お気に入りに追加
石川 智美弁護士

( いしかわ ともみ ) 石川 智美

弁護士法人 翠 川口事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
[川口駅3分][初回相談60分無料][夜間/即日/土日相談可能]女性弁護士として、ご相談者様の気持ちに寄り添い、精一杯サポートさせていただきます。
男性のご相談者様にとっても女性の気持ちを理解できる弁護士が味方になることは大きなメリットがあります。
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◇事務所の紹介についてはこちらのページもご覧ください◇
https://office.bengo4.com/saitama/a_11203/o_34875/#pf2

~下記のようなお悩みをお持ちのかたは、まずご相談ください~

〇離婚したいが、どのように進めたらよいかわからない
〇離婚は合意しているが、養育費や財産分与の金額などで揉めている
〇配偶者の不倫が原因で離婚を考えているが、配偶者が不倫の事実を認めない
〇配偶者と別居しているが、配偶者が生活費を支払おうとせず生活が苦しい
〇配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したい

【重点取扱案件】
〇離婚協議
〇離婚調停
〇離婚裁判
〇慰謝料・財産分与・養育費請求
〇子の親権や監護権に関する紛争
〇不貞慰謝料請求

◇当事務所の強み◇
1 豊富な実績と充実した環境
家庭に不安や問題を抱えていると、精神的な負担はとても大きいものです。
当事務所では、年間数百件の離婚関係のご相談をいただいており、多種多様な離婚事件について、多くの解決実績がございます。
また、女性弁護士が複数在籍しており、女性同士の方が話しやすいというお客様には、女性弁護士を指名していただくことも可能です。
お子様連れのご相談も可能ですし、お子様には別室でお待ちいただくこともできます。(おもちゃ等のご用意もございます。)
お仕事や育児で忙しく日中のご来所が困難な場合には、夕方以降のお打合せやメールでのお打合せも活用しています。
これらの実績や環境をもとに、お客様の心の負担を少しでも減らせるよう誠心誠意お手伝いをさせていただいております。

2 的確なサポートと安心の料金
当事務所では、離婚事件における弁護士の重要な仕事は、単に法的手続きを取ることだけでなく、お客様にとっての「最適な解決」をお客様と一緒に見つけ、それを実現していくお手伝いをすることだと考えています。
離婚における「最適な解決」は人によって千差万別です。そのため、当事務所は、お客様と弁護士との対話を重視し、お客様の現在の生活状況、お客様の要望、将来への不安等々、様々なお話をさせていただいています。そして、それらを通じて、お客様の「最適な解決」の実現に向け尽力しています。

初回のご相談は無料ですので、安心してご来所いただけます。
また、料金設定も明確性を重視しており、事件終了時に聞いていなかった費用が加算され報酬金が予想以上に高額になるということもございません。
ご契約前には、必ず、弁護士費用を明確にお示し致しますので、お気軽にご相談ください。

3 便利な好立地
川口事務所、守谷事務所とも、駅から歩いてすぐの好立地にございます。
また、守谷事務所では、お客様用の無料駐車場も完備しております。
ご依頼後は、ご依頼者様の都合にあわせて、メール・郵送・お電話でのやり取りも活用し、ご依頼者様の負担をできる限り軽減するよう努めております。

平穏な日々を取り戻すため、ぜひお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分無料
2回目以降、30分5,500円
不貞慰謝料請求 ■交渉
着手金 16.5万円~
報酬金 16.5万円+得られた経済的利益の16.5%
離婚請求 ■交渉
着手金 22万円~
報酬金 27.5万円~+得られた経済的利益の11%

婚姻費用分担請求 ※離婚調停と同時に行われる場合
着手金 0円
報酬金 経済的利益の11%(但し、養育費と通算で2年分のみ算定)
書面作成 ■離婚協議書作成
8万2,500円~

■公正証書作成
11万円~(公証役場への同行含む。)
子供に関する事件(監護者指定+子の引渡し) 着手金 44万円~
報酬金 44万円~
養育費請求 着手金27.5万円~
報酬金27.5万円~+経済的利益の11%(但し、2年分のみ算定)
備考欄 ・事案によって、上記と異なる料金体系とさせていただく場合がございます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【権利の確保】子供のために、親権、養育費などの権利の確保をしたいという相談

  • 養育費
  • 親権
  • モラハラ
依頼主 40代 女性

相談前

夫の暴言(モラハラ)がひどく、精神的に大変傷ついてカウンセリングに通う生活になりました。

最近は私だけでなく、子ども(小学生)や、私の母の前でも暴言を吐いています。
子どものためにもこれ以上夫と同居できないので、家を出て、離婚したいと考えています。

離婚してくれるのであれば多くは望みませんが、子どもの親権と、養育費の請求だけは譲れないです。
相談した結果、婚姻費用分担調停と夫婦関係調整調停を申し立てることにしました。

相談後

調停では親権や面会交流で対立し、モラハラ夫からの精神的攻撃との戦いになりました。
子どもの権利を守るため、がんばっていただきました。

調停の早い段階で婚姻費用(月額26万円)を確保できたことで、ご依頼者様も安心して調停を進めることができました。

また、調停において夫の財産状況が明白になり、こちらは財産分与についても主張ができました。
結果として親権、養育費月額15万円のほか、900万円近い財産分与を確保することに成功しました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

調停後、ご依頼者様から以下のような嬉しいメールを頂戴しました(転載につきご了承済み)ので、ご紹介します。

『先生の支えで、この不安な期間を過ごせ助けていただいたこと、私にとっては幸運な出逢いに感謝しております。
冷静に分析し、フォローし、丁寧に説明してくださり、不安を解消いただいたこと、一生忘れません。ありがとうございました。
離婚が成立し、長い間、わずらっていた精神的な負担が軽くなりました。』

お子様の親権や養育費という結果のみでなく、精神的に参っていたご依頼者様が少しずつ元気になられる姿を見て、ともに頑張ろうと思えた事件でした。

離婚・男女問題の解決事例 2

暴力を振るう夫との離婚と、暴力を原因とする後遺障害に対する賠償についての相談

  • 慰謝料
  • DV・暴力
依頼主 女性

相談前

夫と喧嘩が絶えず、しばしば暴力を受けていました。
あるとき暴力のせいで骨折して後遺障害が残りました。
離婚と、正当な賠償を希望し、弁護士に依頼しました。

相談後

初回相談時は暴力での怪我で通院を続けている最中でした。
治療が終了しなければ、傷害・後遺障害の損害額は決まりません。
少なくとも症状固定までの数ヶ月間は、傷害・後遺障害を含めた全体的解決はできない見込みでした。
もっとも、相談者はすでに夫と別居・破綻し、早期の離婚を希望していました。
そのため、離婚調停を申し立て、先行して離婚についての話し合いをしました。
結果として、離婚調停を申し立ててから3ヶ月ほどで離婚を成立させることができました。
離婚交渉・調停と、並行して通院をしている中、後遺障害が残る可能性が高いことが判明しました。
相談者の治療を担当していた複数の医師にアポイントを取り、後遺障害が残る理由や根拠となるレントゲン画像を示してもらい、相手や裁判所に提出しました。
この活動により、相手は後遺障害が残ることを認識し、後遺障害を前提とした賠償をすることに納得してもらいました。
離婚調停成立から、さらに3ヶ月ほどで怪我に関する高額な賠償額を合意することができ、初回相談から8ヶ月ほどで紛争を解決しました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

通常はDVによる離婚であっても、慰謝料額はさほど高額とはならないことが多く、月日が経っても治ることのない怪我を抱えた場合には、不十分な額であると思われました。
問題は後遺障害を抱えているかをどのように相手に証明するかでした。
弁護士が介入することにより、早期の離婚と慰謝料の金額面での解決を図ることができた事案だと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

夫の不貞を理由とする離婚と、慰謝料請求、親権や養育費等についての相談

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 女性

相談前

夫の不貞により離婚を希望されている妻からの相談です。
学齢期のお子様が数名居り、お子様名義の学資用の積立預金や、学資保険がご夫婦の財産額の大部分を占めていました。
相談者の希望は、以下のようなものでした。
① 離婚をしたい
② 不貞慰謝料を請求したい
③ 正当な財産分与を請求したい
④ 親権・監護権を取りたい、養育費を請求したい
⑤ お子様名義の預金や学資保険の管理をしたい

相談後

交渉では、養育費の額や、お子様のために貯めた財産の分け方(管理)が問題となりました。
原則として、結婚後の蓄財は、お互い2分の1ずつになるように分け合うのが財産分与の方法であり、お子様のための蓄財であっても同じです。
しかし、本件ではお子様の学資名目の資金・保険がかなり存在したため、通常の財産分与の清算をすると、妻側がお子様名義の預金や保険を管理する代わりに夫側に相当な額の精算金を支払わなければならなくなり、妻側の経済的負担が大きくなってしまいます。
本件においても、夫側からはお子様のための蓄財も通常の財産分与の方法として清算を求められました。
交渉においては、あくまで夫側の不貞・有責による離婚であることを強調し、ある程度の長期戦となることを覚悟して粘り強くやり取りをしていきました。
書面での交渉から離婚調停に移る中、最終的には、夫側は、妻側の主張する財産分与の水準を一部認めました。
具体的には、妻がお子様のための財産を全て管理すること、妻と子どもたちの住む自宅を夫が妻に譲渡すること、妻から夫への精算金の支払は行わないというものでした。
通常の夫婦均等の財産分与額や不貞による慰謝料額の水準を考えても大幅に有利な経済的条件で離婚をすることができました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

離婚では親権の他、財産分与などの金銭条件が問題となります。個別の事情に応じて有利に交渉を進めることができた事案でした。

離婚・男女問題の解決事例 4

未婚で子供を出産し、今後子供の父親である男性との関わり合いを持ちたくない方の養育費の請求についての相談

  • 養育費
依頼主 女性

相談前

交際中の男性との間に子どもができ、その男性とは別れることになりました。
子どもを出産する予定です。
男性に対しては養育費の支払を求めたいですが、できれば今後関わりを持つことは避けたいです。

相談後

養育費は、お互いの収入額を元に裁判所で用いられる計算式によって算定します。
また、養育費は原則として、月々の定額で支払われるもので、例えば、20歳になるまでの養育費を一括で払うということは、互いの特別の合意がない限り、相手に強制はできません。
本件では、現在、男性に定職がないというマイナスの側面があったので、相談者としては、まとまった養育費を一括でもらい、すっきり清算をしたいという思いがありました。
相談者に対しては、上記の原則論からすると、その要望に全て応えることは難しい可能性があるとお伝えした上、相談者の要望に沿った方針で、交渉をスタートさせました。
数ヶ月交渉を開始した後、男性側も今後の裁判沙汰を避けたい思いから、養育費の一括払いに応じる意向を明らかにし、相談者が納得する金額で合意・支払がされました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

養育費の額が互いの合意に至らない場合には、裁判所の調停・審判で決定されます。
本件は、弁護士による交渉段階において、依頼者の意向に叶うよりよい解決ができた事案でした。

離婚・男女問題の解決事例 5

暴力や暴言のある夫と別居・離婚をしたいとの相談

  • 財産分与
  • 親権
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 女性

相談前

結婚して10年以上になり、未成年の子どもも2人います。
夫の暴力や暴言におびえる毎日を過ごしてきましたが、限界です。別居・離婚がしたいですが、逆らうと逆上する夫なので、どうしていいか分かりません。

相談後

相談者は、過去にもDVを受けていたため、夫におびえる気持ちがありました。
また、離婚の交渉を始めるにあたり、夫が逆上することが想定でき、相談者やお子様の心情や身の安全に配慮する必要がありました。
そのため、相談者には、夫に内密に別居の準備を進めるようアドバイスをし、別居を開始する当日に、弁護士から夫に手紙を送ると共に、家庭裁判所に対して調停申立をするという対応をしました。
妻側に代理人が入り、裁判所で話し合いを行うとしたことで、離婚の話し合い(親権の取得・財産分与等の金銭的解決)は比較的スムーズに進み、調停申立後半年程度で、お互いに納得のいく条件で離婚をすることができました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

弁護士が間に入ることで、依頼者の安全や精神的不安を大幅に減らし、離婚を実現できた事案でした。

遺産相続

分野を変更する
[川口駅3分][即日/土日相談可能][法テラス援助利用可能]「相続争い」の解決だけではなく、争いを防止する「円満相続」のお手伝いも致します。財産を遺す方だけでなく、相続を受ける方の相談実績も多くあります。遺言書の作成/相続争い/遺産の整理などお任せください。
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◇事務所の紹介についてはこちらのページもご覧下さい◇
https://office.bengo4.com/saitama/a_11203/o_34875/

