現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
今田 俊夫弁護士

( いまだ としお ) 今田 俊夫

今田法律事務所

交通事故

分野を変更する
【初回相談無料】【弁護士歴30年以上】交通事故の対処には、医療知識も必要となってきます。これまでの経験・知見を生かし、泣き寝入りすることのないようサポートします。
今田法律事務所
今田法律事務所
今田法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 完全成功報酬あり

———————————————————
✔︎ 30年以上一貫した取り扱い実績あり
✔︎ 医療訴訟経験あり
✔︎ 初回相談無料・弁護士費用特約利用可
———————————————————

交通事故については、毎月10件以上のご相談に対応してきておりますので、事案ごとのポイントを把握するのはもちろんのほか、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。状況によっては、医療知識も必要になってくる場面もありますが、医療訴訟の経験もあり、高次脳機能傷害の事案など、特殊な案件にも対応できます。

また、弁護士になる以前は、書記官として裁判所に勤めておりましたので、多数の裁判を裁判所側として見てきた経験があります。そのため、交通事故事件において、弁護士がどのような駆け引きをするのかについても熟知しております。

これらの経験・知見を生かして、問題解決に努めてまいりますので、少しでもお困りの際には、ご遠慮なくご相談ください。

お寄せいただく相談例

  • 怪我で仕事ができず生活に困っている。保険会社の提示する過失割合が納得できない。
  • 高次脳機能障害と認定されたが、賠償額について知りたい。
  • 休車損害の証明資料について知りたい。
  • 過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
  • 後遺症が残ってしまい、事故前の給料をもらえなくなった。
  • 治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。

重点取り扱い案件

  • 示談交渉
  • 後遺障害等級認定
  • 損害賠償請求
  • 自賠責保険金の請求
  • 交通事故裁判

ご相談にあたって

対応体制

1)事前予約で休日・夜間(18時半まで)相談可能
2)状況に応じ、電話相談可能
3)納得いただけるまで、とことん話し合いを行います
4)ご心配の多い費用面では、相談時に見積もりを作成しております

費用について

1)お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料
2)完全成功報酬制で全面サポートも可能(実費は要負担)
3)弁護士費用特約利用で、実質負担0での相談可能

アクセス

・岡山駅から徒歩15分
・お車でお越しの場合には、事務所専用駐車場をご利用ください。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、相談料は0円になります。
着手金 10万円からで、紛争となっている金額の5%~8%が目安となります。
報酬金 得た利益の8%~15%が目安となります。
以上は一般的な場合です。具体的な金額は個別に事情に応じて相談させていただいております。
備考欄 自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。お気軽にご相談ください。

※上記は全て税込です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(5件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害等級認定に対する異議申立

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

交通事故後、腰の痛みが持続し、治療が終了して症状固定になったが、自賠責に後遺障害申請をしたところ、非該当になりました。

相談後

主治医に、症状について詳細な意見書を書いてもらい、自賠責に異議申立をしたところ、後遺障害14級と認定されました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

後遺障害の等級認定には主治医との連携が必要です。弁護士は主治医に対して、どのような内容の意見書を作成してもらうかなど、ポイントをアドバイスし、サポートします。

交通事故の解決事例 2

過失割合について、相手方と意見が対立

  • 過失割合
  • 物損事故
依頼主 20代 男性

相談前

当方のバイクが停止していたところ、前に停まっていた相手方の自動車がバックしてきて、バイクの前部が損傷した事故ですが、相手方は「自分が運転していた自動車が停止していたところへ、バイクが追突してきた」と主張しました。

相談後

このケースは、お互いが自分の言い分を主張したため、裁判になりました。当方は、自動車とバイクの損傷状況から相手方の自動車がバックしてきたことは間違いないと主張し、事故直後現場に立会った警察官2名に法廷で証言してもらいました。結果、相手は当方の主張を全面的に認め、当方の勝訴的和解ということで解決しました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

裁判は証拠により判断されますので、何よりも依頼者に有利な証拠を収集し、分析することが重要です。

交通事故の解決事例 3

慰謝料増額の主張について

依頼主 20代 男性

相談前

仕事が忙しくて病院へ通った回数が少なく、相手方保険会社から3ヵ月程度で治療費を打ち切られてしまいました。その後も痛みが続くため病院に行ったのですが、期間があいているということで保険会社は、事故後3ヵ月分の慰謝料を提示してきました。

