弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

過労死
2015年12月10日 10時42分

ワタミ過労自殺訴訟・和解で明示された「再発防止策」、弁護士が「画期的」と評価

ワタミ過労自殺訴訟・和解で明示された「再発防止策」、弁護士が「画期的」と評価
和解成立後の会見の様子(12月8日撮影)

居酒屋「和民」を運営するワタミ子会社で働いていた森美菜さんが過労のため自殺したとして、遺族がワタミ側と当時ワタミの代表取締役だった渡辺美樹参院議員などに損害賠償を求めた訴訟は12月8日、ワタミ側が1億3365万円を支払い、謝罪することで和解が成立した。この和解は大きな注目を集めた。

和解内容の注目ポイントの1つ目は、損害賠償の金額だ。遺族側の約1億5300万円の請求に対して、1億3365億円を支払うことになった。遺族側は「被災労働者が死亡した事案では、実務水準に比較して相当に高額である」としている。

2つ目は以下のように、過重労働の再発防止策が示された点だ。

(1)実労働時間の正確、適正な記録

(2)1カ月の実労働時間について、36協定の上限時間を超えて労働することを防止

(3)労働基準監督署から是正勧告があった場合、全従業員に是正勧告、是正報告の内容を周知

(4)研修会や新卒ボランティア活動、会社が出席を実質的に指示するもの等について、残業手当を支払う。2008年度から12年度までに入社した新卒社員全員に一律金2万4714円を支払う

(5)書籍、SAJ会費、ワタミブレザー、控除金の一律返金

(6)正社員募集の際に労働時間や休暇取得状況、離職率などを正確に説明する

(7)コンプライアンス委員会による調査結果を定期的にワタミHPに掲載する

今回の和解案をどう評価すればいいのだろうか。過労死問題にくわしい波多野進弁護士に聞いた。

●労働時間の把握が明記された意義は大きい

「大切な命も裁判ではお金で評価せざるを得ないので、どのような金額でも高いということはないことを前提としつつも、和解金額については、慰謝料などの金額に弁護士費用と遅延損害金がきっちり加算されている点など、実務水準より相当高額になっていると思います。

最近は是正されつつありますが、和解の場合は、遅延損害金や弁護士費用の項目がなかったり、評価しても全額でないこともしばしばあります。今回の金額は、遺族の方々と弁護団が訴訟手続きやそれ以外において、非常に頑張られた結果と思います」

波多野弁護士はこのように語る。再発防止策についてはどうだろうか。

「和解において、ここまで再発防止策が明記されたことも、画期的だと思います。過重労働の防止、過労死・過労自殺の防止の出発点は、労働時間を客観的な手段によって把握することから始まるので、このことが和解条項に明記された意義は大きいと思います。

また、会社の傾向として、せっかく労基署が是正勧告を出しても、それをきっかけに社内体制を積極的に見直すのではなく、是正勧告を受けた事実を従業員に隠す傾向があるので、情報を従業員にオープンにすることで、是正する機会にもなるでしょうし、再発防止にも繋がると考えられます。

さらに、形式的には研修・勉強という建前のもとで『サービス残業』を強いるという問題についても改善を促すもので、いい内容だと思います。

このような痛ましい結果は、遺族の方々は当然として、会社にとっても取り返しがつかず、使用者側も再発防止を強く決意したからこそ、このような画期的な和解が成立したと思います。

一番重要なのは、使用者が遺族の方々に約束した再発防止策を今後行っていくことなので、使用者の今後の具体的な行動によって、使用者がご遺族の方々に本当に謝罪したのか、反省したのかが決まってくると思います」

波多野弁護士はこのように話していた。

(弁護士ドットコムニュース)

波多野 進弁護士
弁護士登録以来、10年以上の間、過労死・過労自殺(自死)・労災事故事件(労災・労災民事賠償)や解雇、残業代にまつわる労働事件に数多く取り組んでいる。
所在エリア:
  1. 大阪
  2. 大阪市
  3. 北区
事務所名:同心法律事務所
事務所URL:http://doshin-law.com
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」