現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
中山 善太郎弁護士

( なかやま ぜんたろう ) 中山 善太郎

みなと綜合法律事務所

現在営業中 09:30 - 20:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【休日・夜間相談可】ご依頼者様の新たな人生のスタートをお手伝いいたします。お一人で悩まず、まずはご相談ください。
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所

みなとみらい線「日本大通り」駅2番出口より徒歩1分です。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

永遠の愛を誓って結婚した二人であっても、様々な事情からお互いに別の道を歩く方がよいこともあります。離婚の話し合いはとても心が疲れるものです。それなのに子どもの親権や養育費、財産の分け方など決めなければならないことは沢山あります。相手が離婚に応じようとしない場合には、話し合いはさらに困難になります。
このようなときに夫婦二人での話し合いでは、先に進まないこともあります。

ご依頼いただく場合には、依頼者様が新しい人生を歩み始めるために早くかつ最善の解決を目指して活動します。
相手から離婚を求められているが離婚を望まない方もご相談ください。その方の置かれた環境において最も良い解決案を提案いたします。

【書籍も執筆!的確なサポート!】
13年一貫して離婚問題を扱っており、事案ごとのポイント把握しております。また、毎月数件以上の相談を承っており、事案ごとの見通しを的確に説明します。
難しい内容だからと諦めず、まずはご相談ください。
さらに、上記の経験を活かし、「離婚に関する法律問題」(法学書院)を共著にて執筆しております。

【よくあるご相談】
・妻が子どもを連れて別居したため子どもに会えない。
・夫が不倫相手にお金を使って家に生活費を入れてくれない。
・妻が自宅の売却に反対している。

【費用のご案内】
◎相談料は30分5000円です。
 まずはお気軽にお電話ください。

◎その他の費用
着手金・報酬金はご依頼者様の経済状況にあわせて相談に応じます。

【アクセス】
みなとみらい線「日本大通り駅」2番出口より徒歩2分
JR京浜東北線「関内駅」南口より徒歩8分
市営地下鉄「関内駅」1番出口より徒歩6分

【ホームページ】
http://law-nakayama.com/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円です。(税別)
着手金 30万円〜(税別)
報酬金 40万円〜(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

交渉によって協議離婚を成立させた事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求
依頼主 30代 女性

相談前

相談者は、夫が普段から相談者に対して親切心に欠け、自己中心的であることから、夫との夫婦関係に限界を感じ、別居を開始したという状況でした。
また、相談者と夫との間には未就学の子がおり、相談者はその子を連れて家を出ており、その子の親権、養育費が問題となる事案でした。

相談後

委任を受けたのち、夫に連絡し、離婚を申し入れました。夫は当初離婚を拒否しておりましたが、妻が離婚を本気で考えていることが分かってからは、離婚をやむを得ないものとして受け入れ、子の親権や養育費、財産分与を協議することとなりました。
結果としては、話し合いによって3か月程度のうちに、子の親権、面会交流、養育費、財産分与などの諸事項が合意に至り、協議による離婚が成立しました。

中山 善太郎弁護士からのコメント

中山 善太郎弁護士

離婚案件においては、相手方が離婚を受け入れているかどうかが大きなポイントになります。相手方が離婚を受け入れていれば、話し合いにより協議離婚が成立する可能性が高くなります。
その場合、裁判になった場合に見込まれる結論を踏まえて、離婚条件を協議することが重要です。養育費の額については、裁判所が公表している簡易な算定表がありますが、相手方が当方の主張する養育費の額に難色を示す場合には、算定表の基礎となる算定式によって正確な額を算出し、裁判になった場合に見込まれる額と比較して、協議によって解決するか裁判所に判断を求めるかを決めます。

離婚・男女問題の解決事例 2

裁判手続きで面会交流を実現した事例

  • 別居
  • 面会交流
依頼主 40代 男性

相談前

相談者には妻との間に二人の子がいましたが、妻がある日突然子を二人とも連れて家を出ていき、その後、妻の代理人である弁護士から離婚を求める旨の通知が届き、離婚調停を起こされたという状況でした。

相談後

妻が離婚を求める理由は夫に対する愛情を喪失したというものであり、夫にとっては納得のいかないものでした。そこで、当初は離婚を拒否し、合わせて子との面談を求めました。妻は子との面会を拒否するという状況で、調停は成立せず裁判となりました。当初は離婚を拒否していた夫でしたが、妻から離婚裁判を起こされたことから、夫も妻に対する愛情を喪失し、離婚に応ずることとして、子との面会を求めることと財産分与に争点は移りました。
妻は夫と子の面会に非協力的でしたが、裁判所外で弁護士立ち合いの下試験的に面会を行って実績を作り、最終的に面会交流を定期的に行うことの合意を得ました。

中山 善太郎弁護士からのコメント

中山 善太郎弁護士

妻が子を連れて家を出て行った事案では、妻が子を夫に会わせることに非協力的であったり否定的な態度を示す場合があります。そのような事例では、調停や裁判において離婚の重要な条件として面会交流を求め、妻の合意が得られなければ、裁判所に面会交流を認めてもらいます。
妻からは、夫が子に対して暴力的である、子が夫に懐いていないなどと面会に否定的な意見がでることが多くありますが、夫が子を遊園地に連れて行った、公園で一緒に遊んだなどといった具体的なエピソードを主張し、従前から夫と子の関係が良好であるとして裁判所を説得します。

不動産・建築

分野を変更する
建物明け渡し/賃料未払い/不動産・建築問題でお悩みの不動産会社様・管理会社様を全力でサポートいたします。まずはご相談ください。
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所

みなとみらい線「日本大通り」駅2番出口より徒歩1分です。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

賃料の支払いがなく、連絡をしても繋がらないという賃貸物件をお持ちの方はお気軽にご相談ください。
賃料不払いは主に経済的な事情が理由であり、支払を待っていることで滞納が解消することは多くありません。滞納が1年近く続いて初めて明渡を求めるケースが多いですが、その間の賃料は多くの場合回収されないままとなります。

状況によって、訴訟・強制執行等の手続きをとり、不動産会社様・管理会社様をサポートいたします。

【不動産・建築問題はお任せください!】
13年一貫して不動産・建築問題を扱っており、事案ごとのポイント把握しております。難しい内容だからと諦めず、まずはご相談ください。

【よくあるご相談】
・賃料を払ってくれない賃借人がいて困っている。
・賃借人に早くアパートを明け渡して欲しい。
・マンション更新時の契約書をチェックして欲しい。

【費用のご案内】
◎相談料は30分5000円です。
 まずはお気軽にお電話ください。

◎その他の費用
着手金・報酬金はご依頼者様の経済状況にあわせて相談に応じます。

【重点取扱い案件】
賃料不払い、建物明渡請求、不動産事項取得、賃貸借契約の更新

【アクセス】
みなとみらい線「日本大通り駅」2番出口より徒歩2分
JR京浜東北線「関内駅」南口より徒歩8分
市営地下鉄「関内駅」1番出口より徒歩6分

【ホームページ】
http://law-nakayama.com/

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円です。(税別)
着手金 20万円〜(税別)
報酬金 20万円〜(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

不動産業者からの依頼で賃料を1年以上滞納しているアパートの賃借人に立ち退きを求めた事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 男性

相談前

賃料を1年以上滞納しているアパートの賃借人に立ち退きを求めたいが、賃借人と連絡が付かず、立ち退きを求める方法も分からないという相談でした。

相談後

家主から委任を受け賃借人に内容証明にて滞納賃料の支払いと立ち退きを求めました。賃借人は内容証明を受け取った後もお金がないため支払えないというばかりで立ち退きに応じないため、立ち退きを求めて裁判所に訴訟提起し判決を得たうえで、強制執行により立ち退きを実現しました。

中山 善太郎弁護士からのコメント

中山 善太郎弁護士

賃料を支払わない賃借人は失職して収入がない人が多く、そのような賃借人は引っ越しする費用も自身では出せないため、結果として立ち退きに応じないこととなります。そのような事案では、裁判所の判決を得たうえで、強制執行により明渡を実現するのが最も早く確実な方法であるといえます。