~下記のようなお悩みをお持ちのかたは、まずはご相談下さい~

〇故人に遺産がどれだけあるのかわからない、手掛かりもない
〇どうも親族が遺産を使い込んだようだ
〇ほとんどあったことがない親族がいる
〇相続手続きが難しくて、よくわからない
〇故人にはどうも借金があったようで、相続放棄をしたい
〇親族が認知症になり、今後の相続手続きが不安だ

◇当事務所の強み◇
1.豊富な経験と緻密な戦略
 当事務所では、年間百件を超える相続問題のご相談をいただいております。
 当事務所の所属弁護士は、困難事件や、事案の解決に工夫が必要な事件については、常に情報の共有を行っております。また、ご遺産に関する手続きでは、金融機関や、証券会社に対する証拠収集のノウハウも必要であり、こうした情報の蓄積もございます。
 当事務所では、こうしたノウハウを踏まえ、ご遺産の全体像や流れについて、確実な調査をさせていただきます。

2.的確なサポートと安心の料金
 初回のご相談は無料で対応させていただきますので、安心してご来所下さい。
 遺産相続は、個人の方からいただく相談の中でも、法律の定めが複雑で難しい分野になります。当事務所では、ご依頼事件の進行にあたっては、難しい法律用語を極力使わずに、ご依頼者様にきちんと理解していただけるような、丁寧なご説明を心がけております。法的手続きを取ることのみならず、今後の生活設計や、家計の見直しなどについても、きめ細かにお話をお伺いし、アドバイスを差し上げております。
 ご不安に思われるご費用についても、ご契約前には必ず弁護士費用を明確にお示し致しますので、お気軽にご相談下さい。

3.弁護士にご依頼いただくメリット
 ご相続の問題は、感情的な対立に巻き込まれることも多く、ご依頼者様にとって、ストレスがたまることの多い事件です。
 弁護士にご依頼いただければ、相続人間のやり取りをお任せいただくことができますので、こうしたストレスから解放されることになります。
 また、粘り強い交渉力で、対立点を一つ一つ解きほぐしていき、ご納得のいく分割案の取得を目指します。

4.便利な好立地
 川口事務所・守谷事務所とも、駅から歩いてすぐの好立地にございます。
 また、守谷事務所では、お客様用の無料駐車場も完備しております。
 ご依頼後は、ご依頼者様のご都合にあわせて、メール・郵送・お電話でのやり取りも活用しておりますので、ご安心下さい。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 相談料初回1時間無料です。
2回目以降30分5,500円
遺産分割協議(調停) 着手金
 55万円~
報酬金
 経済的利益の額が
 300万円以下の部分          17.6%
 300万円を超え3,000万円以下の部分 11%
 3,000万円を超え3億円以下の部分    6.6%
 3億円を超える部分          4.4%
遺言書作成 自筆証書遺言作成 11万円~
公正証書遺言作成 16.5万円~
遺言執行 経済的利益の額が
300万円以下の部分         33万円
300万円を超え3,000万円以下の部分 経済的利益の2.2%
3,000万円を超え3億円以下の部分   1.1%
3億円を超える部分          0.55%
遺言書の検認 11万円~
遺留分減殺請求 着手金
 55万円~
報酬金
 経済的利益の額が
 300万円以下の部分          17.6%
 300万円を超え3,000万円以下の部分 11%
 3,000万円を超え3億円以下の部分    6.6%
 3億円を超える部分          4.4%
相続放棄 相続人1人あたり 11万円~
備考 ・事案によって、上記と異なる料金体系とさせていただく場合がございます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

被相続人の死後しばらくしてから遺言が見つかり、また相続人のうちの一人による不明な出金があった場合において、他の相続人が正当な遺産分割を求めることについての相談

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

相談前

子の居ない叔母夫婦が高齢により相次いでなくなり、相談者を含めた複数の甥姪が順次相続により遺産を相続する権利を得ました。
ところが、叔母夫婦の死後しばらくしてから、相続人の内の一名であるA氏が被相続人の大部分の財産を取得する旨の遺言があることがわかりました。
また、被相続人の一部の銀行口座から、被相続人の死後に不明な出金があり、A氏が関与を認めました。
残りの相続人は納得が行かず、正当な遺産分割を求めて相談に来ました。

