JASRAC、徴収・分配ともに過去最高の見込み…動画サイト・音楽サブスク好調
浅石道夫理事長(2020年2月3日、弁護士ドットコム撮影、東京都内)

JASRAC、徴収・分配ともに過去最高の見込み…動画サイト・音楽サブスク好調

JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会・浅石道夫理事長)は2月3日、2019年度の著作権使用料が、徴収額、分配額ともに過去最高(推定)となると公表した。

これまで過去最高の徴収額は2007年度の1156億円、分配額は2008年度の1155億円だった。JASRACは、2019 年度の徴収額は1157億円、分配額は1173億円を見込んでいる。

動画投稿サイトや音楽サブスクリプションサービスからの徴収が好調だったことが背景にあるとしている。

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部ではアルバイト・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

アルバイト・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする