2019年03月17日 09時36分

信号ない横断歩道、「止まらない車」を無視して渡り、運転手大慌て…事故が起きたら?

信号ない横断歩道、「止まらない車」を無視して渡り、運転手大慌て…事故が起きたら?
写真はイメージです(やたがらす / PIXTA)

朝の通勤時間帯、信号のない横断歩道なんて無視するかのごとく、ガンガン突っ込んでくる車たち。会社員のマサヒコさんは、歩行者が不便を強いられていることが許せず、車がスピードを落とさずに突っ込んできても、平然と横断歩道を渡る。

驚いた車は慌てて一時停止するが、運転手の表情はどこか不満げ。マサヒコさんは、「朝だから急いでいるのかもしれないけど、信号がない横断歩道なんだから、ちゃんと停止してほしい」と話している。

ただ、一つだけ気になるのが、事故が起きてしまった時の責任だ。マサヒコさんは車が迫ってきていることを把握して渡っている。横断歩道とはいえ、事故が起きた時の責任は車が100%ということにならないのだろうか。平岡将人弁護士に聞いた。

●信号のない横断歩道で一時停止をする車は8.6%

「JAFが2018年に行った『信号機のない横断歩道における車の一時停止率』の全国調査によると、一時停止をした自動車は全体の8.6パーセントしかなかった、という結果がでています。ほとんどの車両は、信号機のない横断歩道で一時停止をしていないのが残念ながら我が国の実態といえます。

道路交通法38条1項は、『車両等は、横断歩道又は自転車横断帯に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道の直前で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路前方を横断し、又は横断しようとする歩行者があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない』と規定しています。

つまり、歩行者が横断歩道を渡ろうとしているときは、車両は一時停止をして歩行者が渡り切るのを待たなければならないので、実はほとんどの自動車は38条1項違反なのです」

では、歩行者の動きについては、法律でどう定められているのか。

「歩行者に対しての道路交通法上の規定を見てみると、12条1項は、『歩行者は、道路を横断しようとするときは、横断歩道がある場所の附近においては、その横断歩道によって道路を横断しなければならない』としています。マサヒコさんの場合は、横断歩道上を横断しているので、歩行者に道路交通法上の違反はありません」

●基本的に歩行者の過失は問われないが…

もし、車が迫っていることを知っていて、それでも横断した場合の責任はどう判断されるのか。

「ご質問の過失割合の点ですが、横断歩道を通過する自動車には重い注意義務が課され、反面歩行者は絶対的に近い保護を受けます。したがって、基本的には横断歩道上の事故であれば歩行者のマサヒコさんの過失は問われません。

ただし、自動車から発見が容易ではなくなる夜間の場合、幹線道路のような交通量が多く広い道路の場合などは歩行者も安全注意義務が問われ、また道路交通法13条1項で歩行者は車の直前・直後で道路を横断してはならないと規定されていますので、直前横断などの場合には歩行者にもわずかながら(5%)責任を問われてしまいます。

マサヒコさんのケースですと、場合によっては、直前横断に該当しうる可能性はあると思います」

横断歩道については、どのような心構えが求められるのか。

「歩行者としては、絶対的な保護を受けうる横断歩道を横断する場合でも、いったんは立ち止まり、左右の安全確認をした上で渡り始めるのが良いでしょうね。

さて、冒頭述べたJAFの調査結果を受けて、各都道府県警は、自動車の横断歩道前での一時停止を促す方向で動き始めることが予想されます。

自動車対歩行者の事故は、大きな負傷、場合によっては生命を失う事故につながる可能性が高いものです。大けがを負った被害者や大切な人を亡くしてしまった遺族が、どのような苦痛を受けるか、運転手は想像してほしいと思います。

警察の動きがあるから、ではなくて、自動車を運転する責任として、道路上のルールを厳守し、安全に配慮した運転をしてほしいと思います」

(弁護士ドットコムニュース)

●編集部員を募集中です!