相談後

本件では主な遺産は自宅土地であり、その土地をA氏が取得する旨の遺言書がありました。
A氏以外の相続人らには一定の割合での遺留分侵害額請求権があります。
また、銀行口座からすでに出金された現金を含め、未分割の遺産については法定された相続分があります。
A氏に代理人としてコンタクトを取ったところ、A氏も依頼人らと遺産分割協議をやり直すことに前向きになり、土地を売却し換金した上、相続人間で配分する方法をとることで合意ができました。
土地を換金するには一定の期間を要するため、実際には、当事者全員で遺産分割協議書を作成し、当事者が納得する割合で自宅土地の共有割合を定め、売却金額は共有割合で分ける内容としました。
その上で、共有登記を先行する形で、依頼人らの希望を実現しました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

依頼者が自分で交渉をしていたころは、数年間事態が進まなかったとのことでしたが、代理人として交渉を初めてからは、相手方にも迅速に対応をいただき、3ヶ月程度で内容の合意に至ることができました。
交渉が進んでいく過程で、依頼人からは数年来の膠着状態と打って変わってスムーズに事が進んでいくことに驚いたとの言葉をいただき、解決時にはとてもすっきりしたと言っていらっしゃったのが印象的でした。

交通事故

分野を変更する
[川口駅3分][初回相談60分無料][夜間/即日/土日相談可][法テラス援助利用可][損害賠償請求(示談交渉・訴訟)]
その保険金額で本当に納得できていますか?
適正な賠償を受けるためにも、専門家である弁護士にぜひ一度ご相談いただければと思います。
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◇事務所の紹介についてはこちらのページもご覧ください◇
https://office.bengo4.com/saitama/a_11203/o_34875/

◇当法人の交通事故サイトはこちら◇
https://kotsujico-midorilaw.com/

~下記のようなお悩みをお持ちのかたは、まずご相談ください~

〇保険会社から示談金の提示がきたが、適正な賠償額かどうかわからない。
〇保険会社から治療は終了(症状固定)と言われたが、もう通院できないのか。
〇適正な過失割合がわからない。
〇自営業者の休業損害は1日5700円以上払えないと言われた。
〇専業主婦には休業損害は払えないと言われた。
〇保険会社の担当者の態度が悪い。
〇重度後遺症害が残ったが、将来の介護・施設費用等は払えないと言われた。

【重点取扱案件】
〇示談交渉
〇後遺障害等級認定
〇自賠責保険金の請求
〇交通事故裁判

◇当事務所の強み◇
1 豊富な実績と充実した環境
適正な賠償金を得るためには、事前の準備が不可欠です。当事務所は、交通事故事件の取り扱いが極めて多く、軽微な物損事故から重度後遺障害、死亡事故等の重大案件に至るまで、多くの経験が蓄積されています。
ご依頼者様の症状等に応じて、的確な準備を行い、適正な賠償金を得られるよう尽力します。

2 的確なサポートと安心の料金
≪まずは無料で相談、診断≫
交通事故の賠償額は、弁護士に仕事を依頼することで、大幅に増額するケースが多くあります。
まずは、あなたの賠償額が適切かどうかを無料で診断致します。
相談は、来所いただく場合、電話でご相談いただく場合、共に無料です。

≪弁護士費用特約について≫
最近の自動車保険には、弁護士費用特約が付帯されているものが増えています。
弁護士特約がなされている場合、これを利用することで、お客様にご負担いただく費用はなくなります。
※例外的に、保険会社の規定により、弁護士報酬が300万円を超える事件の場合など、費用が発生するケースがあります。

3 便利な好立地
川口事務所、守谷事務所とも、駅から歩いてすぐの好立地にございます。
また、守谷事務所では、お客様用の無料駐車場も完備しております。
ご依頼後は、ご依頼者様の都合にあわせて、メール・郵送・お電話でのやり取りも活用し、ご依頼者様の負担をできる限り軽減するよう努めております。

平穏な日々を取り戻すため、ぜひお気軽にご相談ください。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分無料です。
着手金 《弁護士費用特約のない場合》
交渉事件に関しては原則として0円。

《弁護士費用特約のある場合》
当事務所基準によります。(保険会社に請求しますので、お客様からお支払いいただくものは原則としてありません。)
成功報酬 《弁護士費用特約のない場合》
22万円+損害賠償額の11%

《弁護士費用特約のある場合》
当事務所基準による。(保険会社に請求しますので、お客様からお支払いいただくものは原則としてありません。)
備考 例外的に、弁護士費用特約がある場合でも、保険会社の規定により、弁護士費用が合計300万円を超える場合などには、300万円を超える部分の報酬金をいただく場合があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(2件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

自動車の追突事故について、後遺障害等級の認定と、賠償額についての相談

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償

相談前

自動車での追突事故によりむち打ち症となり、1年程通院しましたが、痛みや手足のしびれがよくなりません。
相手の自動車保険会社を通じて後遺障害等級の事前認定をしましたが、非該当となりました。
納得ができず、弁護士に依頼をしました。

相談後

後遺障害等級の認定のために被害者請求を行いました。
請求にあたっては、医療情報を精査し、後遺障害等級の認定にプラスとなる情報を整理し直しました。
被害者請求では後遺障害等級14級の認定が下り、これを前提とした損害賠償額は、非該当の場合と比べて200万円ほど増額となりました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

交通事故による後遺障害で、元の生活や仕事に少なくない支障が出る場合があります。
専門家により情報を整理することで後遺障害を前提とした賠償額を得られる場合があるので、一度相談をお勧めします。

交通事故の解決事例 2

バイクの事故について、後遺障害等級に関する異議申立の要否と、賠償額についての相談

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 20代

相談前

バイクでの事故で左大腿骨を骨折し、後遺障害等級12級相当の関節障害が残りました。
疼痛が残り、仕事や収入にも影響が出ていましたが、相手方保険会社の提案は、既払の休業損害を含め400万円程度の賠償額であり、金額に納得ができないとのことでした。
また、後遺障害等級に関しても、足の短縮があると医師に指摘されたとのことから、10級相当を目指して異議申立をすべきかと悩まれていました。

相談後

まず、後遺障害等級を争い10級の獲得を目指すべきか検討しました。
病院から医療記録を取り寄せ、事故以降の治療状況を把握し、主治医と面談を行い、画像から足の短縮があると医学的に証明ができるか否かに関して見立てを行いました。
結果として、主治医が足の短縮の根拠となる画像上の所見を否定したため、依頼者は異議申立を断念しました。
その後、後遺障害等級12級相当を前提に、相手の保険会社と交渉をしました。
特に、慰謝料や20代という若年者の後遺障害逸失利益につき、事前提案では極めて低額に提案されていたところ、裁判例の水準に沿った金額で交渉を続けました。
最終的には、通院慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益につき増額となり、保険会社による事前の提案からは600万円ほど高額な賠償額で解決をすることができました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

本件では、医学的な調査・検討を尽くした結果、後遺障害等級の異議申立を断念すべきとの判断に至りましたが、調査や医学的根拠を精査した上での判断でしたので、相談者に悔いが残ることも無かったように見受けられます。
交渉の結果、相談時点の見込みどおりの賠償額の上昇が実現できたので、満足の行く結果になった、依頼をしてよかったとのお言葉をいただきました。

借金・債務整理

分野を変更する
[川口駅3分][初回相談無料][即日/土日相談可能][法テラス援助利用可能]単に法的手続きを取ることのみならず、今後の生活設計や、家計の見直しなどについても、きめ細かにお話をお伺いし、アドバイスを行います。
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◇事務所の紹介についてはこちらのページもご覧下さい◇
https://office.bengo4.com/saitama/a_11203/o_34875/

~下記のようなお悩みをお持ちのかたは、まずはご相談下さい~

〇毎月の返済の負担を抑えたい
〇取立ての電話に対応するのがもういやだ
〇消費者金融から給料の差押えを受けてしまった
〇借金の整理をしたいけれど、マイホームは絶対に手放したくない
〇パチンコ・競馬による借金が多く、もうどうにもならない

◇当事務所の強み◇
1.豊富な経験と緻密な戦略
 当事務所では、年間数百件の債務整理のご相談をいただいております。
 当事務所の所属弁護士は、困難事件や、事案の解決に工夫が必要な事件については、常に情報の共有を行っております。また、自己破産や個人再生の手続きでは、裁判所ごとに細かな運用方針が異なります。こうした地域に根差したノウハウの蓄積もございます。
 当事務所では、こうしたノウハウを踏まえ、ご依頼者様お一人お一人の状況にあわせた最適な戦略をご提案させていただきます。

2.的確なサポートと安心の料金
 初回のご相談は無料で対応させていただきますので、安心してご来所下さい。
 当事務所では、単に法的手続きを取ることのみならず、今後の生活設計や、家計の見直しなどについても、きめ細かにお話をお伺いし、アドバイスを差し上げております。
 こうしたご相談の中から、お客様に無理のない範囲での分割プランをご提案することも可能です。
 ご契約前には必ず弁護士費用を明確にお示し致しますので、お気軽にご相談下さい。

