「不倫しよう」「体触らせてえや」が飛び交う職場 令和にあった「異常なセクハラ」体験談
画像はイメージです(Graphs / PIXTA)

「不倫しよう」「体触らせてえや」が飛び交う職場 令和にあった「異常なセクハラ」体験談

「職場でセクハラにあい、退職しました。これはよくある話かもしれません。しかし、よくある話にしておきたくありません」。弁護士ドットコムニュースのLINEに、20代の前田みさとさん(仮名)からこんなメッセージが寄せられました。

驚くことに、その職場では、男性社員から女性社員に対するセクハラ発言やスカートめくりが「日常茶飯事」だったというのです。

「1年ほど前に会社を辞めてから、いろんな人から話を聞いて『あれってセクハラだった』と気づいた」と話す前田さん。今振り返ると「異常だった」という職場での経験を話してくれました。

●飲み会の後に家に連れられ

「不倫しよう」、「体触らせてえや」。前田さんが勤務していた通信関連会社では、仕事中にもオフィスでこんな言葉が飛び交っていました。

「50代の男性マネジャーが、女性社員に仕事中にセクハラ発言をしていました。私も皆の前で『胸触らして」『ええ女やな』と言われて、周りも『また冗談言って』とケタケタ笑っているような雰囲気で…」

ある日、前田さんが仕事のことで悩んでいたところ、そのマネジャーから突然「飲みに行こう」と誘われました。

「予定していなかったのですが、すごい勢いで『ほら行くよ、準備して』と言われて。社内で偉い立場の人でもあり、断れなかったんです」

そうして始まった2人の飲み会。あまりお酒が強くなかった前田さんは、その日酔っ払ってしまい気分が悪くなりました。マネジャーは「家が近くにある」と言い、前田さんを休ませるために家に連れて行きました。そこから「変な雰囲気になった」と振り返ります。

「自宅で耳を舐められたり、ズボンの中に手を入れられたりしたんです。変なことされるやばい、と思って『すみません、体調が良くなったので帰ります』と抵抗したのですが、怖くてどうしたらいいか分からなくて」。

●休憩室の鍵を閉め入ってきた上司

その後も、マネジャーからのセクハラ行為は続きました。飲み会の翌日には、前田さんが休憩室で洗い物をしていたところ、マネジャーが急に入ってきて鍵を閉めたというのです。

「休憩室は監視カメラがなく、後ろから急にバッとスカートを脱がされました。無言でやってきて、振り向くとニタニタしていて。でも、目撃者もいないし、何もできませんでした」

会社のハラスメント相談センターに連絡したが、「証拠がないから対応できない」と言われてしまった。

「告発したところで、カメラで撮影したり録音したりした証拠もないので、下手したら言いくるめられてしまう。どうにか証拠を集めようとしたのですが、突然やってくるので対応も取れませんでした」

●「自分がおかしいんだろうか?」

職場では他にも揉め事が発生し、すっかり疲れ果ててしまった前田さん。体調を崩し病院に行くと、うつ状態だと診断された。当時を振り返り「セクハラと自分で判断するのが難しかった」と話す。

「当時はとにかく周りに合わせなきゃという考えが強くて、これはおかしいって一人で言える勇気がなかったんです。『自分がおかしいんだろうか?』と思い、何がおかしいのかも判別できませんでした」

今回自分の体験を話すにいたったのは、「今悩んでいる人がいたら、そういう人の背中を押せるようになれたらいいな」という思いからだ。

「私やっぱり早めに周りに相談しておけば状況が変わったのかな、とすごく後悔しています。ちょっとでも心に何か違和感や嫌悪感があったら、受けたハラスメントについてメモをとって、どこかに相談するべきだと思います」

●身体接触がないセクハラで労災認定されたケースも

セクハラを受けた場合は、加害者や会社に対して損害賠償請求ができる。また、体を壊した場合には、労災申請もできる。最近では、身体接触がないセクハラでも労災認定がされた事例がある。

前田さんが受けたセクハラのように、短い時間での接触型セクハラは証拠が集めにくい。こうした場合には、同じような経験をした仲間を探して、たくさんの被害の証言を集めることも一つの手だという(詳細:https://www.bengo4.com/c_5/n_11246/)。

セクハラの中には、刑法の強制わいせつ罪や強制性交等罪などに当たる悪質なケースもある。密室でおこなわれることが多い性犯罪だが、事件化するにあたっては、被害後にとった被害者の行動も重視されることは知っておきたい。(詳細:https://www.bengo4.com/c_1009/n_10617/)。

【体験談募集!】セクハラ被害に悩んでいる方はいませんか。以下からLINE友だち登録をして、編集部に体験談をお寄せください。

友だち追加

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部では正社員スタッフ・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

正社員スタッフ・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする