現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
平沼 夏樹弁護士

( ひらぬま なつき ) 平沼 夏樹

弁護士法人Authense法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回法律相談60分無料】【夜間・土日対応】【多種多様なサポートプランをご準備】個人の方から経営者まで様々な立場の方の離婚問題について豊富な実績があります
弁護士法人Authense法律事務所
弁護士法人Authense法律事務所
弁護士法人Authense法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■ 多額の金銭が動く離婚について実績多数

東京は、全国の中でも合計特殊出生率が低い街です。そのため、子どもがいない、または一人っ子の夫婦の離婚を扱うことが多くあります。さらには六本木という土地柄、ベンチャー企業や中小企業も含め、経営者からのご依頼者も少なくありません。その場合、財産分与や慰謝料、養育費において多額の金銭が争われることとなり、非常に厳しい交渉となります。

私は離婚事件に関する解決実績を多く有しておりますが、企業法務についても幅広く経験、業務実績があります。その中で培った高度な交渉力をもって、ご依頼者にとって最善の解決をめざします。

■ ひとりひとりに合ったサポートプラン

初回法律相談は無料です。現状の整理や今後の手続きの流れ、相手方への対応方法についてなど、丁寧に分かりやすくお話しますので、ぜひご活用ください。

「弁護士に相手との交渉に入ってほしい」、「必要書類や手続きは自分で対応するので、法的なサポートだけしてほしい」
といった様々なご要望に合ったプランをご用意しております。
料金プランの詳細内容についてはHPをご覧ください。
https://rikon.authense.jp/fee/

■ 離婚を考え始めて不安なことはありませんか?

  • 配偶者に不倫の慰謝料を請求したい
  • 財産分与や養育費の額を交渉してほしい
  • 子どもの親権を得たい
  • 離婚をしたいが配偶者から同意を得られないので交渉してほしい

■ 依頼者が心から納得できる離婚を

Authense法律事務所では、ご相談実績3,500件*の離婚弁護士チームが「ご依頼者様にとって最大のメリットとなる解決方法」を、「ご依頼者様の立場に身を置いてご提案」し、「ご依頼者様に心から満足していただけること」を常に心がけて対応しています。
*2019.1~2020.12 実績

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分のご相談は無料ですので、お気軽にご予約ください。
※60分を超えた場合は、30分につき5,000円(税抜)を頂戴しております。
着手金・報酬金・その他の手数料等 詳細はコチラをご覧ください。
https://rikon.authense.jp/fee/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

価値観の合わない妻と離婚調停。

  • 別居
  • 性格の不一致
依頼主 50代 男性

相談前

Aさんの妻Bは嫉妬深い性格で、Aさんが取引先の女性と浮気をしていると思い込み、取引先に一方的に抗議して迷惑をかけたり、また、夫婦喧嘩になると包丁を持ち出して騒ぐことがしばしばありました。

Aさんは、結婚当初から続く妻の言動に疲弊し、しだいに夫婦関係は上手くいかなくなり、ついには別居することとなりました。

別居後しばらくして、妻Bから「好きな人ができた」と言われ、離婚の申し出がありました。
 Aさんは、子どものことを考え離婚していいものか悩み、最初は妻Bの離婚の申し出を拒んでいました。しかし、妻Bとでは価値観が異なること、これまで勝手な思い込みで疑いをかけられ執拗に責め立てられ、会社や取引先にまで根拠のない噂を立てられるなどして仕事にも影響が出ていたことから、夫婦関係の修復は無理だろうと考え、妻Bからの離婚の申し出に同意の意思を伝えました。

すると、妻Bは「今になって離婚に応じるのは再婚相手ができたからだ!有責配偶者からの離婚には応じられない。」と主張してきました。また、仮に離婚に応じるとしても自宅は譲ってほしい、子供の養育費と留学費用を支払ってほしいと、無理難題を突き付けてきました。

相談後

Aさんは、子供のためにも出来るだけ穏便に、話し合いで離婚することを望んでいましたが、合意できずやむなく離婚調停の申し立てを行うこととなりました。もっとも、妻Bの要求にはとても応えられそうにないため、今後の対応についてご相談にいらっしゃいました。

調停において、以下の3点について主張しました。
 ①養育費の算定方法につき、まず子供が通う私立小学校の特徴として、全寮制であることを挙げ、授業料、寄宿舎費以外の食費等は低額になるといえると主張しました。したがって私学に通わせていても、Aさんの収入から考慮して、Bから請求されている数百万円は高額過ぎるとしました。
 ②夫婦間の養育について、子供の長期休暇中、プレゼントを贈ったり外食に連れて行ったり、出張に連れて行き旅費を出したりして、宿泊を伴う養育を行い、婚姻費用以外にも諸費用を負担していることを主張しました。
 ③夫婦が別居に至った原因として、BはAさんの不貞行為(不倫・浮気)にあるとしましたが、Aさん側はそれを否定しました。その上で、Bが自らの意思で別居を申し入れてきたため、その意思を尊重しただけであると主張しました。

