お気に入りに追加
中村 憲昭弁護士

( なかむら のりあき ) 中村 憲昭

中村憲昭法律事務所

犯罪・刑事事件

分野を変更する
 否認事件,裁判員裁判事件を多く手掛けています。逮捕前に受任した事件では,身柄拘束されることなく不起訴に持ち込むことも多いです。
中村憲昭法律事務所
中村憲昭法律事務所
中村憲昭法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

 多くの弁護士にとって,刑事事件だけを業務の中心に据えることはこれまであまりありませんでした。刑事事件の分野においては,弁護士費用とその弁護人の能力が比例していないように感じます。
 刑事弁護は,公判弁護もさることながら,「起訴されない弁護」すなわち捜査段階での充実した弁護活動が重要です。単に捜査機関の取調べに対応するだけではなく,事件が犯罪ではないことを示す証拠や,客観的状況,すなわち「ケースセオリー」を検察官に分かりやすく説明する必要があります。
 季刊刑事弁護の実務家編集委員に就任したことから,刑事弁護の先端を知ることが出来ることは私の強みです。

 夜間、休日及び当日は状況に対応出来ない場合もあります。

この分野の法律相談

2か月程前に近所の爺さんから暴行され警察に被害届を出しました。 証拠動画を提出し、供述調書を2回取られ現場検証も2回されまして、本日担当検事から 電話がきましてその検事が言うには (被疑者と言う事が違うので1度こちらへ来て話を聞かせてください)というので当方は遠いし面倒だし 警察にあれだけ何...

1 検察官が直接事情を訊けない場合は、起訴しない方向になることが多いです。 2 罰金刑に処す場合でも、略式公判請求という手続きが必要です。  起訴するかどうかを決めるのは検察官です。  事件の重さ(犯情)、被害感情、被疑者の反省の程度や前科の有無等で起訴するかどうか決めるのですが、検察官は、仮に被疑者が否認に転じても有罪を確実に取れるか、を常に考えています...

中村 憲昭弁護士

既に訴状を提出して書記官も決定。被告には訴状送達前。書記官から書類の不備指摘の連絡があり、収集中。その際、原告訴状最後の頁の証拠、甲第○号証のなかに、間違えて出したくない証拠書類名が記載してある事に気付き、その頁だけ差し替えしたいと申し出ました。欠番では、証拠書類を送達しないだけで、書類名が...

いったん取り下げると良いと思います。

中村 憲昭弁護士

痴漢事件を友人が起こしました。 その際新聞報道されたのですが、休日で会社名は載っていませんでした。しかし氏名、番地、年齢等は載っておりました。 結局、不起訴処分になり友人は逮捕されたものの、示談で解決しました。 会社には報告せず、勤務しておりましたが、それの新聞報道をみた会社同僚が、得意...

 名誉棄損が成立するためには、不特定多数の者に事実を流布する必要があります。  今回の場合は、会社に対して事実を申告したに過ぎませんから、名誉棄損罪には該当しません。  また、目的としても、「会社に取引先から問い合わせがあった」という事実を、会社の信用維持のために告げただけですから、正当な目的の範囲内でしょう。 むしろ、友人は不起訴になったとは...

中村 憲昭弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5400円(税込)。但し,事案を把握するため,初回はおよそ1時間程度を見込んでいただければと存じます。
着手金 被疑者弁護で自白事件の場合 21万円~540,000円(税込)。
公判弁護も同金額ですが,被疑者弁護から引続き対応する場合は,追加着手金として105,000円のみで結構です。

争いのある事案の場合や追起訴事件が見込まれる場合は,応相談とさせて下さい。315,000円~です。

裁判員裁判の場合は,公判前手続から後半終了まで相当の準備が必要ですので,54万円~となります。
成功報酬 争いのない事件の場合 216,000円~54万円
否認事件の場合 応相談
裁判員裁判の場合,54万円~
補足説明  保釈請求は当然の活動と考えているため,追加の着手金や報酬は決めません(事件の労力により,事件全体の着手金・報酬に含めてご提案させていただきます)。
 接見回数による増額もありません。当然の活動だからです。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(5件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

窃盗未遂で「非行事実なし」で釈放された事例

  • 少年事件
  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 10代 男性

相談前

 落し物のキャッシュカードでATMから現金を引き出そうとしたとの容疑で,窃盗未遂罪で逮捕された事例です。
 被疑者は少年で,落し物を届けようと思ったが忘れたまま家のそばまで帰ってきてしまい,たまたま郵便局を通りかかった際,ふと残高が気になって残高照会をしたところ,盗難届が提出されていたために逮捕されてしまいました。
 被害者がカードに暗証番号をメモしていたという事案でした。

相談後

 被疑者の少年から詳細に事情を聴取したところ,ATMを操作した事実はあったものの,引出しではなく,残高照会をしたに過ぎないことがわかりました。
 少年に対しては,「ATMを操作した」というだけではなく,その操作が残高照会に過ぎないことを捜査機関に説明するよう助言しました。
 捜査機関からの暴言に対しては,検事正宛に捜査の是正を求める内容証明郵便を送付して対抗しました。
 

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 最終的には,家庭裁判所で「非行事実なし」と認定され,審判不開始で終了しました。
 少年自身が,過酷な取り調べに耐えたことも,成功した理由の一つだと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

強姦未遂で勾留満期前に不起訴を勝ち取った事例

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 40代 男性

相談前

アパートの上下階に住んでいて被疑者と被害者が顔見知りの事例です。
被疑者(男性)が被害女性と家の前で会った時に意気投合し,飲みに行くことになりました。
飲んでいるうちに良い雰囲気になったため,キスをしたところ,女性は拒みませんでしたが,性交渉に及ぼうとしたら拒まれました。
そのため男性は行為を中止したのですが,気まずくなって帰宅しました。
翌朝,インタフォンが鳴ったので玄関を開けると,警察が来ていて逮捕されてしまいました。

これは私の知人が被疑者として逮捕された事件です。
新聞報道で発見し,警察署に駆けつけたところ,事実とは異なるとのことだったので,刑事援助事件として受任しました。

相談後

 新聞報道では「男性が宅配便を装って呼び鈴を押し,そのまま押し入った」とされていました。
 しかし,顔見知りでもあるのに,顔を隠さないままそのような強引なやり方で家に侵入するのは不自然です。
 そのため,その矛盾を指摘したうえで,男性が顔を隠してもいなかったこと,一緒に飲む約束をして家に入ったので,自宅にビールの空き缶が残っているはずであることなどを検察官に伝え,勾留処分に対しては裁判所に対し準抗告を求めました。

裁判所への準抗告は却下されてしまいましたが,検察官は弁護人の意見を相当程度酌みとってくれたようで,勾留満期を待たず,7日目に被害者の告訴を取り下げさせ,釈放してくれました。

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 強姦事件は密室で行われることが多いので,女性の証言だけで逮捕・勾留という重大な不利益を受けることが多いです。
 残念ながら一旦起訴されてしまうと,裁判所は無罪をなかなか出してくれません。早期の身柄解放も必要ですので,出来る限り早期に受任し,こちらに有利な証拠や事実を検察官にぶつけて行くことが重要です。

強姦事件については,ほかにも数件不起訴を勝ち取ったことがあります。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

窃盗ほう助罪で不起訴を勝ち取った事例

  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

 組織的なRV車窃盗団の一員として窃盗ほう助罪に問われた事件です。
 男性はガソリンスタンドに勤務していました。
 そこへ客として先輩が表れ,雑談をしていたところ,先輩から,RV車が来たら鍵番号と車両番号を教えて欲しいと頼まれました。
 男性は,尊敬する先輩からの頼みということもあり,犯罪行為とは知らずに数台の車のナンバーと鍵番号を教えました。

 数日後,窃盗ほう助罪で逮捕されてしまいました。

相談後

 窃盗の故意,つまり「犯罪だと薄々気づいていたかどうか」が争われた事案です。
 とにかく,警察の調書を取らせないよう,毎日接見しました(ちなみに,地方の事件です)。
 警察は「犯罪だとはっきりとわからなかったが,よく考えれば犯罪だと分かったと思います」というような,いわゆる未必の故意を認めたかのような調書を作成しようとしましたが,頑としてこれを拒否しました。

 一方で,男性との接見を通じて,男性が犯罪行為を意識していなかったことを示す事実を見つけました。
 男性は,RV車以外の車についても,先輩を喜ばせようと鍵番号を教えていたのです。
 このことは,「先輩がRV車の窃盗をしようとしていた」という事実を知らなかったことを推認させる事実なので,検察庁にもその事実をすぐに伝えました。

 最終的には,嫌疑不十分で不起訴となり,釈放されました。

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 逮捕勾留されると,普段強いと思っている人も弱気になります。
 一度調書を取られてしまうと,それをひっくり返すのはとても難しいです。
 今回の件は,本人が勾留中,調書を取られまいと頑張ったことが成果につながりました。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

いわゆるすすきの条例違反の事件について、検察官取調べもないまま満期前釈放され、不起訴を勝ち取った件

  • 加害者
依頼主 20代

相談前

 すすきの条例違反、具体的には、飲食店スカウトの従業員が、おとり捜査で検挙された事案です。
 捜査機関の捜査手法がまともであれば仕方ないのですが、単に店舗案内のビラを配っていた従業員に対し、おとり捜査官は積極的に、店への案内を求めました。
 従業員は、条例で客引き行為が禁止されていることを知っていたので、店舗の案内は断ったのですが、歩きながら話しかけてくる店員に対し、横に並んで歩きながら質問に答えていたところ「付きまとい行為」を理由に検挙されました。
 事実を認めれば罰金で済むので、多くの場合、被疑者は意に沿わない自白を余儀なくされる事案でした。

相談後

 通常、何が何でも黙秘させる戦術を採ることはあまりないのですが、この事案に関しては、当初から完全黙秘を勧めました。
 被疑者の供述をもとに現場を確認し、被疑者供述が信用出来るものであることを確認しました。
 そのうえで、勾留準抗告及び勾留理由開示を申し立て、身柄拘束の不当性を争いました。
 被疑者の言い分は勾留理由開示裁判の中で、裁判官面前供述として証拠化しました。
 供述内容から被疑事実の要旨の記載内容を合理的に説明出来た(犯罪を意図していない)結果、検察官は、被疑者を取り調べることなく、満期をまたずに釈放しました。
 結局、事件も不起訴となり、罰金さえも払わずに済みました。

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 すすきのでは、看板の文字を読ませて「勧誘行為」を理由に検挙したり、捜査機関は点数稼ぎに躍起になっています。
 いわゆる人質司法がまかり通っている日本の司法においては、被疑者は勾留が長期化することより、罪を認めてでも釈放してもらいたいという気持ちになりがちです。
 本件では、捜査機関に対してきちんと筋を通したことで、結果的に身柄拘束も長くならず、釈放してもらうことが出来ました。
 勾留さえも認めさせないことが出来れば最高の結果だったのですが、勾留が認められてしまったことは唯一の心残りです。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

他の弁護士が実刑確実だと匙を投げたが勾留却下で釈放させた事件

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 40代 男性

相談前

 以前にも受任した方からの接見要請でした。
 自動車運転をめぐる暴行事件で逮捕された件でしたが、依頼者によれば、自称被害者の側から煽られ、信号で停止した際に前に回り込まれて挑発されたため、思わず挑発に乗って車を降り、相手を車から出そうとしたという事件でした。
 自称被害者は、煽っておきながら110番通報し、さも自分が被害者であるかのように被害申告したとのことです。
 依頼者は、通報されたのをみて、逃げるのではなく警察官が臨場するのを待つことにし、路肩に車を停めて20分間待機していました。しかし、執行猶予中だったこともあり、弁解も聞いてもらえず逮捕されたという事案です。

相談後

相談者はお金がないことから、最初は当番弁護士を呼びました。しかし当番弁護士は、相談者が執行猶予中であることから、被害者に相当の落ち度がありながらも、実刑確実だと決めつけました。そして、勾留されるまでやることはないと述べ、受任しなかったという事件です。
さらに当番弁護士は、勾留された後は被疑者弁護人として対応するが、その場合は被害弁償をしたほうが良いと相談者に対して助言しました。
 相談者としては、自分よりも被害者からけしかけられたのに、被害弁償に応じなければならないのかと悩んでいました。


