現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
星野 俊治弁護士

( ほしの しゅんじ ) 星野 俊治

星野法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可能】【丸の内駅徒歩1分】
不貞/慰謝料請求/財産分与/養育費/親権問題 まずは弁護士にご相談ください!
星野法律事務所
星野法律事務所
星野法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

ご相談者様のお話を徹底的に聞きます

離婚は人生の中での非常に大きな岐路であり、大きな悩みとストレスを伴います。
そもそも離婚すべきなのか、離婚できるのか、離婚するとしたらどのような条件で離婚すべきなのか、人によってその悩みは様々です。
こんな悩みを弁護士にぶつけていいのだろうかなどと思わず、そのまま相談してみて下さい。
お話を親身になってうかがい、対話を重ねるなかで、お客様が本当に求めているもの、納得のいく解決方法を見出します。

弁護士費用について

「弁護士に依頼するとどのくらいお金がかかるのだろう・・」 皆様にとって、とても気になるところだと思います。
事案によって、着手金、報酬金の変動はございますが、できる限り柔軟な対応を致しますので、安心してお問い合わせください。

重点取扱案件

慰謝料、婚姻費用・養育費、財産分与、親権、面会交流
など、離婚/男女問題に関する様々な問題について法律相談に応じております。

このようなお悩みはありませんか?

女性のための離婚サポート

  • 子どもの養育費はいくら支払ってもらえるか知りたい
  • 離婚したいけれどすぐに怒鳴り合いになり話が進まない
  • モラハラで離婚したいけれど うまく説明できない

男性のための離婚サポート

  • 不貞行為を理由に慰謝料請求を受けているが妥当な金額かわからない
  • 面会を拒否されていて子どもに会わせてもらえない
  • 妻のモラハラ発言に耐えられず精神的に追い詰められている

不貞行為の慰謝料(請求する側、請求される側)、財産分与、子どもをめぐる紛争(面会交流・親権・連れ去り)など、ご相談に迷ったら、一度ご連絡ください。
みなさまの不安を少しでも解消できるよう、『現状の整理』からお手伝いします。

弁護士に依頼するメリット

【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】円滑に解決します
本人同士での話し合いは感情的になりがちであり長期化します。
弁護士が交渉することにより、短期間で円滑な解決に導くことが可能です。

【3】ベストの解決策をご提案します
子どもに関する問題(親権、養育費、面会)や財産の問題(慰謝料、財産分与)について、また、離婚そのものについて、豊富な経験に基づきベストの解決策をご提案します。

この分野の法律相談

弁護士でない一般人が過去の判例を見ることは可能でしょうか。 具体的には東京地裁平成4年6月26日判決というものです。 知りたいのは判決とその判決理由です。 裁判所の判例検索には載っていませんでした。 あればその方法を教えて頂けるとありがたいです。 宜しくお願いします。

規模の大きい都道府県立の図書館や大学図書館に判例タイムズや判例時報などの裁判例が掲載された雑誌が所蔵されていることがあります。 お探しの裁判例がこうした雑誌に掲載されているものであれば図書館で内容を確認したりコピーを取ったりできるはずです。

星野 俊治弁護士

一方的に離婚を要求され、先日、離婚調停の一回目が終わりました。 主人は、離婚したい、私は離婚したくないので話し合いではまとまりそうもありません。 離婚理由も、調停員の方によると、とても些細なことで性格が違うだとか、一緒に写真を撮りたかったのに撮れなかっただとか、そのような話ばかりだったそ...

> このような理由で裁判をして、結婚11年、子供二人、簡単に離婚が認められてしまうのでしょうか? 裁判で離婚が認められるためには,法定の離婚事由に該当することを離婚を求める側が主張立証する必要があります。 ご質問にある事情は,離婚事由のうち「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するかが問題になるはずですが,長期間別居しているなどの事情が別になければ直ち...

星野 俊治弁護士

4.5年前に養育費調停を行いました。 子ども2人に対し、毎月1人1万円ずつ支払う事が決定しました。その際に、私への借金が200万円程あったため、毎月2万円ずつ支払いをするという一文も付け加えられました。 養育費と借金返済分のお金は今まで一度も支払われておらず、履行勧告をしてもらいましたが音沙汰なしで...

