から契約者情報を得ることにより,相手方を特定できる可能性は高いのです(なお,弁護士会照会は,弁護士法という法律に基づく制度ですので,個人情報保護法による制限を受けることなく,相手方の契約者情報を得ることが可能です。)。したがって,相手方が不明な場合でも,すぐに諦めずに,まずはご相談をしてみてください。■参考 同様の事件を当法律事務所にご依頼いただいた場合の費用総額:着手金108,000円,報酬金259,200円(取得額の16.2%),実費約12,000円(弁護士会照会の手数料,内容証明の郵便代等)

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

《不倫慰謝料請求(請求された側)》過去,既婚男性と不倫していたことがあったため,男性の妻から250万円の慰謝料請求を受けたが,交渉の結果,70万円で示談した事例。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

私(23歳女性。独身)は,2年前にSNSで知り合った既婚男性Bさんと不倫していたことがありました。Bさんとの関係は2か月で終わり,それから既に1年以上も立っていたのですが,突然,男性の奥さんが依頼した弁護士から,200万円の慰謝料を請求する内容証明が届きました。不倫をしていたのは事実なので,慰謝料を支払うこと自体は仕方ないと思いましたが,私に200万円もの大金を払うことはできませんし,内容証明には,「(私がBさんと)1年以上も不倫をしていて,まだ関係が継続している」と,事実と異なる記載もありましたので,弁護士さんに相談しました。

相談後

弁護士さんに相談したところ,200万円の請求額からの減額の余地は十分にあるとの説明を受け,交渉を依頼しました。弁護士さんは,事実関係の誤りを指摘するとともに,減額交渉を続け,最終的に,慰謝料を80万円(月額5万円,16回の分割払い)に減額してもらうことができました。

西 岳郎弁護士からのコメント

西 岳郎弁護士

不倫慰謝料の金額は,予め金額が法律等で決められているものではないため,請求する側は,初めは,高めの金額で請求してくることが多くあります。また,不倫の当事者は,双方が共同で不法行為をしたとうい関係にあるため(共同不法行為といいます。)仮に,一方当事者が慰謝料を支払った場合,その後,他方当事者に,その責任割合に応じた分担を求める権利(「求償権」といいます。)があります。複雑になるので,ここでは詳しい説明を割愛しますが,この求償権を交渉材料として,慰謝料の減額を求めることが有効なケースもあります。したがって,本件のように,仮に,不倫をしていたのは事実であっても,交渉により,請求額からの減額を求めることは十分に可能ですので,慰謝料を請求する場合だけでなく,請求された場合も,弁護士へのご相談をお勧めします。■参考 同様の事件を当法律事務所にご依頼いただいた場合の費用総額:着手金108,000円,報酬金155,520円(減額分の12.96%),実費約1,500円(通信費,交通費等)

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談料無料】【当日/休日/夜間相談可】【分割払いあり】
業界最安クラスの低価格な費用で,経験豊富な弁護士が迅速に対応します。相談者の皆様にとって敷居が低く,利用しやすい法律事務所ですので,お気軽にご相談ください。
あおぞら法律事務所
あおぞら法律事務所
あおぞら法律事務所

明るく親しみやすい雰囲気の事務所です。

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◆借金問題は当事務所にお任せください
・弁護士経験14年間で,200件以上の債務整理案件(破産,再生,任意整理等)を解決した実績があるため(平成29年5月現在),ご相談内容や事案に応じた最適な債務整理の方法をご提案します。
・平成21年以降,東京地方裁判所の破産事件で破産管財人を務めており,これまでに約50件の事件(個人・法人合計。平成29年5月現在)を処理した経験を活かし,申立て後に問題となり易いポイントを事前に予測した上で,適切な申立てをいたします。

【費用について】
・業界トップクラスの低価格な費用でご依頼を受けておりますので,料金表をご確認くださいませ。
・分割払いも可能です(原則として,着手金が10万円を超える場合は10回払い,20万円を超える場合は15回払いまで対応します。それ以外のご要望については,別途,ご相談くださいませ。)。
・生活保護を受給されている方からのご依頼もお受けしています。民事法律扶助制度を利用しますので,費用についての心配は必要ありません。

【特に力を入れている案件】
・法人・個人破産申立て
・個人再生申立て
・任意整理

《実際のご相談例》
・最初は数10万円程度だった借金が,いつの間にか300万円になってしまった。どうしたらよいか。(→回答 事情をお聞きした上で適切な債務整理の方法をご提案)。
・家族に内緒で債務整理が可能か。(→回答 一般的には可能)
・ギャンブルが原因での借金をした場合でも破産ができるか。(→回答 ほとんどのどの場合で破産による解決が可能)
・住宅ローンのある自宅を残したいがどうすればよいか。(→回答 個人再生の方法を選択することで,住宅を残せる場合あり)
・会社の代表者だが,資金繰りが悪化して,期限内の支払いができない。(→ 再建の可能性があるか否かを検討。再建の見込みが立たない場合は法人破産を検討)

