お気に入りに追加
船江 莉佳弁護士

( ふなえ りか ) 船江 莉佳

ホクレア法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
初回30分無料【離婚等300件以上の取扱実績】【弁護士歴14年以上の女性弁護士】慰謝料、財産分与、親権、DV等様々な相談に対応。じっくりお話を伺い、最善の解決を
ホクレア法律事務所
ホクレア法律事務所

安心してお話しいただけるよう温かい雰囲気づくりを心がけています(完全個室)

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

紹介本文

まずはお気軽にご相談ください

私は、弁護士として、また家庭裁判所家事調停官(非常勤裁判官)として、離婚・男女問題を300件以上取り扱ってきました。
離婚は人生の重大事。さらに離婚するとなれば、慰謝料、財産分与、養育費、生活費(婚姻費用)などのお金の問題や、親権、面会交流などの子どもを巡る問題も決めていかなければなりません。離婚するには結婚するときよりも何倍ものエネルギーが必要となります。
他方、離婚・男女問題は様々で、何が最善の解決方法かは百人百様です。
そこで、離婚・男女問題に精通した弁護士に相談されることで、弁護士がお悩みやご希望を整理し、ご相談者が目指すべき最善の解決方法が明確になり、これから何をすべきかが明らかになります。また、弁護士に委任されることで、法律の専門家のサポートを受けて離婚を進められるだけでなく、相手方と交渉するストレスも軽減されます。
思い切って相談してみたら、解決の糸口が見つかってかなり気持ちが楽になったというお言葉をよくいただきます。
まずはお気軽にご相談ください。
共に最善の解決へと向かってまいりましょう。

じっくりお話を伺い、最善の解決を目指します

まずは弁護士がご相談者からじっくりお話をお聞きし、今どうされたいのか、今後どうされていきたいのかを整理していきます。
そして、ご相談者にとって最善の解決方法を、弁護士が豊富な経験と法的知識に基づきご相談者と一緒に考え、解決のポイントと見通し等をご説明します。
受任後も、お気持ちに寄り添い、ご不安やご不明点をその都度解決しながら、スピード感も大切に、丁寧に進めていきます。
また、離婚でリセットした後の人生のことも視野に入れた解決を目指しましょう。

わかりやすく納得のいく費用

弁護士に依頼するにあたって、費用が心配な方は多いものです。
ご相談の際に、ご希望の解決方法に応じた見積もりをご提示し、内容を分かりやすくご説明します。
お支払い方法もご相談に応じます(法テラス利用可能)。
ご納得いただいた場合に委任契約を結びます。

よくあるご相談例

・離婚したい
・離婚したくない
・財産分与や慰謝料、養育費を請求したい
・相手が財産を隠している
・相手の財産分与等の請求が過大すぎる
・子どもの親権がほしい
・子どもに会いたい、子どもを引き取りたい
・別居した配偶者が生活費(婚姻費用)を払ってくれない
・配偶者からのDVやモラハラから逃げたい
・不貞相手に慰謝料を請求したい

ご安心いただける相談環境

・アクリル板設置等の新型コロナ感染防止対策実施
・プライバシー重視の完全個室
・秘密を厳守
・当日や夜間、土日祝日のご相談可(事前予約制)
・お子様連れでの相談も可能
・初回相談30分無料
・四ツ谷駅(JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線・南北線)、
 四谷三丁目駅(東京メトロ丸の内線)、曙橋駅(都営新宿線)から
 徒歩3~7分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は30分無料、その後30分毎5500円(税込み)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談の30分は無料になります。
離婚調停又は離婚交渉 着手金20万円~50万円、報酬金20万円~50万円 (消費税別途)
離婚訴訟 着手金40万円~60万円、報酬金40万円~60万円 (消費税別途)
(調停から引き続き訴訟を受任する場合、訴訟の着手金の半額となります。)
備考 ・財産分与・慰謝料などの財産給付の請求を伴う場合は、財産給付の実質的な経済的利益の額を基準として加算します(着手金では3~8%、報酬金では6~16%)。
・分割払いや着手金の一部を事件終了時にお支払いいただくなど柔軟な対応をしてします。
・法テラス利用可
・ご相談の際に見積もりを作成し、弁護士費用などのすべての経費について丁寧にご説明いたします。ご納得いただいた場合に委任契約を結び、はじめて受任となります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(6件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

