現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
力武 伸一弁護士

( りきたけ しんいち ) 力武 伸一

力武法律事務所

交通事故

分野を変更する
【初回相談・着手金無料】後遺障害等級認定の申請も含め、交通事故のあらゆる問題に対応します。弁護士はあなたの強い味方となります。ご相談ください。
力武法律事務所
力武法律事務所
力武法律事務所

事務所は,長崎市立図書館の向かい側にあり,興善町バス停から徒歩1分です。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

ーーー◆丁寧なヒアリングのもとに対応します◆ーーー
長崎は、車を普段の生活に活用される方が多い地域です。そのため交通事故によるトラブルも多く、お困りの方が日々ご相談に来られます。個人のお客様をはじめ、大手損保会社や損保代理店からも継続的にご相談、ご依頼をいただいており、多く取り扱っております。

初回相談(無料)において、相談時間を多く確保して、依頼者の方のお話をじっくり伺うことを心がけています。お話を伺う中で、依頼者の方が最も希望されること(例、治療を継続したい(治したい)、後遺障害等級認定申請手続でできる限り高い等級を獲得したい、できる限り早く示談したい)をしっかりとヒアリングした上で、その後の流れも踏まえた方針を立てるようにしています。

また、後遺障害等級認定申請手続では、医療記録の精査をはじめ、医療文献等も調査した上で、後遺障害診断書の作成に関するアドバイスのほか、必要に応じて主治医との面談にも同行させていただいており、特に力を入れて取り組んでいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当事務所の特徴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】弁護士特約ご利用可
【2】後遺障害等級認定の申請手続にも注力
【3】全国出張可能
【4】当日・休日・夜間相談可
【5】「早く」「分かりやすく」「親しみやすく」対応します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このようなお悩みはお任せください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
✔被害者の方が死亡された場合、あるいは、怪我をされ、その後、後遺障害等級が認定された事案で、加害者の保険会社から提示された示談金額が妥当か教えてほしい。
✔被害者の方が治療中であり、まだ痛みが残っているにもかかわらず、突然、加害者の保険会社から近日中に治療費の支払いを打ち切るという連絡がきた。どのように対応すればよいか教えてほしい。

特に、以下のケースに注力しています。
・後遺障害等級認定申請手続
・死亡事故事案
・むち打ち事案(後遺障害等級認定非該当の場合を含む)

交通事故発生後の治療開始→後遺障害等級認定申請手続→示談交渉→訴訟まで幅広く対応しておりますので、安心してお任せください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご相談・ご依頼費用のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■初回相談料無料
少しでも早く、気軽にご相談していただけるよう初回法律相談を無料とさせていただいております!

■着手金も無料
着手金無料で全面的にサポートいたします!

■弁護士特約
自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

<アクセス>
興善町バス停から 徒歩1分

<事務所ホームページ(交通事故)>
https://rikitake-law.jp/jiko/

この分野の法律相談

車から降りる時足を滑らせ、左手首を骨折しました。加入している自動車保険で治療費等は支払いして頂いているのですが、治療をはじめてから三ヶ月ほどして打ち切りたいという連絡があり、まだ痛みもあるのでもう少し治療させて欲しいと思ってます。 自分の保険で治療をしなければならないのでしょうか? ⚪⚪円とい...

主治医と面談されて,主治医がまだ通院(治療)の必要があるとの意見であれば,主治医から保険会社へ直接連絡していただく又はその旨の意見書を作成していただいて保険会社を説得するよう試みた方がよいと思います。 それでも治療費が打ち切りになった場合,一旦,健康保険を利用して治療していただき,その後,後遺障害等級が認定され,治療の必要性・相当性も認められれば,打ち...

力武 伸一弁護士

三年前の交通事故による入通院を経て、先月、今後の障害認定に備えて自賠責後遺障害診断書をもらいました。 この診断書に記載されている内容が、私が主張した内容(疼痛や痺れの状態)よりも軽く記載されているような感じを受けました。 また、診断書の末尾にある「障害内容の憎悪・緩解の見通しについて記入してく...

①現時点での診断書の内容と主張、受傷の詳細とこれまでの治療内容等を踏まえて診断書の加筆修正部分について弁護士に相談された上で、②ご本人又は代理人弁護士を通じて主治医に加筆修正を依頼された方がよいと考えます。

力武 伸一弁護士

9:1で自分が9加害事故なのですが腫瘍の破裂による後遺症障害を人身障害保険でカバーしてもらう事は可能でしょうか?

後遺障害等級認定されることが前提となりますが,認定された場合には人身傷害保険の基準で支払われる可能性があると考えます。

力武 伸一弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(初回)
着手金 無料
報酬金 ①保険会社からの事前提示がない場合
→20万円+取得額の10%(税別)

②保険会社からの事前提示がある場合
→20万円+増額した金額の20%(税別)
備考欄 上記料金は、自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用することができない方の場合です。弁護士費用特約を利用することができる方につきましては、同特約の基準に従い、(弁護士費用を支払う)保険会社へご請求させていただきます(原則として弁護士費用の自己負担はありません)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(5件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【肩関節の機能障害(後遺障害等級12級)の兼業主婦について、弁護士介入後、保険会社からの提示額より約400万円増額した事案】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

依頼主の方は、交通事故により、受傷し、既に治療が終了され、後遺障害認定手続(相手方保険会社による事前認定手続)で後遺障害等級12級の認定を受けられており、相手方保険会社から、依頼主に対し、同等級を前提とした示談金額(約380万円)が提示されているという状況でした。

依頼主の方としては、同金額が妥当か否か知りたいとのことでご相談に来られました。

相談後

当職において、相手方保険会社からの示談金額及びその内訳を確認したところ、依頼主の方の後遺障害の内容に照らして、休業損や逸失利益の金額が低すぎること、依頼主の過失割合も高いと判断しました。そこで、当職において、同種事案を含めた複数の裁判例を調査した上で、同裁判例や依頼主の方の後遺障害による仕事(主婦業)への支障等や依頼主の過失割合が低いことも主張した上で相手方保険会社との間で賠償額の増額交渉を行いました。その結果、休業損害、逸失利益についてはほぼ当方の主張通りの金額が認められ、保険会社からの事前提示額より合計約400万円増額した金額(約780万円)で解決することができました。

力武 伸一弁護士からのコメント

力武 伸一弁護士

当職において、同種事案を含めた複数の裁判例を示したことや依頼主の方の後遺障害による仕事への支障や妥当な過失割合も主張したことで適切な賠償額による解決を図ることができました。

交通事故の解決事例 2

【弁護士介入前、むち打ち(外傷性頸部症候群・腰椎捻挫)の自営業者について、腰椎捻挫について後遺障害等級非該当(被害者請求)→異議申立てにより、後遺障害等級14級が認められた事案】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

依頼主の方は、交通事故により、受傷し、治療中の状況でしたが、治療費等の支払いを含め相手方保険会社(担当者)とのやり取りがご負担となっているとの理由で、ご相談に来られ、治療中の段階から当職が受任することになりました。

相談後

当職が受任して間もなく、相手方保険会社から治療費の支払いの打ち切りに関する連絡があったため、依頼者を通じ、主治医の先生から今後も治療が必要である旨の意見書を作成していただく等して交渉を行いました。

その後、当職において後遺障害認定申請手続を行ったところ、頸部の後遺障害については、後遺障害等級14級が認められましたが、腰部の後遺障害については、非該当という結果でした。

非該当の理由を覆すための資料を取り付け、新たな証拠として添付して異議申立てを行ったところ、依頼者の方の腰部の後遺障害についても14級の後遺障害等級が認められました。

もっとも、通院期間や過失割合など争点が多岐にわたったため、結果的に訴訟に至りましたが、最終的に、訴訟前において依頼主の方が頸部・腰部いずれも後遺障害等級14級が認定されていること等も踏まえ、当方が主張する通院期間を前提として、保険会社提示額よりも約100万増加した金額で解決することができました。

力武 伸一弁護士からのコメント

力武 伸一弁護士

治療中から訴訟まで長期にわたる事案でしたが、初回相談の際に、あらかじめ依頼主の方が最も希望されることを含めヒアリングした上で後遺障害認定申請手続をはじめとするその後の流れについてご説明し、ご理解いただいていたおかげで最終的に解決をすることができました。

また、解決にあたり、訴訟提起前に腰部の後遺障害について異議申立てを行い、後遺障害等級が認定されていたことも大きかったと思います。

交通事故の解決事例 3

【弁護士介入前、TFCC損傷(後遺障害等級12級)の給与所得者について、弁護士介入後、保険会社からの事前提示額より約500万円増額できた事案】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

依頼主の方は、交通事故により、受傷し、既に治療が終了され、後遺障害認定手続(相手方保険会社による事前認定手続)で後遺障害等級12級の認定を受けられており、相手方保険会社から、依頼主に対し、同等級を前提とした示談金額(約500万円)が提示されているという状況でした。

依頼主の方としては、同金額が妥当か否か知りたいとのことでご相談に来られました。

相談後

当職において、相手方保険会社からの示談金額及びその内訳を確認したところ、依頼主の方の後遺障害の内容に照らして、逸失利益(=後遺障害が残り、労働能力が減少するために将来発生する収入の減少)の金額が低すぎると判断しました。

そこで、当職において、同種事案を含めた複数の裁判例を調査した上で、同裁判例や依頼主の方の後遺障害による仕事への支障も主張した上で相手方保険会社との間で賠償額の増額交渉を行いました。

その結果、逸失利益をはじめ保険会社からの事前提示額より合計約500万円増額した金額(約1000万円)で解決することができました。

力武 伸一弁護士からのコメント

力武 伸一弁護士

後遺障害等級が認定された事案や死亡事案では、逸失利益が争われることが多いです。

本件では、当職において、同種事案を含めた複数の裁判例を示したことや依頼主の方の後遺障害による仕事への支障も主張したことで適切な賠償額による解決を図ることができました。

また、本件は、受任後、1~2か月で解決まで至ることができ、比較的スピーディーに解決することができたと思います。

交通事故の解決事例 4

【肩関節の機能障害(後遺障害等級12級)の兼業主婦について、弁護士介入後、保険会社からの提示額より約400万円増額した事案】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

依頼主の方は、交通事故により、受傷し、既に治療が終了され、後遺障害認定手続(相手方保険会社による事前認定手続)で後遺障害等級12級の認定を受けられており、相手方保険会社から、依頼主に対し、同等級を前提とした示談金額(約380万円)が提示されているという状況でした。

依頼主の方としては、同金額が妥当か否か知りたいとのことでご相談に来られました。

相談後

当職において、相手方保険会社からの示談金額及びその内訳を確認したところ、依頼主の方の後遺障害の内容に照らして、休業損や逸失利益の金額が低すぎること、依頼主の過失割合も高いと判断しました。そこで、当職において、同種事案を含めた複数の裁判例を調査した上で、同裁判例や依頼主の方の後遺障害による仕事(主婦業)への支障等や依頼主の過失割合が低いことも主張した上で相手方保険会社との間で賠償額の増額交渉を行いました。その結果、休業損害、逸失利益についてはほぼ当方の主張通りの金額が認められ、保険会社からの事前提示額より合計約400万円増額した金額(約780万円)で解決することができました。

力武 伸一弁護士からのコメント

力武 伸一弁護士

当職において、同種事案を含めた複数の裁判例を示したことや依頼主の方の後遺障害による仕事への支障や妥当な過失割合も主張したことで適切な賠償額による解決を図ることができました。

交通事故の解決事例 5

【弁護士介入前、歯を骨折した(後遺障害等級非該当)未成年者について、保険会社からの事前提示額より約330万円増額した事案】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 10代 男性

相談前

依頼主の方(被害者の方のお母様)は、被害者であるお子さんが交通事故により、受傷され、その後、相手方保険会社から将来治療費を含めた示談金額(約50万円)が提示されているという状況でした。

依頼主の方としては、同金額が妥当か否か知りたいとのことでご相談に来られました。

相談後

当職が精査したところ、骨折された歯の本数に照らして、後遺障害等級の認定は難しいものの、後遺障害等級認定とは関係なく、今後もインプラント等の治療が継続的に必要であり、そのための将来治療費としては、低すぎると判断しました。もっとも、その治療の必要性や内容、治療費の金額を算出するため、主治医との面談に同行するほか、主治医宛ての依頼書を作成し、治療の必要性や治療内容に関する意見書や将来治療費についての見積書の作成を依頼しました。その後,同書類を添付して相手方保険会社と交渉を行った結果、将来治療費が大幅に増額し、保険会社からの提示額より約330万円増額した金額で解決することができました。

力武 伸一弁護士からのコメント

力武 伸一弁護士

初回相談の際に、あらかじめ依頼主の方が最も希望されることを含めヒアリングした上で、裁判例等を調査するほか、主治医の意見書や将来治療費の金額に関する見積書など医学的観点からの立証も行ったことで解決することができました。また、解決にあたり、主治医が協力的であったことも大きかったと思います。

交通事故

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
力武法律事務所
所在地
〒850-0033
長崎県 長崎市万才町7-1 TBM長崎ビル4階
最寄り駅
興善町バス停から 徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

全国

事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 相続
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5356-9685

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

力武 伸一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5356-9685
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土曜09:00 - 17:00
定休日
日,祝
備考
時間外及び日曜祝日のご相談や打合せも事前のご予約により受け付けております。
交通アクセス
駐車場近く