不動産・建築の解決事例 2

土地の時効取得を裁判によって実現した事例

依頼主 50代 女性

相談前

相談者は、20年以上前に土地を購入しましたが、所有権登記を移転する前に売主が海外に移住したまま音信不通となったため、所有権登記を移転することができないままとなっていました。
その後、相談者は土地を売却することとなりましたが、その段階になって、不動産業者が土地の名義を確認したところ、相談者自身に所有権登記が移転されていないため売却できないことが分かりました。

相談後

売主は海外に移住し、現在の所在は不明であることから、売主に所有権登記の移転を求めることができない事案でしたが、相談者は購入後土地の上に自宅を建て、これによって20年以上の間土地を占有している事案でしたので、所有権の時効取得を求めて裁判所に訴訟を提起し、判決を得たうえで、所有権登記を移転しました。

中山 善太郎弁護士からのコメント

中山 善太郎弁護士

土地の時効取得においてポイントとなるのは、その土地を自分の所有物として占有していることと、10年または20年の間その土地を占有してるという事実です。
自分の所有物として占有を開始する原因としては、多くの場合、その土地を購入したという事実があり、そのことを主張します。占有の事実は客観的に認められる必要があり、土地上に自身の名義の建物を建てていることや柵や塀で囲っているなどの事実によって占有を主張することになります。

交通事故

分野を変更する
【当日・休日・夜間相談可】事件の見通しを明確に示して、できる限りご要望にそえるように事件を処理いたします。
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所

みなとみらい線「日本大通り」駅2番出口より徒歩1分です。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

交通事故の被害に遭われた方が直面する問題としては、事故の相手が過失や責任を認めない、相手の保険会社が対応してくれない、治療後も体に痛みが残ってしまったがどうすればよいか、相手の保険会社から提案された賠償額が妥当なのか、まだ通院したいが治療費を打ち切られてしまった、など様々です。
これらの問題に明確な回答と最良の解決策をご提案いたします。
交通事故被害の解決方法は、保険会社との交渉のほかに、自賠責保険への請求、調停・訴訟などの裁判手続きなどがあり、それらの中から最も適切な方法を選択し、早く確実な解決を目指します。

【特殊な案件もお任せください!】
13年一貫して交通事故事件を扱っており、事案ごとのポイント把握しております。また、医療訴訟の経験もあり、高次脳機能障害の事案など、特殊な案件も対応できます。
難しい内容だからと諦めず、まずはご相談ください。

【よくあるご相談】
・後遺症が残ってしまい、後遺障害の認定申請をしたい。
・保険会社の示談提示が妥当なのか知りたい。

【費用のご案内】
◎相談料30分5000円
まずはお気軽にお電話ください。

◎その他の費用
ご自身やご家族の自動車保険の弁護士費用特約を利用できる場合は、日弁連の旧報酬基準に準じた額とします。

【アクセス】
みなとみらい線「日本大通り駅」2番出口より徒歩2分
JR京浜東北線「関内駅」南口より徒歩8分
市営地下鉄「関内駅」1番出口より徒歩6分

【ホームページ】
http://law-nakayama.com/

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円です。(税別)
着手金 20万円(税別)
ただし、弁護士費用特約を利用される場合には保険会社の報酬基準によります。
報酬金 経済的利益が300万円以下の場合:経済的利益の15%
経済的利益が300万円を超える場合:15万円+経済的利益の10%

※経済的利益とは、相手保険会社の事前提示額と回収金額との差額をいいます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(1件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

個人事業主の方の休業損害の賠償を得ました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

本件の相談者は個人で働くサービス業の方でした。事故後の数か月間は思うように仕事が出来ず、売上が上がらないという状況でしたが、そのことを立証することができず、相手保険会社から休業損害の認定を受けることができておりませんでした。

相談後

相談を受け、その方の事故後と事故前年の同月の売上と経費の変動を詳細に検討し、事故後の収入の減少を証明し、休業損害の支払いを受けることができました。

中山 善太郎弁護士からのコメント

中山 善太郎弁護士

事故による怪我のために仕事を休むことになった場合、仕事を休んだ期間の収入の減少について賠償を受けることができます。
会社員の場合、給料の減額は会社が証明してくれますが、個人事業主の場合、収入の減少を証明するためには、事故前の収入額と事故後の収入額を立証することから始めなければなりません。入院していて完全に休業している場合には、その間の収入がないことは明らかですが、痛みを押して仕事に出たが、思うように働けず売上が上がらないという場合もあります。
その場合の収入の減額を立証することは一般には困難ですが、弁護士に依頼することで解決できる場合があります。

遺産相続

分野を変更する
【日本大通り駅から徒歩2分】相続問題は時間が経つほど複雑になりやすい問題です。問題が長期化する前にまずはご相談を。
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所

みなとみらい線「日本大通り」駅2番出口より徒歩1分です。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

ご家族がお亡くなりになったが遺言がないためどのような財産があるか分からない、残された財産の分け方について兄弟間で話し合いが付かない、兄弟の一人が遺産を勝手に使い込んでいることが判明したなどのお悩みがある方はご相談ください。
また、遺言で他の方に財産を残された場合でも、ご自身の相続分を主張できる場合があります。

多額の借金があるご家族がお亡くなりになり、債務の相続を放棄したい方はご相談ください。相続の放棄は原則としてお亡くなりになった日から3か月以内に行う必要がありますので、早めのご相談をお勧めいたします。

【遺産相続問題まお任せください!】
13年一貫して遺産相続問題を扱っており、事案ごとのポイント把握しております。難しい内容だからと諦めず、まずはご相談ください。

【よくあるご相談】
・遺言書に全ての財産を兄弟に相続するとあるが、本当に自分には相続する財産がないのか。
・誰がどれだけ相続するか話がまとまらない。
・弟が母の預金を勝手に引き落として、使い込んでいた。

【費用のご案内】
◎相談料は30分5000円です。
 まずはお気軽にお電話ください。

◎その他の費用
着手金・報酬金はご依頼者様の経済状況にあわせて相談に応じます。

【重点取扱い案件】
遺留分減殺請求、遺産分割協議、親族による無断預金引き落とし

【アクセス】
みなとみらい線「日本大通り駅」2番出口より徒歩2分
JR京浜東北線「関内駅」南口より徒歩8分
市営地下鉄「関内駅」1番出口より徒歩6分

【ホームページ】
http://law-nakayama.com/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円です。(税別)
着手金 30万円〜(税別)
報酬金 得た金額のうち遺産の範囲及び評価に争いのない部分の3%+争いのある部分の10%(税抜)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺産分割】不動産を含む相続財産の分割を円滑に進めた事例

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

相談者の父が数年前に他界し、遺産として預金と不動産がありました。遺言はなく、推定相続人である相談者と兄とで遺産の分け方を協議する必要がありましたが、相談者と兄との兄弟仲が悪く、協議が進まないという状況でした。

相談後

相談者より委任を受け、兄に遺産分割の協議を申し入れました。不動産の価格に比較して預金額が少額であったことから、不動産を売却するか、兄弟のうちいずれかの名義にして他方が代償の支払いを得る方法をとる必要がある事案でした。しかし、兄がいずれの方法も拒否しており協議が進まないため、裁判所に遺産分割の審判を申し立て、不動産については競売によって売却し解決を得ました。

中山 善太郎弁護士からのコメント

中山 善太郎弁護士

遺産の中に不動産がある場合には、その処理にひと手間かかります。特に推定相続人の一人が不動産を利用していながら、代償を支払う資力がない場合には、売却するほかありませんが、不動産に居住している推定相続人は売却に協力しないことが多くあります。このような場合、裁判所に遺産分割の審判を申し立てたうえで、不動産を競売によって処分して解決します。