経済力のない妻が、モラハラ夫との離婚を実現するため、計画的に準備し離婚が成立した事案

  • 財産分与
  • 養育費
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 30代 女性

相談前

モラハラ夫と離婚したいが、自分に経済力がなく、どうやったら離婚できるかわからないとのご相談でした。

相談後

ご一緒に離婚に向けた計画を立て、ご相談者は実行されていきました。まず経済力をつけるために仕事を開始し、ある程度の預貯金ができた段階で子どもを連れて別居。離婚調停及び離婚するまでの生活費を夫に支払わせるため婚姻費用分担請求を申し立て、財産分与、慰謝料、親権・養育費を獲得して調停離婚が成立しました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

様々な事情からすぐに離婚できなくとも、離婚に向けた計画を立てて実践していくことで思いを叶えることができます。一緒に離婚への道筋を考えていきます。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫の隠し財産を明らかにし、納得できる財産分与を獲得した事案

  • 財産分与
  • 離婚請求
依頼主 60代 女性

相談前

夫が離婚に際して夫婦の共有財産として提示した財産があまりに少なすぎる、もっと多くの財産があるはず、しかし、夫が財産を全て管理していて、どこに何を隠しているか分からないとのことでした。

相談後

夫が明らかにしている預貯金の取引履歴を提出させ、詳細に分析し、金銭の不審な流れを追及することで、夫の隠し口座や株式が判明。納得できる財産分与を獲得しました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

わずかな手がかりをもとに隠し財産を探し出すことができる場合があります。
諦めずにご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

妻からの夫のDV・不倫の主張を覆した事案

  • 財産分与
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 60代 男性

相談前

長期間別居しており、妻から夫のDVや不倫を理由とする離婚・財産分与・慰謝料・未払婚姻費用の請求をされました。

相談後

最大の争点はDVの有無で、離婚裁判で妻のDVの主張の矛盾点や具体性に欠けること等を明らかにしました。不倫についても、妻の誤解・思い込みにすぎないことを詳細に反論・立証しました。また、未払婚姻費用についても夫の収入の推移を明らかにし、妻の過大な請求を退けました。
その結果、夫のDV及び不倫の事実がないとして慰謝料は支払わずに、和解離婚しました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

調停不成立で、裁判となりました。時間も労力もかかりましたが、DVと不倫がないことを前提とする裁判所の和解勧告があり、裁判を長引かせることで婚姻費用の支払いが続くデメリットを考慮し、財産分与とそれまでの婚姻費用の精算分にプラスαする金額で和解離婚することになりました。

離婚・男女問題の解決事例 4

離婚調停の途中から弁護士に委任し、夫の一方的な離婚条件を覆した事案

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 30代 女性

相談前

夫から突然一方的に離婚を求められ、離婚調停では夫(代理人弁護士がついていました)があたかも妻に離婚原因があるかのように主張し、財産分与の提示額も低額でした。妻は離婚を希望せず、弁護士を付けずに自分なりに反論をしていましたが、このまま夫側に押し切られそうな状況となっていました。
調停委員から弁護士に相談するように勧められ、法律相談に来られました。

相談後

調停の途中から受任しました。
実際には夫婦にはさしたる離婚原因はなく、夫の離婚請求は自由な生活がしたいという身勝手なものであるようでした。既に調停が進行していたので、離婚調停を仕切り直すべく、夫婦の実情を妻の詳細な陳述書や写真などで説明し、離婚原因がないことを明らかにしました。
しかし、夫があくまで離婚を望んだため、本来なされるべき財産分与と慰謝料に加え、妻が離婚後の生活の立て直しをするための費用を上乗せさせ、離婚調停が成立しました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

調停では、夫婦の事情をやみくもに主張するのではなく、ポイントを押さえて夫婦の実情を調停委員会に説明し、きちんと理解してもらうことが必要です。

離婚・男女問題の解決事例 5

夫の退職のタイミングでの熟年離婚をサポートした事案

  • 財産分与
  • 離婚請求
依頼主 50代 女性

相談前

夫の不倫疑惑をきっかけに離婚を決意されました。ご希望として、①数年後の夫の退職時に退職金と夫婦の共有財産である預貯金は半分ずつ分け、年金も分割して、夫に家から出ていってもらって離婚したい、②離婚前に仮に自分が先に死んでも自分が両親から受け取った資産は夫には渡したくない、③とりあえずは本人同士で協議して円満に離婚したい、とのことでした。

相談後

まずは本人同士での円満な協議離婚をご希望でしたので、定期的に面談して離婚に向けた準備や折々の話し合いのポイントや注意点等につきアドバイスし、遺言書作成や離婚に関する諸手続きもサポートしました。その一方で、本人間での協議離婚ができなかった場合に備えて、調停、裁判となることを見据えた準備もしていただきました。
無事にご希望どおりの内容で当事者間での協議離婚が成立しました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

弁護士が代理人として表に出ずに、ご本人での離婚協議等のサポートもさせていただいています。

離婚・男女問題の解決事例 6

子との面会交流を拒否されていたが、定期的な面会交流が実現した事案

  • 離婚請求
  • 面会交流
依頼主 30代 男性

相談前

冷却期間を置くために妻子と別居。その後妻から離婚調停を申し立てられると共に、夫の子との面会を拒否されているとのご相談。

相談後

ご相談者(夫)から面会交流の調停申立をし、離婚調停と一緒に調停で話し合うこととなりました。
妻は面会交流拒否の理由として、夫が怖いので面会交流のために直接連絡を取ったり会ったりしたくない等と主張してきました。妻の言い分は全く承服できないものでしたが、子との面会の実現を最優先として、面会の度に細かいルール作りをしたり第三者機関の利用などの工夫をすることで、妻が面会交流を拒否する理由がないようにし、面会交流を実現しました。段階を追って面会交流のルールを緩和し、現在は第三者機関の援助を受けずに当事者間で連絡を取り合って定期的な面会交流を行っています。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

柔軟に、かつ、丁寧に進めていくことで面会交流が実現することが多いと考えています。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談30分無料】【遺産分割・遺留分・遺言書、終活にも実績】【当日・夜間・土日祝日 可】【税理士等と連携】相続税対策も見据えて相続をトータルサポート
ホクレア法律事務所
ホクレア法律事務所

安心してお話しいただけるよう温かい雰囲気づくりを心がけています(完全個室)

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

相続税対策も見据えて、相続を「争族」にしない最善の解決を

実は、相続争いは財産の多少とは関係ありません。
また、東京にお住まいの方の多くは相続税が発生する可能性があります。
したがって、税理士等と連携して相続税対策も含めて遺言書や遺産分割協議書を作成しなければなりません。
弁護士に早めに相談することで、ポイントが整理され、これからすべきことがはっきりしてきます。
まずはお気軽にご相談ください。

◎ ご自分やご両親等の相続や終活をお考えの方

遺言書作成等
①遺言書で財産の分け方等を定めておくこと、
②その際には遺留分や税金等についても配慮しておくこと、  
が重要です。  
   
安心なシニアライフのために
お元気なうちに、今後の財産管理や死亡後のこと(埋葬や各種手続き・支払等)を任せる人を決めておく(成年後見や死後事務委任契約等)と安心です。  
 

