ま、またか…冷蔵庫の「置きアイス」勝手に食べられた! 弁護士が考えた驚きの対処法
アイスのおいしい季節だ

ま、またか…冷蔵庫の「置きアイス」勝手に食べられた! 弁護士が考えた驚きの対処法

記録的な暑さがつづく中、職場の冷蔵庫に「アイスクリーム」をキープしている、という人も少なくないかもしれません。

都内のIT企業ではたらく高橋あかねさん(仮名)もその一人です。ハーゲンダッツやスイカバー、パピコ、スーパーカップなど、市販のアイスクリームを箱買いして、職場の冷蔵庫(冷凍庫)に「置きアイス」しているそうです。

高橋さんは職場で1日2本食べて、アイスが減ってきたら、最寄りのコンビニやスーパーで買い足しています。ところが最近、想定しているよりもアイスの減りが早いそうです。どうやら、同僚の中に、勝手に食べている人がいるようなのです。

アイスのパッケージに名前を書いていなかったそうですが、インターネット上には、高橋さんのように、職場の冷蔵庫に入れてあったお菓子やアイスが、ほかの人に食べられてしまった、というエピソードがあがっています。食べ物の恨みはおそろしいです。

とはいえ、現実的にいえば、アイスを食べた同僚を警察に突き出す、ということも、なかなかやりづらいところかもしれません。こんなときどう対処すればいいのでしょうか。西口竜司弁護士に聞きました。

●「スプーンをくわえて見ているしかないなんて、悲しい」

「刑法上には、窃盗罪の成立が問題になりそうです。あきらかに他人の財物であるものを窃取した場合、窃盗罪が成立する可能性があります。(刑法235条:他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する)。

高橋さんからすれば、アイスクリームという貴重な財物を窃取されたのに、指をくわえて(スプーンをくわえて)見ているしかないなんて、悲しいですよね。

そんなあなたのために、参考になる事例があります。

私の友人は『置き傘』しているビニール傘をよく盗まれていました。そんな友人がとった作戦は『思いっきり高価な傘を買う』ということです。

どうしてビニール傘の置き傘を盗まれてしまうのかというと、『ビニール傘なんて安いから盗んでも大丈夫』と、みんなが思っているからです。

その友人は百貨店で、背伸びして1万円のバーバリーの傘を買ったら、誰にも盗まれなくなったそうです。(ただし、電車に置き忘れてなくしてしまったようですが・・・)」

●「思いっきり高価なアイスを買う」

「今回のケースで、このような考え方を適用すると、現実的にベストな解決法は『思いっきり高価なアイスクリームを買う』ということです。ハーゲンダッツでもいいですが、さらに背伸びして、ゴディバのアイスクリームもオススメです。

カップの装飾からして、ただならぬ雰囲気を醸し出しているので、さすがのアイス泥棒も『これを盗んだら大変なことになる』と怖じ気づくこと請け合いです。これであなたの『置きアイス』のガードも万全です」

(弁護士ドットコムニュース)

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部ではアルバイト・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

アルバイト・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする