現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大澤 祐紀弁護士

( おおさわ ゆうき ) 大澤 祐紀

アクシス法律事務所

労働問題

分野を変更する
【人事労務問題専門弁護士】【事業者側専門弁護士】経営者・人事総務担当者の皆様を支援致します。日常労務相談、裁判上紛争、団交対応等あらゆる労務問題に対応致します。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

労働に関する法律と、労働の「現場」の架け橋になって、事業の円滑化に貢献すること

私が、人事労務問題に事業者側のみで専門的に取り組むのは、一言でいえばこの思いを実現するためです。

労働に関する法律はたくさんあります。労働基準法、労働契約法等等…しかし、これらは得てして、事業者(使用者)にとっては厳しいルールとなっていて、裁判所の判断も、事業者にとって厳しいものが多いです。

でも法律は従うべきルール。だからルールに従いましょう。

こう言うのは、ある意味簡単なことです。
当然、法律は守らなくてはいけませんし、違反すればペナルティがあります。
そのことは大前提として認識しなければなりません。

しかし、一方で、現実に動いている「労働の現場」があります。
そこに「法律を押し付けただけ」では、法律を守れないか、現場が破綻するかのどちらかです。

私が目指すのは、事業者の皆様が、労働に関する法律と上手くお付き合いする架け橋になること。
「法律を押し付けるだけ」ではなく、「法律を守りながら現場を守るにはどうしたらいいか」を考えること。
その取り組みが、結果として、事業の円滑化、事業の発展、良好な労働者との関係に寄与するものであると確信しています。

使用者側専門で労働問題に数多く取り組んで参りました

・大阪以外の関西地域ではまだ少ない【使用者側専門】の弁護士です。
・多数のクライアント様からの労務相談等によるノウハウの蓄積があります。
・【人事を育てる】ためのノウハウの提供を惜しみません。
・会社の現場を重視し、丁寧な相談対応を心がけております。
・労働組合との団交対応等、通常敬遠されがちな問題にも積極的に支援。
・小規模事業者様からのご相談も多数いただいております。

以下のようなご相談を数多く頂いております。

・社内でハラスメントを受けたとの社員の訴えがあった。どう対処する?
・業務指示に従わない社員がいる。どう対処したらよいか?
・メンタルの問題で休職している社員への対応は?
・労働組合から団体交渉の申し入れがあった。どう対処したらよいか?
・社内で不正行為を行った社員がいる。懲戒処分できるのか?
・労働局でのあっせん、裁判所での労働審判を提起されてしまった。

労働問題は早期対応が命。専門性の高い弁護士へ是非ご相談ください。

・労働問題は、会社の「人」が関わる以上避けては通れない問題。
・今後の見通しを踏まえながらの早期対応が極めて重要です。
・労働問題に費やす社内のエネルギーを低減し本来の会社業務の増進へ。

事業者様に応じた多様な顧問契約プランをご用意。

・「必要なサービス」の度合いによる複数の顧問契約プランをご用意。
・ミニマムプランは月額1万円~の顧問契約も可能。
・プランに応じて弁護士費用割引等様々な特典もございます。

講演、社内研修も承っております。

・滋賀県社労士会での研修講師を担当する等、講演経験も豊富です。
・ハラスメント研修、勉強会等の依頼も承っております。

対応地域

重点対応:京都、滋賀、奈良、大阪(その他地域出張可)
京都を拠点としていますが、滋賀・奈良といった地域からのご相談は多数ございます。

<ご注意>
上述の通り、労働問題に関しましては、使用者側専門の取り扱いとさせていただいております。労働者側でのご相談は、大変申し訳ありませんがお受けできませんので、ご理解のほどお願い致します。

ご相談について

・事前予約をいただければ、夜間・休日相談も可能です。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税別)
着手金 個別の事案内容により事前にご提案致します。
成功報酬 個別の事案内容により事前にご提案致します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(4件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

従業員が地域合同労組に加入し、社内での配置転換に関して団体交渉を求めた事例

相談前

社内で配置転換を行った従業員Aが地域合同労組に加入し、突然、当該合同労組から団体交渉の申し入れが行われました。

相談後

複数回にわたって団体交渉に臨み、最終的に会社の立場を丁寧に説明したことで、その後交渉の申し入れはなくなりました。

大澤 祐紀弁護士からのコメント

大澤 祐紀弁護士

近年は地域合同労組の活動が活発です。
在職中の従業員の場合、訴訟や労働審判を起こすことは気が引けるけど、労働組合なら…という形で労働組合に加入し、団体交渉を申し入れられるケースが非常に増えています。

団体交渉の対応は、訴訟や一般の交渉とは少し異なった場面です。
交渉場所、時間の設定から、交渉の席での対応等を誤ると、会社は極めて不利益な労働協約を結んでしまい、これが後の会社運営にとって大きな支障となるケースもあります。
一方、不誠実な交渉は、不当労働行為として大きな問題に発展します。

特に団体交渉経験に乏しい会社等では、弁護士が適宜団体交渉に参加し、会社の立場を守りながら交渉に臨んでいくことが重要です。

労働問題の解決事例 2

違法な退職勧奨による慰謝料請求等が争われた事例

  • 不当解雇

相談前

正社員に対する退職勧奨が違法である(暴言等)として、慰謝料請求等が行われました。

相談後

依頼者(会社側)から事情を聴くと、違法な退職勧奨と受け止めるのは誤解であるとのことでした。やりとりの事実関係、また表現内容等についても適切に反論を行いました。
最終的に、当該従業員の退職を内容に含む合意が成立しました。

大澤 祐紀弁護士からのコメント

大澤 祐紀弁護士

中小企業では特に、正社員に対する退職勧奨が、あまり法的側面を意識せず行われているケースが散見されます。
むろん、社員との信頼関係の中で人事を運営される能力を持った社長はたくさんいらっしゃいますが、しかしそれでも、時として紛争に発展することは少なくありません。

弁護士が関与するからといって、今までのやり方を1から100まで全て変えることになる、というわけではありません。それまでの社風、経営のやり方を見ながら、しかし法的なリスク制御の意識をどのように取り入れていくか、弁護士も一緒になって考えていきたいと考えております。

労働問題の解決事例 3

有期契約社員の雇止めに対し雇止めの有効性が争われた事案

  • 不当解雇

相談前

有期契約社員につき、その能力面の問題等から雇止めを行ったところ、雇止めは無効であるとして、賃金仮払の仮処分命令の申立てがなされた事案。

相談後

当該社員の職務上の問題行動等を丁寧に主張のうえ、最終的に、当該仮処分の手続きの中で合意退職の和解が成立しました。

大澤 祐紀弁護士からのコメント

大澤 祐紀弁護士

近年では、そもそも更新を繰り返した有期契約社員の無期転換の法整備がなされるなど、雇止めには非常に厳しい視線が向けられています。
本件は仮処分手続という比較的タイトなスケジュールでの対応が求められる手続ながらも、雇止めに関する合理的理由の主張し、最終的な合意退職の和解に繋がりました。仮処分手続等への対応は、特に経験のある弁護士がお勧めと言えます。

労働問題の解決事例 4

配置転換を行った従業員が配置転換の無効を主張して労働審判に及んだ事件

  • 労働条件・人事異動

相談前

在職中の職員から、既に行われた配置転換の無効(多大な不利益があること等)を主張して労働審判を提起されました。

相談後

労働審判内で、配置転換に有効性について丁寧に主張を行い、むしろ労働審判内の手続きで、合意退職することで調停が成立しました。

大澤 祐紀弁護士からのコメント

大澤 祐紀弁護士

在職中の訴訟、労働審判の提起は、事例として比較的少ない方ではありますが、時々見られるケースです。
会社側にとっては、従業員の解雇は非常にハードルが高いものの、このように在職中の訴訟、労働審判の機会を、逆に合意退職の機会に変えられることもあります。むろん、提起された訴訟、労働審判にしっかりと対応して、会社として良い流れの中で裁判所の手続きを進めていくことが、結果的に会社にとって良い合意を得ることに繋がります。
当該紛争だけに目を向けるのではなく、最終的な会社の利益、希望を見据えながら対応していくことが何よりも重要です。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
アクシス法律事務所
所在地
〒604-0865
京都府 京都市中京区竹屋町通烏丸西入ル ジュンアートビル2階
最寄り駅
丸太町駅
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
事情により,夜間・休日も対応致します。

電話で問い合わせ
050-5349-6965

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

大澤 祐紀弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5349-6965
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
事情により,夜間・休日も対応致します。