弁護士ドットコムニュース編集部では、法律解説記事の企画、編集を担当するスタッフを募集しています。法律の知識を持った方を歓迎します。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0004804

平岡 将人弁護士
中央大学法学部卒。全国で8事務所を展開する弁護士法人サリュの代表弁護士。主な取り扱い分野は交通事故損害賠償請求事件、保険金請求事件など。著書に「虚像のトライアングル」。実務家向けDVDとして「損保会社を動かす!交通事故被害者を救う賠償交渉ノウハウ全三巻」など。
事務所URL:http://legalpro.jp/

この記事へのコメント

ペン 30代 男性

13条1は、ただし横断歩道を除く、ではなかったか?この弁護士大丈夫か。

匿名ユーザー 男性 60代以上

第十三条 歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によつて道路を横断するとき、又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従つて道路を横断するときは、この限りでない。
ペンさん、すばらしい。

フリフリ 男性 50代

専門、って謳ってるのに。。。
弁護士もピンキリですねー。
載せる方もちゃんとチェックしよーよ。
任せっきりで検証しないで記事出すのはどーなのさ。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
歩行者は交通強者 50代 男性

歩行者は渡りたい意思表示をしなくても良いのか?渡りたいのか、ただ居るだけなのか、待ち合わせをしているのか、運転手には分かりません。
手を上げてくれたり、横断の旗を出してくれれば、どの運転手もほぼ止まりますよ。
一方的に車両の運転者を責めるのは、不平等です。

男性 40代

車は横断歩道の手前では一時停止が義務なので、歩行者うんぬんの前に止まらなければなりません。

男性 30代

私は年間3万キロほど走る一般ドライバーです。意思表示が分からなくても停まるのがルールなんです。50歳にもなって何を馬鹿げたことを。

匿名ユーザー 男性 30代

あなたのような方がいるから、世間のドライバーの立場がだんだんと悪くなってしまうのでは…交通ルールを理解してから運転されてくださいね。「手を上げてくれたり、横断の旗を出してくれれば、どの運転手もほぼ止まりますよ。」とありますが「ほぼ」ではいけませんよね…絶対に止まらないといけないんですよ。恥ずかしいです…

匿名ユーザー 男性

不平等?何を言ってるんですか。
待ち合わせ?ただいるだけ?
関係ないでしょ。徐行していつでも止まれるようにするのが、ドライバーの法的な義務でしょ。免許返納したらいかがですか。

匿名ユーザー 男性 50代

「歩行者は交通強者 50代 男性 」さんいわく、『運転手には分かりません。』

あらまぁ。『分からない』ということは、すなわち、道路交通法38条1項の『明らかな場合を除き』という但し書きの対象ではないと、自認していますがな・・・ 記事を読んでないのかなぁ

XS550 男性 50代

私も50歳代です。車は走る凶器と習いましたよ。

匿名ユーザー 男性 20代

もう免許返納してください。

ひまん 男性 30代

うけるw B型自己中さんかな?

みるく 男性 60代以上

渡るのか渡らないのか不明な場合は、一度止まって歩行者に合図して、渡らない事が判明後に通ります。この1分程の行為が出来ない人は車を運転する資格はありません。横断歩道が設置されている理由についてもう一度自分に問い合わせして下さい! 私も危なかった経験者で運転歴51年です。お互い気を付けましょう。

匿名ユーザー 男性 30代

貴方みたいな人は、たとえ意思表示があったとしても、自分の後に渡れば良いだろうと考え決して止まらないんでしょうね!
運転手には解らない?でしょうね、だから人が居ればいつでも止まれる速度、一時停止をするんですよね?
貴方みたいな人は、一時停止違反等の違反も平気でしてるんでしょうね、同じ運転するものとして恥ずかしいです。

横断歩道止まっています 男性 60代以上

横断歩道は止まらなければ歩行者妨害 点滅信号が有る横断歩道も黄色点滅は徐行、ボタンを押さずに渡る歩行者も居る、警笛を鳴らして突っ切る運転手は徐行違反と歩行者妨害 

鬼軍曹 男性 30代

50にもなってお前バカだな!こんなクズのために年金払いたくない!