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

◎安心のサポート体制
・ご相談にいらっしゃる方は,皆様,今後について心配や不安を感じていらっしゃるので,単なる抽象的な説明で終わることなく,個々のケースにおいて,解決するための適切な方法と,どのような結果が見込まれるかを,具体的に提示することを心がけています。
・「弁護士への相談が初めて」というケースがほとんどですので,相談者の方が安心してお話することができるように,優しく,丁寧な対応を心掛けています。

◆アクセス
錦糸町駅から徒歩5分

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回:30分無料(30分以降は,10分につき1,000円(税込))
2回目以降:30分につき5,000円(税込)
特徴 ※業界トップクラスの低価格な費用です。
※分割払いも可能です(原則として,着手金が10万円を超える場合は10回払い,20万円を超える場合は15回払いまで対応します。それ以外のご要望については,別途,ご相談くださいませ。)。
弁護士費用  (個人の方からのご依頼) 1 自己破産(個人) 
 ◎着手金:非事業者の方からのご依頼の場合 172,800円(税込)
      事業者(個人事業主)の方からのご依頼の場合 280,800円(税込)
 ◎報酬金:0円
 ◎実費:同時廃止(特段の資産がなく,免責に問題もない)の場合 約25,000円
     管財事件(特段の資産がある場合,免責に問題があるなど)の場合
      約225,000円 ※内200,000円については,4か月での分納可
2 個人再生 
 ◎着手金:280,800円(税込)※住宅ローン条項の有無を問いません。
 ◎報酬金:0円
 ◎実費:約175,000円※納付方法については事案により異なります。
3 任意整理
 ◎着手金:1社につき19,440円(税込)
 ◎報酬金:1社につき19,440円(税込)
 ◎実費:若干(通信費等)
4 過払い金返還請求
 ◎着手金:0円
 ◎報酬金:得られた利益の16.2%(税込)
 ◎実費:若干(通信費等)※訴訟提起の場合は,印紙代等が必要です。
弁護士費用  (法人からのご依頼) 1 法人破産
 ◎着手金:債権者が20社(名)以内の場合  432,000円(税込)
      債権者が20社(名)を超える場合 債権者数×21,600円(税込)
          ※ただし,上限を648,000円(税込)とします。
 ◎報酬金:0円
    ※ただし,売掛金等の債権を回収した場合は,回収額の10.8%(税込)
 ◎実費:約225,000円
2 代表者個人の破産
 ◎着手金:法人破産と併せてご依頼の場合 54,000円(税込)
 ◎報酬金:0円
    ※ただし,売掛金等の債権を回収した場合は,回収額の10.8%(税込)
 ◎実費:法人破産と併せてご依頼の場合 約25,000円

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(5件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

《個人破産・同時廃止》病気・失業が原因で借入れを重ねた結果,債務額が約250万円になり,自己破産(同時廃止)で解決した事例

  • 自己破産
依頼主 30代 男性

相談前

私は,約10年前,仕事上のストレスから,うつ病になり,当時の勤務先を退職しました。その後,通院しながら,何度か再就職,失業を繰り返すうちに,生活費のため,銀行のカードローン,カード会社,信販会社から借入れを重ねた結果,債務額が約250万円にも達しました。現在,うつ病の症状は安定し,落ち着いて仕事ができるようになり,手取り20万円の給与収入があるのですが,これまでに作ってしまった借金がなかなか減らず,今後の生活が不安です。

相談後

法律相談を受け,すぐに自己破産を決断しました。依頼後は,債権者からの請求も止まり,弁護士さんから指示された準備(住民票や預金通帳のコピー,家計表の作成等,比較的簡単なものでした。)をして,依頼から2か月後には破産申立て,更に3か月後には,債務が免除されて無事に解決に至りました。費用は,実費を含めて全部で20万円弱,分割払いで対応してもらいましたので,無理なく,依頼をすることができました。

西 岳郎弁護士からのコメント

西 岳郎弁護士

個人の方が破産を申し立てする場合,裁判所で,事案によって,①同時廃止,②管財事件のいずれかに振り分けられます。特段の資産(具体的には,33万円以上の現金,又は,20万円以上の(現金以外の)資産)がある場合や,浪費・ギャンブル等の事情がある場合,事業主である場合などは②(管財事件),それ以外には①(同時廃止)になりますが,①②の大きな違いは,②(管財事件)の場合,実費として,収入印紙等のほかに,別途20万円の予納金が必要になることが挙げられます。ご相談のケースでは,ご本人に特段の資産がなく,浪費・ギャンブル等の事情もありませんでしたので,①(同時廃止)として,解決することができ,費用は低額に抑えることができました。
■参考 同様の事件を当法律事務所にご依頼いただいた場合の費用総額:着手金172,800円,報酬金0円,実費約25,000円

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 2

《個人破産・管財事件》ギャンブル・FXが原因で借金300万円を作ってしまい,自己破産(管財事件)で解決した事例。

  • 自己破産
依頼主 20代 男性

相談前

私は,高校卒業後,就職した現在の勤務先の先輩に誘われたのをきっかけに,パチンコ,競馬等のギャンブルにはまってしまい,数年前からは,ギャンブルで作った借金を返そうとFXを始めましたが,結局は,損失を出してしまったため,借金額は300万円以上になり,今は,返済が滞って,債権者からの督促が続いています。ギャンブルやFXで借金をしたような場合でも,破産で解決できるのでしょうか。

相談後

法律相談を受け,弁護士さんに借金の原因を正直にお話ししたところ,現在は,反省してギャンブル等を控え,健全な生活をしているのであれば,管財事件として,破産による解決は可能であるが,と説明されました。依頼後,約3か月で申立て,事前に説明を受けていたとおり,破産管財人が選任されましたが,1回だけ行われた破産管財人との面接でも正直に事情を話し,更に5か月後には,無事に債務が免除されました。管財人が付いたことによって,20万円の実費が加算されましたが(5万円ずつ4か月で分納),弁護士費用を分割で対応していただくことで,きちんと支払うことができました。

西 岳郎弁護士からのコメント

西 岳郎弁護士

ご相談のケースのように,ギャンブル等の「浪費」が借金の原因である場合,破産を申し立てると,管財事件として,破産管財人が付くことになります(他に,特段の資産がある場合や事業主である場合も管財事件となります。)。本来,浪費は,免責不許可事由(債務の免除ができない事由)に当たるのですが,申立時において,浪費の事実を反省し,ギャンブル等を控えているような場合は,諸般の事情を考量して,免責が認めれるのが一般です(裁量免責といいます。)。また,20万円の実費(管財予納金)については,東京地方裁判所の運用で5万円×4回の分納も可能ですし,それを考慮した弁護士費用の分割払いも可能ですので,ギャンブル等が原因のケースでも,遠慮なくご相談ください。
■参考 同様の事件を当法律事務所にご依頼いただいた場合の費用総額:着手金172,800円,報酬金0円,実費約225,000円

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 3

《法人・代表者破産》卸売業を営む中小企業(会社)と代表者(社長)が破産手続(管財事件)で借金問題を解決した事例

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

販売店にフィットネス用品を卸している株式会社の社長です。リーマン・ショック後,売上が低迷し,現在は,事務所・倉庫の賃料支払や,金融機関への返済も滞り,仕入れ業者への次回の支払ができないことが確実で,負債は,債権者15名に対して1200万円です。私自身も金融機関に対して連帯保証をしているため,会社と私自身の破産を考えています。なお,2名の従業員には,きちんと給与を支払いたいと思っています。

相談後

法律相談を受け,持参した決算書から,会社の資産・負債の状況,経営状況について意見をお聞きしました。本業そのもので赤字が続いていることから,再建は断念せざるを得ないが,手元の資金のほか,売掛金を回収することで,2名の従業員の給料と破産の費用を出すことは可能とのことでしたので,会社と私の破産申立てを依頼しました。その結果,事務所・倉庫の貸主,金融機関,仕入れ業者への対応等は全て弁護士さんに対応してもらい,また,事前の説明どおり,従業員の給料はきちんと支払った上で,会社と私の破産を済ませることができ,私も,心機一転,再出発することができました。

西 岳郎弁護士からのコメント

西 岳郎弁護士

事業を継続中の会社からのご相談の場合,まずは,①破産か再建かの判断,②仮に破産するとした場合,廃業のタイミング,債権者対応,賃貸借契約やリース契約の処理,従業員への給与支払,売掛金の回収,商品在庫の処理等,対処すべき事項が多岐に渡ります。ご相談の事例では,ご依頼後,早期に売掛金を回収する一方で,債権者対応を弁護士が引き受け,資産の状況と他の負債の種類等に鑑み,従業員の給料は支払った上で(債務の弁済には優先順位があり,一般に,従業員に対する給与は,他の債務に優先して支払うことができます。),会社と代表者(社長)様の破産を申し立て,無事に手続を終えることができました。
■参考 同様の事件を当法律事務所にご依頼いただいた場合の費用総額:着手金172,800円(会社)及び54,000円(代表者),報酬金0円,実費約225,000円