> 養育費決定の際に、 > 私への借金返済を月2万円ずつしていきます。 > と約束したことは支払いが全て済むまで効力があるのでしょうか? 調停調書に、あなたに対する借金が200万円あることを認めて毎月2万円ずつ100回の分割払いで返済する旨の記載があるのでしたら、返済条件を定めた合意として有効と考えられます。弁済が完了したり消滅時効が成立したりしな...

星野 俊治弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
※初回相談無料
着手金 11万円(税込)~
ご事情により別途協議致します。
報酬金 11万円(税込)~
備考欄 事案により異なりますので、詳しくは弁護士までお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

親権、養育費、慰謝料、財産分与をすべて争い有利な条件で解決した事例(女性側)

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 慰謝料

相談前

夫の不貞行為をきっかけにお子様を連れて別居した女性の方からのご依頼でした。相談前にご自身で離婚の調停をされていましたが、夫からは、親権者は高収入の夫が適任である、不貞行為をした事実はなく慰謝料は払えない、同居中に妻が多額の夫名義の財産を浪費したか妻名義に変更したかしているので財産分与は妻から夫にすべきであるなどと強く主張され、すぐに不成立となってしまったということでした。

相談後

訴訟を提起し、親権、養育費、慰謝料、財産分与に関して全面的に争い、妻側の言い分を丁寧に主張立証しました。その結果、尋問後に、裁判所の心証を踏まえ、子供の親権者を妻とし夫から妻に相当額の養育費を支払うこと、慰謝料・財産分与の趣旨の解決金として1000万円以上を夫が支払うことを内容とする和解が成立しました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

夫側はやや感情的になり証拠の裏付けに乏しい主張を繰り返していましたが、それに流されず、冷静に粛々と主張立証を積み重ねたところ、良い条件での和解にこぎ着けることができました。

離婚・男女問題の解決事例 2

短期間で調停離婚を成立させ十分な財産分与・慰謝料を獲得した事例(女性側)

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 別居
  • 慰謝料

相談前

夫が不倫をして家を出て行き、不倫相手と同棲を始めたうえ、離婚を要求された。断ったところ、離婚を求める調停を起こされてしまったという状況でした。

相談後

第1回の調停期日が始まるまでに、不貞行為の事実を立証する証拠や財産分与に関する証拠を徹底的に集め、妻側の言い分をまとめた書面を提出しました。反論の余地が乏しいと察したためか、夫側は第2回期日で妻側の言い分を概ね認め、慰謝料・財産分与などとして500万円以上の負担に応じたため、その内容で調停が成立しました。正式なご依頼を受けてから解決まで半年以内で済みました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

この事例では早期に十分な質・量の証拠を収集できたことが良い結果に繋がりました。証拠収集の重要性を再認識した事例でした。

離婚・男女問題の解決事例 3

男性側で親権を獲得した事例

  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求

相談前

妻が子供の育児を怠るようになったため、改善を求めたところ、子供を残して家を出て行ってしまった。別居後しばらくして妻から子供との面会交流を求める調停を申し立てられたので、その調停中に離婚の意向があるか訪ねたところ、子供の親権を妻が獲得できなければ離婚には応じられないという返事があったという状況でした。

相談後

離婚を求める調停を申し立て、親権に関して、別居までの経緯から妻側で子供を養育するのは困難と考えられること、夫が親権者となっても妻に養育費の支払いは求めないこと、離婚後も妻と子供との面会交流は認めることなどを主張し、粘り強く交渉したところ夫を親権者とする条件での離婚調停を成立させることができました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

一般的に離婚の際に夫側が子供の親権を獲得することは困難とされていますが、事案によっては可能なこともあります。

交通事故

分野を変更する
【初回相談無料】【完全成功報酬あり】【当日/休日/夜間相談可能】【丸の内駅徒歩1分】
交通事故の被害者にとって、保険会社や医師とのやりとりは大変な苦労となります。被害者の方の不安・ストレスを解消し、安心・納得の解決に至るよう努めます。
星野法律事務所
星野法律事務所
星野法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

交通事故に遭ってしまった場合、事故を起こした相手との示談交渉だけでなく、その後の生活に大きく関わるため、“保険会社との対応”も大切です。「保険会社から提示された金額に納得がいかない」「まだ完治していないのに、治療対応が打ち切られた」「後遺障害等級認定が出ない」等といったことでお悩みの際は、交通事故に関する業務に精通している当事務所にご連絡ください。
ご相談者様のご希望を踏まえ、訴訟も視野に入れながら対応させていただきます。
過去に、保険会社側の代理人を務めた経験もあるため、その経験を活かして交通事故の問題に対応することが可能です。

案件への対応姿勢

保険会社は、裁判所が認める水準の金額よりも低い金額で示談しようとしますが、弁護士が対応することで、正当な額の賠償金を得られる可能性が高まります。
また、治療状況により賠償額が上下したり後遺障害等級認定の審査に影響が出たりすることがあります。弁護士が事故直後から対応することで、不利益とならないよう治療に関する適切な助言をすることができます。保険処理の代行も行いますので、ご依頼者様には治療に専念していただけます。
顧客満足度の向上に努め、被害者様やご遺族の不安に配慮し丁寧にサポートいたします。初回相談の費用はかかりませんので、お気軽にご相談ください。

弁護士費用について

「弁護士に依頼するとどのくらいお金がかかるのだろう・・」 皆様にとって、とても気になるところだと思います。
当事務所では、初回相談に費用はかからず、完全成功報酬とすることもできます。費用に関しては、できる限り柔軟に対応しますので、安心してお問い合わせください。
また、弁護士特約が付いている場合はご依頼者様の負担はなくなりますのでお気軽にご相談ください。

重点取扱案件

示談交渉、訴訟代理、後遺障害等級認定の申請、自賠責保険金の請求など、交通事故に関するあらゆる問題について法律相談に応じております。

よくあるご相談

  • 保険会社の担当者の対応をするのがわずらわしい。
  • 治療対応を打ち切ると言われた。
  • 示談金の提案があったが金額が低すぎる。
  • 休業損害をしっかり払ってもらいたい。
  • 逸失利益の請求に応じてもらえない。
  • 後遺障害等級認定で非該当とされてしまった。
  • より上位の後遺障害等級を認定してもらいたい。
  • 過失割合に納得がいかない等

その他のご相談も対応可能ですので、お気軽にご連絡ください。

弁護士に依頼するメリット

【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。

【2】幅広い対応と豊富な解決実績
物損事故、軽微なむち打ち事故から後遺障害が残る重大事故、死亡事故まで、多数の解決実績があります。

【3】明確な解決ポイントなどをご説明いたします。
最初に、弁護士が対応した場合のメリットとデメリット、賠償金の見込み額と弁護士費用といった相談者様が気になるポイントを、分かりやすく丁寧にお伝えすることを心がけています。

この分野の法律相談

交通事故被害の治療期間についての質問です。 事故後半年経過した現在も、通院を継続中です。加害者保険会社から、治療費負担打ち切りの通告を受けました。 膝に痛みが残存し、またわずかづつではありますが、症状は改善しつつあり、症状固定は納得できません。 1 できれば今後も、通院を続けたいのですが、...

> 1 > できれば今後も、通院を続けたいのですが、自己負担で治療を継続した場合、後の賠償請求時に、自己負担分を取り戻すことはできますでしょうか? 訴訟で保険会社の主張と異なる症状固定日が認められれば,訴訟で認定された症状固定日までの自己負担分を請求することができます。 > 2 > また、医師記載の症状固定日が保険会社打ち切り時ではなく、通院...

星野 俊治弁護士

現在、人身事故の件で加害者が無保険の為、こちらの保険会社に対して無保険車障害特約を使うため、当方が保険会社に対して訴訟提起をし、第一回期日も決まりました。保険会社は裁判で決まった判決に対して支払いをすると思いますが、当方の無保険車障害特約ですので、実質の加害者に 求償を必ずすると思います。保...

> この訴訟参加と言う物はどの様な事、また仕組みなんでしょうか? おそらく加害者に対して保険会社が訴訟告知をして訴訟参加を促すということだと考えられます。加害者が訴訟告知を受けるとあなたと保険会社の裁判に参加して事故態様や過失割合などの言い分を述べることができます。参加しないこともできますが、参加の有無にかかわらず判決の効力は,訴訟告知を受けた加害者に...

