弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2015年11月24日 18時36分

ろくでなし子・被告人質問 「自分の性器はわいせつではない」「無罪を確信している」

ろくでなし子・被告人質問 「自分の性器はわいせつではない」「無罪を確信している」
公判後、報告集会に臨むろくでなし子さん(中央)と弁護団

わいせつ物公然陳列罪などで起訴された芸術家・漫画家「ろくでなし子」こと五十嵐恵被告人の第7回公判が11月24日、東京地裁(田辺三保子裁判長)で開かれ、ろくでなし子さんの被告人質問がおこなわれた。

裁判の争点は、女性器をかたどった「デコまん」と呼ばれる作品や、女性器をスキャンしてつくった3Dプリンタ用のデータが、刑法の「わいせつ」にあたるかどうかという点。ろくでなし子さんは被告人質問で、「自分の無罪を確信している」、「作品はわいせつではない」と改めて無罪を訴えた。

●裁判長「女性器をかたどることの意義は?」

ろくでなし子さんは、風邪で体調を崩したそうで、裁判所からペットボトルの水とティッシュ箱を持ち込む許可を得て、被告人質問に臨んだ。

裁判長から「(絵や彫刻などではなく)自分の女性器をかたどることに意味があるのか」と問われると、「暗い、いやらしいといった女性器のイメージを覆して、明るい、ポップな印象を与えたかった。そのためには、絵のようなもので表現するだけでは伝わらないと思った」と述べた。

また、弁護団長の須見健矢弁護士から「最後に何か言いたいことは?」と問われると、次のように今回の裁判の意義を語った。

「(逮捕・起訴されたことについて)理不尽だと思うし、納得していない。だけど、裁判になったことで、これまでタブー視されたきた女性器や、表現規制の問題について考えるきっかけになった。その点は良かったと考えている」

その上で、「私は自分の性器がわいせつだとは考えていないし、無罪を確信している。裁判官は公正な目線で判断してほしい」と訴えた。次回公判は2016年2月1日の予定。検察の論告や弁護人の弁論が行われる。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。