弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

弁護士の選び方

弁護士選びはお悩みやトラブルなど法律問題の解決を大きく左右します。しかしながら、「弁護士の選び方・探し方がわからない」という声をよく耳にします。弁護士は誰でも同じではありません。弁護士次第で結果が変わることは多いにあり得ます。

最適な弁護士を選んで依頼することが、お悩みやトラブル解決への第一歩となります。以下の5つの弁護士の選び方のポイントを参考に、HP等で調べたり、実際にお問い合わせてみる等を通じて、「この弁護士に頼みたい」と思える弁護士に相談・依頼してください。

相談・依頼したい分野の実績が豊富

医者にも専門があるように、弁護士にも注力している分野があります。単に弁護士としての経験が長いだけでは足りません。相談・依頼したい分野や類似事件の経験が豊富な弁護士を選びましょう。

分野や類似事件の経験が豊富かどうかの見分け方

もっとも参考になるのは、その事務所の公式ウェブサイトや、当サイトの中のその事務所の紹介ページを確認することです。
あなたの疑問を解決するのに役立つ情報を備えているか などをみるとよいでしょう。平易な言葉で分かりやすく丁寧に説明できているかを見てみてください。経験の豊富な弁護士は、依頼者がどこに不安や疑問を感じているかを経験上分かっているので、ウェブ上でも痒いところに手が届く丁寧な説明を行うことができるものです。

また、ウェブ上に情報が無い場合は、実際に電話でお問い合わせたり、弁護士との面談時に質問すると良いでしょう。

話しやすく頼りがいがある

相談者の質問に対して、はぐらかしたり、苛立った様子を見せたりする弁護士は論外です。初回の相談の際に、話しやすく頼りがいがありそうかどうかという点を見て、依頼するかどうかを考えるとよいでしょう。

ただし、面談時間には限りがあり、時間を有効に使うため、相談者の話が脱線したときに(相手方に対する不満を延々と話してしまっているときなど)、弁護士が話を本筋に戻すことがあります。これは、はぐらかしているわけではないので、誤解しないようにしましょう。

良い面だけでなく、悪い面も含めて丁寧に説明してくれる

相談者を安心させてくれる弁護士は、良い弁護士といえそうですが、それだけでは足りません。

依頼する前は「心配いりません!お任せください」と調子の良いこと言っていても、依頼した後に「それはできない。これも無理」という話を初めて聞かされることもあります。

相談者に不利な状況なども包み隠さず始めから説明する弁護士こそ、本当に良い弁護士です。

弁護士費用が明確で分かりやすく説明してくれる

候補がいくつか絞られたら、ウェブサイトに料金体系が載っているかもチェックしてみましょう。いくつかのサイトを見比べてみてください。ウェブサイトに載っていない場合は、初回の面談時に確認しましょう。それでも料金体系を示さない事務所は避けたほうが無難かもしれません。

また、依頼することを検討している事務所の料金が、他の事務所と比べて不当に高くないかチェックすることも重要です。一概に安い方が良いとも言い切れないので、安さだけでなく総合的に選ぶようにしましょう。

しかし、他の事務所と比べて不当に高いのは問題です。高い理由を尋ねて、納得のいく答えが得られればまだ良いですが、苛立ちを見せるような弁護士は避けるべきです。なお、無料法律相談を行っている事務所があるので、探してみるとよいでしょう。

対応が早いか

忙しい弁護士は人気のある弁護士かもしれませんが、忙しすぎて反応が遅い弁護士は問題です。事務員に用件を伝えて弁護士からの折り返しを待つものの何日経っても折り返しがない・・・。そんな弁護士は論外です。弁護士を選ぶときは反応の速さにも注意しましょう。

弁護士を探す

地域
分野