お気に入りに追加
木村 光伸弁護士

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回無料法律相談】【夜間・土日も対応】【安心で明確な料金プラン】
離婚チームが最良の解決方法をご提案します。丁寧に、わかりやすくご説明しますのでご安心ください。
弁護士法人法律事務所オーセンス
弁護士法人法律事務所オーセンス

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■初回のご相談は無料です。
離婚問題についてご相談が無料です。
現状の整理や今後の手続きの流れ、相手方への対応方法についてなど、丁寧に分かりやすくお話しますので、無料相談を是非ご活用ください。
※正確な問題把握と的確なご提案ができるよう、お電話でのご相談は行っておりませんので、予めご了承ください。


■ひとりひとりに合ったサポートプラン
「相手との交渉に弁護士に入ってほしい」、「必要書類、手続は自分で対応し、法的なサポートだけしてほしい」
といったさまざまなご要望に合ったプランをご用意しております。

【離婚交渉・調停プラン】
離婚交渉・調停、婚姻費用請求なども含まれたお得なプランです。

【離婚交渉プラン】
離婚交渉のみで問題解決を検討されている方におすすめです。

【不倫相手への慰謝料請求プラン】
不倫相手や元配偶者に対し、慰謝料請求するプランです。

【認知/養育費 交渉・認知調停プラン】
認知に関して問題を抱えている方へおすすめです。

【子の引渡しと監護者の指定の審判に関するプラン】
子の引き渡しや監護者の指定の審判に関するプランです。

【バックアップセットプラン】
公正証書・離婚協議書作成と弁護士のアドバイスが一緒になったプランです。

【公正証書作成プラン】
公正証書作成時にサポートが必要な方におすすめです。

【バックアッププラン】
ご自身で交渉・調停を進めるが、弁護士のアドバイスを欲しいという方へおすすめです。

【アフターサポートプラン】
離婚協議成立後、行う手続きにアドバイスが欲しいという方におすすめです

■離婚チームが対応します
離婚問題について、豊富な経験と実績を有する弁護士らで離婚チームを設けています。
蓄積した専門的知見を活用し、迅速かつ的確に対応します。
「男性弁護士のほうが心強い」「女性弁護士のほうが話しやすい」など、ご希望に応じて、男性・女性弁護士をお選びいただけますので、お電話いただいた際にご希望があればお申し付けください。

■このようなお悩みを抱えている方は、すぐにご相談ください。
・慰謝料や財産分与などのお金の問題
・親権、面会交流などお子様に関わる問題
・不倫、不貞など離婚男女問題一般

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分のご相談は無料ですので、お気軽にご予約ください。
※60分を超えた場合は、30分につき5,000円(税抜)を頂戴しております。
着手金・報酬金・その他の手数料等 詳細はコチラをご覧ください。
https://rikon.authense.jp/fee/

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫が離婚に応じず離婚調停が不成立。離婚裁判で決着へ。

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • DV・暴力
  • 生活費を入れない
依頼主 40代 女性

相談前

Aさんは、結婚当初から夫の過剰な束縛と暴力に悩んでいました。

夫は、Aさんが仕事をすることや、友人と出かけることを禁止するなど、日常生活で多くのことを制限しました。また、機嫌が悪いとAさんに対して暴言を吐いたり、食器を投げつけたりすることもありました。

やがて、Aさんは夫と家庭内別居状態となりました。
 しかし、家庭内別居期間においても、夫はAさんに仕事の送り迎えを強要し、Aさんが、迎えの時間に数分でも遅れると激怒し、帰宅後に暴力を振るうこともありました。

耐えられなくなったAさんは、ついに夫と完全別居を始めました。

その後、子供も大きくなり、経済的環境も整ってきたことから、Aさんは婚姻費用分担調停と離婚調停を申し立てましたが、夫が離婚に応じず、離婚調停は不成立となりました。

相談後

婚姻費用分担調停は成立したものの夫からは生活費が支払われず、離婚調停も不成立に終わったことから、Aさんは、生活費を支払ってもらうにはどうしたらよいか、離婚するにはどうしたらよいかをご相談にいらっしゃいました。

まず、婚姻費用分担調停で別居期間の婚姻費用の支払い義務が認められていたため、夫に対して通知書を送付することとし、これにより夫から婚姻費用の振込みが再開されました。

次に、裁判を提起し、離婚と財産分与・養育費、夫の暴言等を理由とする慰謝料を請求しました。

裁判において、「最初に離婚を切り出したのは夫であること」「結婚当初から夫がAさんに過剰な束縛や暴力を続けていたこと」などから、婚姻関係はすでに破綻しており、十分な離婚原因があると主張しました。

これに対し、夫は束縛や暴力を一切否認し、離婚原因は存在しないと反論しました。また、財産分与や養育費についても、自身の定年退職が間近であることを理由に、現時点の収入を基礎として算定すべきではないと争いました。

木村 光伸弁護士からのコメント

木村 光伸弁護士

裁判の結果、子供の親権者をAさんと定め、夫は養育費として子1人につき約9万円を支払うこと、Aさんに財産分与として約700万円を支払うことなど、Aさんが提示した和解条項の内容で夫との和解離婚が成立しました。