交通弱者 男性 50代

道交法が理解できないなら免許証を返納したまえ

匿名ユーザー

何言ってんだよ、免許あるくせに。
普通はとりあえず停止するんだよw

匿名ユーザー777 男性 60代以上

数10km/hで走る数100kgの鉄の塊と数km/hで歩く数10kgの人体の運動エネルギーを比較して何が『平等』なの?それも込みで免許取ってんじゃないの?50にもなってそんなことも知らないでハンドルにぎってんの!

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー

場合によっては、があるかどうか知りたいのに。

匿名ユーザー 男性 50代

>場合によっては、があるかどうか知りたいのに。

記事の内容は、『そんな場合などというものは、まずありえない』が、答だと述べているわけです。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
ゆの 10代 女性

歩行者は交通強者とかいう50代のおじさん、もう免許を返納した方がいいですよ。

歩行者が横断の意思表示を~とかアホな事言ってるなぁと思わない時点でもう頭が悪い。
歩行者が見えたら止まらなきゃいけないんですよ。
例え歩行者が渡らなくても。
バカバカしい。
本当に免許持ってます??
大昔に習ったことだから忘れたのかな?
もう少し勉強して、まずはルールを守りましょうね。

そもそも歩行者が見えているのに止まらない車は何したって止まりませんよ。
うちの近所は小学校も保育園も近いので小さい子がよく歩いてますが、小さな子が手を挙げてても止まらず速度も落とさず通り過ぎる車ばかりです。

ずずず 男性

手を挙げれば止まります、という言い訳もいけないが、歩行者がいたら止まらないといけないというのも違うよ。法律の文面がちゃんと本文に記載されてるんだから読んでよね。

>横断歩道等によりその進路前方を横断し、又は横断しようとする歩行者があるときは...

横断しようとしていない歩行者が立っている場合には一時停止の要はありません。

自分勝手なドライバーが多いのは事実ですが、歩行者の意識も変えた方がいい。運転してて横断歩道で停まるとびっくりしていっこうに渡り始めない人とか、恐縮してか小走りで渡る人が非常に多い。焦らせたり慌てさせたりしてしまうのもあまり気分のいいものではないですからね。

匿名ユーザー 男性 50代

「運転してて横断歩道で停まるとびっくりしていっこうに渡り始めない人とか、恐縮してか小走りで渡る人が非常に多い。」のは、違反がデファクト・スタンダード化しているからですよ。止まりそうなのに、いきなりアクセル踏み込むとかね。運転者は悪くても刑務所行きだが、歩行者は死ぬんだ。

匿名ユーザー 男性 30代

>ずずずさん

引用されている部分の前に、以下の文があります。

>当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道の直前で停止することができるような速度で進行しなければならない

「ないことが明らかな場合を除き(中略)停止することができるような速度で進行しなければならない」なので、横断の意思がないことが明らかでないなら、速度を落とす必要があります。
横断歩道付近に人がいて、横断の意思が明らかでない時は、速度を落とすのがルールです。
立ち止まっていて横断しようとしていない人、というのは見た目で判別できるものではありませんので、人が立っている時点で何かしら運転者はアクションを起こす必要があるんです。
止まるとびっくりして、というのは、歩行者が止まると思っていなかったということですから、あらかじめ十分に速度を落としていなかったのではないですか。
いきなり目の前で止まられたら誰だってびっくりしますよ。

>横断しようとしていない歩行者が立っている場合には一時停止の要はありません。

減速の義務に触れず一時停止が不要だというこの文からは、人が立っていても減速もせずに通過したいという意思が感じられます。
一時停止して歩行者を通すという正しい行為の中で歩行者に不満を覚えているというのも危険な感じがします。
調査からも分かるように、歩行者は止まってもらうことに慣れていないんですから、多少なりとも戸惑うのは当たり前ではないですか。

60歳の運転手 男性 60代以上

歩行者も横断する意思が無く横断歩道の手前でたむろしないでほしい、一旦停止したらなんだ此奴の様な態度をされたら、帰って鏡を見ろ言いたくなる。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」