相談後

事故の状況からして3ヵ月で治療が終了するケースではなかったため、当方は提訴しました。裁判官は事故状況を直視し、6カ月分の慰謝料を認めるべきであるとの和解案を提案してくれ和解が成立しました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

事故時の車両の損傷状況、事故時の体の姿勢、病院のカルテの記載などを詳細に検討して、主張したことが、裁判官に響いたケースです。

交通事故の解決事例 4

妻が、交通事故で死亡した夫の将来の昇格・昇給分を損害として請求

  • 死亡事故
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

健康であれば、働いて給料を得ることができたにもかかわらず、死亡により将来の給料がもららえなくなりました。この場合、将来の給料分はもちろんですが、昇格・昇給分の金額の請求をできないか、との相談を受けました。

相談後

被害者の方の年齢・地位からして、十分将来の昇格・昇給が予想できましたので、裁判において勤務先会社の人事規定・賃金規程により、将来の昇格・昇給をシュミレーションして、請求しました、裁判所は判決でシュミレーションの結果を相当程度認めてくれました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

損害賠償請求では、将来の損害を予想し、証拠によりシュミレーションをして、形のあるものにして主張していくことが大事です。

交通事故の解決事例 5

交通事故で高次機能障害になった人の入所施設の将来の施設料

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

事故のため高次脳機能障害になり、施設に入所して生活することになり、加害者側に対し、被害者が死亡するまでの入所費用の請求をしたところ、加害者側は施設へ入所する必要はない、と主張しました。

相談後

主治医に、被害者は自宅で生活てきる状態ではなく、施設での生活が必要である、との意見書を書いてもらいましたが、加害者側が納得しないため、提訴しました。裁判官に被害者人の状態を見てもらために施設まで行ってもらいました。その結果、裁判官から被害者側の納得できる和解案が提示され、相手方もこれを了解して和解ができました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

裁判は最終的には裁判官が判断するものですから、裁判官に被害者の状態をよくみてもらい正しい判断をしてもらうのが、肝要なことだと痛感しました。

交通事故

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【弁護士・破産管財人として30年以上の実績】【初回相談無料】経済的に厳しい局面に立たれている方の一日も早い再建を目指して、できる限りのサポートを行います。
今田法律事務所
今田法律事務所
今田法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 完全成功報酬あり

———————————————————
✔︎ 破産管財人として30年の経験
✔︎ 一貫した取り扱い経験あり
✔︎ 初回相談無料
———————————————————

法人・個人破産申立、債務整理、民事再生、過払い金請求など借金のあらゆる問題について、お困りの方は当事務所までご連絡ください。
30年以上一貫して借金問題を取り扱ってきましたので、事案ごとのポイントは把握しております。特に、過払い金請求の相談は毎月一定数ありますので、今後の見通しなど迅速な判断が可能です。

また、破産申立の代理人および破産管財人として30年間活動しており、その経験を生かしたアドバイスが可能なほか、弁護士になる以前は、書記官として裁判所に勤めておりましたので、借金問題において、弁護士がどのような駆け引きをするのかについても熟知しております。

経済的に厳しい局面に立たされいる方の精神的なケアもしながら、一日も早い人生の再スタートを迎えられるように全面的にサポートさせていただきますので、安心してお任せください。

お寄せいただく相談例

  • 借りては返すという自転車操業状態でどうしたら良いかわからない。
  • 連帯保証した友人が倒産し、保証債務を負わされた。
  • 闇金からの借入れに手を付けてしまい、執拗な取り立てに悩まされている。
  • 消費者金融数社から借り入れを続けているが、利息が高く借金が減らない状態。
  • 過払い金の回収ができるか知りたい。

重点取り扱い案件

  • 法人・個人破産申立
  • 債務整理
  • 民事再生
  • 過払い金請求

ご相談にあたって

対応体制

1)事前予約で休日・夜間(18時半まで)相談可能
2)状況に応じ、電話相談可能
3)納得いただけるまで、とことん話し合いを行います
4)ご心配の多い費用面では、相談時に見積もりを作成しております

費用について

1)お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料
2)状況に応じ、分割払いでの支払いも可能
3)自己破産申立と個人再生申立は報酬なしで対応

アクセス

・岡山駅から徒歩15分
・お車でお越しの場合には、事務所専用駐車場をご利用ください。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、相談料は0円になります。
着手金 自己破産申立は20万円から、個人再生申立は25万円から、過払金返還交渉や返済減額交渉は1社あたり2万円、いわゆる闇金との交渉は1社5万円
報酬金 自己破産申立と個人再生申立は報酬を頂いていません。過払金返還請求や返済減額交渉は、返還額あるいは減額分の10%が目安となります。
備考欄 以上は一般的な場合です。具体的な金額は、個別の事情に応じて決めさせていただいております。事業者破産・会社破産についても気軽にご相談ください。

※上記は全て税込です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(5件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

自己破産をしたいが、自宅は温存したい。

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

自宅の土地建物は自分名義であり、その土地建物には約2000万円の銀行の抵当権が設定されている。何とか自宅を手離すことなく自己破産ができないか、との相談を受けました。

相談後

土地建物の評価額については、複数の不動産業者に評価してもらったところ、概略約2000万円乃至2300万円程度であったので、本人の妻の実家から2000万円を用意してもらい、この2000万円を銀行に支払い抵当権を抹消して、土地建物の名義を妻に移しました。本人名義の不動産がなくなった時点で破産申立をし、本人は免責決定を受けることができました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

破産しようとする人には色々な事情があります。その事情を考慮しながら、破産手続を進めることが大事です。この場合は、自宅を何とか守るというのが依頼者のニーズでした。

借金・債務整理の解決事例 2

会社破産の場合の予納金の捻出方法

  • 自己破産
依頼主 60代 男性

相談前

会社の破産を裁判所に申請するには予納金が必要ですが、その予納金が手元にない場合もあります。予納金は破産手続を実際に取り仕切る破産管財人の報酬などにあてられます。破産しようとする会社はこの予納金を工面するのに苦労することがあります。

相談後

通常、会社には、売掛金が入ってきますので、この売掛金を破産の予納金や従業員の給与にあてる段取りをした上で破産手続を進めることになります。他方、破産の準備をしている情報が従業員や取引先に流れると混乱が生じてしまいますので、情報管理をすることが必要となります。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

このように、混乱が生じないように、取引先にも不公平が生じないように、売掛金が入ってくるタイミングも見極めて、破産手続の準備をすることになります。

借金・債務整理の解決事例 3

会社に不採算部門があるが、会社の従業員のため雇用を維持し、事業を継続させたい。

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

会社の部門のなかに不採算部門があり、こり不採算部門を整理したいが、金融機関との調整が難航している、という相談がありました。

相談後

そこで、A会社の資産価値に関し、不採算部門を除いたA会社の資産価値を会計事務所に評価してもらいました。そして、その評価額を譲渡代金として、A会社の採算部門をB会社に事業譲渡し、B会社は譲渡代金をA会社に支払い、A会社は任意整理をしました。B会社はA会社の採用部門を引き継ぎ、従業員も継続して雇用しました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

この結果、A会社の採算部門の資産と従業員の雇用は守られ、また、A会社とB会社の社名をほぼ同じ名称にした結果、取引先への混乱もありませんでした。

借金・債務整理の解決事例 4

債務が多く到底支払ができないが、破産をして破産者のネーミングをつけられるのは避けたい。

  • 個人再生
依頼主 30代 男性

相談前

500万円の負債があり支払えないが、破産者となってしまうのは、抵抗がある、という相談がありました。

相談後

破産は借金を全く支払わない場合に取る方法ですが、借金を全く支払わないのではなく、法律で定められた一定額を原則として毎月支払い。3年間で支払いを完了することができる個人民事再生手続があることを説明しました。このケースでは、負債が500万円でしたので、合計100万円を3年間をかけて返済し(毎月支払い額は約28,000円となります)、借金残額は免除されました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

債務を整理する方法として、個人民事再生があり、この手続では住宅ローンも継続して支払えますので、利用される方は、結構いらっしゃいます。

借金・債務整理の解決事例 5

債権者から厳しい請求があり困っている。どう対応したらよいか

  • ヤミ金対応
依頼主 30代 女性

相談前

借金をしていること、支払が遅れていることは、わかっているが、債権者からの取り立ての電話がひんぱんにかかってくるので、落ち着いて仕事ができない、との相談がありました。

相談後

この場合は、弁護士に対して正式に依頼してもらい、弁護士から債権者に対し受任通知を発送しました。法律のルールとして、弁護士が正式に受任をした場合は、債権者は直接借主本人に対して、連絡することはできないとされています。このケースも、受任通知を債権者に送付したところ、債権者から借主本人に対する連絡がなくなり、仕事も落ち着いてできるようになりました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

弁護士が正式に受任すると債権者からの請求が止まるということを知らない人も多いですが、このことを借主本人にお知らせすると安心する方が多いです。

借金・債務整理

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【初回相談無料】【弁護士歴30年以上】初動対応を大切に。最短で接見に伺います。刑事事件でお困りの場合には、お早めに弁護士へのご相談をご検討ください。
今田法律事務所
今田法律事務所
今田法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

———————————————————
✔︎ 30年以上一貫した取り扱い実績あり
✔︎ 加害者側のみならず被害者側も対応可
✔︎ 初回相談無料
———————————————————

刑事事件では、初動対応がとても重要です。
毎月一定数のご相談を承っていますが、迅速な接見対応から今後の見通しなどを適切にアドバイスしております。また、弁護士になる以前は、書記官として裁判所に勤めておりましたので、多数の裁判を裁判所側として見てきた経験があります。そのため、刑事事件において、弁護士がどのような駆け引きをするのかについても熟知しております。

これらの知見をもって事件対応を進めているだけではなく、時には被害者側の弁護も行っており、相手の出方を理解した上で交渉を進めております。

孤独・辛い状況にいる方の味方として、最善の解決となるように尽力いたしますので、お困りの際には、お早めにご相談ください。

お寄せいただく相談例

  • 身内が逮捕された。
  • 前科をつけたくない。
  • 無実を証明してほしい。
  • 被害者と示談をしてもらいたい。
  • 飲酒運転をしていた加害者に厳罰を求めたい。

重点取り扱い案件

  • 窃盗
  • 傷害
  • 飲酒に伴う暴行
  • 違法薬物の使用・所持
  • 詐欺
  • 自動車運転危険罪

ご相談にあたって

対応体制

1)事前予約で休日・夜間(18時半まで)相談可能
2)状況に応じ、電話相談可能
3)納得いただけるまで、とことん話し合いを行います
4)ご心配の多い費用面では、相談時に見積もりを作成しております

費用について

1)お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料
2)状況に応じ、着手金の後払いが可能な場合があります
3)着手金の範囲で保釈請求、接見、示談交渉を行います(日当等不要)

アクセス

・岡山駅から徒歩15分
・お車でお越しの場合には、事務所専用駐車場をご利用ください。

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、相談料は0円になります。
弁護士費用 費用の目安
・事案簡明な起訴前弁護の着手金:15万円~
・事案複雑な起訴前および起訴後の着手金:25万円~ 
・成功報酬(起訴猶予・無罪・執行猶予)は着手金と同額が目安となります。 
・いずれも事件の複雑性や経済的なご事情を勘案し、ご相談に応じます。
備考欄 事件の内容やご状況に応じて捜査機関への出頭へのご同行などにも柔軟に対応してきました。お気軽にご相談ください。

※上記は全て税込です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(5件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

自動車運転過失致死事件

  • 交通犯罪
依頼主 40代 男性

相談前

自動車を運転中に前の車に追突し、その前の車はブレーキを踏むつもりでアクセルを強く踏み込んだため、前の車は走行中の自転車に衝突し、自転車に乗っていた人が死亡しました。検察官は追突した人が全面的に悪いと主張し、ブレーキとアクセルを踏み間違えた前の車には過失はないと主張しました。

相談後

裁判では、ドライバーの常識から考えて、前の車のブレーキとアクセルの踏み間違は過失であると主張し、裁判官もこの事情を考慮し、追突した人に対し、執行猶予の判決を下しました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

刑事裁判の審理においても一般的な常識というものさしで判断することが大切です。この場合も、前の車のブレーキとアクセルの踏み間違えがなければ自転車に乗っていた人は死亡することがなかったという事実を素直に直視することが重要です。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