遺産相続の解決事例 2

【遺産相続】死亡退職金が依頼者の固有の権利として認められた事例

  • 遺産分割
依頼主 20代 男性

相談前

相談者の父に死亡退職金があり、その受給者として相談者が指定されていたことから受給者が死亡退職金を受け取りました。父の推定相続人は、相談者のほか数名の兄弟がいたことから、他の兄弟からは死亡退職金も遺産に含めて分割の対象とすべきとの意見が出されていました。

相談後

本件は被相続人である父の就労先の退職金規定において死亡退職金の受取人が明確に指定されており、かかる退職金規定に基づき相談者に死亡退職金が支払われた事案であったことから、他の相続人に対して死亡退職金は受給者固有の権利であると主張し、他の相続人から譲歩を得たうえで、和解によって解決しました。

中山 善太郎弁護士からのコメント

中山 善太郎弁護士

死亡退職金や生命保険金は相続人の一人がこれを受給すると、他の相続人に不公平感が生じ、これが争いの原因となることが多くあります。このような場合、かかる金員の受取人が指定されているかが遺産であるか受取人固有の権利であるかを判断する重要なポイントになります。

労働問題

分野を変更する
【日本大通り駅から徒歩2分】残業代の未払い・解雇トラブル等の労働問題でお悩みの方、泣き寝入りする必要はありません。適切な解決に向けてサポートいたします!
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所
みなと綜合法律事務所

みなとみらい線「日本大通り」駅2番出口より徒歩1分です。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

「残業代を支払ってもらえない」「特段の理由がないのに急に解雇された」など、近年労働問題による被害を受ける方が増えています。ご依頼者様が不利益を受けないよう、適切な解決を目指してサポートを行ってまいります。
泣き寝入りする必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。

【労働問題まお任せください!】
13年一貫して労働問題を扱っており、事案ごとのポイント把握しております。経験をいかした適切な解決方法をご提案いたします。

【よくあるご相談】
・残業代をずっと支払ってもらっていない。
・理不尽な理由で解雇された。
・急に異動を命じられた。/転勤を命じられた。

【費用のご案内】
◎相談料は30分5000円です。
 まずはお気軽にお電話ください。

◎その他の費用
着手金・報酬金はご依頼者様の経済状況にあわせて相談に応じます。

【重点取扱い案件】
残業代請求、解雇トラブル、配置転換

【アクセス】
みなとみらい線「日本大通り駅」2番出口より徒歩2分
JR京浜東北線「関内駅」南口より徒歩8分
市営地下鉄「関内駅」1番出口より徒歩6分

【ホームページ】
http://law-nakayama.com/

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円です。(税別)
着手金 10万円〜(税別)
報酬金 10万円〜(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

解雇の有効性を争い解決金の支払いを受けることで解決した事例

  • 不当解雇
依頼主 30代 男性

相談前

相談者はサービス業の従業員でしたが会社から特段の理由なく解雇を言い渡されました。また、相談者は法定労働時間を超えて働いておりましたが残業代の支払いもされていませんでした。

相談後

相談を受けたところ解雇の正当な理由がないと思われたことから受任し、解雇の有効性を争い、また残業代を請求した結果、会社から解決金の支払いを受けることで解決しました。訴訟や労働審判等の裁判手続きによることなく話し合いによって解決できた事案です。

中山 善太郎弁護士からのコメント

中山 善太郎弁護士

会社が労働者を解雇するためには解雇することが相当と認められるに足る事情が必要であり、そのような事情がなく解雇を言い渡された場合には解雇の有効性を争うことができます。また所定の労働時間を超えて労働している場合には残業代を合わせて請求することができます。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
みなと綜合法律事務所
所在地
〒231-0021
神奈川県 横浜市中区日本大通14 KN日本大通ビル4階
最寄り駅
日本大通り駅から徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土日祝09:30 - 20:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は9:30〜17:30です。「弁護士 中山 善太郎」とお伝えください。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 債権回収
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5220-0270

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 20:00

中山 善太郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5220-0270
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土日祝09:30 - 20:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は9:30〜17:30です。「弁護士 中山 善太郎」とお伝えください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談