これに対し、B側は養育費については、公立と私立では算定基準が異なることから上乗せが必要であること、子供の長期休暇中といっても2週間ばかりである上、プレゼントなどは養育費の減額要素ではないと反論してきました。

 学費に関しては通常の学校教育でかかる費用のみが対象でありそれ以外は算定の範囲に含まれないとしました。また、判例においても学習塾など習い事の授業料はあくまで任意に行う私的な学習の費用で、通常の婚姻費用の範囲内でその責任を負うだけだと主張しました。そして、プレゼントなどは養育費の減額要素ではないとしても、実際に子供を監護養育しているのは1ヵ月程度で、今後さらに監護養育する実日数は減少することが予想されるため、それも事情の一つとするべきだと主張しました。

平沼 夏樹弁護士からのコメント

平沼 夏樹弁護士

 調停の結果、子の親権者はBとすること、Aさんは婚姻費用として200万円弱を支払うこと、養育費は病気・事故等の特別の支出がある場合に別途話し合って決めることなどが約束され、離婚調停が成立しました。

今回のように双方の主張が食い違い、話し合いで折り合いをつけていくことが困難になってしまうケースは少なくありません。
 弁護士が代理人として交渉を行うことで主張が整理され、また手続きをスムーズに進めることができますので、早期解決をご希望の方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 2

不倫相手の奥さんから高額な慰謝料請求。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

Aさんは、職場の同僚Bと交際をしていましたが、付き合って数か月経った頃、Bが既婚者であることを知りました。

しかし、Aさんは、Bから『妻とは離婚するから待っていてほしい』と言われ、これを信じて交際を続けてしまいました。

ある日、職場にBの妻Cから、Aさん宛に通知が届き、「AさんがBとの不貞関係(不倫・浮気)を断てば、慰謝料は請求しない」という内容でした。

Aさんは、この通知を受け取ってすぐにBと別れました。
 しかし後日、妻CがAさんに対して慰謝料400万円を請求する内容の通知が届いたのです。

相談後

Aさんは、真摯に反省しており、妻Cにちゃんと誠意を示したいと思っていますが、400万円もの大金を支払う資力はありません。

また、Aさんは当初、Bが既婚者であることを知らなかったこと、Bが既婚者であることを知ってからは、『妻とは離婚するから』とBに説得され、Bを信じて交際を続けていた経緯がありました。
 そのため、Aさんは自分だけではなく、Bの帰責性も大きいと考えています。

そこで、このような事情を主張し、慰謝料の減額について相手方との交渉を行いました。

平沼 夏樹弁護士からのコメント

平沼 夏樹弁護士

交渉の結果、AさんはBとの接触を避けること、職場も異動することを約束し、慰謝料額は当初の400万円から100万円まで減額されることとなりました。

この結果を、Aさんと妻Cは示談書にまとめ、お互い納得する形での解決となりました。

たとえ、ご自身に帰責性があったとしても、第三者である弁護士が代理人として交渉を行うことにより、請求された慰謝料の減額が可能となる場合があります。お困りの際は、ぜひ弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

威圧的、暴力的な夫に限界、今すぐ離婚したい。

  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 40代 女性

相談前

Aさんの夫は、Aさんを執拗に罵ったり、壁に押し付けて怒鳴るなど、暴力的で異常な行動を繰り返していました。

そんなある日、夫が突然、家を出ていってしまいました。

Aさんは、夫の話をするだけで体が震えるなど、精神的に追い詰められた状態になっており、子供にとっても良くないと考え、離婚をしようと決意しました。

相談後

Aさんは、夫に離婚と今まで家族に迷惑をかけてきた責任をとってもらいたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

まず、夫に対して、離婚の意思があるかを確認するとともに、慰謝料として500万円の支払いを求める内容証明郵便を送付しました。

夫の代理人からは、Aさんが主張するような威圧的な態度などはとったことがなく、逆に夫婦生活が破綻した原因はAさんのヒステリーが原因であると反論してきました。

そこで家庭裁判所に、婚姻費用分担請求調停と夫婦関係等調整調停を申し立て、夫の異常な行動が離婚原因であることを主張するとともに、婚姻費用と子供の養育費、慰謝料を求めました。

平沼 夏樹弁護士からのコメント

平沼 夏樹弁護士

調停の結果、Aさんと夫の離婚が成立しました。

そして、子供の養育費は、高校卒業まで月額約15万円、大学卒業まで月額約8万円、Aさんへの離婚に伴う財産分与として、約1000万円が支払われることとなりました。

このように、当事者同士では解決が難しい状況にある場合でも、弁護士が代理人として交渉や調停に臨むことで、依頼者の希望どおりの結果へ導くことができるのです。

離婚・男女問題の解決事例 4

妻の不倫相手に慰謝料を請求したい。

  • 不倫・浮気
依頼主 30代 男性

相談前

Aさんは、妻Bが学生時代からの知人Cに会いに出かけることが増え、そのたびに帰宅も遅いことを不審に思うようになりました。

ある日、Aさんが妻Bを問いただすと、知人Cとの不倫を白状しました。

しかし、数年前から体調が思わしくなかった妻Bは、知人Cと不倫をしてしまったことを後悔しては自分を責めるようになり、日常生活も難しいほど体調を崩していきました。

このような状況で、Aさんは長年連れ添った妻Bと離婚する気持ちにはなれませんでした。むしろ、妻Bを言葉巧みに何度も誘い出し、関係を求めた不倫相手Cを許すことができないと思うようになりました。

相談後

Aさんは、不倫相手Cに対して、慰謝料請求できないかとご相談にいらっしゃいました。しかし、むやみに事を荒立てるつもりはなく、紛争が長期化することは望んでいませんでした。

証拠として提出されたメール履歴などを確認したうえで、まず不倫相手Cに対して不貞(不倫・浮気)の慰謝料の支払いを求める旨の内容証明郵便を送ることにしました。

不倫相手Cは代理人を通して、不貞(不倫・浮気)については認めるが、関係を持った時点で夫婦関係は破綻していたはずだから、自分に慰謝料を支払う責任はないと反論してきました。

しかし、Aさんは、妻Bが体調を崩して入院している間も献身的にサポートしており、夫婦関係は問題なく続いていたことは明らかであったため、反論はまったくの見当違いでした。

平沼 夏樹弁護士からのコメント

平沼 夏樹弁護士

交渉の結果、不倫相手Cから提示された和解案を受け入れる代わりに、今後一切、妻Bと接触しないこと及び第三者に本件について口外しない旨の条項を追加することで和解が成立しました。

このように、離婚を望まない場合にも、相手方に対して慰謝料の支払いを求めることができます。また、弁護士の交渉により、面倒な裁判手続きを経ることなく問題が解決されることが多くありますので、不倫問題でお悩みの方や慰謝料請求をお考えの方は、ぜひ弁護士にご相談にいらしてください。

離婚・男女問題の解決事例 5

夫の不倫相手へ慰謝料請求、訴訟になってもかまわない。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 30代 女性

相談前

Aさんは、夫が深夜に長時間電話をするようになり、また不定期に外出を繰り返すことが多くなったことから、不倫を疑うようになりました。

そこで、探偵会社に夫の素行調査を依頼したところ、夫は経営する会社の従業員Bと不倫していることが発覚しました。

激怒したAさんが、Bに対して夫と別れるよう懇願したところ、BはAさんの夫と「二度と会わない」という内容の誓約書を書き留めました。
 しかし、誓約書を交わしたにもかかわらず、その後も不倫関係は続いていました。

相談後

これ以上、夫婦関係を継続することは困難であると感じたAさんは、夫との不倫を続け、自分を苦しめてきたBに対して何らかの請求をしたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

まずBに対して内容証明郵便を送り、慰謝料を請求する意思があることを伝えました。しかし、しばらくの間、Bからは何の応答もありませんでした。

そこで、Aさんの意思を確認した上で、Bを相手方として慰謝料請求の訴訟を裁判所に提起することにしました。

訴訟では、BはAさんの夫が既婚者であることを知りながら、自らの意思で不貞関係(不倫・浮気)を続けており、それが原因でAさん夫婦の関係が破綻したことを積極的に主張しました。

これに対してBは、不貞関係(不倫・浮気)を続けてきたのは、Aさんのパワハラが原因であり、誓約書も強制的に書かされたものだと反論してきました。

平沼 夏樹弁護士からのコメント

平沼 夏樹弁護士

裁判所は、Bの不法行為を認定し、慰謝料として55万円を支払うよう命じました。

Aさんは、Bから慰謝料の支払いを受けることができ、また夫との離婚も無事に成立させることができました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人Authense法律事務所
所在地
〒107-6222
東京都 港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー22階
最寄り駅
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」西改札より徒歩5分/都営地下鉄 大江戸線、東京メトロ 日比谷線「六本木駅」6番出口から徒歩8分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所営業時間は平日9時30分から20時。土日祝日は9時30分から18時30分となっております。
メールでのお問い合わせに関しては、営業時間外でもお受けしております。
対応地域

関東

  • 茨城
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5223-3901

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

弁護士法人Authense法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5223-3901

※弁護士法人Authense法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所営業時間は平日9時30分から20時。土日祝日は9時30分から18時30分となっております。
メールでのお問い合わせに関しては、営業時間外でもお受けしております。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談