 受任後、話を聞いたところ、ドライブレコーダーがあることがわかりました。
 ドライブレコーダーは警察も確認したとのことでしたが、暴行の場面が写っていたため逮捕されたとのことでした。
 が、本人の供述から、暴行よりも前の場面が重要であると考えたため、その点を勾留尋問の際に十分確認するよう意見書にまとめました。
 さらに、捜査官の尋問から推測される被害者の主張を弾劾しました。

 結局、勾留請求は却下され、検察官も準抗告をしませんでした。

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 はっきり言って当番弁護士の能力不足で、あやうく被疑者が長期間勾留されるという不利益を受けるところでした。
 当番弁護士も私選で受任した弁護士も、やることは変わらないはずです。ただ、当番弁護士は選ぶことが出来ません。
 今回は、証拠が十分残っていたことと、迅速に対応することが出来たおかげで、身柄拘束は一晩で済んだという成功事例でした。

離婚・男女問題

分野を変更する
不貞行為慰謝料の事件を多く取り扱っています。
中村憲昭法律事務所
中村憲昭法律事務所
中村憲昭法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

統計によれば、協議離婚ではなく裁判所での離婚を選ぶ人は全体の10%、そのうち代理人弁護士を選任するのはやはり10数%とのこと。となると、弁護士を選任した事案は、全体のわずか1%少々だそうです。

逆にいえば、弁護士を使わずに泣き寝入りしている例が相当数あるということになります。

相手にお金がない場合など、費用を掛けてまで対応出来ない事案もあります。
ただ、泣き寝入りしなくても良いのに、泣き寝入りしている事案も多いように思います。

財産隠しが疑われる例では、丁寧に財産調査を行います。
不貞行為が争われる事案であれば、勝ち負けの見込みを証拠に基づいて示します。

まずはご相談をいただければと存じます。
調停は長時間に及びますし、他の事件よりも弁護士との相性が大きく影響する類型です。
初回30分に限り相談は無料です。

この分野の法律相談

長くなりますがお答えいただけると助かります。 2つ、お伺いしたいことがあります。 ①婚姻関係破綻後の浮気は慰謝料請求出来ないことを理解しているのですが、今の状況は婚姻関係の破綻と言えるでしょうか? ②浮気相手(離婚に同意しているので浮気と呼べるかは謎ですが)への慰謝料請求はできますか? 私が...

夫婦関係が実質的に破綻していると評価される場合は、戸籍上夫婦であっても、実際の生活が他人と同様、夫婦としての実体が失われないと、破たんとまでは認められないように思います。特に一方が不貞行為を行っている場合は、安易に裁判所は破綻を認めないですよ。 少なくとも別居、夫婦間の行き来がほぼ失われていること、くらいが必要かと(すみません、厳密な定義までは調べてい...

中村 憲昭弁護士

不倫相手(以下、彼)の奥さんから慰謝料請求されそうです。 彼は奥さんが妊娠中の時から家庭内別居状態で、奥さんからひどいモラハラを受けており、彼が離婚請求しましたが、奥さんから子供が産まれて1ヶ月経ったら離婚協議に応じると言われ、私はその時期に彼と関係を持ちました。 しかし、いざ子供が生ま...

① 離婚が正式に決まっていない以上,慰謝料支払いの義務自体は生じる可能性が高いです。 ② 財産分与等を含まず慰謝料のみであれば,請求ベースで300~500万円が通常です。判決になるとマックスで300万円であるとするのが家裁裁判官の調査した結果のようですが,いわゆる有責配偶者はお金を払っても離婚したい人が多いので,和解で終わっている件ではもっと高額の事案もあ...

中村 憲昭弁護士

父(70才)が交通事故にあいました。 23時半ごろ、国道の横断禁止ではないものの、横断歩道のない場所を横断し、車にはねられる事故でした。父は事故前に日時と場所の認知に劣るアルツハイマー型認知症と診断されていました。おこづかいは家族が管理していたので、1000円程度しか持っていなかったはずで、事故に...

判例タイムズの事例でいうと37図に該当します。 歩行者の基本過失が20%です。 夜間で+5% 幹線道路であれば+10% 高齢者で―5% 状況にもよりますが,30%をベースに道路状況や横断の状況をみて加減することとなります。直前横断や佇立していたなどの事情があれば歩行者の過失が大きくなります。

中村 憲昭弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 基本的に30分5400円です(税込)。
着手金 離婚のみの場合 20〜50万円(税抜き。難易度によって変わりますが、基本的に20〜30万円のことが多いです)。

財産的請求がある場合 請求金額の8%(金額が大きいと割合が下がります)。
成功報酬 実際に得られた利益から算定します。
基本15%です。
旅費・日当 札幌地家裁管轄外の場合、旅費・宿泊費実費のほか、日当を頂きます。
半日 15,000円
1日 3万円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

連れ去られた子を取り返した事例

  • 不倫・浮気
  • 別居
依頼主 40代 男性

相談前

 妻が浮気をしたため、協議の上子供を置いて出て行ってもらいましたが、その後妻が子供を連れ去りました。
 

相談後

 子の監護者の指定及び子の引き渡しの審判申し立てとともに、審判前保全処分の申立を行ったところ、これを認める審判が出ましたが、相手方は子どもを返しませんでした。
 そのため、直接強制執行を行い、子を連れ戻しました。

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 子の親権が争いになる場合、まず最初の別居の際に、どれだけ時間が掛かっても、協議の上こどもをこちらで確保することが最重要です。
 違法な連れ去りに対しては、時間が勝負です。速やかに引き渡しを求めなくてはなりません。

離婚・男女問題の解決事例 2

不貞行為を認定させた事例

  • 不倫・浮気
依頼主 30代 男性

相談前

 妻の不貞行為が疑われた事例でしたが、妻は、第三者の男性と相談していただけだと言い張りました。
 女性宅に第三者の男性が立ち入ったことは事実ですが、ホテル等に入ったわけではなく、どう相手の主張を崩すかが焦点となりました。

相談後

 残された写真から、妻の証言の矛盾を突き、信用性を失わせました。
 妻は、仮に男性に相談に乗っていたことが事実であったとしても「婚姻関係がすでに破綻していた」と主張しましたが、夫婦関係がそれなりに円満だったことをメール等のやり取りから丁寧に立証しました。

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 証拠を丹念に拾うことが重要だった事件です。
 メール等は消さないで残しておいて下さい。些細な言動でも証拠になることがあります。

離婚・男女問題の解決事例 3

父親への親権変更が認容された事件

  • 親権
依頼主 40代 男性

相談前

 離婚時、親権者を妻と指定して離婚したものの、未成年者へのネグレクトが疑われました。
 裁判所に対し、子の親権変更に加え、子の引渡しも求め、審判前保全処分も併せて申し立てることにしました。

相談後

家庭裁判所調査官の調査が入ることになりましたが、調査官の前で問題点をさらけ出す人は稀です。
 そのため、ネグレクトを疑わせる証拠の確保と提出が必要な事案でした。
 通園していた保育園の通園状況や、元妻の過去の通院歴、メールでの発言内容等から、元妻の養育能力が不十分であることを立証し、無事子の親権者変更を認めてもらうことが出来ました。

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 この事件も、残念ながら児童相談所が介入した結果、父親の下に子どもを取り戻すのに時間が掛かってしまいました。
 とはいえ、児相が介入したからこそ未成年者を取り戻せた面もあり、多少の時間的ロスはやむを得なかったのかとも思います。
 今は元気にお子様も生活されているようで、未成年者にとって、父親の下で生活できるようになって良かったと思いました。

遺産相続

分野を変更する
 遺言・相続は,亡くなる前の事前予防と,死亡後の事後対応とに分かれます。亡くなる前の準備をお勧めします。
中村憲昭法律事務所
中村憲昭法律事務所
中村憲昭法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • カード払いあり

 相続紛争の場合,重要なのは財産の把握です。死亡時の預貯金の取引履歴の精査のみならず,生活状況から判明した資料から,財産の流れを確認することが重要です。
 他方,被告側になった場合ンは,紛争を鎮静化させるよう,誤解を抱かないための十分な説明を心がけます。
 初回30分に限り相談は無料です。

この分野の法律相談

違うカテゴリーに誤って投稿してしまいましたので、改めてご相談いたします。 私は28才で結婚しており、子供もおります。14才の時に養子縁組をしました。去年実母が亡くなり、養父からすぐに離縁を求められていました。養子縁組して養父には何もしてもらっていません。逆に怒るとすぐに物に当たったり、母に暴言を...