星野 俊治弁護士

去年の4月に交通事故にあいました。 最初の診断書は全身打撲、頚椎捻挫。 整形外科やリハビリ、整骨院に通院し日数は120日くらい通いましたが、一部症状は完治せず症状固定。 12月には後遺障害診断書を医師に書いてもらい相手側保険会社に提出。 3ヶ月以上経ってから、保険会社に確認の連絡をしたところ、病...

事前認定の結果が出てから弁護士にご相談される方もいますから遅いということはないです。 異議申立てにより事前認定の結果が覆ることもままあります。

星野 俊治弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
※初回相談無料
着手金 11万円(税込)〜
ご事情により別途協議致します。分割払いや、完全成功報酬とすることにも対応しています。
報酬金 11万円(税込)〜
備考欄 事案により異なりますので、詳しくは弁護士までお問い合わせください。
なお、弁護士費用特約を利用される場合は、上記と異なり特約で定められた弁護士費用を保険会社に請求いたします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害等級非該当の認定が異議申立てにより12級該当に変更された事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

事故後治療を続けたところ、症状固定となったので後遺障害等級認定の申請をしました。結果は非該当となり、到底納得いかないと思うものの、どのように異議申立てをして良いか分からずお困りでした。

相談後

弁護士が直接医師と面談して、非該当の認定に問題点がないかの確認をした後、異議申立ての根拠となる意見書の作成依頼をしました。その意見書の記載をもとに、画像上異常所見が認められることを中心とした理由をまとめて異議申立てを行いました。すると、異議が認められ、非該当の認定が後遺障害等級12級該当に変更となりました。その結果をもとに相手方と交渉したところ、最終的に900万円を超える賠償金を得ることができました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

当初の認定の際に見落とされていた異常所見の存在を意見書の記載をもとに的確に伝えられたことが良い結果に繋がりました。後遺障害等級は該当するかしないかで賠償額が全く異なりますので、後遺障害等級認定の結果に少しでも疑問がありましたら弁護士へ相談することをおすすめします。

交通事故の解決事例 2

弁護士介入後1か月以内で賠償額の提示が約2倍となった事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

症状固定後、事前認定により後遺障害等級12級の認定が出ました。この認定を踏まえて事故の相手方から損害賠償の提案がありましたが、妥当な金額なのか分からず、示談に応じるべきかを迷われていました。

相談後

相手方からの提案のあった損害賠償額を弁護士が裁判所基準に引き直して計算し、裁判所基準での賠償額の支払いを求めて交渉を進めました。すると、弁護士介入前には500万円ほどの提示だった損害賠償額が、1か月も経たないうちに1000万円近くまで増額となりました。訴訟をすることまではお考えでなかったのでその賠償額で示談しました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

保険会社の使用する基準で算定した賠償額よりも裁判所基準で算定した賠償額の方が高額になりますので、適正な額の賠償金を得るためには弁護士を代理人として交渉や訴訟をするのが効果的です。なお、この事例では依頼者の方が訴訟までは希望しなかったため交渉で終わりましたが、訴訟で徹底的に争えばさらに高額の賠償金を得られた可能性がありました。

交通事故の解決事例 3

治療段階から弁護士が介入した結果高額の賠償金を得られた事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

事故で大怪我を負い、長期間入院することとなりました。退院後も相当の期間通院する必要があったのですが、体調が万全とはいえない中での通院に加え、相手方の加入する保険会社と連絡を取ったり対応を考えたりしなければならないことが大きな負担となっていました。

相談後

弁護士に依頼をした後は保険会社との対応をすべて任せ治療に専念できました。また、通院治療中に疑問に思ったことを相談して必要なアドバイスを受けることもできました。症状固定後は、弁護士が医師に依頼し、詳細な後遺障害診断書を作成してもらうことができました。被害者請求で後遺障害等級認定を求めたところ5級2号の認定となり、自賠責保険金だけで1500万円以上を受け取ることができました。その後はいったん交渉を進めましたが、納得のいく賠償額の提示がなかったため訴訟提起しました。訴訟を進めたところ、裁判所からの和解案として、交渉段階の提示額の約3倍の金額が提案されましたので、和解で解決することとしました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