このように、弁護士は依頼者の代理人として、適切な法的手続をとり、相手方と交渉を行うことができます。離婚問題でお悩みの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

妻からの婚姻費用と慰謝料の請求。減額求め離婚調停へ。

  • 別居
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • モラハラ
依頼主 40代 男性

相談前

Aさんは結婚後、家のお金を妻Bがすべて管理していることや、お金の使い道についての相談がないこと、Aさんに十分な生活費がもらえないことに不満を感じていました。

結婚前は日常会話も交わされていた2人でしたが、最近はお金の話ばかりになり、Aさんは次第に妻Bへ不信感を募らせていきました。

そのような中、Aさんは職場でパワーハラスメントを受け、精神的に不安定な時期があり、妻Bに暴言を浴びせることがありました。これをきっかけとして、妻Bは家を出て行ってしまいました。

別居から1年が経った頃、妻Bは代理人を通じて、AさんのDVを理由とする協議離婚を申し出てきました。そして、離婚成立までの婚姻費用として月額10万円の支払いと、財産分与や慰謝料を含む解決金として500万円の支払いを請求してきました。

相談後

Aさんは、妻Bとの夫婦関係の修復は可能なのか、離婚するとしても妻Bからの請求額を減額できないか、ご相談しにいらっしゃいました。

夫婦関係の修復の意思があるかどうかを確かめるため、妻Bの代理人に通知書を送りました。
 しかし、妻Bに夫婦関係の修復の意思はなく、依然として、婚姻費用と解決金の支払いを求めてきたため、Aさんは、妻Bとの離婚を進めることを決意しました。

合理的根拠なく500万円もの大金を請求するのは不当であり、また婚姻費用の額も高額すぎるとして、適正な条件を求めるため、離婚調停及び、婚姻費用分担調停を申し立てました。

調停では、妻Bによる金銭管理が不透明であったこともあり、まず財産分与額を明確にして、そのうえで加算すべき金額があるか検討することとなりました。

慰謝料を請求されるようなDVはなかったこと、財産分与の対象となる資産は双方の預貯金と年金積立金くらいであること、Aさんの預貯金は妻Bが引き出しており、預貯金は妻Bが持っていることを主張しました。
 さらに、Aさんには知らされていなかった妻Bの年収も明らかとなり、算定表に基づき婚姻費用は月額6万円と算定されました。

木村 光伸弁護士からのコメント

木村 光伸弁護士

調停の結果、AさんがBに婚姻費用月額6万円の未払い分と、350万円の解決金を支払うことで調停離婚が成立しました。

このように、弁護士が交渉を進めることで、一方的に不利な条件での離婚を免れ、依頼者の希望に沿った解決へ導くことが期待できます。お悩みの際はぜひ弁護士へご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

妻の連れ子との養子縁組を今すぐ解消したい。

依頼主 50代 男性

相談前

Aさんは結婚相談所で出会った女性Bと結婚しました。妻Bには大学進学を控えた連れ子Cがおり、結婚後は3人で同居する予定でした。そのため、同居のための部屋を郊外に借りるなど同居に向けた準備をしていました。また、妻Bの結婚相談所に対する成就金も代わりに支払っていました。

ところが結婚後に妻Bと連れ子Cは、通学の不便さを理由に都心での同居を主張してきましたが、その後、妻Bからは同居について具体的な話は全く出ませんでした。
 加えて、Aさんは結婚後、同居するまでの期間も妻Bと連れ子Cの生活費などを支払っていたにも関わらず、結婚後のやりとりはメールがほとんどで、何かと理由をつけて会うことを拒まれているようでした。

そのような状態が続いているなか、Bさんの仕事の事情で、仕事が一段落してから復縁する条件で、離婚しました。ところが、いつまで経っても復縁の気配は見られず、Bの連れ子Cとの養子縁組は解消されないままAさんは生活費を支払っています。

相談後

Aさんは、このままでは親子関係の全くなかったBの連れ子へ生活費の支払いを続けなければならなくなってしまうことから、早急にCとの離縁をしたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

Bの連れ子Cに対して養子離縁届けを通知しました。ところがCは養子離縁届けを無記入で返送してきました。

そこで、早期解決を図るため、裁判所に離縁調停を申し立てました。離縁調停において、AさんとBには夫婦関係の実態がなかったこと、すでに離婚していることを踏まえると、Cと親子関係を続ける合理的な理由がないことを主張しました。
 また、Bに対して渡していたAさんの写真及び履歴書、社員証コピー等を悪用されないために、返却若しくは破棄を要求しました。

木村 光伸弁護士からのコメント

木村 光伸弁護士

交渉の結果、AさんとCは離縁することになりました。また、 返却もしくは破棄を求めていた書類などについては破棄することで合意を得ることができました。

離縁しようとしている相手方が離縁を拒んでいる場合には、当事者だけでは話をまとめることが難しくなります。しかし、そのような場合に弁護士が間に入ることでスムーズに話を進めることができるようになります。お困りの際はぜひ弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 4

慰謝料の減額と分割払い交渉をしてほしい。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

Aさんは飲食店で知り合った男性Bと親しくなり、ほどなく交際が始まりました。
 しかし、Bは妻子ある既婚者でした。Aさんはこのことを交際開始後に知りましたが、別れることができず、そのまま関係を続けていました。

男性Bとの不倫関係を続けていると、夫の浮気に気づいた妻Cから慰謝料として500万円を請求されてしまい、話し合いで減額と分割払いを希望しましたが、結局話はまとまらず、とりあえず30万円ほど支払って、うやむやになっていました。

相談後

数ヶ月後、再び妻Cから慰謝料として100万円を請求されてしまったAさんは、金銭的に余裕がなく、100万円という金額は高額であったため、一括では支払うことができませんでした。そのため、慰謝料の減額交渉ができないか、ご相談にいらっしゃいました。

妻C(以下、相手方)に、Aさんは金銭的に余裕がないこと、分割払いであれば応じること、すでに支払った金額を差し引いた残額の支払いについては誠意を持って応じる旨の和解条項を相手方に提示しました。

木村 光伸弁護士からのコメント

木村 光伸弁護士

交渉の結果、慰謝料額は希望していた既払い分を差し引いた額に減額され、また分割払いについての合意も得ることができました。
 このように、弁護士が代理人として間に入り、衡平な慰謝料額へと減額交渉を行うこともできるので、お困りの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 5

何度も裏切った妻と浮気相手に慰謝料請求。

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 40代 男性

相談前

Aさんは、妻Bと結婚7年目を迎え、夫婦仲良く暮らしていました。ある日偶然、妻の携帯に男性Cから「会いたい」などのメールが送られてきていることを知り、妻の浮気を疑ったAさんでしたが、その時はまだ半信半疑でした。

数ヵ月後、妻Bと妻の友人とのメールのやり取りから、Aさんが妻Bの浮気を最初に疑った時から、妻Bと男性Cとの関係は続いていること、その密会は止むどころか増えていること、そして不貞行為(浮気・不倫)があることを知りました。

その後、妻Bは体調を崩し、療養のため休職することになり、Aさんは仕事をしながら、妻Bの看病を続けました。しかし、妻Bが療養中にもかかわらず、男性C(以下、浮気相手C)と密会を続けていることを知りました。

さすがに嫌悪感を抱いたAさんは離婚を決意しましたが、離婚をするにも証拠が必要であると思い、調査会社に妻Bの行動調査を依頼し、妻Bと浮気相手Cが密会していた部屋から二人が出てくる証拠写真をおさえました。

そしてAさんは、妻Bとの離婚と、浮気相手Cに慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

妻Bに対し、浮気相手Cとの浮気の証拠があること、Aさんは妻Bの浮気の事実に強く憤っていること、これらが離婚原因となることを明示し通知しました。
 また、浮気相手Cに対しては、妻Bとの不貞行為が原因でAさんが著しい精神的ショックを受け通院中であること、妻Bと離婚協議中であることを通知し、500万円の慰謝料を請求しました。

これに対し、浮気相手CはAさんに精神的苦痛を与えたことを深く反省し、謝罪する意向は示したものの、500万円の慰謝料は過大であるとして減額を求めてきました。

木村 光伸弁護士からのコメント

木村 光伸弁護士

交渉の結果、Aさんと妻Bは以下の条件で協議離婚が成立しました。① BはAさんに対し、400万円の慰謝料を支払うこと、② 飼い犬はBが引き取ること、③ B名義の自動車をAさんに所有権移転すること、④ BはAさんの自宅及び勤務先近辺には居住しないこと、⑤ Bは離婚成立後、Aさんに一切の接触や連絡をしないこと、⑥ Bは現自宅から退去することとし、公正証書にて上記のことを約束しました。

また、浮気相手CはBとの不貞行為を認め、Aさんに対し、真摯に謝罪することを前提に200万円の慰謝料を支払うことで和解が成立しました。

Aさんは、希望通りの条件で離婚が成立し、慰謝料も受け取ることができました。裏切られた心の傷はすぐに癒えるものではありませんが、離婚と慰謝料によって清算することで、新たなスタートを切ることができたそうです。
 配偶者の浮気や不倫でお悩みの際は、決して一人で苦しまず、ぜひ弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人法律事務所オーセンス
所在地
〒106-0032
東京都 港区 六本木4-1-4 黒崎ビル7階
最寄り駅
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」西改札より徒歩5分/都営地下鉄 大江戸線、東京メトロ 日比谷線「六本木駅」6番出口から徒歩8分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
59 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務

電話で面談予約
050-5257-1450

メールで面談予約

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人法律事務所オーセンス
所在地
東京都 港区 六本木4-1-4 黒崎ビル7階
最寄駅
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」西改札より徒歩5分/都営地下鉄 大江戸線、東京メトロ 日比谷線「六本木駅」6番出口から徒歩8分

弁護士法人法律事務所オーセンスへ面談予約

電話番号 050-5257-1450

※弁護士法人法律事務所オーセンスでは、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
定休日
土,日,祝

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談