3.便利な好立地
 川口事務所・守谷事務所とも、駅から歩いてすぐの好立地にございます。
 また、守谷事務所では、お客様用の無料駐車場も完備しております。
 ご依頼後は、ご依頼者様のご都合にあわせて、メール・郵送・お電話でのやり取りも活用しておりますので、ご安心下さい。
 

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分無料
着手金 任意整理手続   1社あたり4.4万円
自己破産申立て
  同時廃止事件の場合 33万円~
  管財事件の場合   44万円~
小規模個人再生   55万円~
破産(法人)    55万円~
民事再生(法人)  応相談
過払金返還請求  返還金額の22パーセント
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(5件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

借入が膨らみ、給料の差押まで受けていたケース。スピード処理で差押から解放。

  • 自己破産

相談前

借入が膨らみ、返済が滞るようになり、サラ金業者から毎月の給料の差押を受けていた方からのご相談です。既に新たな借入もできず、給料の支給額も減っていたため、生活面で大変なご苦労をされていたため、ご相談となりました。

相談後

借入額が既に返済不能な額に達していたため、ご相談者様もご納得の上、自己破産手続を選択致しました。差押の事情があったため、早急に申立ての準備を進め、申立後すぐに給料の差押を解放する手続をご案内しました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

お給料の差押を受けたら完済までどうすることもできないと誤解されていたケースです。「もうどうしようもない」と思う場合でも、ご相談いただければ、このケースのように意外な解決策が見つかることもあります。

借金・債務整理の解決事例 2

夫に黙って消費者金融から借入を行い、自宅を差し押さえられた方の自己破産についての相談

  • 自己破産
依頼主 女性

相談前

相談者は専業主婦であり、家計が回らないことから夫に黙って消費者金融で借り入れを行い、長年に渡って借り入れと返済を繰り返してきました。
しかし、だんだんと返済ができなくなり、ついに金融機関に自宅を差押えられました。

相談後

ご家族構成や借金をしたいきさつを十分聴取し、残念ながらご自宅は手放さざるを得ませんでしたが、ご家族の協力も得て、無事自己破産をすることができました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

借入金の返済によって、生活が回らずに苦しい思いをされている方のご相談は、当事務所でも多くお取り扱いがあります。
状況に応じて、よりよい方法を提案することが可能ですので、お困りの方はご相談をお勧めします。

借金・債務整理の解決事例 3

浪費や高額な投資が原因で借金をした方の自己破産についての相談

  • 自己破産

相談前

投資を失敗している場合、自己破産はできますか?生活には困らない収入がありますが、年収が上がることを期待して、つい借金をして高額な買い物を続けてしまいました。
あてにしていた収入増がなく、借金の返済で日々の生活費にも困るようになり、負債に充てるためにFX投資もして、かなり大きな損失を出してしまいました。

相談後

自己破産を申し立てると、免責不許可事由の有無が問題となります。
浪費や高額な投資が原因のために借金をしたことは免責不許可事由となり、自己破産ができない可能性もあります。
本件では少なくない金額が、浪費や投資に流れてはいましたが、相談者において、相談者なりに節約をしながら家計を正常化する努力を数年来続けてきたこと、浪費や投資について真に反省し二度と繰り返さないことを約束していること、近年中の収入増を信じる理由があったことなどの事情を裁判所に説明することで、裁量免責により自己破産をすることができました。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

免責不許可事由がある方が、自己破産を求める場合には、まず、第一に破産に至る事情を詳細に裁判所に説明すること、二度と同じ過ちを繰り返さない意思や繰り返さないためにどのような工夫をするかを示すことが、必要となります。
また、自己破産ではなく民事再生など、実現可能性が高い他の手続を選択すべき場合もあります。
自己破産等を考える場合には、経験のある弁護士に一度ご相談下さい。

借金・債務整理の解決事例 4

自宅を手放したくない方の個人再生についての相談

  • 個人再生
依頼主 男性

相談前

家を手放さずに債務整理はできますか。
夫婦と子ども達で暮らす家の住宅ローン(残1200万円、月額弁済額7万円)を支払っています。
また、消費者金融に数百万円ほどの負債があり、弁済を続けています。
月々の弁済が厳しくなりました。
私は会社員で手取り30万円ほど、妻はパートで10万円ほどの収入があります。

