2014年07月04日 14時42分

国会「セクハラヤジ」の発言者、自民・大西英男衆院議員と判明

国会「セクハラヤジ」の発言者、自民・大西英男衆院議員と判明

「まず自分が産まないとダメだぞ」。今年4月17日の衆院総務委員会で、女性議員に対して飛んだヤジ。このヤジを飛ばした議員が、自民党の大西英男衆院議員=東京16区=だったことが7月4日、わかった。「大西議員から謝罪の電話があった」と、ヤジを受けた上西小百合議員(日本維新の会)が明らかにした。

ヤジがあったのは、上西議員が衆院総務委員会で質問に立ち、地方の過疎化について言及したとき。「まず自分が産まないとダメだぞ」というヤジを受けたあと、上西議員は苦笑して「頑張ります」と答えた。その直後、公明党の高木陽介総務委員長が「不規則な発言は注意してください」と警告した。

このヤジを含むやり取りは、衆議院のインターネット審議中継録画で確認することができる(1時間48分ごろ~)。

この当日、傍聴席にいた人によると、ヤジが飛んだ際には、自民党議員を中心に笑い声や拍手が起こっていたという。

上西議員は2012年末の衆院選で初当選(大阪7区選出)した31歳。未婚で子どもはいない。

女性議員に対するヤジは6月中旬、東京都議会でも自民党都議が発して問題となった。大西議員の公式サイトによると、大西議員は都議会議員を長く務めたあと、国政に転じた。大西議員は江戸川区生まれの67歳。国会議員秘書などを経て、28歳で江戸川区議会議員(4期)になり、その後、都議会議員(4期)を経て、2012年末の衆院議員選挙で初当選した。

(弁護士ドットコムニュース)

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。正社員、契約社員の編集スタッフも募集中です。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」