◎遺産を受け取る立場の方

遺産分割や遺留分侵害
相続が生じると、円満だった親族との間で、遺産の分け方や遺言書の内容が不公平だとして、紛争になってしまうことがあります。
このような状態は精神的に辛いだけでなく、正しい知識を持たずに進めてしまうと、紛争が無用に激化・長期化したり多くの税金が発生しがちなので、注意が必要です。
 
相続放棄や相続分譲渡等
相続争いに巻き込まれたくない、借金を相続したくない等のであれば、
相続分の譲渡や相続放棄等の方法があります。
相続放棄の期間制限にご注意ください。 

◎ ご相談をこのように進めていきます

① 相続財産も家族関係もお考えも様々です。まずはじっくりお話を伺い、ご相談者が真に望まれていることを把握いたします。
② 法律の専門家として、解決のポイントをご説明し、その方にあった解決方法のご提案と見通し等の説明やアドバイスを行います。
③ 委任契約を結んで受任した後も、お気持ちに寄り添い、ご不安やご不明点をその都度解決しながら、スピード感も大切に、丁寧に進めていきます。
 

相続案件の豊富な実績

遺言書作成・成年後見等の生前対策から不動産分割でもめたり相続人多数等の複雑な事案まで、多くの案件を解決してきました。
また、東京家庭裁判所の家事調停委員として多くのケースに携わっている経験も役立っています。

相続をトータルサポート

◎税理士・司法書士等と連携

法律だけでなく、税金対策や登記等も関わってきます。
そこで、税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士等と連携してサポートします。

◎相続手続きの最初から最後まで一貫してサポート

相続人・相続財産の調査から不動産の売却、預貯金や株式等の遺産の分配まで、相続では多くの段階で手続きや届出等が必要です。
そこで、弁護士が全てサポートします。

分かりやすく納得のいく費用

弁護士費用が心配な方は多いものです。
ご相談の際に、ご希望の解決方法に応じた見積もりをご提示し、内容を分かりやすくご説明します。
お支払い方法もご相談に応じます。
ご納得いただいた場合に委任契約を結び、はじめて受任となります。

ご安心いただける相談環境

・アクリル板設置等の新型コロナ感染防止対策
・プライバシー重視の完全個室
・秘密を厳守
・当日や夜間、土日祝日のご相談可(事前予約制)
・初回相談30分無料
・四谷駅(JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線・南北線)、四谷 三丁目駅(東京メトロ丸の内線)、曙橋駅(都営新宿線)から徒歩3~7分

  

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料、その後30分毎に5,500円(税込み)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回30分の相談料は無料円になります。
着手金/報酬金 (旧)日本弁護士連合会報酬基準をベースとした当事務所の報酬規程を元に、リーズナブルな金額にしています。

ご相談の際に見積もりを作成し、弁護士費用などのすべての経費について丁寧にご説明いたします。お支払いの方法などのご要望にも柔軟に対応しております。ご納得いただいた場合に委任契約を結び、はじめて受任となります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(4件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

主な遺産が不動産で、不動産の取得者や分割方法でもめていた事案

  • 遺産分割

相談前

父が亡くなり、相続人は兄とご相談者(妹)。主な遺産は、父と兄が居住していた不動産(土地・建物)であったため、ご相談者はこの不動産を売却して売却益を分けることを希望していましたが、兄はこの不動産は長男の自分が取得すると言って譲らず、話合いにならないので困っているとのご相談。

相談後

調停を申し立て、不動産の価格を調べ、兄が不動産の売却に応じないのであれば、代償金を求めることにしました。そうしたところ、兄は代償金を支払うよりは売却する方がいいとして、不動産の売却に合意し、売却益を含めて遺産を2分の1ずつ分けることができました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

遺産分割に関する法的知識・経験に基づいて話合いを進めることが早期の解決につながります。

遺産相続の解決事例 2

疎遠かつ遠方に住んでいる相続人が15人以上いたが、調停を行わずに解決した事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割

