2019年01月23日 18時10分

「最低」と炎上…路上ライブのCD踏みつけ、法的には?

「最低」と炎上…路上ライブのCD踏みつけ、法的には?
投稿動画から(https://twitter.com/otentocha/status/1084763187281420290 )

路上ライブをする女性からCDを買った男性が、そのCDを女性の目の前で踏みつぶす動画がツイッターに投稿され、「最低」「やり方が間違っている」などと炎上騒ぎになっている。

1月22日放送のTBS系「ビビット」では、動画を投稿した男性へのインタビューを紹介。そこでは、男性が「路上ライブを許可なしでやっている方をやめさせたい」と述べていた。

また、踏みつぶすことがモラルを逸脱していないかについては、「少し逸脱しているなとは思っています。ただ、そこまでしないと分かっていただけない現状があるので、僕の中での正義感で動いている感じ。結局、必要悪」と語り、女性に謝罪する考えはないとした。

一方、女性は帰宅途中に、泣きながらスタッフに電話して起きたことを報告したという。

今回のCDを踏みつぶす行為は、法的にどのような問題になりうるだろうか。西口竜司弁護士に聞いた。

●損害賠償請求が認められる可能性

ーーまず今回の問題について、どう感じましたか

「このニュースを聞いたときの感想は『それはあかんでしょう』でした。女性の気持ちを考えたらいたたまれないですね」

ーー踏みつぶす行為は、法的にどのような問題になるでしょうか

「目の前でCDを踏みつぶす行為につきましては、自分のものを壊しただけであり、器物損壊罪は成立しません。また、女性に対して直接的に有形力を行使したものとはみられないため、暴行罪も難しいと思います。

ただ、踏みつぶす行為をもって女性の気持ちをひどく傷つけ、演奏を続けられなくなったとすれば、威力業務妨害罪が成立する可能性はあります」

ーー民事ではいかがでしょうか

「女性の気持ちを傷つけたわけですので、不法行為に基づく損害賠償請求が認められる可能性はあります。ただし、金額的にいくらと換算するのは難しいかもしれません」

ーー男性は許可なしの路上ライブをやめさせたい、との考えがあったようですが、今回の女性が許可なしだった場合、男性はどのような対応をすべきだったのでしょうか

「男性としては、優しく『止めた方がいいよ』と一言言えばよかったのではないでしょうか。それでも聞き入れられないような場合、警察に届けておいてもいいかなと思います。

路上ライブ自体についても様々な意見があるところです。ルールの範囲内で演奏をすることが大切ですし、演奏に許可が必要な場合、許可を得て演奏すべきですね。分からないことがあれば最寄りの警察署に聞けばいいと思います。

時間があれば私も足を止めて演奏を聴きますが、本当に素晴らしい方もいます。なかには未来のスターがいるかもしれませんよね」

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」