洲本犯罪・刑事事件を扱う弁護士を検索

依頼者は「2麻薬やシンナーなどで心身喪失状態になった場合は刑法39条一項は適用されますか?」「まだ証拠は得てはいないのですがもし相手が同業者だった場合、窃盗罪等で訴えることは可能でしょうか?」などの不安を抱えております。その他にも盗撮・のぞき,児童ポルノ・わいせつ物頒布等,痴漢,傷害,ひき逃げといった相談が寄せられます。弁護士ドットコムでは洲本で初回相談を無料で対応してくれる弁護士や弁護士費用を分割払いで応対してくれる弁護士といった様々な条件で弁護士を比較することができます。また、横領,強姦・レイプ,詐欺,少年事件などを取り扱う弁護士も探せます。具体的には「犯罪・刑事事件が専門の弁護士やレビューが良い弁護士の選び方などの情報はリサーチしたけど、洲本周辺の法律事務所の弁護士を料金で検討したい」などのニーズにも応えることができます。弁護士の中には「報酬基準内で協議によって報酬を決定できる場合もございますので、弁護士費用にご不安な方も、是非ご相談ください。」とおっしゃる方もおります。犯罪・刑事事件で弁護士を探している方は営業時間や能力などの条件を踏まえて、自分に合った弁護士に一度相談をしてみてください。

現在の検索条件と変更

  • 地域・駅
    洲本市
  • 詳細条件
    犯罪・刑事事件

検索条件に合う弁護士

上の検索条件を変更して、再度検索してください。
上の検索条件を変更して、再度検索してください。

検索条件を変更する

  • 地域・駅
    洲本市
  • 詳細条件
    犯罪・刑事事件