治療の段階から弁護士が関与することで、相手方との交渉の負担がなくなりますし、後遺障害等級認定や最終的な損害賠償請求で不利に扱われないための助言をすることができます。この事例では、事故発生後比較的早い段階で代理人となり、早期にフォローを始められたことが良い結果に繋がりました。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【完全成功報酬あり】【当日/休日/夜間相談可能】【丸の内駅徒歩1分】
身内間の争いでストレスが大きく長期化しがちな相続問題について、遺産分割協議、遺産分割調停等の適切なサポートをします。
星野法律事務所
星野法律事務所
星野法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

案件への対応姿勢

専門的知識を活用し、将来起こりうる紛争も視野に入れ、紛争の予防・解決を図ります。
他士業との連携で手続きをスムーズに行い、ご依頼者様に余計な時間や費用をかけさせないよう配慮しております。

安心の費用設定

「弁護士に依頼するとどのくらいお金がかかるのだろう・・」 皆様にとって、とても気になるところだと思います。
当事務所では、初回相談に費用はかからず、完全成功報酬とすることもできます。費用に関しては、できる限り柔軟に対応しますので、安心してお問い合わせください。

重点取扱案件

遺言書作成、遺産分割協議、遺留分減殺請求、休眠担保の抹消、相続放棄
など、相続に関する様々な問題について法律相談に応じております。

このようなお悩みはありませんか

  • 遺言書の内容に納得がいかない。
  • 遺産を相続したのは自分だと思っていたが、相続人から異議が出ている。
  • 亡くなった父には多額の借金があり、相続放棄の手続をとりたい。
  • 行方不明の相続人がおり、遺産分割の話合いができない。
  • 土地を売ろうとしたところ相手から古い抵当権の登記を抹消してくれと言われた。

弁護士に依頼するメリット

【1】相続開始前であれば、専門的知識を前提としたアドバイスにより、適切な遺言書を作成し、将来の相続問題の発生を防止することが可能です

【2】相続問題の発生後であれば、専門的知識をもとに遺産分割の紛争について、適切な解決方法を的確に判断することが可能です。

【3】弁護士であれば、任意交渉による遺産分割協議の段階から、遺産分割調停、審判まで、あらゆる場面で代理人として相手方と交渉することが可能です。

この分野の法律相談

相続について,兄とトラブルになっています。 私の家族は父,母,兄,私です。 今,父が危篤です。 父の財産は20世帯位のマンションと現金・証券があります。 そのマンションを巡って,マンションを兄が相続すると主張して譲りません。 私としても,安定収入があるマンションが欲しいと主張してい...

ご質問の件はお父様の相続発生後にどのように遺産分割を成立させるかという問題になると考えられます。 この場合,裁判所を利用する手続きとしては、調停委員を間に入れた話し合いの手続きである調停と裁判所の判断を求める審判があります。 遺産分割の場合は,はじめから審判を求めることができますが,裁判所の判断で調停に回付されることが多いです。 ですので,まず遺産分割...

星野 俊治弁護士

1人の有限会社を経営しておりますが、会社が長い事赤字で採算が取れないので自己破産を考えております。ただ心配は妻が死んだ父親から共有で兄弟から家と土地の相続を受けた事。妻は何も会社とは関係しておりませんが、実際倒産した場合一緒に住んでいる妻の方に債権者から請求を受ける事が心配です。 良く自己破...

1 奥様が会社やあなたの保証人になっていたり有限会社の役員だったりした場合、債権者から請求を受ける可能性がありますが、会社経営に全く関与していないのでしたら、破産後に会社やあなたの債権者が奥様に請求することはないと考えられます。 2 あなたが破産しても,直前にあなたの財産が奥様の名義に変わっているなど特殊な事情がなければ,奥様の財産が破産手続きの対象となる...

星野 俊治弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税抜)
※初回相談無料
着手金 11万円(税込)〜
ご事情により別途協議致します。分割払いや、完全成功報酬とすることにも対応しています。
報酬金 11万円(税込)〜
備考欄 事案により異なりますので、詳しくは弁護士までお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺留分減殺請求により約4億円の財産を獲得した事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

相談前

相談者の親が被相続人で、その遺言書には相続人の一人だけにすべての遺産を相続させると記載されていました。その相続人に対して遺留分減殺請求権を行使すると伝えて話し合いでの解決を求めましたが、多額の特別受益があるはずなのでそれ以上に渡す財産はないなどと反論されていました。感情的な対立もありまったく話し合いが進んでいませんでした。

