親が危篤なのに帰らせてもらえない・・・仕事を「強要」した上司、パワハラになる?
画像はイメージです(kotoru/PIXTA)

親が危篤なのに帰らせてもらえない・・・仕事を「強要」した上司、パワハラになる?

親が危篤なのに、上司が帰らせてくれなかった。亡くなってから、やっと帰らせてもらったーー。そんな相談が、弁護士ドットコムに寄せられている。

相談者は仕事中、「母親が危篤だ」という連絡を受けて、上司に伝えたところ、「まだ死んでないんだろう」と言われたという。すぐに帰らせてもらえず、母親が亡くなってようやく帰らせてもらえたが、さらに「死ぬタイミングが悪い」と小言を言われたそうだ。

相談者の仕事は配達で、代わってくれる人もいたにも関わらず、配達をつづけさせられたという。親の死に目に会えなかったことについて、後悔しているようだ。親や兄弟、親戚の「危篤」のときのルールはどうなっているのだろうか。村松由紀子弁護士に聞いた。

●就業規則に定めがなければ「有休申請」or「欠勤」に

「大変な目に遭われましたね。まずは、お悔やみ申し上げます。

いわゆる『忌引き』については、就業規則に定めがある会社が多いのですが、『危篤』については定めがない会社が多いと思います。

就業規則に定めがなければ、一般原則に戻ります。年次有給休暇(有休)の申請をすることになります。危篤の知らせは緊急であることも多く、年次有給休暇の申請が間に合わないこともあるかと思いますが、会社によっては、事後的な申請を認めてくれるところもあるでしょう。

そもそも年次有給休暇がなかったり、申請が間に合わずに認められないという場合は、いわゆる『欠勤』ということになり、その時間分の賃金が支払われないことになります」

●上司の言動は「パワハラ」にあたる可能性が高い

「ここで相談者の上司の対応の是非についてですが、労働契約の内容として、勤務時間内の労働提供をすることは従業員の義務ですので、労働提供しないことは債務不履行とはなります。

しかし、労働提供しないことに『正当な理由』がない場合でも、懲戒処分(戒告や解雇など)の対象となるにすぎず、無理に労働提供を迫ることは許されません。

今回のケースでいえば、『帰らせてもらえなかった』というのが、どのような状況であったかによりますが、その場に留まることを強要した場合、業務の適正な範囲を超えており、身体的・精神的侵害としてパワハラにあたると考えます。

また、『死ぬタイミングが悪い』という言葉は非常識ではありますが、その言葉のみで直ちにパワハラにあたらないと思います。しかし、帰らせてもらえなかったことと相まって、パワハラにあたる可能性は高いでしょう。

パワハラにあたる場合は、それによって被った精神的損害を民事上、請求することができます」

(弁護士ドットコムニュース)

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部ではアルバイト・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

アルバイト・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする