弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年05月15日 13時26分

アリさん労働問題「全面的な和解」交渉へ、労働組合の「街宣活動」は急きょ中止

アリさん労働問題「全面的な和解」交渉へ、労働組合の「街宣活動」は急きょ中止
引越社関東が入居するビル

「アリさんマーク」で知られる引越社のグループ会社「引越社関東」(東京都)で営業職だった男性社員が、労働組合への加入をきっかけに「シュレッダー係」に異動させられた問題で、男性が加入する労働組合「プレカリアートユニオン」の清水直子執行委員長は5月15日、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「会社側から、全面的な和解に向けた話し合いをしたいという提示があった」と話した。

和解協議中は街宣活動をしない取り決めのため、組合側は、この日予定していた同社前での「大抗議アクション」を急きょ中止した。

●男性は現在も「シュレッダー係」のまま

男性は、残業代が支払われなかったうえ、営業車運転中の事故で弁償代を請求されたことから、2015年3月に「プレカリアートユニオン」に加入。会社側は同年5月、男性を営業職から「アポイント部」に配置転換し、さらに同年6月、一日中「シュレッダー」をかけるだけの仕事に異動させた。

男性が同年7月、異動命令を無効とする訴訟を起こすと、会社側は同年8月、「会社の名誉を害して、信用を傷付け、莫大な損害を与えた」として、男性を懲戒解雇した。その際、男性の氏名と顔写真入りの「罪状」と題した紙を「引越社」グループ全店に貼り出した。

その後、解雇が撤回されて、男性は復職したが、現在もシュレッダー係のままだ。男性の訴訟をめぐっては、東京地裁から5月24日に和解案が示される予定で、踏み込んだ協議がおこなわれる方向だという。労働組合側は、(1)男性を営業職に戻すこと(2)慰謝料(3)差額分の賃金(4)謝罪――などを条件に盛り込むことを求めている。

引越社をめぐっては、シュレッダー係の男性のほかにも、全国の社員・元社員約40人が弁償金返還や残業代支払いなどを求めて提訴している。今年3月には、名古屋地裁が、会社が組合活動に不当介入したとして、損害賠償計50万円を支払うよう命じた。今回、会社が提示した「全面的な和解に向けた話し合い」は、同社の労務管理全般に関するものになるという。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」