相談後

直接交渉しても感情的になってしまい冷静な話し合いができない状態だったため、調停を申し立て第三者を介在させて話し合いを進めることにしました。そのうえで、相手方が述べるような特別受益がないことを丁寧に主張立証して説得を試みました。また、時価額が不明瞭な財産があったため、双方が鑑定書を作成し、遺産の総額がいくらになるかの話も同時に進めました。粘り強く調停での話し合いを続けたところ、2年近い時間はかかりましたが、最終的に約4億円相当の財産を取得することを相手方に認めさせることができました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

相続人間の感情的対立が激しい事案や、高額の相続財産が残っている事案では、話し合いが思うように進まず解決まで長期間を要することが多々あります。そのような場合でも、裁判上の手続きを利用し、法律論を交えて冷静に粘り強く交渉することで良い結果を得られることがあります。この事例はその代表例といえる事例でした。

遺産相続の解決事例 2

身寄りのない被相続人の遺産を探し出し遺産分割協議を成立させた事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査

相談前

結婚せず独り暮らしをしていた方が被相続人の事案でしたが、生前の交流が全くなかったため、どのような財産を保有していたのかまったく見当がつかないということでした。誰が相続人なのかも不明で、どうしたらよいか分からずお困りでした。

相談後

相続財産に関しては、被相続人の生前に送られてきていた郵便物を確認したり、23条照会を活用したりして、金融機関・証券会社・保険会社に相続財産の有無を問い合わせました。固定資産評価証明書や名寄帳を取り寄せて相続財産となる不動産の有無も調べました。その結果、約5000万円相当の相続財産の存在が判明しました。そこで、戸籍を取り寄せて確定した他の相続人に連絡を取り、事情を説明して話し合ったところ、遺産分割協議を成立させて解決することができました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

いわゆる独居老人が被相続人となった遺産分割の事案でした。相続時にどのような財産が存在するか分からない状態だったとしても、手掛かりをもとに財産を調査することはできます。弁護士であれば23条照会の方法で財産の有無を調査することもできます。この事例では相続財産の調査に成功し、良い解決に至ることができました。

遺産相続の解決事例 3

相続人の一人の判断能力が衰えていたため後見人と特別代理人を選任して調停で遺産分割を成立させた事案

  • 遺産分割
  • 成年後見

相談前

被相続人が父親、相続人が母親と子供2名でしたが、母親の判断能力が衰えており、子供同士は仲違いをしているという状況で、長期間遺産分割をできずにいました。

相談後

母親の判断能力が衰えた状態だったため、遺産分割に先立ち後見申立てをして、子供の一人が親族後見人に就任しました。この状態で遺産分割を行うと後見人の利益相反になってしまうため、遺産分割調停の申立てと後見人の特別代理人の選任申立てを同時に行い遺産分割協議を進めることとしました。調停では、特別代理人も交えて話し合いを進め、法定相続分を基礎として遺産分割することになりました。

星野 俊治弁護士からのコメント

星野 俊治弁護士

相続人が高齢で判断能力が衰えているため、そのままでは遺産分割の話自体ができないというケースは今後増加していくと考えられます。そのような場合でも、この解決事例のように法的手続きを活用して遺産分割を成立させることは可能です。お困りの際は弁護士へのご相談もご検討ください。

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談無料】【法テラス利用可】【当日/休日/夜間相談可能】【丸の内駅徒歩1分】
借金のトラブルは、深刻になる前に弁護士へご相談ください。借金で苦しんでいる方の多くは、冷静な判断力を失いがちです。弁護士に早期に対応を任せることで、適切な問題解決に繋がります。
星野法律事務所
星野法律事務所
星野法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

借金問題のトラブルについて

法律を知ることで解決できる問題があります。その一つが借金やローンに関するトラブルです。
借金に苦しんでいる人は、借金の返済で頭がいっぱいになり、冷静な判断力を失いがちです。

弁護士に依頼することで、借金の取立は止まります。
いったん立ち止まって冷静になり、どのような解決がベストか一緒に考えましょう。
病気の治療と同じく、借金の問題も、早期の対処が早期の解決につながります。

弁護士費用について

「弁護士に依頼するとどのくらいお金がかかるのだろう・・」 皆様にとって、とても気になるところだと思います。
事案によって、着手金、報酬金の変動はございますが、できる限り柔軟な対応を致します。
また、金銭的余裕がない方は民事法律扶助(法テラス)を利用できます。
安心してお問い合わせください。

重点取扱い案件について

自己破産、個人再生、任意整理、ヤミ金への対応、過払金返還請求、多重債務
など、借金に関する様々な問題について法律相談に応じております。

このような場合は弁護士にご相談ください。

  • 自己破産したいので手続きをお願いしたい。
  • 過払い金を回収したい。
  • 闇金の取立てに困っているので、対処して欲しい。
  • 住宅ローンの返済方法を変えたい。

当事務所に依頼するメリット

【1】督促を即座にストップさせます!
弁護士が介入することで督促電話、訪問、督促郵便がなくなります
 
【2】弁護士があなたに代わって債権者と交渉します!
支払額の減額申入れ、過払金の請求、利息のカットなど粘り強く交渉します

【3】自己破産手続、個人再生手続について適切に裁判所に申立てます!
専門家としてのノウハウがありますので、適切に手続を行うことができます

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください

借金・債務整理

料金表をみる

この分野の法律相談

会社の債務の保証をしてるので財産整理しても足りません、国金と県保証・信金です、如何したらいいですか❓自己破産するしか無いですか?

自己破産以外ですと,経営者保証に関するガイドラインに従って,金融機関から残債務の免除を受けるという方法も考えられます。ガイドラインの適用が受けられるか否か,弁護士にご相談いただいた方が良いように思います。

星野 俊治弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税抜)
※初回相談無料
着手金 11万円(税込)〜
ご事情により別途協議致します。
報酬金 11万円(税込)〜
備考欄 事案により異なりますので、詳しくは弁護士までお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可能】【丸の内駅徒歩1分】
契約書等の法律的な文書の作成・チェック、紛争予防法務、コンプライアンス体制構築、訴訟対応等の各種法的サービスを提供し、事業経営を徹底サポート。
星野法律事務所
星野法律事務所
星野法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

案件への対応姿勢

会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。 
お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

安心の費用設定

「弁護士に依頼するとどのくらいお金がかかるのだろう・・」 皆様にとって、とても気になるところだと思います。
事案によって、着手金、報酬金の変動はございますが、できる限り柔軟な対応を致しますので、安心してお問い合わせください。

重点取扱案件

  • 就業規則のチェック、労務、労使問題
  • 消費者対策、クレーム対応
  • 債権回収
  • 企業再生、法人破産
  • 事業継承

など、企業に関する様々な問題について法律相談に応じております。

このようなお悩みはありませんか

  • インターネットで契約書の雛形を見つけたが,そのまま使用しても大丈夫か。
  • 理不尽なクレームをしつこく言ってくる顧客に適切に対処したい。
  • 売掛金を支払わない取引先があるため資金繰りが苦しい。
  • 従業員から残業代を請求されたが正当な請求か判断に迷っている。
  • 金融機関に対する返済の負担を軽くしたい。
  • 事業承継を考えているが何からはじめて良いか分からない。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

弁護士に依頼するメリット

【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】幅広い対応と豊富な解決実績
中小企業診断士の資格を保有していますので経営面に配慮した対応ができます。また、多数の解決実績がありますので、過去の経験に基づき適切な解決方法をご提案致します。

【3】明確な解決ポイントなどをご説明いたします。
最初に、弁護士が対応した場合のメリットとデメリット、弁護士費用といったご相談者が気になるポイントを、分かりやすく丁寧にお伝えすることを心がけています。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
※初回相談無料
着手金 11万円(税込)〜
ご事情により別途協議致します。
報酬金 11万円(税込)〜
備考欄 事案により異なりますので、詳しくは弁護士までお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
星野法律事務所
所在地
〒460-0002
愛知県 名古屋市中区丸の内1-9-11 丸の内伏見通ビル6階602
最寄り駅
丸の内駅
受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前にご予約いただければ、夜間・休日も柔軟に対応いたします。
対応地域

東海

  • 愛知
  • 三重
  • 岐阜

電話で問い合わせ
050-5355-5969

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

星野 俊治弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5355-5969
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前にご予約いただければ、夜間・休日も柔軟に対応いたします。