相談前

叔父(被相続人)が亡くなり、叔父には妻も子もいなかったため、叔父の兄弟姉妹やその子が相続人となるが、相続人調査をしたところ、相続人が多数、しかも親戚づきあいもなく遠方に住んでいる人が15人以上もいて、話合いや調停のために集まることが困難であったケース

相談後

弁護士から、相続人の方たちに、手紙で相続の内容及び遺産分割の手続きについて丁寧に説明し、相続分をご相談者に譲渡することを依頼し、相続分を譲り受けることで遺産分割調停を行わずに相続手続きを終了しました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

多数の相続人が日本の各地にいる場合、遺産分割調停を実施することが相続人の方々の経済的、時間的負担となることが少なくありません。相続分譲渡を利用することで、遺産分割調停を経ずに解決することができました。

遺産相続の解決事例 3

寄与分を否定する弟に対し、実際に行ってきた介護などの内容を具体的に説明することで法定相続分を上回る遺産分割調停が成立した事案

  • 遺産分割

相談前

母が亡くなり、ご相続人は相談者と弟でした。母の生前、介護が必要な母のために、ご相談者は働きながら母の元に週1,2回通って身の回りの世話をしたり、福祉関係者との介護体制の調整をしていましたが、弟は母に会いに来ることもなく、母とは疎遠でした。
それにもかかわらず、弟はその程度ではご相談者の特別の寄与に当たらないとして、あくまでも法定相続分に従った分割を求めてきましたが、ご相談者はあまりにも不公平で納得がいかないとのことでした。

相談後

調停においてご相談者が母の介護のために行った内容を詳細に説明し、弟にご相談者がいかに母の老後のために貢献したかを理解させ、依頼者には法的相続分を上回る遺産を取得させる内容で遺産分割調停が成立しました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

争点となっていた寄与分について、その内容を丁寧に説明することで公平な遺産分割調停を成立させることができました。

遺産相続の解決事例 4

相続放棄の熟慮期間経過後に、被相続人の債務が発覚し、相続放棄が認められた事例

  • 相続放棄

相談前

母が死亡し、相談者が唯一の相続人でした。相談者は母の遺産の株式の名義書換をしましたが、母の死亡後10ヶ月後に母に多額の債務があることが判明し、相続放棄したいとのご相談。

相談後

すでに相続放棄ができる期間(3か月)を過ぎており、また母の株式の名義書換も終了していました。しかし、相続放棄の申述書で、多額の債務が発覚した時期や経緯、当初母に借金がないと判断した事情等を詳細に説明するとともに、株式の名義を母名義に戻すことなどで、相続放棄が認められました。

船江 莉佳弁護士からのコメント

船江 莉佳弁護士

あきらめずにご相談にいらしたことで解決できました。
一見「難しい」と思われる案件でも、解決方法がある場合もありますので、まずはご相談ください。

不動産・建築

分野を変更する
【初回相談30分無料/当日・夜間・土日祝 可】【賃料・契約解除・明渡などの賃貸や売買等の不動産トラブル】費用対効果も考えた最善の解決を
ホクレア法律事務所
ホクレア法律事務所

安心してお話しいただけるよう温かい雰囲気づくりを心がけています(完全個室)

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

賃貸トラブルや借地権問題、不動産売買、相続や離婚での相続問題を中心に豊富な経験

 重要な資産である不動産に関するトラブルは多岐にわたっていますが、解決のためには、不動産に関する豊富な法的知識と実践的な対策が必要となってきます。
 これまで、賃貸借問題(賃料トラブル、契約解除、土地/建物の明渡、建物収去、賃料の増減額請求)、借地権問題、不動産売買、マンション管理、相続や離婚での不動産問題、共有問題、近隣トラブル等、様々な不動産トラブルの解決にあたってきました。
 また、不動産のオーナー様やマンション管理組合様からのご依頼を多数受けております。
 これらの経験を活かして、最善の解決のために尽力します。