1 離縁に応じる必要はありません。但し、その後裁判上の離縁で離縁が認められる可能性があります。   離縁も離婚と同じく、協議離縁と裁判上の離縁があります。   協議離縁は、お互い話し合って、納得して離縁することです。   その場合、理由があろうが無かろうが、お互いが納得して届け出をすれば、離縁が出来ます。   一方的に離縁したい場合には、養父...

中村 憲昭弁護士

1980年に、AはXから土地を買ったのですが、土地の名義変更をせず死亡し、その土地はAの妻であるBが相続しました。 又、Xも死亡したのですが、登記簿謄本の所有者の欄は未だにXのままです。 ① 名義が未だにXの名義ということは、相続人の誰かが税金を支払っているということでしょうか? ② 土地には死亡したAの...

① 名義が未だにXの名義ということは、相続人の誰かが税金を支払っているということでしょうか? ⇒ おそらく、Xの相続人が引き続き税金を支払っているのだと思われます。 ② 土地には死亡したAの所有していた物が置いてあり、Bも自己が土地の所有者であると思っています。しかし、Xに相続人がいるとすれば、そして、その相続人に土地を所有しているという意思...

中村 憲昭弁護士

現在、私が住んでいる家は私の母と父の共有物になっています。 (建物の7分の6が父・7分の1が母、土地は父のみ) 去年、母が亡くなりまして私が相続しようとしたところ、母には父と結婚する前に離婚歴があり前夫との間には2人の子がいたのですが、その子たちとは全く面識がなく、現在どこでどうしてるのかもわか...

登記簿上はそのとおりです。取り壊しは処分行為ですが、7分の6の持ち分を有している父上様であれば、単独でも可能です。 もっとも、建物の取壊しは、形式的には亡くなった母上様の相続財産を滅失させる行為ですから、後日2人の相続人から何らかの紛争を持ちかけられる可能性はあります。 もちろん、財産的価値がゼロであれば、相続人の損失もゼロではあるのですが、...

中村 憲昭弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5250円(税込)
着手金 相続分の8%を基準に,協議して決定します。
成功報酬 実際に得られた額の16%(300万円を超える場合,10%+18万円)(税抜)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

過去の支出を特別受益として戻して算定させた例

依頼主 70代 女性

相談前

姉妹間の紛争で、生前に妹が口座を管理している間に多額の資金が流出した案件でした。
相手方は感情的で、財産の開示にも応じないため、資産の把握が出来ない事案でした。

相談後

 過去に存在したと思われる預貯金については、金融機関から過去10年分の取引履歴を開示させました。
 相手方は支出につき、介護のための費用に費消したと主張しましたが、介護費用は口座からの自動引き落としで支払われていることが客観的に証明できたため、使途の説明のつかないものは、妹が生前に被相続人から贈与を受けたものとして、特別受益として取り扱いました。
 調停上の和解であるため、若干の譲歩をしましたが、無事解決できました。

中村 憲昭弁護士からのコメント

中村 憲昭弁護士

 親族間の紛争で、そもそも財産を把握していない場合、どのような遺産があるかをまず把握する必要があります。
 金融機関の多くは、過去10年分の取引履歴しか保存していないと主張するところが多いですし、遺産を使い込まれた後では、いくら理屈で相続分が認められる事案であっても、回収が不可能になります。
 お早目のご相談をお勧めします。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
中村憲昭法律事務所
所在地
〒060-0061
北海道 札幌市中央区南一条西10丁目 南一条法務税務センター8階
最寄り駅
札幌市営地下鉄 西11丁目駅
札幌市営電鉄 中央区役所前駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝は要予約
平日18時以降は不在のこともあります。
対応地域

北海道・東北

  • 北海道
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5877-9342

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

中村憲昭法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5877-9342

※中村憲昭法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝は要予約
平日18時以降は不在のこともあります。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談