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 4

《個人再生・住宅ローン条項あり》住宅と住宅ローンは維持したまま,カードローン,消費者金融からの借金約400万円のみを100万円に減らした事例

  • 個人再生
依頼主 30代 男性

相談前

私は,8年前に住宅ローンで自宅のマンションを購入しましたが,その後,何度か失業,転職を繰り返すうちに,カードローンや消費者金融からの借金が400万円を超えてしまいました。現在は,安定した勤務先があり,住宅ローンを支払っていくことは十分に可能なので,何とか自宅マンションを残せないかと思い,弁護士さんに相談しました。

相談後

相談の結果,私の場合,個人再生の手続によって,自宅と住宅ローンを維持しまま,カードローンと消費者金融からの借金約400万円を3年間で100万円だけ弁済すれば,残りの約300万円を免除してもらうことができることが分かり,すぐに弁護士さんに依頼をしました。依頼後,1か月程度で申立てをしてもらい,その後,約6か月で手続きが無事に終了,現在,月額3万円弱の弁済を継続中ですが,残り数か月で弁済が終わります。子どもたちのためにマンションを残すことができて良かったです。

西 岳郎弁護士からのコメント

西 岳郎弁護士

本件のように,債務整理のご相談の中で,住宅ローン付きの自宅を残したいというご希望を持っている方は珍しくありません。住宅ローン以外の債務が多額である場合,通常の分割弁済(任意整理)は難しいことが多く,かといって,破産をすると住宅を残すことはできないのが一般です。このような場合は,住宅ローン有りの個人再生を申立て,自宅と住宅ローンは残したまま,他の債務のみを減額することができないか,弁護士に相談することをお勧めします。なお,実際に,いくらまで減額できるかは,ケースによって異なりますので,相談の際に,ご確認ください。
■参考 同様の事件を当法律事務所にご依頼いただいた場合の費用総額:着手金280,800円(税込),報酬金0円,実費約175,000円※納付方法については事案により異なります。

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 5

《個人再生・住宅ローン条項なし》退職金があるため,破産ではなく個人再生で解決した事例

  • 個人再生
依頼主 50代 男性

相談前

私は,50代の会社員ですが,子どもの教育費等が原因で400万円以上の債務を負っています。自宅は,賃貸マンションであり,他に,これといった資産もないことから,自己破産で債務を免除してもらいたいと考え,弁護士さんに相談しました。

相談後

相談したところ,破産をした場合には,私の退職金(仮に,その時点で任意退社した場合,500万円程度が支給される見込みでした。)が資産と評価されることを知り,破産を断念せざるを得ませんでした。しかし,私の場合,個人再生の方法を取れば,合計100万円を分割弁済し,残りの約300万円が免除されるとの説明を受け,破産ではなく,個人再生の依頼をしました。結果,事前の説明どおり,無事に解決することができました。

西 岳郎弁護士からのコメント

西 岳郎弁護士

本件のように,在職歴の長い会社員の方からの依頼の場合,退職金がネックとなって,破産での解決が困難な場合があります。東京地方裁判所では,その時点での退職金見込額の8分の1が資産と評価されるため,本件の例では,破産手続を取るにあたって,500万円×1/8=62万5000円を,別途,納付する必要があるのです。これは,親族の方の援助などがなければ難しいことが多いですが,このような場合,個人再生の手続を選択し,債務額を大幅に減らした上で,分割弁済で解決することが有効です。
■参考 同様の事件を当法律事務所にご依頼いただいた場合の費用総額:着手金280,800円(税込),報酬金0円,実費約175,000円※納付方法については事案により異なります。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
あおぞら法律事務所
所在地
〒130-0012
東京都 墨田区太平2-6-6 佐久間ビル1階
最寄り駅
錦糸町駅(JR総武線・東京メトロ半蔵門線)から徒歩5分
交通アクセス
  • 駐車場近く
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5287-1839

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
早朝・夜間等,時間外の相談可(要予約)。土日相談会(月2回程度)を実施しています。ホームページをご確認ください。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
あおぞら法律事務所
所在地
東京都 墨田区太平2-6-6 佐久間ビル1階
最寄駅
錦糸町駅(JR総武線・東京メトロ半蔵門線)から徒歩5分
現在営業中 09:00 - 18:00

あおぞら法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5287-1839

※あおぞら法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
早朝・夜間等,時間外の相談可(要予約)。土日相談会(月2回程度)を実施しています。ホームページをご確認ください。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く