最善の解決のために 

◎早め早めのご相談をお勧めします

 不動産のトラブルは、関係者とのやりとりが億劫になってそのままにしていると、経済的損失が膨らんでいったり、トラブルが複雑化して解決までの時間が長期化してしまいかねません。
 したがって、トラブルの初期の段階で対応されることが、傷口を大きくせず、早期に解決するためのひとつの秘訣です。
 また、不動産を所有されている方々については、弁護士が日頃から随時ご相談に応じていることで、不動産トラブルが発生したときに最も妥当な解決方法を見出すことができます。そこで、随時のご相談のために顧問契約を締結することも可能です。
 まずはお気軽にご相談ください。

◎費用対効果も考えた解決策をご提案します

 不動産トラブルの解決にあたっては、《解決によって得られる効果・利益》と《その解決のために必要となる費用や時間といったコスト》とのバランスを考えることが重要です。
 たとえば、賃料未払いで立ち退きを求める場合には、明渡してもらう利益と未払い賃料の回収とではどちらがご相談者にとって利益になるのか、そのバランスを考えることが必要です。

◆こんなふうにご相談を進めていきます◆
① まずはしっかりとお話を伺い、ご相談者が真に望まれていることを把握するようにしています。
② 法律の専門家として、解決のポイントをご説明し、その方に合った解決方法のご提案と見通し(費用や時間)等の説明やアドバイスを行います。
③ 解決の方針や弁護士費用等に納得いただいた場合には、委任契約を結び、はじめて受任となります。
④ 受任後は、進捗状況のご報告をこまめに行い、ご不安やご不明点をその都度解決しながら、スピード感も大切に、丁寧に進めていきます。 
  

◎ 司法書士や税理士等と連携してトータルサポート

事案によっては、その解決のために関連の専門家との連携が不可欠です。
そこで、司法書士や税理士、土地家屋調査士、不動産鑑定士と連携して、最後までトータルサポートしますので、安心してお任せください。

分かりやすく納得のいく費用

弁護士に依頼するにあたって、費用が心配な方は多いものです。
ご相談の際に、ご希望の解決方法に応じた見積もりをご提示し、内容をわかりやすくご説明します。
お支払い方法もご相談に応じます(法テラス利用可)。
ご納得いただいた場合に委任契約を結びます。

ご安心いただける相談環境

・アクリル板設置等の新型コロナ感染防止対策実施
・プライバシー重視の完全個室
・秘密を厳守
・当日や夜間、土日祝日のご相談可(事前予約制)
・四ツ谷駅(JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線・南北線)、
 四谷三丁目駅(東京メトロ丸の内線)、曙橋駅(都営新宿線)から
 徒歩3~7分

不動産・建築

料金表をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は30分無料、その後は30分毎 5,500円(税込み)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回30分の相談料は無料になります。
着手金/報酬金 (旧)日本弁護士連合会報酬基準をベースとした当事務所の報酬規程を元に、リーズナブルな金額にしています。

ご相談の際に見積もりを作成し、弁護士費用などのすべての経費について丁寧にご説明いたします。お支払いの方法などのご要望にも柔軟に対応しております。ご納得いただいた場合に委任契約を結び、はじめて受任となります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
ホクレア法律事務所
所在地
〒160-0004
東京都 新宿区四谷2-13-27 KC四谷ビル2階
最寄り駅
東京メトロ四谷三丁目駅徒歩3分、JR・東京メトロ四谷駅徒歩7分、都営新宿線曙橋駅徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
当日、夜間、土日祝の面談も承っていますので、ご相談ください。
事前予約制です。
対応地域

関東

  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5816-1114

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

船江 莉佳弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5816-1114
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
当日、夜間、土日祝の面談も承っていますので、ご相談ください。
事前予約制です。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談