相談後

相談者の場合は、小規模個人再生の手段を採ることができました。
小規模個人再生とは、希望をすれば住宅ローンの支払だけを続けながら、消費者金融からの弁済総額・毎月弁済額を減額することができる裁判所での手続です。
手続を行うためには、法律で規定された要件を充たすことが必要となります。
要件を充たしているかについては、ある程度は法律相談で精査することができ、また、今後住宅ローンや圧縮した額の弁済を継続して行うことができる家計状況かどうかは、受任後、数ヶ月間、家計簿を作成してもらいテストを行うことも多いです。
無事、小規模個人再生の要件を充たすと判断できた場合には、裁判所に個人再生申立を行い、数ヶ月の後、手続は終了となり、新たな弁済計画の下、各債権者に弁済を続けていただきます。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

自宅を守りながら債務整理をしたい方の相談も取り扱い例が多数ございますので、一度ご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 5

住宅ローンについて共同名義人になったことにより、金融機関から多額の支払いを求められた方の自己破産についての相談

  • 自己破産

相談前

娘夫婦と二世帯で住んでおり、娘の夫と共に住宅ローンの名義人になっていました。
その後、娘の夫は、事情で家を出ることとなりました。
住宅ローンはその夫が払い続ける約束でした。
しかし、ある日、銀行からローンの支払が滞っていることと、ローンの支払を求める連絡がありました。
私はすでに仕事をリタイアしており、ローンを払うことはできません。

相談後

自己破産の方針となり、無事、免責許可となりました。
住宅ローンの担保となっていた自宅は失うこととなりましたが、相談者は家族と賃貸住宅に転居をし、収入内で安定した生活を送っています。

石川 智美弁護士からのコメント

石川 智美弁護士

連帯保証や負債の相続などで、突然、金融機関から多額の債務の支払を求められる場合があります。
お困りの場合には、一度ご相談ください。

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
[川口駅3分][即日相談可能]地元密着型の弁護士として地域の中小企業様のご相談を受けています。SOHO、小規模事業者様向けの低額なプランもご用意しております。法務担当者のいない規模の会社もトラブル防止のためにも顧問弁護士の活用をご検討ください。
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所
弁護士法人 翠 川口事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

契約書の作成・審査/債権回収/不動産明渡し/事業再生など地元密着型の弁護士として、地域の中小企業様のご相談を受けています。

地域の中小企業様には、しっかりした法的バックアップが必要です。
顧問弁護士とは医療保険のようなものです。
中小企業経営者様を襲うリスクは、病気やケガによる入院だけではありません。

◇売掛金が回収できない
◇パワハラを指摘されてしまった
◇販売した商品の欠陥を指摘されてしまった

こうしたリスクから経営者様を守るのが顧問弁護士の仕事です。

SOHO、小規模事業者様向けの定額なプランもご用意しております。
法務担当者のいない規模の会社だからこそ、顧問弁護士の活用をご検討ください。

■SOHO、小規模事業者様向けの低額なプラン
顧問料 月額1万円~

■ご希望があれば、メールでのやり取りを積極的に取り入れ、法律事務所に来ていただくご負担を減らすことも可能です。

■土日祝日の相談、即日の相談も可能です。

■アクセス
川口駅から徒歩3分。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分無料
2回目以降、30分5,500円(税込)
※ただし、顧問ご契約いただいた方は初月顧問料に充当いたします。
顧問料 顧問契約 月額1.1万円~
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人 翠 川口事務所
所在地
〒332-0012
埼玉県 川口市本町4-1-8 川口センタービル6階
最寄り駅
JR「川口駅」東口から徒歩約3分
埼玉高速鉄道線「川口元郷駅」1番出口から徒歩約15分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
  • 土日祝10:00 - 19:00
定休日
なし
備考
電話受付時間は10:00〜19:00となります。

※受付時間外の面談予約やお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡下さい。後程、お電話又はメールにてご連絡をさせて頂きます。
対応地域

関東

  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5887-4493

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

弁護士法人 翠 川口事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-4493

※弁護士法人 翠 川口事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
  • 土日祝10:00 - 19:00
定休日
なし
備考
電話受付時間は10:00〜19:00となります。

※受付時間外の面談予約やお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡下さい。後程、お電話又はメールにてご連絡をさせて頂きます。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談