薬物常習犯の保釈事案

  • 覚せい剤・大麻・麻薬
依頼主 40代 男性

相談前

薬物常習犯は実刑になる可能性が高く、検察官、裁判官は逃亡のおそれを気にして保釈が認められにくいのが実情です。しかし、被疑者としては、突然逮捕されたのですから、保釈で出て身辺整理をする必要があり、何とか保釈してももらいたい、という相談でした。

相談後

保釈が認められるためには、保釈金としっかりとした身元引受人がいることを裁判官に理解してもらう必要があります。そのため弁護人は裁判官と面談し、被告人の状況を説明します。この場合も、保釈の条件として、被告人が毎日、弁護人に保釈期間中の状況を連絡するということを条件にして、保釈をしてもらいました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

保釈には、裁判官に対し、被告人を保釈にしても逃げない、証拠隠滅をしない、ということを理解してもらうことが大切です。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

詐欺罪で逮捕されたが、早急に示談解決をして釈放されたケース。

  • 詐欺
依頼主 男性

相談前

朝、am8:00過ぎに今田法律事務所に電話がかかってきました。「警察が自宅に逮捕状を持ってきた。これから逮捕される。容疑は詐欺だ」とのことでした。

相談後

私は、被疑者の携帯で逮捕に来ている警察官と話をし、私が自宅に行くまで待ってもらうことにし、am9:00すぎに被疑者宅に到着し、20分程度事情を聞き、そこで、詐欺の被害者とその弁護士が誰か被害金額がいくらかなどの情報を聞き出し、被疑者に弁護士に対するこの件の委任状を書いてもらいました。被疑者はam9:30ころ警察車両に載せられ、留置場へ連行されました。その後、直ちに、被疑者の妻に被害金額相当額を用意してもらい、被害者の弁護士と示談交渉をし、検察官とも話をし、その結果、彼は逮捕から2日後には留置場から釈放されました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

この件は、弁護士の動きのスピードがいかに大切かを物語るものです。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

常習窃盗者の弁護について

  • 窃盗・万引き
依頼主 50代 女性

相談前

万引で過去に何回も逮捕されている人から「また、つかまりました。今、警察にいます」との電話がありました。万引きの額は少額でしたが、万引きの前科が何回もあるので、起訴されれば長期の実刑が待っていました。

相談後

そこで、保護司、親族の身元引受書、被害者との間の示談書、今後の更生プログラムを検察庁に提出し、検察官と直談判しました。結果、起訴猶予処分にしてくれました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

これは、万引きの額が少額であり、被害者との間で示談ができ、身元引受書の提出ができたことによるものです。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

少年が窃盗容疑で参考人として警察に呼ばれた

  • 少年事件
  • 窃盗・万引き
依頼主 10代 男性

相談前

少年が窃盗事件で取調べを受けました。本人は身に覚えがないというケースでした。警察は監視カメラにより少年が窃盗の被害があった建物に入る画像があることを理由に、強引に少年を犯人にしようとしていました。

相談後

しかし、建物に入ったからといって窃盗をしたとはいえません。警察は少年に対し、「本当のことを言わないと逮捕することにより、いつ外に出れるかわからない。認めてしまえば、起訴猶予にしてもらえる」などと言っていたようです。このケースは少年にウソの自白をしないように、心が折れないようにサポートしました。その結果、警察も少年を窃盗で立件することはあきらめました。

今田 俊夫弁護士からのコメント

今田 俊夫弁護士

このように、「逮捕する」と言われると、人の心は折れそうになります。折れてウソの自白をしてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。少年事件では少年の心に寄り添うことが大切です。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
今田法律事務所
所在地
〒700-0817
岡山県 岡山市北区弓之町2-9 弓之町ビル7階708
最寄り駅
岡山駅から徒歩15分
交通アクセス
駐車場あり
対応地域

中国

  • 岡山

電話で問い合わせ
050-5815-2538

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

今田 俊夫弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5815-2538
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:30 - 18:30
  • 土曜10:00 - 17:00
定休日
日,祝
備考
事前にご予約をいただければ、日曜・祝日のご相談にも対応可能です。
交通アクセス
駐車場あり